能楽と演劇の融合を目指す舞台公演『蛇の密約』をクラウドファンディングで実現!

能楽堂という空間・様式美への挑戦!能楽と演劇の融合を目指す舞台公演「蛇の密約」

  • 東京都
  • 演劇・ダンス

「創造的挑戦」と「能楽堂という空間への挑戦」。欧州・中国・日本等、世界各地で劇作家・演出家として活躍する川手鷹彦が、新たに書下ろした戯曲『蛇の密約』を自ら演出し、能楽界の重鎮(囃子方)を迎えた舞台に、有望な役者たちが挑戦

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、2015年12月7日23:59に終了しました。

コレクター
11
現在までに集まった金額
97,000
残り日数
0

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、2015年12月7日23:59に終了しました。

Middle?1446038190

Presenter
川手作品演出部 プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

舞台公演「蛇の密約」 「創造的挑戦」と「能楽堂という空間への挑戦」。欧州・中国・日本など、世界各地で劇作家・演出家として活動する川手鷹彦が、新たに書き下ろした戯曲と譚詩『蛇の密約』を自ら演出し、能楽界の重鎮(囃子方)を迎えた舞台に、有望な役者たちが挑む。

勉強会開催・東京での集中稽古を開始

vol. 5 2015-11-30 0

11月28日、戯曲『蛇の密約』の世界観を学ぶ勉強会(第一回)を開催しました。

第一回の勉強会のテーマは「世界中に伝承されている蛇信仰・龍神信仰」。
劇作家・演出家が実際にタイにある蛇の寺を訪れた時の話なども交えつつ勉強会は進みました。
公演チラシの左上に載せられた写真は、実は… など、ここでしか聞けない話も。

その後は、出演者たちの約1週間にわたる集中稽古が始まりました。
カンボジアで稽古したことが身に沁みつつあった出演者たちに、演出家からさらなる課題が提出されました。

能楽師の重鎮の方達と、能楽堂で共演するということ。
大鼓や能管が表現する空間の中で、どう演劇したらいいのか。

初めての能楽堂での稽古を2日後に控え、出演者たちの新たな試行錯誤が始まりました。

アップデート一覧に戻る

リターンを選ぶ

  • 1000

    1000円リターン

    • 出演者からのサンクス・レター(カンボジアの絵葉書)
    • 2015年12月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 3000

    3000円リターン

    • 出演者からのサンクス・レター(カンボジアの絵葉書)
    • 公演当日のプログラムにお名前掲載
    • 2016年01月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 6000

    6000円リターン

    • 出演者からのサンクス・レター(カンボジアの絵葉書)
    • 公演当日のプログラムにお名前掲載
    • 公演のペアチケットをプレゼント(ペア当日券10,000円相当)
    • 2016年01月 にお届け予定です。
    • 6人が応援しています。
  • 残り15枚

    10000

    10000円リターン

    • 出演者からのサンクス・レター(カンボジアの絵葉書)
    • 公演当日のプログラムにお名前掲載
    • 公演のペアチケットをプレゼント(ペア当日券10,000円相当)
    • 直前稽古を特別に見学可能(稽古場への往復交通費はご負担ください)
    • カンボジアのお土産プレゼント
    • 2016年01月 にお届け予定です。
    • 5人が応援しています。
  • 残り8枚

    30000

    30000円リターン

    • 出演者からのサンクス・レター(カンボジアの絵葉書)
    • 公演当日のプログラムにお名前掲載
    • 公演のペアチケットをプレゼント(ペア当日券10,000円相当)
    • 直前稽古を特別に見学可能(稽古場への往復交通費はご負担ください)
    • カンボジアのお土産プレゼント
    • 戯曲『蛇の密約』をプレゼント(非売品)
    • 2016年01月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。