マーク・プティジャン監督「核の傷」続編をクラウドファンディングで実現!

HiroshimaからFukushima 肥田舜太郎医師95歳の肖像
内部被曝の告発者、肥田舜太郎先生の活動を記録する映画の製作にご協力を!

  • 山本 顕一
  • 映画
  • 埼玉県
Icon no image

佐藤 久美子

  • 東京都
Icon no image

尾朝 徹

  • 東京都
Icon no image

尾朝 徹

  • 東京都
Icon no image

ランギット マラム

  • 東京都
Icon no image

N. Norimatsu

  • 東京都
Icon no image

根本 博

  • 東京都
Icon no image

本田 武久

  • 埼玉県
Picture?type=large

Iida Toshiyuki

  • 東京都
Picture?type=large

Masako Ishizuka

  • 神奈川県
Picture?type=large

Tsutomu Iizuka

  • 東京都
Picture?type=large

Tomoko Takayama

今年6月12日に映画「核の傷」を監督のトークショーつきで見ました。その時に今回の作品予告を見ました。新作へは寄付だけではなく何らか宣伝販促のようなお手伝いをさせていただければと考えています。DMします!

  • 東京都
Icon no image

Totsuji Kotaro

  • 東京都
Icon no image

キラ 鈴

  • 東京都
Icon no image

川村 亮

  • 東京都
Icon no image

丸山 和子

  • 東京都
Icon no image

M.N.

  • 東京都
Icon no image

ヒカル・厚生

  • 東京都
Icon no image

よっしー

  • 千葉県
Icon no image

高橋 理

  • 山梨県
Icon no image

吉田 和美

応援してます!頑張ってください!

  • 東京都
Picture?type=large

Gakuji Nomoto

  • 東京都
Icon no image

山之内 優子 優子

  • 東京都
Picture?type=large

Toshiaki Ooba

応援してます!頑張ってください!

  • 東京都
Picture?type=large

Jinanbou Darumano

応援してます!頑張ってください!

  • 東京都
Icon no image

中島 一恵

  • 東京都
コレクター
297人
現在までに集まった金額
3,576,600円
目標金額は3,000,000円です。
残り
0日

FUNDED

このプロジェクトは、2013年10月2日00:00に終了しました。

リターンを選んで応援する

  • 500円

    • コレクター限定で、映画制作の進行状況や監督に関するエピソード等を共有します
    • 46人
  • 3,000円

    • コレクター限定で、映画制作の進行状況や監督に関するエピソード等を共有します
    • 完成上映会に1名様ご招待(上映会の形式・場所は未定。各地での上映が決まり次第ご案内いたします)
    • 311以降を生きるためのハンドブック」(「核の傷」パンフレット)を贈呈します
    • 62人
  • 5,000円

    • コレクター限定で、映画制作の進行状況や監督に関するエピソード等を共有します
    • 完成上映会に1名様ご招待(上映会の形式・場所は未定。各地での上映が決まり次第ご案内いたします)
    • 311以降を生きるためのハンドブック」(「核の傷」パンフレット)を贈呈します
    • 肥田舜太郎著「被爆と被曝」を贈呈します
    • スペシャルポストカードを贈呈します
    • 33人
  • 10,000円

    上映会&クレジット

    • コレクター限定で、映画制作の進行状況や監督に関するエピソード等を共有します
    • 完成上映会に1名様ご招待(上映会の形式・場所は未定。各地での上映が決まり次第ご案内いたします)
    • 311以降を生きるためのハンドブック」(「核の傷」パンフレット)を贈呈します
    • 肥田舜太郎著「被爆と被曝」を贈呈します
    • スペシャルポストカードを贈呈します
    • 献辞入り写真を贈呈します
    • スペシャルサンクスとしてエンドクレジットにお名前を載せます
    • 23人
  • 10,000円

    DVD&クレジット

    • コレクター限定で、映画制作の進行状況や監督に関するエピソード等を共有します
    • 完成作品のDVDを贈呈します
    • 311以降を生きるためのハンドブック」(「核の傷」パンフレット)を贈呈します
    • 肥田舜太郎著「被爆と被曝」を贈呈します
    • スペシャルポストカードを贈呈します
    • 献辞入り写真を贈呈します
    • スペシャルサンクスとしてエンドクレジットにお名前を載せます
    • 94人
  • 30,000円

    • コレクター限定で、映画制作の進行状況や監督に関するエピソード等を共有します
    • 完成上映会に2名様ご招待(上映会の形式・場所は未定。各地での上映が決まり次第ご案内いたします)
    • 311以降を生きるためのハンドブック」(「核の傷」パンフレット)を贈呈します
    • 肥田舜太郎著「被爆と被曝」を贈呈します
    • スペシャルポストカードを贈呈します
    • 献辞入り写真を贈呈します
    • 完成作品のDVDを贈呈します
    • 前作「核の傷」DVDを贈呈します
    • ご希望の方に「みんなの測定所 ふじみーる」食品放射線測定チケットを発行いたします(郵送料や、受け渡しに際する交通費は自己負担になります)
    • スペシャルサンクスとしてエンドクレジットにお名前を載せます
    • 23人
  • 50,000円

    • コレクター限定で、映画制作の進行状況や監督に関するエピソード等を共有します
    • 完成上映会に2名様ご招待(上映会の形式・場所は未定。各地での上映が決まり次第ご案内いたします)
    • 311以降を生きるためのハンドブック」(「核の傷」パンフレット)を贈呈します
    • 肥田舜太郎著「被爆と被曝」を贈呈します
    • スペシャルポストカードを贈呈します
    • 献辞入り写真(大判)を贈呈します
    • 完成作品のDVDを贈呈します
    • 前作「核の傷」DVDを贈呈します
    • ご希望の方に「みんなの測定所 ふじみーる」食品放射線測定チケットを発行いたします(郵送料や、受け渡しに際する交通費は自己負担になります)
    • スペシャルサンクスとしてエンドクレジットにお名前を載せます
    • 完成映画には使われなかった特別映像へのアクセス権を提供します
    • 6人
  • 100,000円

    • コレクター限定で、映画制作の進行状況や監督に関するエピソード等を共有します
    • 完成上映会に3名様ご招待(上映会の形式・場所は未定。各地での上映が決まり次第ご案内いたします)
    • 「311以降を生きるためのハンドブック」(「核の傷」パンフレット)を贈呈します
    • 肥田舜太郎著「被爆と被曝」を贈呈します
    • スペシャルポストカードを贈呈します(3枚)
    • 献辞入り写真(大判)を贈呈します
    • 完成作品のDVDを贈呈します
    • 前作「核の傷」DVDを贈呈します
    • ご希望の方に「みんなの測定所 ふじみーる」食品放射線測定チケットを発行いたします(郵送料や、受け渡しに際する交通費は自己負担になります)
    • エンドクレジットにスペシャルサンクスとしてお名前を載せます
    • 完成映画には使わなかった特別映像へのアクセス権を提供します
    • 作品完成後の監督との交流会にご招待します
    • 10人
  • 300,000円

    • コレクター限定で、映画制作の進行状況や監督に関するエピソード等を共有します
    • 完成上映会に5名様ご招待(上映会の形式・場所は未定。各地での上映が決まり次第ご案内いたします)
    • 「311以降を生きるためのハンドブック」(「核の傷」パンフレット)を贈呈します
    • 肥田舜太郎著「被爆と被曝」を贈呈します
    • スペシャルポストカードを贈呈します(5枚)
    • 献辞入り写真(大判)を贈呈します
    • 完成作品のDVDを贈呈します
    • 前作「核の傷」DVDを贈呈します
    • ご希望の方に「みんなの測定所 ふじみーる」食品放射線測定チケットを発行いたします(郵送料や、受け渡しに際する交通費は自己負担になります)
    • 完成映画には使わなかった特別映像へのアクセス権を提供します
    • 作品完成後の監督との交流会にご招待します
    • エンドクレジットにアソシエイトプロデューサーとしてお名前を載せます
    • 0人

プレゼンター

Yamamoto

山本 顕一

  • 埼玉県

1935年生まれ、隠岐の島出身。島根県立松江高校、東京大学卒。立教大学名誉教授。東京芸大、東京女子大、東京大、自由学園等でも教えてきた。著書「フランス語ハンドブック」、翻訳「キュンバルム・ムンディ」デ・ペリエ、「南極フランス異聞」テヴェ、「工場生活の体験」シモーヌ・ヴェーユ等。3,11以降「脱原発、ここで日本を変えなければ!」と「らむぶる友の会」http://p.tl/dqE8 結成。2012年2月、秩父で肥田舜太郎先生の講演に初めて接して、心から感動。同年6月「核の傷」のプティジャン監督と知り合い親しい友人となる。本年4月、監督の映画制作を支援するため、同じ思いの仲間と制作実行委員会を立ち上げる。

質問や意見をメールする