ヴィンセント・ムーンによる映画『響・HIBIKI』をクラウドファンディングで実現!

TAKE AWAY SHOWSの創始者、ヴィンセント・ムーンが日本の音楽を探求する長編ドキュメンタリー『響・HIBIKI』始動!

  • 『響・HIBIKI』製作委員会
  • 映画
  • 東京都
616b3acf 4523 49f1 bbee 3d588f9988cb ▶ 再生
  • コレクター
    55人
  • 合計金額
    578,000円
  • 残り
    0日

目標金額は2,000,000円です。

FUNDED

このプロジェクトは、2014年10月7日23:59に終了しました。

このプロジェクトについて

著名なロックスターからコーカサス地方の山村に人知れず存在するグルジアの合唱団まで、これまで50カ国以上を旅し、何百という音楽家たちを撮影してきた旅する映像詩人、ヴィンセント・ムーン。このプロジェクトでは、ヴィンセント・ムーンが日本の知られざる音楽に焦点を当て、古から現在まで、この国に響き続ける音楽の根源を探求する長編ドキュメンタリー映画『響・HIBIKI』の撮影を実現するため、映画製作費の一部を皆様からのご支援で募ります。

ヴィンセント・ムーン@DOMMUNE の貴重映像をMotionGalleryで限定公開中です

番組詳細:
DOMMUNE 2014/03/25 (火)放送
19:00~21:00 「出過ぎた杭は打たれない!」
ヴィンセント・ムーンJAPANプロジェクト『響-HIBIKI』Presents
即興トークプログラム with 都築響一&Shing02
出演:VINCENT MOON(from PARIS)、都築響一、Shing02
通訳:Samson Yee

パリから世界、そして日本へ。

路地や地下鉄、カフェなど人々が日常生活を送る場所で、突然始まる即興演奏。
唖然とする周囲の人々。何が起きるのだろうと興味津々の子どもたち。
演奏が続くにつれて場を支配していた違和感が消失し、みんなが音楽に引き込まれてゆく・・・。

世界中で話題を集めるネットの音楽配信番組、「TAKE AWAY SHOWS」を見たことのある人ならおなじみのシーンだと思います。その創始者であるヴィンセント・ムーンは次のように語ります。

音楽はホールやシアターの中に存在するんじゃない。そこに住む人々の生活のなかから生まれて、ライフスタイルとともに変わってゆく。僕は世界中の音楽がどんなふうに生まれて、どのように変わっていくのかこの目で確かめたい。だから旅に出ることに決めたんだ。

彼はシガー・ロス、R.E.M、アーケイドファイア、など世界的に著名なミュージシャンの映像を手がけてきたキャリアを捨てて、2009年から世界放浪の旅に出ます。バックパックを背負い、カメラを手にして、これまで世界中で何百という音楽家たちを撮影してきました。その一部を簡単に紹介しますと、

チェチェン/壮麗で幻想的な合唱を聞かせてくれた伝統的女性聖歌隊

日本/伝説のフォーク歌手、友川カズキのドキュメンタリー映画「花々の過失」。コペンハーゲンドキュメンタリー国際映画祭「音と映像部門」最優秀賞受賞作品

アルゼンチン/夜のブエノスアイレス、トミ・レブレロがバンドネオンのメランコリックな音色にのせ、唄い奏でる

ブラジル/ベレンのファベーラ出身。大ブレイク中のテクノ・ブレーガ系女性シンガー、ガビ・アマラントスの超パワフルな裏路地でのライブ

など。

世界を旅するうちに彼の興味は、「音楽とは一体、元々何のためにあっただろう。音楽は人々の祈りや生活、文化とどのように関係し成り立っていったのか」というようにその根源的な部分へと変化していきました。

そして、いよいよヴィンセント・ムーンが、ここ日本に鳴り響くプリミティブな音の探求をテーマにした長編音楽ドキュメンタリーの新作に挑みます。これまでも世界中で音楽が生まれる現場を見続けてきた旅する映像詩人の目に、日本はどう映るのか? 彼の求める音は、一体どこに存在するのか?

この映画は、私たち日本人にとって「音楽」を考える上で新たな視点をもたらす、非常に刺激的な作品です。

『響・HIBIKI』とは

ヴィンセント・ムーンによる長編音楽ドキュメンタリー映画『響・HIBIKI』。このプロジェクトでは、日本に存在する根源的な音というものを探して、アイヌのユーカラ、琉球民謡のような日本各地に伝わる伝統音楽や仏教儀式の和讃などの宗教儀式から、ノイズミュージックのような現代音楽までを縦横無尽に横断し、その音と映像をカメラに納めていこうという試みです。

彼は、「TAKE AWAY SHOWS」の頃から、映像も音楽の即興演奏のように自由であるべきだと考えてきました。だから、街中にミュージシャンを連れ出し、ステージも聴衆もいないところで彼らの気分次第で演奏を始めてもらって、映像も即興でカメラにおさめる。そこには演出上の制約や約束事は何もないのです。だからこそ、生まれるリアリティ、独特の緊張感を彼は大切にしたいと考えています。今回のプロジェクトでも、その撮影スタイルを踏襲するため、最初から到達したいゴールが見えているわけではありません。日本全国を放浪しながら、現地で彼の感性を刺激するミュージシャンと出会ったら、その場で即興的に撮影する予定です。行き当たりばったりだと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、そこにはヴィンセント・ムーンにしか撮れない映像が確かにあるのです。

今回のプロジェクトに関して彼は、訪れた土地土地で出会った人々と積極的に交流し、地元の人々と一緒に作品を作り上げることを望んでいます。
僕は日本の音楽についての映画を撮りたいんじゃないんだ。日本人と一緒に日本の音楽について考えてみたいんだ。そのためには、たくさんの日本人と話をして、お酒もたくさん飲むつもりさ」『響・HIBIKI』特設ウェブサイト

資金の使い道

■ 目標金額 200万円
集まったお金は、映画製作費の一部として監督の渡航費を含む日本での撮影ロケ費用(車両、機材、交通・宿泊費)に充てさせていただきます。

■ スケジュール
- 撮影は2015年から2016年にかけて、合計3ヶ月程度(予定)
- 撮影終了後1年以内に完成予定
- 国内外の映画祭に出品予定
- 劇場公開予定

ヴィンセント・ムーン プロフィール

パリ出身のインディペンデントフィルムメーカーであるヴィンセント・ムーンは、フランス発の音楽情報サイト La Blogotheque のためにシネマ・ヴェリテの手法(作り手の存在が映画から排除される虚構上のトリックを排し、映像の作り手が被写体の人々と関わる行為そのものをも記録し、映画をより真実に近づけようとする手法) によって制作された作品の数々でその名を知られるようになりました。2006年以来、トム・ジョーンズ、R.E.M、シガー・ロス、アーケイドファイア、ザ・ナショナルなど、著名なミュージシャンの即興パフォーマンスを記録した音楽映像ウェブ配信シリーズ Take Away Showsや、特定のアーティストの長編ポートレイト映画など、膨大な数の音楽ドキュメンタリーを制作しています。

2009年11月、コペンハーゲンドキュメンタリー国際映画祭で、ワールドプレミアとして上映された伝説のフォーク歌手、友川カズキのドキュメンタリー映画『花々の過失』は「音と映像部門」最優秀賞を受賞し、大きな話題を呼びました。

2008年からは遊牧民のごとくカメラひとつで世界を旅し、現地の伝統音楽から宗教的な儀式、新しい実験音楽までを幅広く探求し映像を制作。オルタナティブなインディーズミュージックシーンの撮影から始まったこれらの旅の記録映像は、彼の生涯をかけたノマディック・フィルムメイキングプロジェクトとしてウェブ上で公開され、また世界各地でフィールド録音された音源は、自身のレーベルであるCollection Petites Planètes より配信されています。

公式ウェブサイト:VINCENTMOON.COM
レーベル:Collection Petites Planètes

特典について

コレクターの皆様にとっておきの特典をご用意いたしました!

【HIBIKIオリジナルトラベルグッズ】

ヴィンセント・ムーンとファッションブランドRAVENIKのコラボレーションが実現! スーツケースに簡単に収まり、旅行先でのお出かけにとっても便利なバッグをプレゼントいたします。両サイドは縫製を用いず、ウェットスーツなどに見られるウェルダー加工を採用した防水使用。雨の日でも、メモ帳や旅行先で見つけたポストカードを濡らすこと無く持ち運ぶことが可能です。使用されている写真は、ブラジルの鍵盤奏者であり作曲家マエストロ、ラエルシオ・ジ・フレイタスとその愛娘で歌手であるタルマ・ジ・フレイタスとの共演を、ブラジル・リオでヴィンセント・ムーンが撮影したものです。オリジナルの映像は以下でご覧になれます。

petites planètes | volume 12 THALMA & LAÉRCIO DE FREITAS

【ヴィンセント・ムーンのオリジナルミックス音源】
ヴィンセント・ムーンは、映像作家である一方、フィールドレコーディングの収集家としても活動してきました。これまで訪れた世界何十カ国で録音した様々の音楽は、自身のレーベルであるCollection Petites Planètesより配信されています。そして今回、そんな彼が世界中で収集した音源を彼自身がオリジナルミックスし、コレクター限定でプレゼントいたします。

例えばこんなMIXです!

MOON MIX ◊ BRUSSELS 2014 ◊ (COLLECTIF SIN LABORATORY / POUR L'UKRAINE) by Collection Petites Planètes on Mixcloud

想定されるリスクとチャレンジ

ヴィンセント・ムーンの映像の魅力は予定調和の作品ではあり得ない、通り過ぎて行く町並みや人々、遠くで聴こえる犬の鳴き声や窓から射す光などの現場の環境を積極的に受け入れて行く即興性にあります。撮影している、本人も次に何が起こるか、分からないこその緊張感と集中力。

上記の『響・HIBIKI』プロジェクトの説明でもお伝えしましたが、今回の製作では、その撮影スタイルを踏襲するため、最初から到達したいゴールが見えているわけではありません。日本全国を放浪しながら、現地で彼の感性を刺激するミュージシャンと出会ったら、その場で即興的に撮影する予定です。 そのため、去年から本格的に始まったスポンサーを探しですが、企画書の中に、撮影予定のミュージシャンやロケーションなどの具体的なアイデアを書くことが出来ず、当然、ストーリーの落としどころを伝えることや撮影期間を明確に述べることも難しいため、壁にぶつかることが多く、厳しい状況です。

監督の意志を汲んで、その才能と感性を最大限に活かせる現場を用意してあげるにはどうすればいいのか。そう考えた時、このクラウドファンディングで、彼の作品を愛し、世界に誇る私たちの国の素晴らしいミュージシャンや文化を映像におさめて欲しいと願う方々に製作費のご協力を頂くことが、一番の方法であると考えました。

ご協力のお願い

最後までご覧いただき、誠にありがとうございます。
まだ第一歩目ではございますが、皆様のご支援が大きな「響き」となった時に、このプロジェクトが実現します。

皆様からお力添えを、スタッフ一同心よりお願い申し上げます。

■ ヴィンセント・ムーン作品の劇場上映情報
『旅する映像詩人 ヴィンセント・ムーンの世界』
Nomadic Filmmaker - The World of Vincent Moon

- 下高井戸シネマ(東京)
2014年9月8日(月)~9月21日(日) ※日替わり上映
連日 21:10〜レイトショー
詳細情報

- 立誠シネマ(京都)
2014年9月13日(土)~9月26日(金)at ※日替わり上映
9月13日(土)~9月19日(金)17:20~
9月20日(土)~9月26日(月)19:00~
詳細情報

■ ヴィンセント・ムーンのメディア情報

2014年6月10日発売予定
雑誌『WIRED』VOL.12にヴィンセント・ムーンのインタビュー記事が掲載されます

Shing02よりVincent Moonへの書簡

日本の音楽を考える上で欠かすことのできない「言霊」についてShing02が語ってくたビデオレターを公開します。
note: 0003 "kototama"

もっと読む
コレクター
55人
現在までに集まった金額
578,000円
目標金額は2,000,000円です。
残り
0日

FUNDED

このプロジェクトは、2014年10月7日23:59に終了しました。

リターンを選んで応援する

  • 1,000円

    • 響ウェブサイトのTHANK YOU! クレジットにお名前を掲載
    • 撮影期間中に日々、更新されるプライベートブログの閲覧
    • 1人
  • 3,000円

    • 響ウェブサイトのTHANK YOU! クレジットにお名前を掲載
    • 撮影期間中に日々、更新されるプライベートブログの閲覧
    • 映画鑑賞券1枚
    • 12人
  • 5,000円

    • 響ウェブサイトのTHANK YOU! クレジットにお名前を掲載
    • 撮影期間中に日々、更新されるプライベートブログの閲覧
    • 映画鑑賞券1枚
    • ヴィンセント・ムーンによる世界各地で録音した音楽のスペシャルミックス音源(オンラインでリンクを送付)
    • 13人
  • 10,000円

    • 響ウェブサイトのTHANK YOU! クレジットにお名前を掲載
    • 撮影期間中に日々、更新されるプライベートブログの閲覧
    • 映画鑑賞券2枚
    • ヴィンセント・ムーンによる世界各地で録音した音楽のスペシャルミックス音源(オンラインでリンクを送付)
    • 映画のエンドロールのTHANKS!クレジットにお名前を掲載
    • 映画のプレビューやアウトテイクが閲覧できるプライベートリンク(オンラインでリンクを送付)
    • 16人
  • 15,000円

    • 響ウェブサイトのTHANK YOU! クレジットにお名前を掲載
    • 撮影期間中に日々、更新されるプライベートブログの閲覧
    • 映画鑑賞券2枚
    • ヴィンセント・ムーンによる世界各地で録音した音楽のスペシャルミックス音源(オンラインでリンクを送付)
    • 映画のエンドロールのTHANKS!クレジットにお名前を掲載
    • 映画のプレビューやアウトテイクが閲覧できるプライベートリンク(オンラインでリンクを送付)
    • サイン入りポスター
    • オリジナルトラベルバッグ(HIBIKI×RAVENIKコラボレーション)
    • 5人
  • 30,000円

    • 響ウェブサイトのTHANK YOU! クレジットにお名前を掲載
    • 撮影期間中に日々、更新されるプライベートブログの閲覧
    • 映画鑑賞券2枚
    • ヴィンセント・ムーンによる世界各地で録音した音楽のスペシャルミックス音源(オンラインでリンクを送付)
    • 映画のエンドロールのTHANKS!クレジットにお名前を掲載
    • 映画のプレビューやアウトテイクが閲覧できるプライベートリンク(オンラインでリンクを送付)
    • サイン入りポスター
    • オリジナルトラベルバッグ(HIBIKI×RAVENIKコラボレーション)
    • ヴィンセント・ムーンによる東京での二日間のワークショップにご招待(東京までの交通費や宿泊費はご本人負担)
    • 8人
  • 200,000円 残り5枚

    • 響ウェブサイトのTHANK YOU! クレジットにお名前を掲載
    • 撮影期間中に日々、更新されるプライベートブログの閲覧
    • 映画鑑賞券2枚
    • ヴィンセント・ムーンによる世界各地で録音した音楽のスペシャルミックス音源(オンラインでリンクを送付)
    • 映画のエンドロールのTHANKS!クレジットにお名前を掲載
    • 映画のプレビューやアウトテイクが閲覧できるプライベートリンク(オンラインでリンクを送付)
    • サイン入りポスター
    • オリジナルトラベルバッグ(HIBIKI×RAVENIKコラボレーション)
    • ヴィンセント・ムーンによる東京での二日間のワークショップにご招待(東京までの交通費や宿泊費はご本人負担)
    • 東京でヴィンセント・ムーンとプライベートで酒を酌み交わす券(東京までの交通費や宿泊費はご本人負担)
    • 0人
  • 500,000円 残り3枚

    • 響ウェブサイトのTHANK YOU! クレジットにお名前を掲載
    • 撮影期間中に日々、更新されるプライベートブログの閲覧
    • 試写会ご招待(2名様)
    • ヴィンセント・ムーンによる世界各地で録音した音楽のスペシャルミックス音源(オンラインでリンクを送付)
    • 映画のエンドロールのTHANKS!クレジットにお名前を掲載
    • 映画のプレビューやアウトテイクが閲覧できるプライベートリンク(オンラインでリンクを送付)
    • サイン入りポスター
    • オリジナルトラベルバッグ(HIBIKI×RAVENIKコラボレーション)
    • ヴィンセント・ムーンによる東京での二日間のワークショップにご招待(東京までの交通費や宿泊費はご本人負担)
    • 東京でヴィンセント・ムーンとプライベートで酒を酌み交わす券(東京までの交通費や宿泊費はご本人負担)
    • ヴィンセント・ムーンがあなたの家で上映会を開いてくれる券!
    • 0人
  • 800,000円 残り2枚

    • 響ウェブサイトのTHANK YOU! クレジットにお名前を掲載
    • 撮影期間中に日々、更新されるプライベートブログの閲覧
    • 試写会ご招待(2名様)
    • ヴィンセント・ムーンによる世界各地で録音した音楽のスペシャルミックス音源(オンラインでリンクを送付)
    • 映画のプレビューやアウトテイクが閲覧できるプライベートリンク(オンラインでリンクを送付)
    • サイン入りポスター
    • オリジナルトラベルバッグ(HIBIKI×RAVENIKコラボレーション)
    • ヴィンセント・ムーンによる東京での二日間のワークショップにご招待(東京までの交通費や宿泊費はご本人負担)
    • 東京でヴィンセント・ムーンとプライベートで酒を酌み交わす券(東京までの交通費や宿泊費はご本人負担)
    • ヴィンセント・ムーンがあなたの家で上映会を開いてくれる券!
    • アソシエイトプロデューサーとして映画のエンドロールにお名前を掲載
    • 撮影終了時の打ち上げにご招待
    • 0人

プレゼンター

Middle?1402256608

『響・HIBIKI』製作委員会

  • 東京都

著名なロックスターからコーカサス地方の山村に人知れず存在するグルジアの合唱団まで、これまで50カ国以上を旅し、何百という音楽家たちを撮影してきた旅する映像詩人、ヴィンセント・ムーン。このプロジェクトでは、ヴィンセント・ムーンが日本の知られざる音楽に焦点を当て、古から現在まで、この国に響き続ける音楽の根源を探求する長編ドキュメンタリー映画『響・HIBIKI』の撮影を実現するため、映画製作費の一部を皆様からのご支援で募ります。

質問や意見をメールする