カンボジア農村部に暮らす10,000人の子どもたちに夢ある映画を届ける事をクラウドファンディングで実現!

カンボジア農村部に暮らす子どもたちに、映画のチケットを贈りませんか? ―映画で夢の種まきをー

  • その他・海外
  • 映画

悲劇の時代に一度、映画文化が滅びた国カンボジア。
かつて映写技師をしていたカンボジア人サロンさんたちと一緒に、
農村部に暮らす10,000人の子どもたちに夢ある映画を届けたい!

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、目標金額1,100,000円を達成し、2016年1月15日23:59に終了しました。

コレクター
159
現在までに集まった金額
1,368,627
残り日数
0

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、目標金額1,100,000円を達成し、2016年1月15日23:59に終了しました。

Middle 1500228115

Presenter
NPO法人World Theater Project プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

https://worldtheater-pj.net/

CATiCメンバーの連載:「CATiCに惹かれた理由」(まどか)

vol. 14 2016-01-11 0

この連載では、CATiCメンバーが交代で登場。

それぞれがそれぞれの想いを徒然なるままに綴ります。

------------------

コンプレックスが原動力。
100人に自分の夢を話せ。
大切な人と一緒にいれる時間は短い。

初めまして。CATiC社会人メンバーのまどかです。

上に書いた言葉、実は2013年9月の一周年イベントで、初めてCATiCと出逢った時に残した"心に残った言葉"のメモです。

私がなぜCATiCに惹かれ活動しているのか、少しお話ししたいと思います。お付き合いいただければ幸いです。


人前に出るのが嫌で、すぐに諦める性格

基本的に私は大人しい性格で、人前で発言するのがとても苦手です。小学校の時に「保健委員長をやって」と先生から言われた時は、人前に立って委員会をまとめるのが嫌すぎて、みんなの前で泣いてしまうほどでした。

そのため、よく足踏みをします。大学一年生の時に、「スタディツアー カンボジア」の文字を見かけて、行ってみたいなぁと思っていました。しかし、途上国とか怖い。海外に行った経験もない。英語も話せない。失敗したらどうしよう。諦める理由を探していて、両親からの「危なそうだからあんまり行ってほしくない」という言葉により、簡単に諦めてしまいました。

そんな私が友人の金原くんに誘われてCATiCの一周年イベントに参加しました(CATiCに出会わせてくれた彼には本当に感謝しています。その時の様子がこちら)。「映画を見たことがない」「夢は医者か教師か仕事」という子どもたちの映像を見て、カルチャーショックを受けました。

たまたま日本に生まれたというだけで、当たり前に映画を見ることができて、夢を描ける。それを叶えるのも自分の力次第。そんな環境にいるんだなということを、改めて気づかせてくれたのでした。


そして、また足踏み

でも、社会人だし。今すぐ何かやらなくてもいいかな。きっと私がいなくても私が支援しなくても活動できるだろう。この活動が本当に私のやりたいことなんだろうか。なんて二年ほど何もしないまま。CATiCのイベントにもあまり参加しなくなっていきました。

でもある時、知人が出演している講演会の映像をたまたま観て、その言葉に後押しされました。足踏みせず、今この瞬間いいな!と思ったことを全力でやってみよう。いいなと思った教来石さんを応援してみよう。とにかく動いてみよう。と、この活動に参加しました。

今まで生きてきた中で、ほんの少しの勇気が出せなかったせいで、できなかった"たくさんの後悔"が私の中にはあります。そんな自分の姿と、夢すら描けないカンボジアの子どもたちが重なったのでした。この子たちには、私みたいに後悔してほしくないな、もっと可能性を信じて欲しいなと思いました。

年末年始のツアーで上映を行った、リエンポン村小学校の創設者・隆太さんに、村の子どもたちの現状についてお話を伺ったときも、

「ちょっと背中を押せば踏み出せるのに、今は子どもたちを応援する存在がいないんです」

という言葉をいただきました。

カンボジアの子どもたちも、私が知人の言葉で動き出せたように、ほんの少しだけ背中を押す人や経験に出会えば、もっと広い世界を見れるんではないかなと。そして背中を押す力として、『たった二時間でいくつもの人生に出会える、映画の力』を信じてみたいなと。


上映ツアーで出逢った、キラキラした笑顔の裸足の男の子

先日まで年末年始のツアーにて、初めてカンボジアでの上映会に参加させていただきました。

私が出逢った子どもたちの中で映画を見て、一番いい表情をしていたのは…この子!多分10〜12歳くらいでしょうか。

(写真:年末年始のカンボジア上映ツアーにて、『ニルスのふしぎな旅』を観て笑う男の子@チャースモウ小学校)

自己紹介をすると、Madokaと綺麗な発音で話しかけてくれました(この名前、発音しにくいらしく、他の子からはMadakaとか、dakaとか、正しい名前で呼んでもらえないことが多かったのです)。そして、一緒に並んで映画を観ました。

この男の子、一時間半ずっと裸足で立ったまま、集中力を切らすことなく『ニルスのふしぎな旅』を観ていました(私は途中でバテて座ってしまいました)。時折見せる、キラキラした笑顔がとっても眩しい。

映画が終わるとすぐ午後の授業に行ってしまったようで、ほとんど話すことはできませんでした。でももし私が活動することで、この子がまた映画を観て笑ってくれたら、これほど嬉しいことはないなと。そして今度会ったら、映画の感想を言い合って、夢はなんですか?と聞いてみたいなと。

私が活動を続ける理由が一つ、増えました。

--------------

クラウドファンディング終了まで、残り5日。現在の達成率は72%です。

ご支援くださった皆様、SNSなどで本プロジェクトを拡散してくださった皆様、本当にありがとうございます。皆様からのあたたかいメッセージに、励まされ奮い立たせられています。

どうかあと数日、お力をお貸しいただけますと幸いです。

アップデート一覧に戻る

リターンを選ぶ

  • 1800

    夢の種まき参加権

    • 特典A:映画配達人と子どもたちからのサンクスムービー
    • 2016年03月 にお届け予定です。
    • 50人が応援しています。
  • 3000

    審査員権

    • 特典A:映画配達人と子どもたちからのサンクスムービー
    • 特典B:ノミネート作品への投票権
    • 2016年04月 にお届け予定です。
    • 55人が応援しています。
  • 10000

    大感謝祭参加権

    • 特典A:映画配達人と子どもたちからのサンクスムービー
    • 特典B:ノミネート作品への投票権
    • 特典C:現地駐在員・山下龍彦の特別報告会にご招待
    • 2016年10月 にお届け予定です。
    • 46人が応援しています。
  • 30000

    推薦権

    • 特典A:映画配達人と子どもたちからのサンクスムービー
    • 特典B:ノミネート作品への投票権
    • 特典C:現地駐在員・山下龍彦の特別報告会にご招待
    • 特典D:上映作品推薦権利
    • 2016年10月 にお届け予定です。
    • 2人が応援しています。
  • 50000

    エンドロールに登場権

    • 特典A:映画配達人と子どもたちからのサンクスムービー
    • 特典B:ノミネート作品への投票権
    • 特典C:現地駐在員・山下龍彦の特別報告会にご招待
    • 特典D:上映作品推薦権利
    • 特典E:子どもたちに伝えたいメッセージをエンドロールで流します
    • 2016年10月 にお届け予定です。
    • 2人が応援しています。
  • 100000

    いつも映画配達人と一緒権

    • 特典A:映画配達人と子どもたちからのサンクスムービー
    • 特典B:ノミネート作品への投票権
    • 特典C:現地駐在員・山下龍彦の特別報告会にご招待
    • 特典D:上映作品推薦権利
    • 特典E:子どもたちに伝えたいメッセージをエンドロールで流します
    • 特典F:映画配達人のユニフォームにメッセージと記名&ユニフォームプレゼント
    • 2016年10月 にお届け予定です。
    • 4人が応援しています。
  • 300000

    映画配達人体験権

    • 特典A:映画配達人と子どもたちからのサンクスムービー
    • 特典B:ノミネート作品への投票権
    • 特典C:現地駐在員・山下龍彦の特別報告会にご招待
    • 特典D:上映作品推薦権利
    • 特典E:子どもたちに伝えたいメッセージをエンドロールで流します
    • 特典F:映画配達人のユニフォームにメッセージと記名&ユニフォームプレゼント
    • 特典G:映画配達人が乗るトゥクトゥクの看板にお名前を入れます(企業ロゴ等可)
    • 特典H:映画配達人体験権
    • 2016年10月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 1000000

    映画一本丸ごとスポンサー権

    • 特典A:映画配達人と子どもたちからのサンクスムービー
    • 特典B:ノミネート作品への投票権
    • 特典C:現地駐在員・山下龍彦の特別報告会にご招待
    • 特典D:上映作品推薦権利
    • 特典E:子どもたちに伝えたいメッセージをエンドロールで流します
    • 特典F:映画配達人のユニフォームにメッセージと記名&ユニフォームプレゼント
    • 特典G:映画配達人が乗るトゥクトゥクの看板にお名前を入れます(企業ロゴ等可)
    • 特典H:映画配達人体験権
    • 特典I:子どもたちに観せたい映画をクメール語に吹替えてカンボジアに届けます
    • 2016年10月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。