Picture?type=large

インディーズで映画を創っている大原とき緒と申します。
7年のブランクを経て撮った長編処女作『ナゴシノハラエ』が、2015年4月より1年間全国9か所で上映される。福島の原発事故を描いた短編『早乙女』がひめじ国際短編映画祭などで上映される。

*女性が行きたいところへ行って、見たいものを見て、好きなものを好きと言える*世界を願って作品を創り続ける。最も愛する映画監督は、ジャック・リヴェット!

Twitter:@nagoshinoharae
     @NAGOSHI_