都鳥 伸也

1982年、岩手県北上市生まれ。2004年、日本映画学校を卒業後、映画監督・武重邦夫氏の主宰する『Takeshigeスーパー・スタッフプログラム』に参加。地域の文化に根ざした映画の発信を目指し、映画の企画・製作・配給について学ぶ。このとき企画した『いのちの作法』をプロデューサーとして、2005年8月から2008年1月まで約2年半をかけて製作。翌年、2009年7月にはプロデュース第2作目となる『葦牙』を発表する。2012年、自殺防止の最前線を描いた『希望のシグナル』で監督デビューを果たす。2014年には第2作となる『1000年後の未来へ』を発表。現在、『増田進 患者さんと生きる』の上映準備中。