木下 竜

東京生まれ。小6の時ブルース・リーで映画に目覚め、長じてはゴダールと香港映画にハマる。現在は福岡で(株)利助オフィスのプロデューサーとして企業や自治体広報から一般誌の編集まで硬軟幅広く手掛ける。今はなき吉祥寺バウスシアターで爆音を体験して以来爆音教徒となり、2012年から「爆音映画祭in福岡」を企画運営。ロックに律儀に忠誠を立ている。