京浜島の鉄工所をオープンアクセス型アートファクトリーに!をクラウドファンディングで実現!

BUCKLE KOBO〜東京最後のフロンティア、京浜島の鉄工所をクリエイティブハブに〜
BUCKLE KOBO - Transforming an Ironworks into a Creative Hub at Keihinjima, Tokyo’s Final Frontier

  • 東京都
  • アート

東京最後のフロンティアである京浜島の鉄工所をオープンアクセス型アートファクトリーに変えることで、周辺湾岸地域を中心に新たな文化を発信します。

About the Project
By transforming an ironworks on Keihinjima, Tokyo’s final frontier, into an open-access art factory, we will communicate new forms of culture emanating from the surrounding Bay Area.

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、目標金額2,000,000円を達成し、2016年5月31日23:59に終了しました。

コレクター
83
現在までに集まった金額
2,696,560
残り日数
0

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、目標金額2,000,000円を達成し、2016年5月31日23:59に終了しました。

Middle 1456670328

Presenter
BUCKLE KOBO プロジェクト プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

Middle 1456670328

PRESENTER
BUCKLE KOBO プロジェクト

寺田倉庫 アート事業企画プロジェクト内『BUCKLE KOBO』プロジェクトチーム

VOICE from BUCKLE KOBO

vol. 52 2017-07-04 0

みなさま、こんにちは!!今日は「鉄工島FES」のきっかけになった「根本敬ゲルニカ計画」についてです。

「根本敬ゲルニカ計画」とは、漫画家・根本敬が「個人の意志を超えた大きな何かに突き動かされて」、ピカソの《ゲルニカ》サイズ(349×777cm)の絵画を描こうとするプロジェクトです。

https://motion-gallery.net/projects/guernica

太田出版の編集者、穂原さんの呼びかけで、4月末から根本敬さんが、アドバイザーの会田誠さんと、ゲルニカ大のキャンバスを作るところから始まり、毎日根本さんはBUCKLE KOBOで制作されています。5月中にドローイングを仕上げ、こちらは、その様子を会田さんが見にきてくださったところ。以下の岩根彰子さんのレポートより(撮影:江森康之)

https://motion-gallery.net/projects/guernica/updates/15834

根本さんが今ゲルニカを、この京浜島で、BUCKLE KOBOに毎日自転車で通って、作ってくださってることが、周りにも少しづつ影響を与えていると私は感じます。こちらのテキストは私の好きなテキスト。根本さんの壊れた自転車を、お隣の中村さんがそっと直してくださったとのこと。そして「ものづくりの気持ちは同じ」と話してくださったというエピソード。

https://motion-gallery.net/projects/guernica/updates/15657

こういうことがあるから、京浜島は面白いな、素敵なところだなと思います。今度、7月14日(金)に14:00〜@原宿BLOCK HOUSEにて、「根本敬ゲルニカ計画」と「鉄工島FES」の合同記者会見を行うことになりました。根本さんも、会田誠さんも、そしてPBCから、松蔭浩之さん、谷崎テトラさん、そして市川平さんも来てくださいます。ぜひより多くの方に来ていただきたく、興味がありそうな方にお伝えいただけたら嬉しいです。どうぞよろしくお願いします。伊藤

***

「根本敬ゲルニカ計画」+「鉄工島FES」

合同記者会見のお知らせ

この度は、「根本敬ゲルニカ計画」と「鉄工島FES」の合同の記者発表会を行います。7月14日(金)14:30〜(受付は14:00〜)原宿BLOCK HOUSEにて(渋谷区神宮前6-12-9)趣旨説明と、ゲストの登壇を予定しております。

「根本敬ゲルニカ計画」(ゲスト:会田誠、根本敬)

https://motion-gallery.net/projects/guernica

「鉄工島FES」(ゲスト:谷崎テトラ、松蔭浩之、市川平)

https://motion-gallery.net/projects/tekkojimafes

 「根本敬ゲルニカ計画」とは、漫画家・根本敬が「個人の意志を超えた大きな何かに突き動かされて」、ピカソの《ゲルニカ》サイズの絵画を描こうとするプロジェクトです。

 「ゲルニカ計画」のアトリエとなるのが、羽田空港に近接する東京の突端、東京最後のフロンティアと呼ばれる京浜島のBUCKLE KOBOです。京浜島は工場しかない音出し放題の人工島。島には一人しか住人がいません。BUCKLE KOBOは、そんな島の中にある現役の鉄工所の中にあります。

新ゲルニカ完成の暁には、根本敬ゲルニカ作品を囲み、「鉄工島FES」の開催が予定されています。「鉄工島FES」とは、BUCKLE KOBOでの根本敬・新ゲルニカを前にして、鉄自体を楽器にしたライブや展示を中心に、音楽、アート、パフォーマンス、映画、ここでしかできないような体験ができる祭りになる予定です。

※同日はMOTION GALLERYの6周年の日でもあり、MOTION GALLERY代表で、鉄工島FESの実行委員の一人でもある大高健志さんの登壇も予定しております。

■開催概要

主催: 根本敬ゲルニカ計画実行委員会+鉄工島FES実行委員会

協力: BLOCK HOUSE

日時:2017年7月14日(金)14:00〜受付 / 14:30〜15:30会見

会場: BLOCK HOUSE1F(渋谷区神宮前6-12-9)

http://blockhouse.jp/about/index.php

参加費:無料

参加申込:プレス用の申込みフォームを作成ください。(メール返信可)

https://bucklekobo.typeform.com/to/UVM4ve

締切り: 7月10日までにご連絡ください。

参加資格: 名刺をお持ちください。

参加人数:50名

■お問い合わせ

鉄工島FES実行委員会

事務局 伊藤悠、羽田美恵子、冠那菜奈

企画メンバー 藤原さゆり、澤 隆志

メール:bucklekobo@terrada.co.jp

住所:東京都大田区京浜島2丁目11-7

電話:070-6585-8960

WEB: http://buckle-kobo.tokyo/ja/

[登壇者プロフィール]

(左から会田誠、根本敬 撮影:江森康之)

■根本敬(ねもと・たかし)プロフィール

1958年東京都目黒区生まれ。『月刊漫画ガロ』1981年9月号掲載「青春むせび泣き」で漫画家デビュー。以降「特殊漫画」の道を突き進み、漫画界の極北に位置する。漫画界のみならず、音楽界やアート業界にも熱烈な支持者やフォロワーを持つオルタナティブ界の最重要人物とされる。代表作に『生きる』(青林堂、1986 / 青林工藝舎、2001)、『天然』(青林堂、1988 / 水声社、1998)、『タケオの世界』、『豚小屋発犬小屋行き』(青林堂、1991 / 青林工藝舎、2010)、『ミクロの精子圏』、『未来精子ブラジル』など。「909/アノーマリー2」展(1995年/レントゲン藝術研究所/椹木野衣キュレーション)や「時代の体温」(1999年/世田谷美術館/東谷隆司キュレーション)などにも出展した。1993年に刊行した『因果鉄道の旅』(KKベストセラーズ、1993 / 幻冬舎文庫、2010)所収の「でも、やるんだよ!」は「ニッポン戦後サブカルチャー史」(NHK・Eテレ)で90年代を牽引し大きく影響を与えた言葉として紹介された。

■会田誠(あいだ・まこと)プロフィール

1965年新潟県生まれ。1991年 東京藝術大学大学院美術研究科修了。絵画、写真、映像、立体、パフォーマンス、インスタレーション、小説、漫画など表現領域は国内外多岐にわたる。小説『青春と変態』(ABC出版、1996 / 筑摩書房、2013)、漫画『ミュータント花子』(ABC出版、1999 / ミヅマアートギャラリー、2012)、エッセイ集『カリコリせんとや生まれけむ』(幻冬舎、2010)、『美しすぎる少女の乳房はなぜ大理石でできていないのか』(幻冬舎、2012)など著作多数。近年の主な個展に「天才でごめんなさい」(森美術館、2012-13)、「考えない人」(ブルターニュ公爵城、フランス、2014)、「世界遺産への道!!~会いにいけるアーティストAMK48歳」(霧島アートの森、2014)、「ま、Still Aliveってこーゆーこと」(新潟県立近代美術館、2015)など。

■PBC(ピービーシー)プロフィール

鉄や廃材を組み合わせたメタルパーカッションとサンプリングしたノイズやオーケストレーションによるポストインダストリアル音楽&アートユニット。 現代文明が崩壊したあとの廃墟のなかでのエソテリック音楽をコンセプトとしている。メンバーは、放送作家の谷崎テトラ(作曲・指揮・サンプリング)、映像作家で左官のジャンピエールテンシン(ボイス、メタルパーカッション)、現代美術家の松蔭浩之(ボイス、メタルドラム)を中心に、造形作家の市川平(照明・造形サポート)、未来美術家の遠藤一郎(サウンドシステム)。

今から30年前の1986年、メンバーが大阪芸術大学在学中に結成。 在学中に騒音芸術としてのパフォーマンス作品「鋼鉄のオペラ」(86年 川崎倉庫)を創作・上演。 1987年、1st 12inchシングル 『21st century sweet lucy 』 (阿木譲プロデュース /発売:シャールフラッテン・ノイ)でデビュー。 1991年、備前アートフェスティバル・野外パフォーマンスPBC「神とアナロギア」上演。東京・福岡で連動する展覧会「神とアナロギア」展を開催した。 1994年、大脳生理学者 ジョン・C・リリー博士とのコラボレーション CD「ECCO(宇宙情報制御局)」(八幡書店)リリース。米SILENT RECORDSよりUS版リリース。元ハーバード大学心理学教授ティモシー・リアリー博士とのコラボレーション CD「バルドソドル(チベット死者の書)」(八幡書店)リリース。 1994年 テレビ東京スタジオにてラストライブ。 22年間にわたり、休眠。 2016年6月11日、鉄工所アートスペース「BUCKLE KOBO」(京浜島)にてPBC 再生 (真結成) ライブ。 2017年7月。音楽アートパフォーマンス作品『鋼鉄のオペラ 2016』上演

アップデート一覧に戻る

リターンを選ぶ

  • 500

    MEMBERS

    • 会員限定のコンテンツをメールでお送りします
    • 2016年03月 にお届け予定です。
    • 18人が応援しています。
  • 5000

    USERS

    • 会員限定のコンテンツをメールでお送りします
    • KOBO一日利⽤権(日程候補は後ほどご案内します)
    • 2016年06月 にお届け予定です。
    • 14人が応援しています。
  • 10000

    EXECTIVES

    • 会員限定のコンテンツをメールでお送りします
    • KOBO一日利⽤権(日程候補は後ほどご案内します)
    • オープニングレセプションご招待
    • 映像レポートのプレゼント
    • 2016年06月 にお届け予定です。
    • 31人が応援しています。
  • 30000

    ASSOCIATES

    • 会員限定のコンテンツをメールでお送りします
    • KOBO1ヶ月フリーパス
    • オープニングレセプションご招待
    • 映像レポートのプレゼント
    • 1日限りのスペシャル食事会にご参加いただけます(お土産付)
    • 2016年06月 にお届け予定です。
    • 5人が応援しています。
  • 50000

    PARTNERS

    • 会員限定のコンテンツをメールでお送りします
    • KOBO1ヶ月フリーパス
    • オープニングレセプションご招待
    • 映像レポートのプレゼント
    • 1日限りのスペシャル食事会にご参加いただけます(お土産付)
    • KOBO内にお名前または御社名を刻印いたします
    • 2016年06月 にお届け予定です。
    • 11人が応援しています。
  • 100000

    SPONSORS

    • 会員限定のコンテンツをメールでお送りします
    • KOBO1ヶ月フリーパス
    • オープニングレセプションご招待
    • 映像レポートのプレゼント
    • 1日限りのスペシャル食事会にご参加いただけます(お土産付)
    • KOBO内にお名前または御社名を刻印いたします
    • WEBや広報物にSPONSERとしてクレジットさせていただきます
    • 2016年06月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • 残り28枚

    200000

    INVESTERS

    • 会員限定のコンテンツをメールでお送りします
    • KOBO1ヶ月フリーパス
    • オープニングレセプションご招待
    • 映像レポートのプレゼント
    • 1日限りのスペシャル食事会にご参加いただけます(お土産付)
    • KOBO内にお名前または御社名を刻印いたします
    • WEBや広報物にSPONSERとしてクレジットさせていただきます
    • BUCKLE KOBOオリジナルの作品プレゼント(エディション付)
    • 2016年06月 にお届け予定です。
    • 2人が応援しています。
  • 残り4枚

    1000000

    FOUNDERS

    • 会員限定のコンテンツをメールでお送りします
    • KOBOのFOUNDERの一人として、いつでも工房をご利用いただけます
    • オープニングレセプションご招待
    • 映像レポートのプレゼント
    • 1日限りのスペシャル食事会にご参加いただけます(お土産付)
    • WEBや広報物にSPONSERとしてクレジットさせていただきます
    • BUCKLE KOBOオリジナルの作品プレゼント(エディション付)
    • FOUNDERの⼀⼈として、ポートレートとネームプレート を制作し、⼯房に飾ります
    • 2016年06月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。