facebook twitter mail key notification checkmark chevron chevron-left location image user group plus comment bubble

エンターテインメントの火を絶やさないために。 今こそ、一緒にドライブインシアターをクラウドファンディングで実現!

エンターテインメントの火を絶やさないために。
今こそ、ドライブインシアターを一緒につくろう。

シアタープロデュースチームDo it Theaterが、この時代だからこそ多くの人の憧れであるドライブインシアターをつくります。システムをアップデートし、感染予防意識を高めながら、エンターテインメント支援を行います。

コレクター
443
現在までに集まった金額
1,883,020
残り日数
69
目標金額 2,500,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2020年8月7日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

このプロジェクトを応援

目標金額 2,500,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2020年8月7日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

Presenter
Do it Theater プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

PRESENTER
Do it Theater

まだ誰も見たことのないシアター体験をプロデュースする。 それが、私たちDo it Theaterの仕事です。 私たちが”シアター”と呼んでいるもの。 それは、人々が集い、特別な体験ができる時間や空間です。 そんな“特別な体験"をテーマにした、イベントやコミュニケーションを プランニングから、制作・運営まで丁寧に手がけます。 ぜひ一緒にシアターを作りませんか。 オリジナルのシアターから、新たな感動や、まだ見ぬカルチャーが生み出される瞬間、 その場所に、一度でも多く立ち会えることを夢見ています。 2014年、日本から消えていたドライブインシアターを復活させ、今まで多くのシアターを作り続けています。

このプロジェクトについて

シアタープロデュースチームDo it Theaterが、この時代だからこそ多くの人の憧れであるドライブインシアターをつくります。システムをアップデートし、感染予防意識を高めながら、エンターテインメント支援を行います。

★注目★『ドライブインシアター2020』 第1弾の参加プランは今後社会的な状況を踏まえた上で、日程が確定した段階で情報公開予定です。最新情報は、Do it Theater公式SNS及びこちらのページでも告知予定です。現状ご用意しているリターンではご入場いただけませんので、ご注意下さい。

『ドライブインシアター2020』を開催します

憧れのドライブインシアターを楽しみながら、世の中に光を。
〜ドライブインシアターを通して、いま私たちができる3つのこと〜

ある人にとっては「あの日、家族や恋人と一緒に行った場所」。またある人にとっては「映画の中で観たことのある、憧れの風景」。こんな時代だからこそ、映画の中で観た体験をしながら、世の中をチアアップしていくムーブメントを、Do it Theaterはつくります。

世界は、新型コロナウイルス感染拡大という困難に直面し、私たちは不安の渦の中に生きています。そして本来であれば、世の中を勇気付けるべきエンターテインメント業界がその力を発揮できず、多くの人たちが家でフラストレーションを溜め、カルチャーを支えてきたシアターやライブハウスなどが倒産、閉館の危機に瀕しています。

全てが悪循環になってしまっているこの時、Do it Theaterは、私たちができることを真剣に考えてきました。 そしてこの状況だからこそ実現可能で、多くの人に夢を与え、同時に世の中を応援するシステムとして、ドライブインシアターを復活させる決意をしました。

ドライブインシアターは、車の中で映画を鑑賞するシステムです。日本においては映画の中でしか観ることができなくなってしまったこのシステムは、不特定多数の人との接触を避けることができ、ソーシャルディスタンスを保ちながら安全に映画体験を共有できます。

Do it Theaterは、このドライブインシアターを通して、私たちにできる 3つのアクションを起こしたいと考えました。

・この時代にふさわしい体験を提案し、エンターテインメントの火を絶やさないこと。

 今の時代に求められている、安全性が高い憧れの体験をつくります。そしてこのシステムを、音楽や文化活動まで広げていくことで、カルチャーを活性化させていきます。

・新型コロナウイルス感染拡大予防を啓発していくこと。

 このプロジェクトに参加してくれる人たちが、感染予防に最も積極的であることを望んでいます。ソーシャルディスタンスの重要性を発信し、予防啓発キャンペーンのひとつとして活動を発信します。

・新型コロナウイルス対策やエンターテインメントへ寄付をすること。

 参加するだけで寄付ができ、新型コロナウイルス対策活動に協力し、危機に瀕している私たちのカルチャーの未来を保持していきます。

このアクションが、この瞬間だけでなく、私たちの未来を明るくするものとなるように願っています。 

『ドライブインシアター2020』 第1回開催概要

※更新情報(5/12)

5月4日に決定された緊急事態宣言の延⻑を考慮して、第1回の開催を6月以降へと変更いた します。医療関係者のアドバイスの元、新型コロナウイルス感染の状況を踏まえ、感染予防 と拡大防止のための対策を実施いたします。本プロジェクトでは、今後も同様のイベントを 継続的に開催できるようにするために、イベントに参加される来場者とスタッフ・関係者の 安全に配慮し運営して参りますので、ご理解の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

詳細日時などについては、情報が確定次第、こちらのクラウドファンディングページ・公式WEBサ イト・SNSでお知らせいたします。

タイトル:Do it Theater presents Drive in Theater 2020

開催日時:2020年 6月以降開催予定

会場 :大磯ロングビーチ 第一駐車場

参加方法 : 5月下旬以降 に開催情報と共に発表

主催 : Do it Theater (株式会社ハッチ)

※当初5月以降の開催の予定、4月下旬に詳細の発表と予定しておりましたが、

開催地の大磯プリンスホテル5月臨時休業を受けて開催日時と詳細の発表を延期させていただきます。

※昨今の社会の状況に応じて、開催時期などについて変更が発生する場合がございます。

※実施にあたり、医療観点からの監修・アドバイスを踏まえて企画してまいります。

※上映作品などのイベントの詳細は随時こちらのクラウドファンディングページおよび、Do it Theater公式 Twitter/Instagram/Facebook公式WEBサイトで発信予定です。

ドライブインシアターとは

駐⾞場にスクリーンを配置し、カーステレオから音を出して⾞に乗ったまま映画が鑑賞できる上映施設です。

アメリカ発祥のこの鑑賞スタイルは1950年~60年にブームとなり、子ども連れの家族レジャーや、若者たちのデートとして⼈気を博しました。⽇本でも90年年代に流行しましたが 、2020年現在国内で体験する方法がほぼありません。今でも多くの映画や映像でドライブインシアターがモチーフとして登場するため、映画ファンからもその復活を期待されています。

また最近、海外において、ドライブインシアターが、安全に映画体験ができる方法として再注目されています。屋外で実施し、車内で映画鑑賞をするため、不特定多数の他者との近距離接触をしないことが評価されています。

Do it Theaterとは

ところで、自己紹介が遅くなりました。私たちDo it Theaterは「新しいシーンは、シアターからはじまる」をスローガンに、これまでにない最高のシアター体験を提供すること目指して活動するシアタープロデュースチームです。 これまでの概念にとらわれないシアターをつくり、そこから新しい文化が生まれることを期待しています。

2014年秋に『ドライブインシアター 浜松』で、日本におけるドライブインシアター復活を手がけて以来、『ドライブインシアター相模湖』、『MINI ドライブインシアター』、『Suchmos Drive in Theater』、Amazon Prime Videoオリジナルコンテンツ『バチェラー・ジャパン』でのドライブインシアターデートなど、国内の数々のドライブインシアターを作り上げてきました。

そして2020年。 世界が不安に包まれている今こそ、私たちの手でドライブインシアターを復活させ、社会貢献ができないかと考えています。

資金の使い方

資金の使い方には大きく2つあります。

①『ドライブインシアター2020』の運営資金

なにもない駐車場にシアターを作り上げるため、少なくない資金が必要です。スクリーンの設営・各種機材のレンタル・上映に関わるプロフェッショナルの参加・安全確保の為の人員配置・上映作品レンタル費用・土地の使用量、そしてさらに今回は新型コロナウイルスの対策費用も必要です。

そして、この取り組みが成功した暁には、全国をキャラバンしたり、音楽や文化事業に展開していくなど、中長期的なプロジェクトを構想しています。

・『ドライブインシアター2020』参加プラン(後日発表予定)

『ドライブインシアター2020』応援プラン & もっと!応援プラン

の2つは、『ドライブインシアター 2020』の実施・運営資金とさせていただきます。(『ドライブインシアター 2020』の参加プランの一部は、②の寄付にも活用されます)

《『ドライブインシアター 2020』もっと!応援プラン》の追加に関しまして(追記:4/21)

特典は不要だけど、もっと!『ドライブインシアター2020』プロジェクトを応援したいという声を多くいただきまして、新たに特典なしのシンプルな応援プランをご用意いたしました。

Do it Theaterよりサンキューメッセージとサンキューイメージをお送りします。また、WEBサイトや、イベント後に制作するアーカイブムービーに、特別な枠でお名前を掲載させていただきます。

こちらのプランの支援額に関しては、今後の『ドライブインシアター2020プロジェクト』を広く展開するための運営資金に充てさせていただく予定です。

②エンターテインメント業界、新型コロナウイルス対策基金への寄付

私たちは、このドライブインシアターだけができれば良いとは思っていません。映画や音楽、その他様々なカルチャーがあるからこそ、日本の文化は多様なのだと思います。このプロジェクトで集めた資金を活用し、1日でも早く元の生活が戻るように。『ドライブインシアター2020』オリジナルのドネーションアイテムを制作し、エンターテインメント業界と、新型コロナウイルス対策基金への寄付をおこなっていきます。

・寄付プラン

はこの2つの寄付へと回します。

この寄付プランのご支援は、アイテムの原価・梱包費・送料を差し引いた金額をすべて各ドネーション先へ振り分けて寄付させていただきます。

-第1回寄付予定先-

SAVE THE CINEMA の活動の一環であるミニシアター支援を行うクラウドファンディング「ミニシアター・エイド(Mini Theater Aid)基金」

https://minitheater-aid.org

世界保健機関(WHO)および国連財団による「COVID-19連帯対応基金(COVID-19 Response Fund)」

https://www.who.int/emergencies/diseases/novel-coronavirus-2019/donate

and more...

リターン詳細

★サンキューメッセージ

ご支援いただいた方々へDo it Theaterから感謝のメッセージを送付します。

★サンキューイメージ

ご支援いただいた方々へDo it Theaterから感謝のサンキューイメージをデータで送付いたします。

★公式WEBサイトにお名前掲載

『ドライブインシアター2020』プロジェクトの公式WEBサイトにお名前を掲載します。(順不同)

※ご支援時に希望の掲載名をご記入ください。

※掲載不要の場合はその旨お知らせください。

※ご記入のない場合は、コレクター名を掲載させていただきます。

★イベントアーカイブムービーにお名前掲載

『ドライブインシアター2020』プロジェクトのイベントアーカイブムービーのエンドクレジットにお名前を掲載します。(順不同)

※ご支援時に希望の掲載名をご記入ください。

※掲載不要の場合はその旨お知らせください。

※ご記入のない場合は、コレクター名を掲載させていただきます。

★DiT2020 スマートフォン用オリジナル壁紙

『ドライブインシアター2020』スマートフォン用オリジナル壁紙(サイズは1サイズを想定)をデータで送付いたします。

★DiT2020 オリジナルステッカー3枚セット(デザイン1種:カラー×3色)

映画チケットをイメージした『ドライブインシアター2020』オリジナルデザインのステッカーを3色×各1枚の3枚セットで送付いたします。

普段使用するスマートフォンに貼っていただければ幸いです。

※ステッカーは完成次第郵送させていただきます。(送料込)

※ステッカーの画像はイメージとなります。実際の商品と異なる場合がございます。

★DiT2020 オリジナルTシャツ(S、M、L、LL)

プロジェクトに賛同していただいた、映画監督、アーティスト、文化人etc...の手書きサインをレイアウトしたオリジナルTシャツを送付いたします。(賛同者は随時公表していきます)

※Tシャツはプロジェクト終了後、完成次第郵送させていただきます。(送料込)

※Tシャツの画像はイメージとなります。実際の商品と異なる場合がございます。

サインTシャツプロジェクト参加者・賛同コメントご紹介

様々な業界の方々より、多くのご賛同とコメントをいただいております。ご賛同いただいた皆様には手書きサインを頂戴し、現在実施中のクラウドファンディング内 のプラン1つである「Drive in Theater 2020 オリジナルTシャツ」にレイアウトさせていただきます。このオリジナルTシャツに寄せられた資金は、アイテムの原価・梱包費・送料を 差し引いた金額を、ミニシアター支援を行うクラウドファンディング「ミニシアター・エイ ド基金」と、世界保健機関(WHO)および国連財団による「COVID-19連帯対応基金」に対 して寄付をいたします。

サインTシャツプロジェクト参加者 (5月12日時点・五十音順)

石井岳龍 / 伊藤主税 / 上田慎一郎 / 宇川直宏 / 宇多丸 (RHYMESTER) / 枝優花 / 柄本佑 / 大原櫻子 / 加賀美健 / Kan Sano / コムアイ(水曜日のカンパネラ) / 嶌村吉祥丸 / Shingo Suzuki(Ovall) / 園子温 / 堤幸彦 / 冨永昌敬 / 豊川悦司 / 中川駿 / 仲野太賀 / 中野裕之 / 中野量太 / 根矢涼香 / 爆笑問題 / 濱口⻯介 / 柊瑠美 / 平山昌尚 / 深田晃司 / 藤井道人 / 藤江琢磨 / 松居大悟 / 松岡茉優 / 松本花奈 / 三木孝浩 / 山崎貴 / 山下敦弘 / 山田由梨 / 横浜聡子 / 吉岡里帆 / 若木信吾 /and more...

本プロジェクトにご賛同いただいた皆様から、応援コメントをいただきました。(五十音順)※5/12時点

映画監督 石井岳龍

「シアタープロデュースチームDo it Theaterによる「ドライブインシアター2020」に賛同させてい ただきます。映画をスクリーンで楽しむという当たり前の習慣が困難になってしまったこの状況の 中で、チャレンジングで貴重なプロジェクトだと思います。成功を心より祈ります。」

映画プロデューサー 伊藤主税

「この状況を抜け出した時の、映像業界の可能性を手と手を取り合って探して行ければ幸いです。」

映画監督 上田慎一郎

「幼い頃、父に連れて行ってもらったドライブインシアターの情景がいまだに目に焼きついています。実現したら僕も息子を連れて行きますね。その日を楽しみに待ちます。応援しています!!」

映画監督・写真家 枝優花

「テレビ画面で、1人見つめる光はどこか寂しい。映画館で映画を観ることは、多くの人々と一緒 に体験できる芸術だと、自粛期間ひしひしと感じていました。Drive in Theater、大きな光をみんな で見つめることができる特別な体験を企画していただき感謝です。応援しています!」

俳優 柄本佑

「憧れのドライブインシアター!行きたい!!賛同します!!」

女優・歌手 大原櫻子

「今の世の中の状況が改善し、人々が動き出すとき、これまでの概念や価値観が変わると思いま す。Drive in Theaterはその先駆けになるのかなと、とても楽しみです。映画の世界がもっと広がっ ていきますように。」

現代美術作家 加賀美健

「大人から子供まで皆様が楽しめるドライブインシアターになります事を願っております。」

キーボーディスト/音楽プロデューサー Kan Sano

「元々魅力的なこの企画のコンセプトが最大限に活かされる時が来ましたね!パーソナル空間を外に持ち出してありそうでない非日常感。想像するだけでちょっとワクワクします。実現したら行きたいです。」

コムアイ(水曜日のカンパネラ)

「ドライブインシアター、実現したら行くのがたのしみです!」

フォトグラファー 嶌村吉祥丸

「物理的接触を制限された生活の中で、私たちの心を豊かにしてくれるのは映画や音楽といった エンターテイメントの力だと信じています。文化が次の世代へと受け継がれていきますように。」

ベーシスト・音楽プロデューサー Shingo Suzuki(Ovall)

「なかなか外出が出来なくなり、映画好き&車好きにとってこの企画は最高じゃないですか! ニュースで海外のドライブインシアターの光景を見るたびに良いなぁ、と思ってました。楽しさの 共有を車中でできる素敵な企画、応援します。」

映画監督 園子温

「自宅じゃない映画って・・・!Itʼs happy!」

映画監督 堤幸彦

「ドライブインシアター!なんて甘美な響き!コーラとAMラジオに憧れた!しかしこの時代、 映画を愛する我々が、最も必要とするものになった! 」

映画監督 冨永昌敬

「世界の急な変貌に戶惑いつつ、それでも何か面白いことを見つけ出すのが人間です。いまドライ ブインシアターを体験できるなんて最高じゃないですか。ずっと昔にドライブインシアターを発明 した人も、きっとDo it Theaterに拍手を送ってるはず。開催を楽しみにしています!」

俳優 豊川悦司

「いいね!日本ぽくない!That sounds so good 😊!!!」

映画監督 中川駿

「この状況に対応するべく本来やりたかった事を縮小させるのではなく、新しい価値を見出して 魅力的な形で発信しようとするその姿勢が素敵!応援します! 」

俳優 仲野太賀

「映画文化の可能性がこの先も広がりますように。Drive in theaterに賛同します!! 」

映画監督・映像作家 中野裕之

「新しい方法で楽しんでもらうこともエンターテイメントの大事な役割。花火大会をする会場や球場の駐車場、道の駅など、DTの可能性は無限にある。」

映画監督 中野量太

「実は、まだ一度も Drive in Theater へ行ったことがない。なのに、行くのを想像するだけで、 心がドキドキワクワクしてしまう。これっ!この感覚なんです、映画を観に行く喜びって。今、 最も求められている映画の希望が、きっとそこにある。」

女優 根矢涼香

「「映画に行こうよ」この言葉のワクワクが、ぐんと広がる素敵なプロジェクト。その光景は、 まるで映画の中そのものだ。私にとっては夢に見た体験です。映画文化の再構築のために。賛同 させていただきます。」

コメディアン 爆笑問題

「物作りに身を投じたなら、金がないのは覚悟の上のハズ。保証など無くて当たり前。物作りとは想像力。想像することに金はいらない。考えることはただで出来る。金は見に来てくれる観客の生活を守る為にあるだけ。お客が一番だからネ。がんばれ!(太田光)

「ドライブインシアターいいですねー。昔からなんとなく憧れてる古き良きアメリカのイメージ。もちろん経験はない。でもまさか2020に復活するかもしれない。しかも日本で!大好きな映画「グリース」で観たあのドライブインシアター。ワクワクします。車の免許持ってないけど、55歳だけど、ワクワクします。(田中裕二)

映画監督 濱口竜介(ミニシアター・エイド基金発起人)

「Drive in Theater 2020、コロナ対策と最高に楽しい野外体験を両立させる稀有な、最高のアイデアだと思います。ドライブインシアターの写真ってどれを見ても本当にクールで最高ですよね。第一回の大磯ではスクリーンが海風でたわんだりするんでしょうか。やっぱり最高です。唯一の懸念は、私が車の運転ができないことで…。誰か私をドライブインシアターに連れてって。」

女優 柊瑠美

「エンターテイメントには心や生活を活気づけてくれるとても大きな力があると思っています。 今だからこそ、この懐かしくも新しいドライブインシアターで、沢山の方の心が満たされますよ うに!!素敵な企画に賛同いたします。 」

アーティスト 平山昌尚

「ドライブインシアターといえばサンノゼにホームステイした90年代を思い出します。コストコ、インターネット、ドライブインシアター、ゲイパレード、、初めてづくし。いい経験でした。」

映画監督 深田晃司(ミニシアター・エイド基金発起人)

「ドライブイン・シアター!その手があったか。アイディアとはこういうことですね。コロナ禍の渦中に映画の灯を絶やさんと出される様々な発想の中でも、抜群にワクワクさせてくれるこの企画、ぜひ実現して欲しい。唯一の懸念は、私が車の運転ができな以下略。」

映画監督 藤井道人

「未曾有の危機の中、映画人が一丸となり、表現の方法を模索する姿勢に感銘を受けました。応援しております。」

俳優 藤江琢磨

「ドライブインシネマは僕が人生で本当に経験したかった事です。本気で僕が生きている間にまた開催して欲しいと願っていたのでとても嬉しいです。実現に向けて出来る事があれば協力させて頂きます!」

女優 松岡茉優

「誰のために、何のためにと自問する日々で、「おー!素敵ですね!」と心から思えるアイデアと出会えてとても嬉しかった。心が久しぶりにいきいきとしました。この気持ちを沢山の人と共有できますように。」

映画監督 松本花奈

「いつ、どこで、誰と、観たか。映画はそれらがとても大切です。だからシアターを決してなくしてはならない。私達に出来ることを一つずつ見つけていけたらと思います。」

映画監督 三木孝浩

「苦境をワクワクに変える、本当に素敵な企画だと思います!ぜひ応援させていただきます。こんな時だからこその特別な映画体験を、みなさんと共有できますように!!」

映画監督 山崎貴

「物理的距離を置かなければいけない時代だからこそ、心の距離を近づけて、みんなで乗り切りましょう! 」

映画監督 山下敦弘

「あの昔のアメリカ映画でしか見たことのないドライブインシアターが今の日本に!?実現した暁に はポマード塗って、Tシャツの袖肩まで巻くって、耳にタバコ挟みつつ無免許なんでチャリンコで 駆けつけます!! 」

劇作家・俳優 山田由梨

「どんな状況になっても映画はわたしたちの側にいて、励ましてくれたり、癒してくれる。形を かえながら、集まれる方法で、映画を観れることが嬉しいです。 」

女優 吉岡里帆

「窓越しの外の景色を見て、こんなに恋しく思う日が来るとは思っていませんでした。スクリーンもまた然りです。窓越しのシアターが今より少し前向きな景色となりますよう願っております。」

写真家 若木信吾

「ビッグスクリーンをみんなで集まって観るのが映画の醍醐味!今こそドライブインシアターの新しい夜明けだ。」

DOMMUNE 宇川直宏

「3密8割を意識してソーシャルディスタンシングを実践する為、5Gによる自動運転の時代に、 ドライブインとドライブスルーという20世紀の2大発明が再度脚光を浴びているのは、逞しく も微笑ましい!!!!!!! ポストパンデミックの時代、もうなんでもドライブインとスルーでいいのでは ないか?先日ドイツでドライブインレイヴが行われ世界的に話題になったが、ドライブイン盆踊 り、ドライブスルー回転寿司、ドライブインロボットレストラン、ドライブスルーハロウィーン .... 緊急事態宣言が延⻑された、今、こうなりゃ、なんでも、インとスルーだ!!!!!!!! いや、本当に 大丈夫かw?やはり、ここはモータリゼーションの象徴であるドライブインシアター2020!その 復活の日を目撃してからだ!!!!!!!! そうだろ?コロナウィルスを寄せ付けない古くて新しい銀幕コ ミュニケーション!!!!!!! 果たして君は何を見る?」

and more...

 ※注意事項※

※各種寄付プラン、応援プランA、もっと!応援プランA~Eは、『ドライブインシアター2020』への参加プランではありません。ご注意ください。

※複数リターン購入の場合でも、各種お名前の掲載リターンはお1人様につき1つまでとなります。

※『ドライブインシアター2020』イベント参加権(今後公開予定)およびリターンアイテムの転売を禁止しております。第三者への転売やオークションでの転売を禁止致します。ご了承ください。

※『ドライブインシアター2020』公式サイト・クラウドファンディングサイト・公式SNS・リターンアイテムなどに掲載されている全ての コンテンツ(動画、文章、画像、音源、サイン、コメント等)の著作権は、 Do it Theaterまたは各権利者に帰属しています。

『ドライブインシアター2020』開催に向けて

ードライブインシアターの開催に関して

SNS上で、#ドライブインシアター2020で観たい映画を募集したところ、予想以上にたくさんの反響をいただきました。本当に多くの方がドライブインシアターに期待を持たれていると実感しました。みなさんのご意見を反映させながら、開催日・上映作品・参加方法・諸注意などについては、社会の状況に応じて後日あらためて追加で発表いたします。

しかしこの状況においても、エンタメ業界は依然危機的状況にあるため、一刻も早い支援・寄付の募集が必要と判断し、 クラウドファンディングの開始をさせていただきました。

今後、社会の状況を見ながら、追加発表をいたします。 

目標金額に関して

現状想定されるプロジェクト予算規模から2,500,000円と目標金額を設定しております。目標金額に達しなかった場合でも、期日までにご支援いただいた資金と、自己資金をもって『ドライブインシアター2020』を開催します。ご支援額が目標金額を超えた場合、全国各地での『ドライブインシアター2020』開催を実現する為の費用として充てさせていただきます。

なお、今回の目標金額に関しては、このプロジェクトに賛同いただいた方々の協力体制により特別に設定した金額です。

ー新型コロナウイルスへの対策に関して

ドライブインシアターの開催にあたり、来場者とスタッフ・関係者の安全を最重要視いたします。医療関係者のアドバイス元、新型コロナウイルス感染の状況を踏まえ、感染予防と拡大防止のための対策を実施いたします。今後の状況変化に伴う対策、追加の感染予防対策などについては決定・確認ができ次第、すみやかにクラウドファンディングページおよび、公式WEBサイト、公式SNSにてお知らせいたします。

今後の状況変化に伴い、延期・中止の可能性もございます。その場合は、すみやかに当ホームページにて対応方法をお知らせいたします。そして、クラウドファンディング上の参加プランにおいても、安全・対策を考慮したルール・制限を設けさせていただくことになります。あらかじめご了承・ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。

当イベントでは、今後も同様のイベントを継続的に開催できるようにするために、イベントに参加される来場者とスタッフ・関係者の安全に配慮し運営して参りますので、何卒ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。

ー国連が公開した「クリエイティブに向けた公開ブリーフ」への提案

本プロジェクトは、国連から2020年3月30日に公開された 「クリエイティブに向けた公開ブリーフ」に対してDo it Theaterが提示するアクションとなります。

提案ムービーは こちら

ー最後に

本プロジェクトを最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。

今回の募集にあたり、ご支援いただいた皆様と『ドライブインシアター2020』を一緒に作り上げていけることをメンバー一同楽しみにしております。

少しのお力添えでもいただけたら大変嬉しく思います。何卒よろしくお願い申し上げます。

公式WEBサイト: https://www.ditjapan.com/

プロジェクトページ: https://www.ditjapan.com/issue/1084

SNS:

 Twitter: https://twitter.com/doittheater

 Instagram: https://www.instagram.com/doittheater

 Facebook: https://www.facebook.com/doittheater/

リターンを選ぶ

  • 1000

    『ドライブインシアター2020』応援プランA

    • サンキューメッセージ
    • 公式WEBサイトにお名前掲載
    • DiT2020 スマートフォン用オリジナル壁紙
    • 2020年05月 にお届け予定です。
    • 80人が応援しています。
  • 2000

    寄付プランA:オリジナルステッカー 3枚セット

    • サンキューメッセージ
    • 公式WEBサイトにお名前掲載
    • DiT2020 オリジナルステッカー3枚セット(デザイン1種:カラー×3色)
    • 2020年05月 にお届け予定です。
    • 179人が応援しています。
  • 5000

    寄付プランB :オリジナルTシャツ 1枚

    • サンキューメッセージ
    • 公式WEBサイトにお名前掲載
    • DiT2020 オリジナルサインTシャツ ×1枚
    • 2020年08月 にお届け予定です。
    • 164人が応援しています。
  • 10000

    『ドライブインシアター2020』もっと!応援プランA

    • サンキューメッセージ & サンキューイメージ
    • サイトにお名前掲載(「10,000円サポーター」としてクレジット)
    • イベントアーカイブムービーにお名前掲載(「10,000円サポーター」としてクレジット)
    • 2020年05月 にお届け予定です。
    • 15人が応援しています。
  • 30000

    『ドライブインシアター2020』もっと!応援プランB

    • サンキューメッセージ & サンキューイメージ
    • サイトにお名前掲載(「30,000円サポーター」としてクレジット)
    • イベントアーカイブムービーにお名前掲載(「30,000円サポーター」としてクレジット)
    • 2020年05月 にお届け予定です。
    • 3人が応援しています。
  • 50000

    『ドライブインシアター2020』もっと!応援プランC

    • サンキューメッセージ & サンキューイメージ
    • サイトにお名前掲載(「50,000円サポーター」としてクレジット)
    • イベントアーカイブムービーにお名前掲載(「50,000円サポーター」としてクレジット)
    • 2020年05月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 100000

    『ドライブインシアター2020』もっと!応援プランD

    • サンキューメッセージ & サンキューイメージ
    • サイトにお名前掲載(「100,000円サポーター」としてクレジット)
    • イベントアーカイブムービーにお名前掲載(「100,000円サポーター」としてクレジット)
    • 2020年05月 にお届け予定です。
    • 2人が応援しています。
  • 500000

    『ドライブインシアター2020』もっと!応援プランE

    • サンキューメッセージ & サンキューイメージ
    • サイトにお名前掲載(「500,000円サポーター」としてクレジット)
    • イベントアーカイブムービーにお名前掲載(「500,000円サポーター」としてクレジット)
    • 2020年05月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。