マーク・プティジャン監督「核の傷」続編をクラウドファンディングで実現!

HiroshimaからFukushima 肥田舜太郎医師95歳の肖像
内部被曝の告発者、肥田舜太郎先生の活動を記録する映画の製作にご協力を!

  • 埼玉県
  • 映画

現在96歳の高齢でありながら反核のための活動を続けておられるお医者さん、肥田先生。その若々しい活力には驚嘆させられます。この肥田先生の存在に強く胸を打たれたフランス人がいました。マーク・プティジャンという映画監督です。彼は仏訳された肥田先生の著書を読むや、ただちに来日して肥田先生の姿を撮影し、2006年に「核の傷」という映画を製作しました。

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、目標金額3,000,000円を達成し、2013年10月2日00:00に終了しました。

コレクター
297
現在までに集まった金額
3,576,600
残り日数
0

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、目標金額3,000,000円を達成し、2013年10月2日00:00に終了しました。

Yamamoto

Presenter
山本 顕一 プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

Yamamoto

PRESENTER
山本 顕一

1935年生まれ、隠岐の島出身。島根県立松江高校、東京大学卒。立教大学名誉教授。東京芸大、東京女子大、東京大、自由学園等でも教えてきた。著書「フランス語ハンドブック」、翻訳「キュンバルム・ムンディ」デ・ペリエ、「南極フランス異聞」テヴェ、「工場生活の体験」シモーヌ・ヴェーユ等。3,11以降「脱原発、ここで日本を変えなければ!」と「らむぶる友の会」http://p.tl/dqE8 結成。2012年2月、秩父で肥田舜太郎先生の講演に初めて接して、心から感動。同年6月「核の傷」のプティジャン監督と知り合い親しい友人となる。本年4月、監督の映画制作を支援するため、同じ思いの仲間と制作実行委員会を立ち上げる。

プティジャン監督のメッセージ

vol. 11 2013-09-21 0

映画「HiroshimaからFukushima」を制作中のプティジャン監督から次のようなメッセージが届きました。

「 映画「HiroshimaからFukushima」の支援者のみなさま、
私は2週間前からこの映画の編集作業に取り組んでいます。作業はあと8週間は続くでしょう。
私は肥田先生の人生および核に対する先生の闘いを語ろうと努めています。同時に私は日本の現状をよく観察して、核の名においてなされた様々な悪行の告発も行いたいと思っています。

私の目から見ると、日本の状況は悪い方に向かっているようです。この映画によって、それをしっかり見すえることができればと望んでいます。

これまですでに援助をして下さった方々、またこれから援助をして下さるであろう方々に感謝いたします。このプロジェクトはもうすぐ期限が来ます。この映画を完成させるために、私達は今皆さま方の援助を必要としているのです。

よろしくお願いいたします。
マーク・プティジャン 」

Chers supporters du film "de Hiroshima à fukushima". J'ai commencé le montage du film il y a deux semaines et  il va encore durer huit autres semaines.
J'essaye de raconter l'histoire du docteur hida et son combat contre le nucléaire. En même temps je veux comprendre la situation actuelle au Japon et dénoncer les abus qui sont accomplis au nom du nucléaire.

De mon point de vue la situation s'aggrave. Je voudrais en témoigner avec ce film.

Merci à ceux qui nous ont déjà aidé et merci à ceux qui voudront bien le faire prochainement. Le Crowd funding se termine dans quelques jours. Nous avons besoin de votre aide pour finir le film. 

Bien respectueusement 
Marc Petitjean 


この編集作業は非常に厄介です。残念ながら日本語が出来ない監督は、発せられる日本語をフランス語に訳してもらいながら、一つ一つの文章の長さを秒単位でマークして、カットする場所をどこにするか決めなければなりません。時間のかかる作業です。

資金不足に悩む監督は、夜間のコマーシャル撮影のアルバイトなどをして時間を取られているようです。

アップデート一覧に戻る

リターンを選ぶ

  • 500

    500円リターン

    • コレクター限定で、映画制作の進行状況や監督に関するエピソード等を共有します
    • 46人が応援しています。
  • 3000

    3000円リターン

    • コレクター限定で、映画制作の進行状況や監督に関するエピソード等を共有します
    • 完成上映会に1名様ご招待(上映会の形式・場所は未定。各地での上映が決まり次第ご案内いたします)
    • 311以降を生きるためのハンドブック」(「核の傷」パンフレット)を贈呈します
    • 62人が応援しています。
  • 5000

    5000円リターン

    • コレクター限定で、映画制作の進行状況や監督に関するエピソード等を共有します
    • 完成上映会に1名様ご招待(上映会の形式・場所は未定。各地での上映が決まり次第ご案内いたします)
    • 311以降を生きるためのハンドブック」(「核の傷」パンフレット)を贈呈します
    • 肥田舜太郎著「被爆と被曝」を贈呈します
    • スペシャルポストカードを贈呈します
    • 33人が応援しています。
  • 10000

    上映会&クレジット

    • コレクター限定で、映画制作の進行状況や監督に関するエピソード等を共有します
    • 完成上映会に1名様ご招待(上映会の形式・場所は未定。各地での上映が決まり次第ご案内いたします)
    • 311以降を生きるためのハンドブック」(「核の傷」パンフレット)を贈呈します
    • 肥田舜太郎著「被爆と被曝」を贈呈します
    • スペシャルポストカードを贈呈します
    • 献辞入り写真を贈呈します
    • スペシャルサンクスとしてエンドクレジットにお名前を載せます
    • 23人が応援しています。
  • 10000

    DVD&クレジット

    • コレクター限定で、映画制作の進行状況や監督に関するエピソード等を共有します
    • 完成作品のDVDを贈呈します
    • 311以降を生きるためのハンドブック」(「核の傷」パンフレット)を贈呈します
    • 肥田舜太郎著「被爆と被曝」を贈呈します
    • スペシャルポストカードを贈呈します
    • 献辞入り写真を贈呈します
    • スペシャルサンクスとしてエンドクレジットにお名前を載せます
    • 94人が応援しています。
  • 30000

    30000円リターン

    • コレクター限定で、映画制作の進行状況や監督に関するエピソード等を共有します
    • 完成上映会に2名様ご招待(上映会の形式・場所は未定。各地での上映が決まり次第ご案内いたします)
    • 311以降を生きるためのハンドブック」(「核の傷」パンフレット)を贈呈します
    • 肥田舜太郎著「被爆と被曝」を贈呈します
    • スペシャルポストカードを贈呈します
    • 献辞入り写真を贈呈します
    • 完成作品のDVDを贈呈します
    • 前作「核の傷」DVDを贈呈します
    • ご希望の方に「みんなの測定所 ふじみーる」食品放射線測定チケットを発行いたします(郵送料や、受け渡しに際する交通費は自己負担になります)
    • スペシャルサンクスとしてエンドクレジットにお名前を載せます
    • 23人が応援しています。
  • 50000

    50000円リターン

    • コレクター限定で、映画制作の進行状況や監督に関するエピソード等を共有します
    • 完成上映会に2名様ご招待(上映会の形式・場所は未定。各地での上映が決まり次第ご案内いたします)
    • 311以降を生きるためのハンドブック」(「核の傷」パンフレット)を贈呈します
    • 肥田舜太郎著「被爆と被曝」を贈呈します
    • スペシャルポストカードを贈呈します
    • 献辞入り写真(大判)を贈呈します
    • 完成作品のDVDを贈呈します
    • 前作「核の傷」DVDを贈呈します
    • ご希望の方に「みんなの測定所 ふじみーる」食品放射線測定チケットを発行いたします(郵送料や、受け渡しに際する交通費は自己負担になります)
    • スペシャルサンクスとしてエンドクレジットにお名前を載せます
    • 完成映画には使われなかった特別映像へのアクセス権を提供します
    • 6人が応援しています。
  • 100000

    100000円リターン

    • コレクター限定で、映画制作の進行状況や監督に関するエピソード等を共有します
    • 完成上映会に3名様ご招待(上映会の形式・場所は未定。各地での上映が決まり次第ご案内いたします)
    • 「311以降を生きるためのハンドブック」(「核の傷」パンフレット)を贈呈します
    • 肥田舜太郎著「被爆と被曝」を贈呈します
    • スペシャルポストカードを贈呈します(3枚)
    • 献辞入り写真(大判)を贈呈します
    • 完成作品のDVDを贈呈します
    • 前作「核の傷」DVDを贈呈します
    • ご希望の方に「みんなの測定所 ふじみーる」食品放射線測定チケットを発行いたします(郵送料や、受け渡しに際する交通費は自己負担になります)
    • エンドクレジットにスペシャルサンクスとしてお名前を載せます
    • 完成映画には使わなかった特別映像へのアクセス権を提供します
    • 作品完成後の監督との交流会にご招待します
    • 10人が応援しています。
  • 300000

    300000円リターン

    • コレクター限定で、映画制作の進行状況や監督に関するエピソード等を共有します
    • 完成上映会に5名様ご招待(上映会の形式・場所は未定。各地での上映が決まり次第ご案内いたします)
    • 「311以降を生きるためのハンドブック」(「核の傷」パンフレット)を贈呈します
    • 肥田舜太郎著「被爆と被曝」を贈呈します
    • スペシャルポストカードを贈呈します(5枚)
    • 献辞入り写真(大判)を贈呈します
    • 完成作品のDVDを贈呈します
    • 前作「核の傷」DVDを贈呈します
    • ご希望の方に「みんなの測定所 ふじみーる」食品放射線測定チケットを発行いたします(郵送料や、受け渡しに際する交通費は自己負担になります)
    • 完成映画には使わなかった特別映像へのアクセス権を提供します
    • 作品完成後の監督との交流会にご招待します
    • エンドクレジットにアソシエイトプロデューサーとしてお名前を載せます
    • 0人が応援しています。