ohesocafe

広島県世羅町で2010年、日本人・スペイン人の夫妻で創業。耕作放棄地を再生して無農薬小麦や和ハーブを栽培し、伝統製法のパンや石窯ピザ等を直営カフェで提供。無農薬、地産地消、フードマイレージ、オーガニック等に配慮した食材を提供。NHK「里山資本主義」などで紹介され全国から視察客が訪れる。
遺伝子組換(GM)については、非GM飼料100%の畜産酪農家や、GM由来でない油脂・糖類を扱う店などから仕入れ、数少ない非GM食材の生産者を支援。