Etsuko Dohi

シネモンド代表。金沢コミュニティシネマ代表。ワークショップデザイナー。1989年ユーロスペース入社、買付、宣伝を担当。キアロスタミやカラックス作品を担当する。『そして映画はつづく』(晶文社刊)企画・翻訳。1998年金沢のミニシアター「シネモンド」開館。2003年「金沢コミュニティシネマ準備委員会」(現金沢コミュニティシネマ)を立ち上げる。2004年から金沢「こども映画教室」を企画プロデュース。2011年~2013年東京新聞「言いたい放談」にて隔週でコラムを執筆。2012年アミール・ナデリ監督『駆ける少年』配給宣伝を手がける。

  • 東京都