京浜島の鉄工所をオープンアクセス型アートファクトリーに!をクラウドファンディングで実現!

BUCKLE KOBO〜東京最後のフロンティア、京浜島の鉄工所をクリエイティブハブに〜
BUCKLE KOBO - Transforming an Ironworks into a Creative Hub at Keihinjima, Tokyo’s Final Frontier

  • BUCKLE KOBO プロジェクト
  • アート
  • 東京都
62ee1336 3398 49b6 88fe 171bfcd89738 ▶ 再生
  • コレクター
    83人
  • 合計金額
    2,696,560円
  • 残り
    0日

目標金額は2,000,000円です。

FUNDED

このプロジェクトは、2016年5月31日23:59に終了しました。

このプロジェクトについて

東京最後のフロンティアである京浜島の鉄工所をオープンアクセス型アートファクトリーに変えることで、周辺湾岸地域を中心に新たな文化を発信します。

About the Project
By transforming an ironworks on Keihinjima, Tokyo’s final frontier, into an open-access art factory, we will communicate new forms of culture emanating from the surrounding Bay Area.

京浜島とは?

京浜島へようこそ!⽻⽥空港を⽬の前に臨むこの島は、住⺠が⼀⼈しかいない広⼤な⼯業地帯です。この島にある鉄⼯所(東京都大田区京浜島2-11-7)を、オープンアクセス型アートファクトリーにしようというのがこのプロジェクトです。2階建の工場(300㎡)の1階には様々な加⼯作業ができるオープンなアートファクトリー、2階にはオフィスとアーティストの制作・滞在スペースを展開します。また、世界各国の集合クリエイティブスペースと連携して事業を展開します。

What is Keihinjima?

Welcome to Keihinjima! Located just a stone’s throw from Haneda Airport, this manmade island is an enormous industrial belt with only one resident. This project will convert an ironworks on the island (at 2-11-7 Keihinjima, Ota-ku, Tokyo) into an open-access art factory. The first floor of the two-story factory (300 m2) will house an open-space art factory where various processing work can be performed, and the second floor will be reserved for offices and ateliers where artists can stay and create. The project will also collaborate with collective creative spaces in other countries around the world.

国際的な文化発信拠点に!!

NYのSOHOやDUMBO、LONDONのEAST END、あるいは北京の798地区。世界には、⼯場地帯をアーティスト達のクリエイティビティによって開拓し、世界中から観光客が集まる⽂化発信都市に変えてきた歴史があります。しかし東京にはかつてこのような場所があった歴史がありません。湾岸の広⼤な場所と資源を持ってこそ、東京の他の場所で不可能なことを可能にします。この⼿付かずのフロンティアこそ東京に新たな息吹をもたらす可能性を含んでいるのです。

A Source of International Cultural Communication!

New York’s Soho and Dumbo, London’s East End, and Beijing’s 798 District are examples of industrial districts that have a history of being developed by the creativity of artists and transformed into cultural hubs attract tourists from all over the world. Tokyo, however, has no place with such a history. The expansive space and resources the Bay Area offers will make possible what is impossible to achieve elsewhere in Tokyo. This untouched frontier has the potential to breathe new life into Tokyo.

「BUCKLE KOBO」の由来

このスタジオでは制作工房を中⼼に、周辺環境を取り込みながら様々なイベントや企画を開催していきます。まさに沿岸のベルト地帯にある点在する資源を繋ぎ、東京のクリエイティブのハブにしていく、そういう思いで、この⼯房は「BUCKLE KOBO」と名付けられました。

Origin of BUCKLE KOBO

This art studio will hold a variety of events and programs centered on the workshops and encompassing the surrounding environment. With a vision to connect the various resources dotting the coastal belt to form a creative hub in Tokyo, we named the studio “BUCKLE KOBO.” 


ドローイングは、このプロジェクトの中心的なメンバーとなる松下徹による。上記写真は、中心メンバーのもう一人、藤元明撮影の写真及び映像より一部抜粋。

Q&A

Q:「誰がやっているのか」

主体は寺田倉庫アート事業企画プロジェクトのメンバーと、有志のアーティストです。運営体制が整い次第、スタジオ、カフェ、そしてマネジメントのスタッフから揃えていきたいと考えています。将来的にはスタジオでのD.I.Yサービスを充実させ、独自の体制を作っていきます。場所の利を活かし、専門スタッフによる指導のもと、火を使う制作や大きな音の出る作業をいつでもできるようなオープンな仕組を作っていきます。

Q: Who operates it?

It is primarily run by members of Warehouse TERRADA’s Art Business Planning Project Team and interested artists. Once the operational framework has been established, we intend to employ studio, café and management staff. In the future, we will enhance D.I.Y. services for the studios and create a unique organization. Taking advantage of the industrial location, we will provide open-access spaces where processing work using open flames and generating loud noises can be carried out under the supervision of expert staff.


松下徹の制作風景。電気を通すことにより木の木目に沿って熱が伝わり線が生まれる。アトリエでの制作風景

Q:「どのような目的でやっているのか」

寺田倉庫は1950年の創業時より、ワイン、映像メディア、美術品など、専門性の高い商品を極めて最適な条件で「保管・保存する」ビジネスを深化させてきました。
特にアート分野の幅を広げるため、2014年に「T-Art Gallery」をオープン、また若手アーティストの発掘・支援のため「TERRADA ART AWARD」をスタートさせました。そして昨年7月には伝統画材を研究・販売する画材ラボ「PIGMENT (ピグモン)」をオープンしました。
いずれのサービスも根底にあるのは「千年倉庫」という思想です。モノ、文化を長く大切に保存する。その結果として、また新たな文化が生まれていく循環を創り出したいという精神で取り組んでいます。
今回の京浜島のプロジェクトは、アーティストのクリエイティビティで街・地域を開発する試みの起点です。
賛同し集まってくれるアーティストたちがどんな仕組みを作り出すか。企業が単体で投資をして行うのではなく、世の中に存在価値を問い、より多くの方に関わって頂きながらプロジェクトを進め、文化発信を行いたいと考えます。

Q: What is the purpose in doing this?

Since its founding in 1950, Warehouse TERRADA has worked to increase the depth of its business in the storage and preservation of highly specialized items such as wine, video media and artworks under the best possible conditions.

In order to expand the scope of the art field in particular, in 2014, we opened T-Art Gallery and also launched the TERRADA ART AWARD to discover and support young artists. Last July, we also opened PIGMENT, an art supply lab for researching and selling traditional art supplies.

All of these services are founded on the philosophy of a “thousand-year warehouse.” We carefully store artifacts and culture for long periods, and over the course of time we aspire to create an environment that will give birth to new culture. This is our frame of mind.

This Keihinjima Project is the starting point of our endeavors to develop urban districts and regions through the creativity of artists.

It is about what kind of organization the artists gathering together will create under the banner of our cause. Rather than invest in the project as a single company, we would like to communicate culture by questioning the value of its existence in society and proceeding with the project by engaging as many people as possible.


溶接や加工作業の様子

Q:「現在はどのような状態なのか。今後の活動の内容」

現在は、一角を旋盤工の職人さんが作業場として使用しており、大部分は未使用の工場です。ここに息を吹き込み、制作する人々が集まる場にするのが目的です。

1)オープンアクセス型アートファクトリー:様々な加工作業ができる工房
音を気にせず、火の使用が可能です。道具の使い方から制作のアドバイスまで行い、「作りたい人」を応援します。月額10,000円(学生8,000円)で一般開放もいたします。
運営:寺田倉庫アート事業企画プロジェクトチーム

2)国際的なアーティスト・イン・レジデンス(アーティストのアトリエ)
東京文化発信の場づくりと、都内初オープンスタジオ・レジデンスとして、国際クリエイターの交流を行います。
東京の様々な方面から影響力のあるアーティストが一同に集い、これまでに無い制作場所・スタジオを創造。オープンスタジオ形式で建築・音楽・ファッションと連携したプロジェクトやイベントを開催予定です。台湾や香港等、アジア諸国の集合スタジオや大学機関と相互にアーティストや企画を派遣しあい、アートの国際交流拠点となります。

Q: What is the situation now? Looking forward, what kind of activities do you intend to engage in?

At present, part of the ironworks is being used as a workshop by a lathe turner, but much of the space is not being used at all. Our objective is to breathe new life into the facility and make it a place where creative people gather together.

1) Open-access art factory: an art studio where a variety of processing work can be performed

There will be no need to worry about making noise or using open flames. We will provide support to people who want to be creative by offering advice on how to use tools and how to make things. The studio will also be open to the public for a monthly fee of 10,000 yen (8,000 yen for students).

Managed by: Warehouse TERRADA’s Art Business Planning Project Team

2) International artists-in-residence (artists’ ateliers)

As a place for communicating Tokyo’s culture and as the city’s first open studio residence, BUCKLE KOBO will promote interaction among international creators.

We intend to create workshops and ateliers of the like never seen before, where influential artists from every corner of Tokyo will gather. We also plan to host programs and events partnering architecture, music and fashion fields through an open studio format. It will become a hub of international interaction where collective studios and university organizations of other Asian countries such as Taiwan and Hong Kong will mutually engage in artist exchanges and programs.


藤元明の展示風景

Q:「このプロジェクトでどのように変わるのか(その波及効果)」

ここ数年、清澄白河や外神田地域、墨田区など東京の東側地域では、古い物件をリノベーションし、アートの関係者が集まって情報発信する動きがありました。しかし、場所が分散しているため、特に国外の方はどこに行けば良いか分かりにくいケースが多かったのも事実です。
京浜島〜天王洲アイルエリアは、羽田空港からもアクセスしやすい場所です。
アート・ものづくりの情報や人材が交流するハブになることを目標に、まずは北京・上海・香港・台湾のスタジオ・アーティストとの交流できる空間として機能させていきたいと考えます。
京浜島はかねてからものづくりの工場やスペースが多く集まる地域。この鉄工所でも熟練の旋盤工が仕事をしています。そのような場所に若いアーティストが入り込んでいくことで、お互いに刺激となり、学ぶこともきっとあると思います。
「BUCKLE KOBO」で起こるそういった作用が周辺に波及し、人の流れが生まれていくような起点になればと思います。

Q: What sort of change will this project bring (and what ripple effects will it have)?

Over the past several years, there has been a movement to renovate old properties in the eastern side of Tokyo such as Kiyosumi-shirakawa and Soto-kanda areas or Sumida-ku as places for art professionals to gather and exchange information. However, the venues are scattered and finding them can be difficult, especially for people from overseas.

The Keihinjima-Tennoz Isle area is easily accessible from Haneda Airport.

With the goal of creating a hub for the exchange of artistic and creative information and talents, we will begin by launching BUCKLE KOBO as a space where artists can interact with studio artists from Beijing, Shanghai, Hong Kong and Taiwan.

Keihinjima has always been a place with many factories and spaces for crafting things. A master turner also works in this ironworks. An inflow of young artists into such a space will provide stimulation for all parties, and they will undoubtedly have many lessons to learn from each other.

We hope that such activities taking place at BUCKLE KOBO will spread to the surrounding areas and provide the spark that will generate a sizable flow of people.


松下徹がオーガナイズしている『SIDE CORE』のオープニングの様子

想定されるリスクとチャレンジ

全くゼロからのスタートです!!この空っぽの工場を見ても、ここに人が集い、ここから作品が生ま れ、賑わいが生まれていくことは、なかなか想像ができないかもしれません。しかし、ゼロからだからこそ、ここでリサイクル家具を作ったら、ここで自転車の 整備工房兼ポートがあったら、ここで近所の人が集まるような喫茶スペースができたら、1日限りのエクスクルーシヴなスペシャルディナーがあったら、など、 イメージは無限に広がります。それを可能にするのがアーティストのクリエイティビティなのです。

Anticipated risks and challenges

We are starting completely from scratch! Just looking at the empty space in this factory, it may be hard to imagine that people will soon gather here to create diverse works, and in a matter of time it will become an exciting hive of activity. Because we are starting from scratch, the possibilities are unlimited. Someone might want to open a furniture recycling shop, set up a bicycle maintenance shop & station, create a café space for people nearby to get together, or host an exclusive 1-night-only special dinner. The creativity of artists will make all that possible.

Please join us!

ぜひご参加下さい!!

まだまだこの⼯房のプロジェクトは始まったばかりです。
いろんな⽴場の、いろんな技能を持った⽅が集まってこそ、⾯⽩いものができる。そう考えて、クラウドファンディングを始めます。ぜひあなたも、参加してください!!⼀緒に楽しみましょう。

This project has only just begun.

More and more interesting things will be created as people in various positions and with various skills gather here. With this in mind, we will kick off crowdfunding. We invite you to join us on this exciting adventure!  

特典について

会員限定のコンテンツをメールでお送りします
工房の様子や進捗をお知らせ。メンバーの一人としてご案内いたします。

【KOBO一日利⽤権(日程候補は後ほどご案内します)】
BUCKLE KOBOをぜひご活用いただきたく、日程は後ほど候補をおしらせしますのでぜひおこしください(交通手段などはご案内いたします)。

オープニングレセプションご招待
BUCKLE KOBOは6月にスタート予定です。オープニングを祝いまして、応援していただいた皆様をお招きしたオープニングレセプションを行いたいと思います。みんなで一緒にお祝いしましょう!

映像レポートのプレゼント
もしかしたら、オープニングレセプションに物理的に来られない方がいらっしゃるかもしれません。そのために、この制作風景などのドキュメントを映像にして、映像レポートをプレゼントできたらと思います。遠くの皆様にもこの熱をお届けしたいです。

KOBO1ヶ月フリーパス
BUCKLE KOBOをいつでも好きな時に1ヶ月間ご利用いただけるフリーパスです。

1日限りのスペシャル食事会にご参加いただけます(お土産付)
BUCKLE KOBO企画、この時ここでしか味わえない、特別なディナーをご用意したいと思います。特別な音楽、映像、絵、触覚、味覚、嗅覚、すべてを使って、一期一会の空間を作りたいと思います。こちらは、いわばエクスクルーシブなメンバーに向けてのものなので、一人一人に楽しんでいただけるよう、アートチームでおもてなしいたします。特製お土産もつきます。

KOBO内にお名前または御社名を刻印いたします
BUCKLE KOBOの壁やモルタルに、感謝の気持ちを込めて、お名前または御社名を刻印致します。

WEBや広報物にSPONSERとしてクレジットさせていただきます
今後BUCKLE KOBOが作るWEBや広報物に、SPONSERとして常にクレジットさせていただきます。このBUCKLE KOBOが、SPONSERの皆様により支えられていることを、大切にしたいと思います。

【BUCKLE KOBOオリジナルの作品プレゼント(エディション付)
BUCKLE KOBOのメンバーで、オリジナルの作品を作りプレゼント致します。限定30個のエディション付です。

KOBOのFOUNDERの一人として、いつでも工房をご利用いただけます
BUCKLE KOBOの設立メンバーとしていつでもお迎え致します。

FOUNDERの⼀⼈として、ポートレートとネームプレート を制作し、⼯房に飾ります
お写真からポートレートをアーティストと共にオリジナルの絵に起こし、ネームプレートと共に、工房の壁に常に飾らせていただけたらと思います。

Benefits

E-mailing of members-only content
We will provide you with updates on the art studio as one of our members.

One-day KOBO complimentary pass (Information on available dates to be provided at a later time)
We invite you to come and make use of BUCKLE KOBO. We look forward to seeing you on one of the available dates, which we will notify you of at a later time. (Information on transportation will also be provided.)

Invitation to the opening reception
BUCKLE KOBO is scheduled to open in June. To celebrate the occasion, we cordially invite all of our supporters to the opening reception. Let’s celebrate this new beginning together!

Opening reception video
We understand that you may not be able to attend the opening reception in person. For those who are unable to attend, we will record the event and provide a video report as our gift to you. We want to share our excitement with everyone including those separated from us by distance.

1-month free pass to the KOBO
This is a free pass that allows you to use BUCKLE KOBO whenever you wish for one month.

Special dinner (with a gift)
We will arrange a special dinner produced by BUCKLE KOBO that can only be enjoyed at one night at BUCKLE KOBO. We will create a once-in-a-lifetime experience with special music, video, art and food that will stimulate all of your 6 senses. This is an invitation extended to discerning members, and the art team’s impeccable hospitality will ensure everyone has a memorable time. Guests will also be presented with a customized gift.

Your name or the name of your company engraved within the KOBO
We will engrave your name or the name of your company on a wall or in mortar at BUCKLE KOBO as a sign of our gratitude.

Sponsor acknowledgement on websites and in advertising materials
You will always be acknowledged as a sponsor on websites and in advertising materials created by BUCKLE KOBO in the future. We want to show our gratitude for the support provided to BUCKLE KOBO by our sponsors.

Original gift created at BUCKLE KOBO (with edition numbers)
We will provide you with an original gift created at BUCKLE KOBO. These will be limited to 30 editions.

KOBO founders’ use of the studio at any time
At BUCKLE KOBO, we will welcome you as a founding member at any time.

A portrait and nameplate for each KOBO founder created and displayed in the studio
With the assistance of an artist, an original portrait of you will be created from a photo you provide, and it will be displayed on a wall of the studio along with a nameplate.

Drawing & Images by Tohru Matsushita
Movie & Photos by Akira Fujimoto
Special thanks to Jango, Mr. Otaka, TETE and all the staffs of TERRADA

もっと読む
コレクター
83人
現在までに集まった金額
2,696,560円
目標金額は2,000,000円です。
残り
0日

FUNDED

このプロジェクトは、2016年5月31日23:59に終了しました。

リターンを選んで応援する

  • 500円

    MEMBERS

    • 会員限定のコンテンツをメールでお送りします
    • 18人
    • お届け予定:2016年03月
  • 5,000円

    USERS

    • 会員限定のコンテンツをメールでお送りします
    • KOBO一日利⽤権(日程候補は後ほどご案内します)
    • 14人
    • お届け予定:2016年06月
  • 10,000円

    EXECTIVES

    • 会員限定のコンテンツをメールでお送りします
    • KOBO一日利⽤権(日程候補は後ほどご案内します)
    • オープニングレセプションご招待
    • 映像レポートのプレゼント
    • 31人
    • お届け予定:2016年06月
  • 30,000円

    ASSOCIATES

    • 会員限定のコンテンツをメールでお送りします
    • KOBO1ヶ月フリーパス
    • オープニングレセプションご招待
    • 映像レポートのプレゼント
    • 1日限りのスペシャル食事会にご参加いただけます(お土産付)
    • 5人
    • お届け予定:2016年06月
  • 50,000円

    PARTNERS

    • 会員限定のコンテンツをメールでお送りします
    • KOBO1ヶ月フリーパス
    • オープニングレセプションご招待
    • 映像レポートのプレゼント
    • 1日限りのスペシャル食事会にご参加いただけます(お土産付)
    • KOBO内にお名前または御社名を刻印いたします
    • 11人
    • お届け予定:2016年06月
  • 100,000円

    SPONSORS

    • 会員限定のコンテンツをメールでお送りします
    • KOBO1ヶ月フリーパス
    • オープニングレセプションご招待
    • 映像レポートのプレゼント
    • 1日限りのスペシャル食事会にご参加いただけます(お土産付)
    • KOBO内にお名前または御社名を刻印いたします
    • WEBや広報物にSPONSERとしてクレジットさせていただきます
    • 1人
    • お届け予定:2016年06月
  • 200,000円 残り28枚

    INVESTERS

    • 会員限定のコンテンツをメールでお送りします
    • KOBO1ヶ月フリーパス
    • オープニングレセプションご招待
    • 映像レポートのプレゼント
    • 1日限りのスペシャル食事会にご参加いただけます(お土産付)
    • KOBO内にお名前または御社名を刻印いたします
    • WEBや広報物にSPONSERとしてクレジットさせていただきます
    • BUCKLE KOBOオリジナルの作品プレゼント(エディション付)
    • 2人
    • お届け予定:2016年06月
  • 1,000,000円 残り4枚

    FOUNDERS

    • 会員限定のコンテンツをメールでお送りします
    • KOBOのFOUNDERの一人として、いつでも工房をご利用いただけます
    • オープニングレセプションご招待
    • 映像レポートのプレゼント
    • 1日限りのスペシャル食事会にご参加いただけます(お土産付)
    • WEBや広報物にSPONSERとしてクレジットさせていただきます
    • BUCKLE KOBOオリジナルの作品プレゼント(エディション付)
    • FOUNDERの⼀⼈として、ポートレートとネームプレート を制作し、⼯房に飾ります
    • 1人
    • お届け予定:2016年06月

プレゼンター

Middle 1456670328

BUCKLE KOBO プロジェクト

  • 東京都

寺田倉庫 アート事業企画プロジェクト内『BUCKLE KOBO』プロジェクトチーム

質問や意見をメールする