イ-ッカさんとの対話をクラウドファンディングで実現!

イ-ッカさんとの対話! 日本の若手ドキュメンタリストの育成事業にサポートをお願いします。

  • 東京都
  • 映画

フィンランド公共放送YLEのドキュメンタリー・プロデューサーとして『アルマジロ』、『ダーウィンの悪夢』、『ビラルの世界』などの製作に関わってきたイーッカ・ヴェヘカラハティ氏。ヘルツォークやアッケルマンなどの映像作家のドキュメンタリーにも参加してきました。近年は、アフリカやインドの若手ドキュメンタリストのクリエイティブ支援で、高い評価を上げています。
今回9月に実現する初来日では、上映、レクチャーやトークと合わせ、日本のドキュメンタリー制作者と新企画をめぐってディスカッションをするワークショップを開催します。

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、目標金額100,000円を達成し、2012年9月13日00:00に終了しました。

コレクター
37
現在までに集まった金額
103,000
残り日数
0

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、目標金額100,000円を達成し、2012年9月13日00:00に終了しました。

Picture?type=large

Presenter
Asako Fujioka プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

Picture?type=large

PRESENTER
Asako Fujioka

国際映画祭コーディネーター。幼少期より13年間アメリカとドイツで育つ。日本で大学卒業後、映画配給会社などを経て1993年より山形国際ドキュメンタリー映画祭のスタッフに。2003年までアジアの新進映像作家を紹介する「アジア千波万波」プログラムのコーディネーター。2009年より東京事務局ディレクター。 1997年以来、日本映画を海外に紹介するさまざまな事業に関わる。映画関係の通訳や字幕翻訳も手がける。2003年冬、文化庁在外芸術家派遣で中国・北京に3ヶ月滞在。2006年よりアジアのドキュメンタリー製作・配給を支援するAND(アジア・ネットワーク・オブ・ドキュメンタリー)を構想し、プサン映画祭のドキュメンタリー製作助成ANDファンドのアドバイザーに。ドキュメンタリー・ドリームセンターの組織名で中国ドキュメンタリー『長江にいきる』を配給したり、アジアのドキュメンタリー制作者の合宿型ワークショップ「映画道場」を主催している。2012年秋にはインドのドキュメンタリー『ビラルの世界』の劇場公開を控える。

イーッカさんの夏休み

vol. 3 2012-09-02 0

イーッカさんの今年の夏休みは家族でフィンランドの森と湖に行っていたそうです。日本に来るころには、この日焼け(suntan ならぬ sunburnですね)はどうなっているでしょうか。

画祭をやっていると、イーッカさんに限らず、海外のいろいろな方と日常的にメールを交わすことになり、一年間の暮らし設計が見えてきたりします。私もフィンランド人のように、2カ月森で読書、ってやってみたいです。どうしてできないのか。できないはずはないです。

関係なさそうですが、これはこの、若手ドキュメンタリストのプロジェクトにも関係が深いと思います。自分の企画、自分の仕事からある距離が必要なんじゃないでしょうか。年に何回かは、自分のプロジェクトから離れて、広く人生と世界を考え深呼吸する時間がないと、プロジェクトも近視的になってしまうのではないでしょうか。

 

アップデート一覧に戻る

リターンを選ぶ

  • 500

    500円リターン

    • コレクター限定記事
    • 5人が応援しています。
  • 1000

    サポーター

    • コレクター限定記事
    • DDセンターよりお礼状
    • 22人が応援しています。
  • 5000

    ブロンズ・サポーター

    • コレクター限定記事
    • DDセンターよりお礼状
    • イーッカさんの歓迎レセプションにご招待(於:フィンランド大使館)
    • 9人が応援しています。
  • 10000

    シルバー・サポーター

    • コレクター限定記事
    • DDセンターよりお礼状
    • イーッカさんの歓迎レセプションにご招待(於:フィンランド大使館)
    • イーッカさんとの食事会にご招待
    • 1人が応援しています。
  • 50000

    ゴールド・サポーター

    • コレクター限定記事
    • DDセンターよりお礼状
    • イーッカさんの歓迎レセプションにご招待(於:フィンランド大使館)
    • イーッカさんとの食事会にご招待
    • イーッカさんとマンツーマンの企画会議1時間(日本語通訳つき)
    • 0人が応援しています。