本田孝義

映画監督です。これまでドキュメンタリー映画を多数製作し、現代美術展にも参加する活動を続けてきましたが、この度、30年前、25歳の若さで亡くなった夭折の俳人・住宅顕信を描く劇映画を製作したいと思っています。