facebook hatenabookmark line motiongallerymagazine next prev top twitter

NEWS - 2017.09.07

“ひらめきだけで、かたちになる” クラウドファンディングがさらに手軽に!業界初の映像制作サービス「MotionGallery STUDIO produced w/エイゾーラボ」がスタート!

株式会社MotionGalleryは5団体と提携し、資金調達と映像制作をワンストップで提供するサービス「MotionGallery STUDIO produced w/エイゾーラボ」の提供を開始いたします。 従来のクラウドファンディングでは、プレゼンターは、クリエイターであったり、映像制作能力があることが前提でしたが、「MotionGallery STUDIO」の誕生により、だれでも、資金や映像技術がなくても、ひらめき・アイディアをかたちにすることが可能になりました。

通常のクラウドファンディングの後、集まった資金を「MotionGallery STUDIO」が預かり、キャスティング、スタッフィング、ロケハン、機材調達、撮影、編集、上映など、映像制作の過程で発生する作業を代行して行います。

専門技術がなくても、ストレスなく映像を制作することが可能です。

本サービスは、MotionGalleryとエイゾーラボ株式会社が共同で企画・プロデュース業務を行うと共に、制作フェーズでは「and pictures」、「エイゾーラボ株式会社」、「コギトワークス」、「コトプロダクション」、「SCENES」という、CMから劇映画まで実績豊富な制作プロダクション5団体と共にハイクオリティな映像を制作して参ります。

「MotionGallery STUDIO」に参画されるバラエティ豊かな制作プロダクションと共に、案件に合った最適な体制で制作に取り組むことで、様々なプロジェクトに対して、最適なクリエイティブを提供します。

  • 作りたい映像のアイディアや原作があるが、資金がなく、映像技術もない
  • 地元の名産品をPRする映像を作りたいが、予算が足りない
  • 〇〇を訴えるドキュメンタリーを作りたいが、監督の知り合いがおらず、出資先の探し方がわからない
  • プロジェクトを盛り上げる為、一部に映像を使いたいが、映像を作れるメンバーがいない
  • 映像業界に明るい知人がおらず、誰に相談したらいいか、どんな監督がいいかわからない

上記のような、映像プロジェクトのアイディアの実現に利用可能なサービスを想定しています。

また、「MotionGallery STUDIO」にて製作する映像作品の一作目として、誰でも自分だけのマイクロシアターをつくることができるサービス「popcorn」のオリジナル作品、ドキュメンタリー映画「建築を、あきらめる(仮)」の製作が決定いたしました。

「建築を、あきらめる(仮)」では、日経アーキテクチュア「10大建築人2017」で第2位にランクインした“建てない”建築家・嶋田洋平氏のドキュメンタリーを製作致します。新しい建築を建てず、リノベーションによるまちづくりの活動を行なっている嶋田氏の活動に迫る今作は、完成後海外映画祭への出品や、劇場公開も視野に入れ製作しております。なお、 「建築を、あきらめる(仮)」は、MotionGalleryを利用したクラウドファンディングもスタートしております。プロジェクトページ内では、嶋田氏が出演し、今プロジェクトへの抱負などを語ったティザー映像も公開されています。

今作は、MotionGalleryで制作過程を応援し、popcornで完成の喜びを分かち合う。そんな新しい映画への関わり方をつくって行きます。皆様のクラウドファンディングへのご参加をお待ちしています。

MotionGallery STUDIOメンバー

MotionGallery

「人間は誰でも芸術家である。」この格言は、ヨーゼフ・ボイスという一人の芸術家の活動から広がりました。

みんなの思いや活動を形にし、創造的な社会を作り上げる活動全てがアートであるという彼のビジョンを具体化する、クラウドファンディングプラットフォーム。それがMotionGalleryです。
クラウドファンディング(英語:crowd funding)とは、クリエイター・表現者が不特定多数の人からプロジェクト資金を募る事を指す、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語で、プロジェクトを始める前の段階でアイデアを元に資金を募る、新しい資金調達の仕組みです。
映画、アート、音楽、ゲーム、出版や、イベントの開催、そしてソーシャルグッドな活動など、様々なクリエィティブ活動をスタートさせる新しい形として活用され、累計で15億円以上を集めている、日本最大級のクラウドファンディング・プラットフォームです。
https://motion-gallery.net

エイゾーラボ

エイゾーラボは映像コミュニケーション・映像エクスペリエンスの価値を大切にし、
人の感情を動かす〝メッセージ〟を伝えることを丁寧に取り扱い、
お客様の期待を超え続けることを目指します。
進化し続ける最新の技術から伝統的・基本的なスタイルまで、
自由で多様な映像文化に対しての敬意を持ち
豊かで安定的なお客様との関係を築くために
ホスピタリティを持った姿勢でサービスを提供します。
http://eizoh-lab.co.jp/

and pictures

株式会社and picturesは「1人1人の才能が重なり合い、ぶつかり合い、繋がっていき、作品となる。

その作品が人に幸せや喜び、深い考えをもたらし、文化となっていく」ことをビジョンとして設立された映画や映像企画制作会社です。長編映画を始め、さまざまな映像作品やイベントを多くの制作、企画・運営しています。

現在は地域開発映画プロジェクトを立ち上げ、日本の各地域とともに年間4-5本の長編映画、10本の短編映画を企画制作しており、俳優の山田孝之、阿部進之介の協力のもと、全国の俳優志望の方々を応援するポータルサイト、ミラーライアーのリリースも発表した。

■  コギトワークス

「考える」を「動かす」と、「創造」になる。
コギトワークスは、プロデューサーの関友彦、脚本家のいながききよたかが発起人の、映画をはじめとする映像制作プロダクションです。
その他に役者、録音、制作部が所属しています。(他業務提携: ディレクター、音楽家)
日本映画に限らず、海外作品の国内撮影、邦画の海外ロケなども手掛けています。
http://cogitoworks.com

■  コトプロダクション

面白いコト製造工場。TV-CM制作からスタートし、2016年より映画の製作・配給を開始。長編映画『エキストランド』(坂下雄一郎監督)が2017年11月より全国順次公開。企画・プロデュースしているMOON CINEMA PROJECT作品『そうして私たちはプールに金魚を、』(長久允監督)が日本人初のサンダンス映画祭短編部門グランプリを受賞。 http://koto-pro.com

SCENES

SCENES(シーンズ)は、Web動画にフォーカスした、広告クリエイティブサービスです。SCENESの運営をおこなうのは、映画・Web番組の制作も行う株式会社Sunborn。コアにある確かな映像制作力とノウハウで、日本のWeb動画シーンをクライアントと共に作り上げていきます。
http://scenes.jp/

MotionGallery STUDIO第一弾作品提供先

popcornは、日本全国だれでも自分の映画館(マイクロシアター)をつくることができるサービスです。求人サイト「日本仕事百貨」を運営する株式会社シゴトヒト代表のナカムラケンタと、日本最大級のクラウドファンディングMotionGallery代表の大高健志が立ち上げました。カフェやコミュニティスペースなど開かれた場所での上映を全国各地のカフェ、バー、本屋さん、会社のオフィス、映画のロケ地など、場所さえあればどこでも映画館になります。popcornにログインして観たい映画をストリーミングするだけで、初期費用ゼロで上映費用のリスクなく上映会を開催することができる、世界初のサービスです。
▼popcorn公式ページ https://popcorn.theater

ー 「MotionGallery STUDIO」第一弾作品 ー

リノベーションスクールで各地を熱狂させる男・嶋田洋平は未来に何を見るか。
ドキュメンタリー映画『建築を、あきらめる(仮)』

popcornオリジナル作品製作決定!第1弾は、リノベーションスクールで全国を熱狂の渦に巻き込んだ男、嶋田洋平のドキュメンタリー『建築を、あきらめる(仮)』。業界内で高く評価される”建築を建てない建築家”の姿に迫ります。


Apple touch icon 152x152

この記事を書いた人

MotionGallery編集部

MotionGallery編集部です。

https://twitter.com/motiongallery/


この記事を
シェアする!

Twitter

Line

Follow Us
Motion Galleryをフォローする

各種ソーシャルメディアでも、MotionGalleryの情報を配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!