山本 顕一

1935年生まれ、隠岐の島出身。島根県立松江高校、東京大学卒。立教大学名誉教授。東京芸大、東京女子大、東京大、自由学園等でも教えてきた。著書「フランス語ハンドブック」、翻訳「キュンバルム・ムンディ」デ・ペリエ、「南極フランス異聞」テヴェ、「工場生活の体験」シモーヌ・ヴェーユ等。3,11以降「脱原発、ここで日本を変えなければ!」と「らむぶる友の会」http://p.tl/dqE8 結成。2012年2月、秩父で肥田舜太郎先生の講演に初めて接して、心から感動。同年6月「核の傷」のプティジャン監督と知り合い親しい友人となる。本年4月、監督の映画制作を支援するため、同じ思いの仲間と制作実行委員会を立ち上げる。