短編時代劇『風と舟』をクラウドファンディングで実現!

短編時代劇『風と舟』を製作!国内・NYで最優秀賞、モントリオール、そして次は!?

  • 藏原 潔司
  • 映画
  • 東京都
88067b3b a603 4c46 a897 32888117551d ▶ 再生
  • コレクター
    26人
  • 合計金額
    300,540円
  • 残り
    0日

目標金額は300,000円です。

FUNDED

このプロジェクトは、2014年5月14日00:00に終了しました。

このプロジェクトについて

京都で短編時代劇を撮影し、世界各国の映画祭へ出品します!新しい才能と映像表現によって、時代劇の歴史に新風を巻き起こしたい。時代劇と撮影地域の活性化を共に目指して、ぜひご支援を!

<最新情報>
★撮影クランクアップ!順次、世界各国の国際映画祭に出品予定です★
★5月に開かれる世界最大のフィルムマーケット、カンヌ国際映画祭ショートフィルムコーナーでの出展を準備中です★

2012年にMotion Galleryを通して製作したファンタジー短編映画『白黒ギツネと光の洞窟』が、モントリオール世界映画祭2012に日本から唯一の短編映画として選出されて上映を果たすという快挙を成し遂げました。今回はその快挙を達成した藏原潔司監督が、新作短編時代劇『風と舟』で皆様と共に世界へ挑戦する、大型新プロジェクト第二弾です!

藏原潔司と時代劇の出会い

2009年の秋、“京都フィルムメーカーズラボ”への参加がきっかけで藏原潔司監督は初めて京都を訪れ、太秦にある東映京都撮影所・松竹撮影所で時代劇撮影を初めて体験しました。それ以降毎年、京都・太秦の撮影所で行なわれる様々なワークショップ・イベントに積極的に参加し、短編時代劇の撮影協力・プロデュースなども行なってきました。

太秦の撮影所にて開かれる京都映画企画市では3年連続、最終プレゼンターに選出され、独創的で新しい長編時代劇映画企画の発表を行なってきました。モントリオール世界映画祭に選ばれた『白黒ギツネと光の洞窟』も、元は京都映画企画市2010にて発表した長編企画を、短編プロローグとして自主製作した作品なのです。

2012年、文化庁が委託する若手映画作家育成プロジェクトの課題制作では、自身初の短編時代劇を京都に日帰りで行って撮影し、その情熱が評価され審査員特別賞を受賞しました。
伝統ある京都・太秦の時代劇に触れて以来、藏原潔司監督の創作活動は常に“京都・時代劇”を原点にして生まれているのです。

セリフを使わず映像のみで物語を描く、短編時代劇『風と舟』!

今回の新作短編時代劇『風と舟』は、台詞を使わず、役者の表情・立ち振る舞いと、映しだされる映像のみで物語を描いていく、13分前後の短編映画です。(エンドロール込みで15分以内にする予定)
藏原潔司監督は短編映画『太陽の石』で、台詞を使わずに影絵の様なシルエットのみで物語を描くという映像表現に挑戦しました。その作品は国内の映画祭で“年間最優秀作品賞”“ “グランプリ” “技術賞”などを獲得し、ロサンゼルス・ハリウッドで上映、ニューヨークの国際映画祭では“最優秀国際ファンタジー短編賞”を受賞するなど、国境や言語を越えて、海外でも高く評価されています。

今作『風と舟』においても、言語の壁を越えて様々な国で多くの人に観てもらえる物語にしたいという想いを込めて、映像のみで心に染み渡る短編映画の完成を目指します!

<ストーリー>
“決闘橋”の上では、対立している黒髪の一族と白髪の一族が毎日のように果たし合いを行ない、争いが絶えなかった。川の上流で小舟を流して遊んでいた黒髪の少年・颯は、“決闘橋”の下で白髪の少女・美雪と出会い、小舟とかざぐるまを交換する。橋での争いが激化していく中、二人は密かに交流を続けていく。
少年・颯の幼少期から老後までを映像で綴っていく短編時代劇。

<制作スケジュール>
●1月…プリプロダクション(製作準備期間。脚本の改訂・キャスティング・スタッフ集め・撮影準備など)
●2月初旬…京都にて撮影(約5日間を想定)
●2月末まで…ポストプロダクション(映像編集・音楽制作など)
●3月初旬…『風と舟』完成!!国際映画祭への出品活動を開始。

監督&キャスト、制作メンバー紹介

※出演キャストは随時発表していきます!

《原作・脚本・編集・製作・監督》藏原潔司(くらはら きよし)

1985年生まれ 福岡県出身。東京フィルムセンター映画・俳優専門学校 映画監督専攻卒業。
18歳の頃より8年間、映写技師として働いてきた経験を持つ。その間に映画製作を学び、21歳の時に製作を開始した短編映画『太陽の石』が、学内映画祭で“年間最優秀作品賞”など多数受賞し、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2009短編部門にて“最優秀作品賞/川口市民賞”を受賞。実写で全編シルエットのみで描かれた斬新かつ幻想的な本作は、アカデミー賞の前哨戦であるロサンゼルス国際短編映画祭2009にノミネートされハリウッドで上映される他、ニューヨーク国際インディペンデント映画祭2009で“最優秀国際ファンタジー短編賞”を受賞するなど、国内・海外で高く評価されている。
京都の時代劇撮影所で開催された京都映画企画市に3年連続で招待され、世界に向けた長編映画企画を発表してきた。そして最初に発表した企画のパイロット版として独自に製作した短編映画『白黒ギツネと光の洞窟』は、モントリオール世界映画祭2012 フォーカス オン ワールドシネマ部門に選ばれる。
2013年、株式会社KIYOSHI KURAHARA STUDIOを設立。自身最初の長編映画製作や絵本制作などの準備に取り組んでいる。

公式HP:『株式会社 KIYOSHI KURAHARA STUDIO』
予告編などの視聴は→公式YouTubeチャンネル
キヨシ・クラハラ・スタジオ公式twitter:@Kiyo_Sta7
ブログ:藏原潔司の映画道。「今やらずして、いつできる!?」
藏原潔司のtwitter:@KiyoshiKurahara

《黒田颯役》堀田貴裕(ほった たかひろ)

1981年生まれ、京都府出身。俳優として映画・ドラマ・CMなどで活躍する。主な出演作品に、映画『SAKURA』『忠臣蔵』『大奥』、テレビ朝日『素浪人 月影兵庫』『新・科捜研の女』『京都地検の女』『おみやさん』『新・京都迷宮案内』、TBS『水戸黄門』、BBC『将軍 SHOGUN』、CM『ジャパネットたかた』『UHA味覚糖』『金ちゃん鍋焼うどん 鍋焼奉行・IH入墨編』など。
長年の時代劇経験を経て、殺陣技術集団・東映剣会に入会。新世代の時代劇役者として期待されている。

《白井美雪役》小瀬田麻由(こせた まゆ)

1994年生まれ、大阪府出身。
東京フィルムセンター映画・俳優専門学校 俳優専攻。
瀬戸裕介監督の短編映画『fit&run』(2014)にヒロインとして出演。

《白井虎鐵役》峰蘭太郎(みね らんたろう)

《黒田竜之岑役》にいみ啓介(にいみ けいすけ)

《白井沙百合役》東海林愛美(しょうじ めぐみ)

出身地: 東京都
特技:クラシックバレエ歴17年 / ジャズダンス3年 / ピアノ/ 英語 / 韓国語 / 茶道
【映画】
「自殺サークル監督/園子温」
「独立少女紅蓮隊- 主演 監督/安里麻里」
「デスノート 夏恵役 監督/金子修介」
「OCE 主演 監督/村上誠治」
「Benisachi 紅幸 主演 監督/篠原哲雄」
「そらぞら- 主演 監督/柴山健次」
「0 ゼロ- 主演 監督/石黒晋也」
「紫陽花物語- 主演/斉藤菜摘 役 監督/祝迫崇宏」
「SPACE BATTLESHIP ヤマト- 星野 役 監督/山崎貴」 など
【TV】
「仮面ライダー剣(テレ朝)第35・36話メインゲスト 生原羽美 役」 「花より男子(TBS)第8・9話ゲスト」 「ハツカレ(GyaO)- ミカリン 役」 「医龍(フジ)- 村野里奈 役」 「おとなの眼鏡「ゴ・マル・ニ」(千葉テレビ) - 主演・朝倉真弓 役」 「土曜時代劇オトコマエ!(NHK)第10話メインゲスト - お絹 役」 「スキップ!?商店街が生んだアイドル?(NHK) - "みゅー"吉崎美優 役」 など
【舞台】
「赤毛のアン」「フライング・パイレーツ ネバーランド漂流記」ピーターパン役
【CM】
「マクドナルド」「味の素 アミノバイタル」「大正製薬 コーラック」「Z会」「セイコーマート」「THEATRE1010」「三ツ矢サイダー」「ファミリーマート」「DELL Dimension 9200c」「NTTドコモ東北利用シーン 世界遺産を目指す町篇 -宮﨑あおいと」「森永製菓 小枝 」
【Music PV】
「SWANKY DANK」「Matthews」

《幼少期・黒田颯役》井上将太朗

《幼少期・白井美雪役》谷掛愛子

《黒髪剣士・黒田蛇六廊役》松島圭二郎

《白髪剣士・白井雷雷役》後藤直樹

長野県出身
【映画】
ゆうばりファンタスティック映画祭2014
オフシアターコンペティション部門
『さすらいのジャンゴ』 ジャンゴ役
桜美林大学卒業作品
Short Shorts Film Festival & Asia
PFFアワード入選作品ほか
海外の各映画祭にて入選作品出演多数
【映像】
グループ魂、オダギリジョー(監督 石井聰亙) PV出演
ほか広告 CM TV等 映像を中心に活動中

《白髪剣士・白井陽陽役》ビヨルネ・ホフ

ビョルネ・ホフはノルウェイ人の映画監督です。
ノルウェイで生まれイギリスの大学を卒業しました。
大学を卒業したから彼は何回も日本へ行きました。
2012年ホフさんは京都で毎年やってるKyoto Filmmakers Labという映画の研修会を入いて時代劇の『鞘当の音』という映画の脚本を書きました。その時から完全に京都を好きになりました。 その後ノルウェイでも東京でも映画を作ったことあるがホフさんの目標はずっと京都です。 2013年の夏ホフさんが作った『鴨川』が祇園天幕映画祭で上映されました。ホフさんの趣味は写真撮影や和服や日本酒や武道です。将来の夢は日本や北欧の文化を勉強して良い映画を作ります。
<ビョルネ監督からのメッセージ>
ホフ・ビョルネと申します。
ノルウェイで生まれた映画監督です。大学時代にはイギリスで映画やCGを勉強しました。卒業した後京都でKyoto Filmmakers Labという研修会に入てクラハラ監督を合いました。その時から何回も京都へきて映画を作りました。
今回またクラハラ監督と一緒に映画を作ることチャンスをいただいてとても嬉しいです。色んな良い人あって良い作品作って良かったです。今からも一所懸命頑張って日本で良い作品を作りたいと思います。

《撮影》篠田 力(しのだ りき)

東京フィルムセンター映画・俳優専門学校 撮影・照明専攻卒業。その間に一時休学してNew Zealandへ3年間滞在。他にもスイス、カナダを旅しながら、海抜0mから標高3,500mまで撮影を行う。帰国後、在学しながらも様々なアーティストの撮影を受ける。2012年4月ネイキッドへ正式入社。短編映画、CM・PV・MVから、Steadicamやクレーンなどの特機を使用した撮影までこなす。 藏原潔司監督作品『白黒ギツネと光の洞窟』の撮影を務めた。

《音楽》王 健治(おう けんじ)

神戸出身、サンフランシスコ在住の作曲家。京都教育大学にて情報音楽専攻の学士を取得。長編・短編映画・ミュージカル・テレビドラマ・ゲーム・ダンスなど多岐にわたるメディアへの作曲を手がける。フィルム音楽が主なフィールドであったが、2010年ロサンゼルスへ移住後にコンサート向け音楽を作曲しはじめ、作品はこれまでアメリカ・日本・ヨーロッパを含む多くの都市で演奏されている。全米コンテストJack Stone Awardにて2位を獲得し、上海サンフランシスコ国際室内楽作曲賞を受賞した他、Los Angeles Composer‘s Projectからの選出を果たすなど、受賞歴多数。Atlantic Music Festival2012にレジデント・コンポーザーとして参加。
現在、サンフランシスコ音楽院修士課程。藏原潔司監督作品『白黒ギツネと光の洞窟』、『3Dテレビがやってきた!!』でも音楽を手がけている。

《題字》涼風花(りょうふうか)

1985年生まれ、栃木県出身。
7歳から書道を始め、14歳で書道師範資格を取得し硬筆資格も持つ。
親を心配させまいと手に職を持つ為に歯科衛生士の資格も持ち、22歳で上京。
歯科衛生士を続けながらも2010年「美人すぎる書道家」として新聞に取り上げられ、アメーバブログのアクセスは月間20万を維持し続けている。
早くも著書として、「美の書道」(日東書院)、「20日で驚くほど上達、美文字練習帳」(ブティック社)、「小学校で習ったはずなのに間違いやすい漢字の書き順」(二見書房)があり、テレビ、新聞、雑誌など各メディアにて精力的に手書きの良さを広める他、新製品発表会や企業イベント等での書道パフォーマンス、美文字講座が人気であり、商品ロゴや番組タイトルなども手掛けている。
<主な経歴>
TV:プレバト!、踊るさんま御殿、雑学王、今夜くらべてみました、有吉AKB共和国等。
企業イベント:マイクロソフト、日本ロレアル、MAZDA、au、大王製紙、資生堂等。
美文字講座:UCC、富士重工、日産、ブラザー等。
モデル:2013栃木県参議院選挙、パナソニック「リアルプロ」、筆まめ等。
ブログ:涼風花オフィシャルブログ「花の詩」

《ヘアメイク》池上結花
東京生まれ。4歳からダンスを始める。ジャンルはモダンバレエ、ジャズダンス、HIPHOP,日本舞踊、POPPING, Punking, Pole dance, YOGAなど。小学生のころから自分で振り付けをしはじめ、イベントやTV番組などに多数出演。 ダンスコンテストなども出演し、好成績を残す。 高校卒業後、すぐに渡米。アメリカ、カリフォルニア州にある美容学校、PAUL MITCHELLE THE SCHOOLに留学する。 在学中は、日本人一人だけというのにも関わらず、数々のイベントや、ファッションショー、Photoshootでのヘアーメイクを担当した。ヘアーコンテストで優勝し、学校代表として、ラスベガスでの一番大きいヘアーショーにバックステージスタッフとして参加。 帰国後、日本の美容学校も卒業する。某大手美容室に就職。 今は、フリーランスで踊れるヘアーメイクアップアーティストとして都内を中心に活動中。

《殺陣指導》峰蘭太郎

この時代劇を世界中で観てもらえる準備ができています!

ご支援頂いた資金は大事に映画制作費に活用致します。今回の目標金額は30万円でスタートしていますが、予想では映画撮影費用は約200万円かかるのではないかと予想しています。(『白黒ギツネと光の洞窟』では、だいぶ制作費を抑えても約180万円かかりました。MotionGalleryでの支援額以外は全て監督自身が負担しています。)
時代劇は通常の現代ドラマよりもはるかに制作費がかかってしまうのですが、
もし200万円も集まれば、京都での撮影が可能になると考えています。

そして更に多くの資金が集まれば、映画祭への出品費用に充てる事で、より多くの国際映画祭への応募活動が可能になります。『風と舟』は台詞がありませんので、海外への映画祭出品が通常よりも容易にできます。映画祭応募に必要な出品料さえ集まれば数十以上の映画祭への応募も可能になります!

映画祭での上映活動がある程度終了した後は、DVDの製品化・iTunes配信での作品公開も検討しています。より多くの資金が集まって、世界中でのiTunes配信が始まれば、数十カ国以上の地域で『風と舟』を誰でも気軽に視聴できるようになります! これも、台詞が無い作品ならではの強みです!(すでに前作『太陽の石』はiTunes世界配信に向けて進行中です)

私達が創り上げる短編時代劇が世界に広がる道のりはすぐそこにあります!!
新しい時代劇映画の実現の為に、是非ご支援をよろしくお願いします!

支援コレクターになると得られる特典内容について

・キヨシクラハラスタジオ公式サイト内の『風と舟』ページにてお名前クレジットを掲載して、制作プロジェクトの一員に!!
・藏原潔司監督によるトーク付き映画上映会イベントに御招待!!一緒に上映やメイキング映像を観て、撮影秘話など楽しく語ります。制作者やキャストなどの登壇ゲストも予定。(東京都内・6月以降に定期開催予定)
・『風と舟』本編DVDと御礼のメッセージカードをプレゼント!(支援額によってメイキング映像付きDVDにグレードアップします!)
・『風と舟』特製ポストカードをプレゼント!
・『風と舟』の脚本内に支援コレクター様のお名前を記名し、脚本をプレゼント!(記名可能な期間は原則クランクイン前まで)
・『風と舟』DVD&脚本に藏原潔司監督が直筆サインをお入れします!
・『白黒ギツネと光の洞窟』『太陽の石』短編作品集DVDをプレゼント!(監督の直筆サイン入り)

・『風と舟』Zero号試写会&プレミアトークイベントに御招待!制作メンバーやキャストなど多くの関係者らと共に、完成した映画を初鑑賞します。(東京都内・3〜4月頃)

『白黒ギツネと光の洞窟』Zero号試写会の様子。大変ご好評頂けたスペシャルイベントです

・Zero号試写会後のアフターパーティーに御招待!制作者・キャストらと一緒に映画の完成を祝いましょう!(記念撮影あり)
・『風と舟』プレスブックをプレゼント!映画祭などで配布する限定パンフレットです。
・藏原潔司監督とランチミーティングができるスペシャル特典も! いろんな話題について楽しく語り合ったり、相談であれば真摯に聞いて答えます。(六本木ヒルズ内を予定)
・プレスブックなどの印刷物にお名前のクレジットを掲載! あなたのお名前が国際映画祭会場で配られるかも!
・サイン入り『風と舟』ポスターをプレゼント!
・『風と舟』本編および予告編のエンドロールに企業ロゴorクレジットをお入れします! 映画本編が国際映画祭で上映されたり、DVDやiTunes配信で多くの人に観てもらえる事で、企業様にとっては非常に大きな宣伝プロモーション効果が期待できます。予告編もYouTubeにて配信する予定です!
・映画撮影現場に御招待!!撮影している現場風景や出演キャストたちの演技を近くで見守る事ができます! 映画撮影の雰囲気を体験できる素晴らしい機会です!(京都現地までの交通費は自己負担。撮影スケジュールを共有。守秘義務厳守。)
・映画『風と舟』にエキストラ出演できるスペシャル特典!! メインキャストらと共に着物を着て映画の登場人物の一人に扮して頂きます。カメラの前で演じる事を自ら体験してスクリーンデビューです!(制作チーム・キャストと共にスケジュールに従って参加して頂きます。一泊程度の宿泊&食事あり。京都現地までの交通費は自己負担とさせて頂きます)
・撮影終了後の記念集合写真にご一緒して頂けます! 皆と時代劇撮影に取り組んだ記念の写真を制作メンバー一同と共に撮影します!(スケジュールによってはオールアップ時でない可能性がございます)
・KIYOSHI KURAHARA STUDIO主催の食事会にペアで御招待!映画製作者や役者達と楽しく交流できる貴重な機会です。(都内・6月以降)
・藏原潔司監督のオリジナルイラストをプレゼント!
・藏原潔司監督が支援コレクター様の会社/商品を一日取材撮影!! その様子をキヨシクラハラスタジオのYouTubeチャンネルにて公開します!(6月以降・全国どこでも)

想定されるリスクとチャレンジ

カンヌ国際映画祭への出品を第一目標にしてプロジェクトを進めています。3月初旬までに作品を完成させる予定ですが、そのまますぐに映画祭出品などの準備を開始する為、特典のお返し時期が多少遅くなる事をご了承ください。Zero号試写会は3月中に開催予定ですが、特典プレゼントなどのお届けは、早くとも5月開催のカンヌ国際映画祭が終了した6月以降に始めさせて頂ければと思います。映画撮影後も長期に渡って進行するプロジェクトですのでよろしくお願い致します。
世界が注目する大きな国際映画祭で『風と舟』をお披露目できるよう頑張ります!!

藏原潔司監督からのメッセージ

この支援募集ページを御覧下さり、ありがとうございます!
私のこれまでの活動内容や、新作にかける想いや熱意を知って頂けた事に感謝申し上げます。
高校生の時、映画監督になるぞと決めて脚本の書き方を独学で学び、2回脚本コンクールに応募した事があります。2回目に書いた長編映画脚本の内容はアクション時代劇でした。
映画製作を志した時から私は、“時代劇”が日本人監督として習得するべき大事な要素が詰まっている分野と感じていました。“日本文化の魅力”を“自分の作品の魅力”として取り入れる事ができて初めて、世界の第一線の土俵で日本人映画作家として活躍できる!と考えています。
高校生当時、時代劇を撮りたいという想いを持ちつつも、福岡育ちで映画撮影すら未経験だった私は何の経験も人脈もありませんでした。高校を卒業してからはTOHOシネマズの一号館だった地元の映画館で二年間映写技師として働き、映画制作を学ぶ為の学費と生活費をひたすら貯めていました。
そして全てを賭けて東京へ出て、映画制作を学び、短編映画『太陽の石』を三年かけて完成させました。上京してすぐの頃は、熱すぎる情熱が空回りしてとても苦労しましたが、それでも諦めずに映画を創る事ができたのは、私の想いに共感し、協力してくれた仲間・友人・アドバイスを下さった先生方のおかげなのです。多くの方に支えられて、私は今日まで映画制作活動を諦めずに続ける事ができています。
今では、京都・太秦の撮影所を訪れて長編企画のアイデアを発表したり、作品がモントリオール世界映画祭に出品されるまでに成長できました。
もっともっと映画を撮りたい。時代劇を描きたい!若い作家が時代劇を撮ろうとする事が、縮小しつつある時代劇制作に変化が起きるならばとても嬉しい事です。新しい時代の道を切り開く為にも、一歩ずつ挑戦し続ける事が大事なのです。
私はすでに時代劇を含む長編映画企画をいくつか持っています。それらの実現の為にも、新作短編映画『風と舟』ではモントリオールに続き、もっと更なる大躍進を目指します!! 目指すはカンヌの舞台!! 共に世界を目指しましょう!ぜひ新作プロジェクトへのご支援を心よりお待ちしております!!

藏原潔司のこれまでの作品

白黒ギツネと光の洞窟
原作・脚本・編集・製作・監督:藏原潔司(15分/2012年)

《ストーリー》
白と黒の世界。洞窟で掘り出された鉱石は色のついた光を発している。 盗賊によって洞窟の奥に囚われている白髪の少年・コハクの前に、義賊“黒ギツネ”を名­乗る男・ミクロが現れる。
“色”を発する鉱石を集めているミクロは、この白黒の世界で­叶えたい“夢”があると言い放つ。
「よし決めた! 今日からお前はオレの弟分だ」
両親を殺されて生きる希望を失っていたコハクは、ミクロに無理矢理に弟分にされ、共に­洞窟の外を目指して走りだす。(主演:和田琢磨、吉岡三四郎、鵜澤凜花)

《映画祭・受賞歴》
・モントリオール世界映画祭2012 フォーカスオンワールドシネマ部門 選出
・福岡インディペンデント映画祭2013 “奨励賞”受賞

太陽の石
(原作・脚本・音楽・編集・監督: 藏原潔司(13分/2008年))

《STORY》
少年は光り輝く一つのビー玉を見つけ、少女のものと知りながら持ち去ってしまう。 ビー玉で右手をキツネの様にして遊ぶ少年は一人の女性と出会う。 影絵の様な映像を実写で表現し、シルエットのみで描かれる、少年の物語。(主演:高岩彩)

《映画祭・受賞歴》
・プレミアアワード2008 最優秀作品賞・最優秀CM賞
・スーパープレミアアワード2009 年間最優秀作品賞
・ショートショートフィルムフェスティバル2009
・SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2009 短編部門 最優秀作品賞//川口市民賞
・ロサンゼルス国際短編映画祭2009
・フォーカス オン アジア in 東京都写真美術館
・ニューヨーク国際インディペンデントフィルムフェスティバル2009 最優秀国際ファンタジー短編賞
・すかがわ国際短編映画祭2010 国内招待作品
・中之島映画祭2013
・福岡インディペンデント映画祭2013 技術賞/奨励賞
・日本芸術センター 映像グランプリ2013

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2009 国内の映画祭でグランプリを獲得

映画の都・ハリウッドで上映され、ニューヨークの映画祭でも受賞を果たす

DREAM PHOTO
(企画・製作・音楽・編集・監督: 藏原潔司)

What's Your Dream?
あなたの心に浮かんだ夢を、写真に写しましょう。
2分間で描かれるショートフィルム。(主演:和田琢磨、黒澤はるか)

《映画祭・受賞歴》
・沖縄国際映画祭2010 World Wide Laugh部門 セミファイナル
・日本ドキュメンタリー動画祭2010 ショートフィルム部門 グランプリ
・富山水辺の映像祭2011 優秀賞
・福岡インディペンデント映画祭2013

3Dテレビがやってきた!!
(原作・撮影・編集・監督:藏原潔司(1分/2013年))

ある日、お姉ちゃんが"飛び出す"と噂の<3Dテレビ>を買ってきたぁ!!いぇ〜い☆☆☆ (≧∀≦*)b.:゚+♪ お気楽姉妹の短編1分コメディ。
出演:村山沙羅、舟津大空、荒木貴裕、にいみ啓介
照明・撮影助手・助監督:中野智陽
音楽:王健治

もっと読む
コレクター
26人
現在までに集まった金額
300,540円
目標金額は300,000円です。
残り
0日

FUNDED

このプロジェクトは、2014年5月14日00:00に終了しました。

リターンを選んで応援する

  • 500円

    • コレクター限定の製作日記を共有
    • 3人
  • 2,500円

    • コレクター限定の製作日記を共有
    • スタジオ公式サイトにお名前クレジット掲載!
    • 藏原潔司監督のトーク付き上映会イベントに御招待!(東京・6月以降)
    • 7人
  • 5,555円

    • コレクター限定の製作日記を共有
    • スタジオ公式サイトにお名前クレジット掲載!
    • 藏原潔司監督のトーク付き上映会イベントに御招待!(東京・6月以降)
    • 『風と舟』DVD&御礼のメッセージカードをプレゼント!
    • 10人
  • 9,800円

    • コレクター限定の製作日記を共有
    • スタジオ公式サイトにお名前クレジット掲載!
    • 藏原潔司監督のトーク付き上映会イベントに御招待!(東京・6月以降)
    • 『風と舟』メイキングつきDVD&御礼のメッセージカードをプレゼント!
    • 特製ポストカードをプレゼント!
    • 劇中画5枚セットをデータでプレゼント!
    • 撮影現場写真5枚セットをデータでプレゼント!
    • 藏原監督が参加した国際映画祭の現地写真セットをデータでプレゼント!(作品が映画祭参加した場合のみの特典です)
    • 1人
  • 15,800円

    • コレクター限定の製作日記を共有
    • スタジオ公式サイトにお名前クレジット掲載!
    • 『風と舟』メイキングつきDVD&御礼のメッセージカードをプレゼント!
    • 特製ポストカードをプレゼント!
    • 劇中画5枚セットをデータでプレゼント!
    • 撮影現場写真5枚セットをデータでプレゼント!
    • 藏原監督が参加した国際映画祭の現地写真セットをデータでプレゼント!(作品が映画祭参加した場合のみの特典です)
    • 脚本にお名前を記名してプレゼントします!(記名は原則クランクイン前まで)終了
    • 「風と舟」決定稿脚本をプレゼント!
    • DVD&脚本に藏原潔司監督の直筆サイン!
    • 『白黒ギツネと光の洞窟』『太陽の石』短編作品集DVDをプレゼント!(監督の直筆サイン入り)
    • 0人
  • 15,800円 残り98枚

    • コレクター限定の製作日記を共有
    • スタジオ公式サイトにお名前クレジット掲載!
    • 藏原潔司監督のトーク付き上映会イベントに御招待!(東京・6月以降)
    • 『風と舟』メイキングつきDVD&御礼のメッセージカードをプレゼント!
    • 特製ポストカードをプレゼント!
    • 劇中画5枚セットをデータでプレゼント!
    • 撮影現場写真5枚セットをデータでプレゼント!
    • 藏原監督が参加した国際映画祭の現地写真セットをデータでプレゼント!(作品が映画祭参加した場合のみの特典です)
    • Zero号試写会&プレミアトークイベントに御招待!(東京・5/27)
    • 脚本にお名前を記名してプレゼントします!(記名は原則クランクイン前まで)終了
    • 「風と舟」決定稿脚本をプレゼント!
    • 2人
  • 35,000円 残り8枚

    • コレクター限定の製作日記を共有
    • スタジオ公式サイトにお名前クレジット掲載!
    • 藏原潔司監督のトーク付き上映会イベントに御招待!(東京・6月以降)
    • 『風と舟』メイキングつきDVD&御礼のメッセージカードをプレゼント!
    • 特製ポストカードをプレゼント!
    • 劇中画5枚セットをデータでプレゼント!
    • 撮影現場写真5枚セットをデータでプレゼント!
    • 藏原監督が参加した国際映画祭の現地写真セットをデータでプレゼント!(作品が映画祭参加した場合のみの特典です)
    • Zero号試写会&プレミアトークイベントに御招待!(東京・3〜4月頃)
    • 脚本にお名前を記名してプレゼントします!(記名は原則クランクイン前まで)終了
    • 「風と舟」決定稿脚本をプレゼント!
    • Zero号試写会後のアフターパーティーに御招待!(記念撮影あり)
    • DVD&脚本に藏原潔司監督の直筆サイン!
    • プレスブックをプレゼント!
    • 映画祭期間中、藏原監督のブログ・ビデオブログにお名前or企業クレジットを記載!(作品が映画祭参加した場合のみの特典です)
    • 2人
  • 77,777円 残り19枚

    • コレクター限定の製作日記を共有
    • スタジオ公式サイトにお名前クレジット掲載!
    • 藏原潔司監督のトーク付き上映会イベントに御招待!(東京・6月以降)
    • 『風と舟』メイキングつきDVD&御礼のメッセージカードをプレゼント!
    • 特製ポストカードをプレゼント!
    • 劇中画5枚セットをデータでプレゼント!
    • 撮影現場写真5枚セットをデータでプレゼント!
    • 藏原監督が参加した国際映画祭の現地写真セットをデータでプレゼント!(作品が映画祭参加した場合のみの特典です)
    • Zero号試写会&プレミアトークイベントに御招待!(東京・5/27)
    • 脚本にお名前を記名してプレゼントします!(記名は原則クランクイン前まで)終了
    • 「風と舟」決定稿脚本をプレゼント!
    • Zero号試写会後のアフターパーティーに御招待!(記念撮影あり)
    • DVD&脚本に藏原潔司監督の直筆サイン!
    • プレスブックをプレゼント!
    • 映画祭期間中、藏原監督のブログ・ビデオブログにお名前or企業クレジットを記載!(作品が映画祭参加した場合のみの特典です)
    • 藏原潔司監督とランチミーティング!(六本木ヒルズ内を予定)
    • 藏原潔司監督の直筆サイン入り『白黒ギツネと光の洞窟』『太陽の石』短編作品集DVDをプレゼント!
    • プレスブックなどの印刷物等にお名前のクレジット掲載
    • サイン入りポスター1枚プレゼント!
    • 1人
  • 300,000円 残り10枚

    • コレクター限定の製作日記を共有
    • スタジオ公式サイトにお名前クレジット掲載!
    • 藏原潔司監督のトーク付き上映会イベントに御招待!(東京・6月以降)
    • 『風と舟』メイキングつきDVD&御礼のメッセージカードをプレゼント!
    • 特製ポストカードをプレゼント!
    • 劇中画5枚セットをデータでプレゼント!
    • 撮影現場写真5枚セットをデータでプレゼント!
    • 藏原監督が参加した国際映画祭の現地写真セットをデータでプレゼント!(作品が映画祭参加した場合のみの特典です)
    • Zero号試写会&プレミアトークイベントに御招待!(東京・5/27)
    • 脚本にお名前を記名してプレゼントします!(記名は原則クランクイン前まで)終了
    • 「風と舟」決定稿脚本をプレゼント!
    • Zero号試写会後のアフターパーティーに御招待!(記念撮影あり)
    • DVD&脚本に藏原潔司監督の直筆サイン!
    • プレスブックをプレゼント!
    • 映画祭期間中、藏原監督のブログ・ビデオブログにお名前or企業クレジットを記載!(作品が映画祭参加した場合のみの特典です)
    • 藏原潔司監督とランチミーティング!(六本木ヒルズ内を予定)
    • 藏原潔司監督の直筆サイン入り『白黒ギツネと光の洞窟』『太陽の石』短編作品集DVDをプレゼント!
    • プレスブックなどの印刷物等にお名前のクレジット掲載
    • サイン入りポスター1枚プレゼント!
    • 本編&予告エンドロールに企業ロゴorクレジットをお入れします!
    • 撮影現場に御招待!(京都現地までの交通費は自己負担。撮影スケジュールを共有。守秘義務厳守)終了
    • 特殊紙にプリントした劇中画を額入りでプレゼント!(監督の直筆サイン入り)
    • 藏原監督が国際映画祭に出席する際、お名前or企業名入りステッカーを身辺に貼り付けて行動します!(本人の他にカバンやノートPC等も含む。作品が映画祭参加した場合のみの特典です)
    • 0人
  • 500,000円 残り20枚

    • コレクター限定の製作日記を共有
    • スタジオ公式サイトにお名前クレジット掲載!
    • 藏原潔司監督のトーク付き上映会イベントに同伴4まで御招待!(東京・6月以降)
    • 特製ポストカードをプレゼント!
    • 劇中画5枚セットをデータでプレゼント!
    • 撮影現場写真5枚セットをデータでプレゼント!
    • 藏原監督が参加した国際映画祭の現地写真セットをデータでプレゼント!(作品が映画祭参加した場合のみの特典です)
    • Zero号試写会&プレミアトークイベントに御招待!(東京・5/27)
    • 脚本にお名前を記名してプレゼントします!(記名は原則クランクイン前まで)終了
    • 「風と舟」決定稿脚本をプレゼント!
    • Zero号試写会後のアフターパーティーに御招待!(記念撮影あり)
    • DVD&脚本に藏原潔司監督の直筆サイン!
    • プレスブックをプレゼント!
    • 映画祭期間中、藏原監督のブログ・ビデオブログにお名前or企業クレジットを記載!(作品が映画祭参加した場合のみの特典です)
    • 藏原潔司監督とランチミーティング!(六本木ヒルズ内を予定)
    • 藏原潔司監督の直筆サイン入り『白黒ギツネと光の洞窟』『太陽の石』短編作品集DVDをプレゼント!
    • プレスブックなどの印刷物等にお名前のクレジット掲載
    • サイン入りポスター1枚プレゼント!
    • 本編&予告エンドロールに企業ロゴorクレジットをお入れします!
    • 撮影現場に御招待!(京都現地までの交通費は自己負担。撮影スケジュールを共有。守秘義務厳守)終了
    • 『風と舟』メイキング付きDVD×5枚(『白黒ギツネ』DVDとの組み合わせ自由) 
    • 映画にエキストラ出演!!!(制作チーム・キャストと共にスケジュールに従って参加して頂きます。一泊程度の宿泊&食事あり。京都現地までの交通費は自己負担)終了
    • 撮影終了後の記念集合写真にご一緒して頂けます!(スケジュールによってはオールアップ時でない可能性あり)終了
    • 藏原監督が国際映画祭に出席する際、お名前or企業名入りステッカーを身辺に貼り付けて行動します!(本人の他にカバンやノートPC等も含む。作品が映画祭参加した場合のみの特典です)
    • 食事会にペアで御招待!(都内・6月以降)
    • 0人
  • 1,000,000円 残り4枚

    • コレクター限定の製作日記を共有
    • スタジオ公式サイトにお名前クレジット掲載!
    • 藏原潔司監督のトーク付き上映会イベントに同伴4まで御招待!(東京・6月以降)
    • 特製ポストカードをプレゼント!
    • 劇中画5枚セットをデータでプレゼント!
    • 撮影現場写真5枚セットをデータでプレゼント!
    • 藏原監督が参加した国際映画祭の現地写真セットをデータでプレゼント!(作品が映画祭参加した場合のみの特典です)
    • Zero号試写会&プレミアトークイベントに御招待!(東京・5/27)
    • 脚本にお名前を記名してプレゼントします!(記名は原則クランクイン前まで)終了
    • 「風と舟」決定稿脚本をプレゼント!
    • Zero号試写会後のアフターパーティーに御招待!(記念撮影あり)
    • DVD&脚本に藏原潔司監督の直筆サイン!
    • プレスブックを30冊プレゼント!
    • 映画祭期間中、藏原監督のブログ・ビデオブログにお名前or企業クレジットを記載!(作品が映画祭参加した場合のみの特典です)
    • 藏原潔司監督とランチミーティング!(六本木ヒルズ内を予定)
    • 藏原潔司監督の直筆サイン入り『白黒ギツネと光の洞窟』『太陽の石』短編作品集DVDをプレゼント!
    • プレスブックなどの印刷物等にお名前のクレジット掲載
    • サイン入りポスター1枚プレゼント!
    • ポスターを10枚プレゼント!
    • 公式サイト・プレスブック・本編&予告エンドロールに企業ロゴorクレジットをお入れします!(最上位クラス)
    • 撮影現場に御招待!(京都現地までの交通費は自己負担。撮影スケジュールを共有。守秘義務厳守)終了
    • 『風と舟』メイキング付きDVD×30枚(『白黒ギツネ』DVDとの組み合わせ自由) 
    • 映画にエキストラ出演!!!(制作チーム・キャストと共にスケジュールに従って参加して頂きます。一泊程度の宿泊&食事あり。京都現地までの交通費は自己負担)終了
    • 撮影終了後の記念集合写真にご一緒して頂けます!(スケジュールによってはオールアップ時でない可能性あり)終了
    • 藏原監督が国際映画祭に出席する際、お名前or企業名入りステッカーを身辺に貼り付けて行動します!(本人の他にカバンやノートPC等も含む。作品が映画祭参加した場合のみの特典です)
    • 食事会に3名まで御招待!(都内・6月以降)
    • 藏原潔司監督のオリジナルイラストをプレゼント!
    • 藏原潔司監督が会社/商品を一日取材撮影、その様子をYouTubeにて公開します!(6月以降・全国どこでも)
    • 0人

プレゼンター

Kitsune pre

藏原 潔司

  • 東京都

1985年生まれ 福岡県出身。 18歳の頃より8年間映写技師として働いてきた経験を持つ。21歳の時に製作を開始した短編映画『太陽の石』が、国内の映画祭で“年間最優秀作品賞”、“最優秀作品賞”、“技術賞”など多数受賞。アカデミー賞の前哨戦であるロサンゼルス国際短編映画祭2009に選ばれてハリウッドで上映される他、ニューヨークの映画祭で “最優秀国際ファンタジー短編賞”を受賞するなど、国内・海外で高く評価される。 motion galleryでの支援によって製作した短編映画『白黒ギツネと光の洞窟』が、モントリオール世界映画祭2012に選ばれる快挙を果たした。

質問や意見をメールする