Picture?type=large

1975年9月19日東京都杉並区生まれ。
立教大学社会学部卒業後、映像の世界へ。16ミリ長編監督作『殺し屋たちの挽歌』(2003)が、米・ロードアイランド国際ホラー映画祭で観客賞を受賞。『カクトウ便/そして、世界の終わり』(2007)で劇場公開デビュー。

初の小説作品『デス・ゲーム・パーク』は、BeeTVで携帯ドラマ化され、自身も脚本を担当。その他の作品に、氣志團・綾小路翔プロデュースドラマ『木更津グラフィティ』(脚本)、小説『絶望中学』『クローン ベイビー』『テイクファイブ 名画と愛と大泥棒』など。

株式会社ショットガンフィルム代表取締役。