鈴森 達也

北方の荒れ地に陽が沈む過程は、死んだ動物が血を流すように緩慢で、悲哀に満ちたものだった。

  • 東京都