ドキュメンタリー映画「超自然の大地」 放射能汚染と戦い、生きる、福島の農家さん達をクラウドファンディングで実現!

ドキュメンタリー映画「超自然の大地」
〜放射能汚染と戦い、生きる、福島の農家さん達〜

Uncanny_top2 ▶ 再生

このプロジェクトについて

東日本大震災そして福島第一原子力発電所の事故。有機農業を推進してきた豊かな土地をもつ福島県の大半が放射能で汚染されてしまう。2011年の作付け禁止を受けた多くの浜通りは土地が荒れ果て、春の水田には一度も水が引かれる事は無く、秋も黄金の稲穂で埋め尽くされることが無かった。また、作付けが許された仲通りや会津地方の土地でも収穫された農作物につきまとう汚染の問題は、福島中の農家を苦しめ続けている。

しかし、多くの福島の農家は土地を捨てなかった。事故後、福島第一原発の終息のメドがついていない状態でも、土地に残り、汚染と戦い、汚染と生き、放射能汚染の土壌を回復させ次の世代へ残すことが福島の農家の責任として、体を張って取り組んできた2011年。「被害者が加害者になる」というリスクを放射能汚染の恐怖以上の重みとして抱えながらも、食の安全と、消費者からの信頼を取り戻すため、代々受け継がれてきた福島の土地に残り、田畑を有機的に耕し続ける福島の農家達。多くの消費者が懸念する汚染されているかもしれない「福島産」の農作物。それを真正面から受け止め、様々な方法で作物への汚染の移行を防ぎ、収穫された作物の汚染値を計測して消費者へ公表し続ける。福島の土地に降った汚染と土地と農作物の関係を学び、回復と再生に励む農家達。ベクレルモニター、ゲルマ二ウム半導体をいち早く使用し、福島の農産物を独自で測定してきた福島の有機農家達が見いだし始めた希望。長年有機的に耕してきた土壌に育つ農作物へ、放射能汚染の移行を低減させる効果があり、多くの農作物が「不検出」という検査結果を出してきた。しかし、不検出でも「福島」という言葉で販売が出来ない多くの農産物。この問題に取り組む福島の有機農家さん達のあらゆる努力と、農作物に移行しない現象を多くの角度から検証し、確立させ、その促進よって、農家さん達が福島の土地を再生させ、「ふくしま」の復興を目指す姿をドキュメンタリー映画として記録に残し、世界へ発信して行く。

2011年、東日本大震災後の福島第一原発事故による放射能汚染を被った福島の土地で、アメリカ市民からの寄付により、有機農家さん達を5ヶ月に渡り撮影する事が出来ました。

2012年、福島有機農家さん達の2年目を追うための撮影費と映画完成費用を募っています。 この作品は、福島の有機農家さん達が挑む、放射能で汚染された土地の再生と福島の復興への長い道のりを目指す姿、そして農家さん達の声を記録に残して、次世代に、また世界に伝える事です。また、彼らの生き方に寄り添い、密着して、福島の農家さんと其の方達を取り囲む、多くの福島在住の人々の人間性を生かし、汚染の向こうにある福島の人たちの顔を映し出すことが目的です。

福島県東和地区:条件付き作付制限における行政の政策に訴える農家

2011年、5か月間の福島滞在最終日にカメラを監督へ向け質問をする農家

ドキュメンタリー映画制作の意図と背景について語る:2011年8月郡山にて

作品は梶野純子とエドワード・コジアスキーの日米合作によるドキュメンタリー映画。震災後の2011年5ヶ月に渡り、田植えから稲刈りまでを撮影終了。 2012年、福島の変動する汚染状況や、継続してその汚染とそれに伴う様々な困難に向き合う福島の農家さん達の人間性、汚染された土地で働く彼らの健康状態、農作物への汚染移行状況、そして希望を見いだす姿を焦点に撮影。

福島有機農業ネットワークさんのご協力で2012年福島滞在中の多くの諸費を支援して頂くことになっています。また、福島市の銀嶺食品さんには、昨年から福島での撮影を多くの面で助けていただいています。福島の食に関わる多くの方々が、現在福島が直面している世界で2度目の大きな原発事故から再生をすること、そこに原発を受け入れてきた福島県の人々の責任と、同時に生きる希望を見いだす指標として、日々取り組んでいます。福島の人々ともに、このドキュメンタリー映画を完成させ、公開するためのご支援をより多くの人から募っています。
2012年冬完成予定

スタッフについて

フィルムメーカー 梶野純子&エドワード コジアスキー
純子とエドワードは、過去14年にわたりアメリカ長編映画のプロデューサー、企画、プロダクションマネージャーとしてチームで映画制作、またドキュメンタリー、短編、コマーシャル、ミュージックビデオにおいてもその制作のキーパーソナルとしての経験を経てきている。

純子とエドワードは 2005年、大阪を舞台に、ブルースシンガーを目指し、単身渡米する女の子の最後の夜を描いた短編映画「Homesick Blues」を脚本・監督として制作。映画「Homesick Blues」は、シカゴ国際映画祭、ハワイ国際映画祭、ニューヨークフィルム&ビデオ国際映画祭、アムステルダム国際映画祭、ミッドウエスト映画祭、などほか多数の国際映画祭正式招待作品。 2005年シカゴインデペンデント映画協会にて、最優秀賞ベストフィルムを受賞。
 2007年、純子とエドワードは沖縄在住の米兵に暴行をうけた少女の10年後を描いた米沖合作長編劇映画「レイ、初めての呼吸」を脚本、監督。作品「レイ、初めての呼吸」は2008〜9年にかけてアメリカ、日本の各都市の劇場で公開。また、インドケララ国際映画祭、アジアアメリカ国際映画祭、女性国際映画祭フロリダなどをはじめとする国際映画祭正式招待作品。

コレクター
19人
現在までに集まった金額
81,500円
目標金額は2,500,000円です。
残り
0日

FUNDED

このプロジェクトは、2012月12月23日00:00に終了しました。

チケットを選んで応援する

  • 500円

    • コレクター限定記事を公開します
    コレクター:
    3人
  • 1,500円

    • コレクター限定記事を公開します
    • 映画の粗編版、もしくはサウンドトラックのどちらかお好きな方のデータを、ダウンロードにてプレゼント
    コレクター:
    5人
  • 2,500円

    • コレクター限定記事を公開します
    • 映画の粗編版のデータをダウンロードにてプレゼント
    • サウンドドラックのデータをダウンロードにてプレゼント
    コレクター:
    1人
  • 5,000円

    • コレクター限定記事を公開します
    • サイン入りの映画DVD/Blu-rayをプレゼント
    • サウンドトラックCDをプレゼント
    コレクター:
    6人
  • 10,000円

    • コレクター限定記事を公開します
    • 映画の粗編版のデータをダウンロードにてプレゼント
    • サウンドドラックのデータをダウンロードにてプレゼント
    • サイン入りの映画DVD/Blu-rayをプレゼント
    • サウンドトラックCDをプレゼント
    • 劇場チケット2枚をプレゼント(東京での公開を予定)
    コレクター:
    4人
  • 15,000円

    • コレクター限定記事を公開します
    • 映画の粗編版のデータをダウンロードにてプレゼント
    • サウンドドラックのデータをダウンロードにてプレゼント
    • サイン入りの映画DVD/Blu-rayをプレゼント
    • サウンドトラックCDをプレゼント
    • 劇場チケット2枚をプレゼント(東京での公開を予定)
    • プレスシートをプレゼント
    コレクター:
    0人
  • 20,000円

    • コレクター限定記事を公開します
    • 映画の粗編版のデータをダウンロードにてプレゼント
    • サウンドドラックのデータをダウンロードにてプレゼント
    • サイン入りの映画DVD/Blu-rayをプレゼント
    • サウンドトラックCDをプレゼント
    • 劇場チケットを2枚プレゼント(東京での公開を予定)
    • プレスシートをプレゼント
    • サイン入り映画ポスターをプレゼント
    コレクター:
    0人
  • 50,000円

    • コレクター限定記事を公開します
    • 映画の粗編版のデータをダウンロードにてプレゼント
    • サウンドドラックのデータをダウンロードにてプレゼント
    • サイン入りの映画DVD/Blu-rayをプレゼント
    • サウンドトラックCDをプレゼント
    • 劇場チケット2枚をプレゼント(東京での公開を予定)
    • プレスシートをプレゼント
    • サイン入り映画ポスターをプレゼント
    • プライベート上映会にご招待(日米両国で開催予定。旅費別途)
    コレクター:
    0人
  • 100,000円

    • コレクター限定記事を公開します
    • 映画の粗編版のデータをダウンロードにてプレゼント
    • サウンドドラックのデータをダウンロードにてプレゼント
    • サイン入りの映画DVD/Blu-rayをプレゼント
    • サウンドトラックCDをプレゼント
    • 劇場チケット2枚をプレゼント(東京での公開を予定)
    • プレスシートをプレゼント
    • サイン入り映画ポスタープレゼント
    • プライベート上映会にご招待(日米両国で開催予定。旅費別途)
    • スカイプにて、監督があなたの映画への感想・ご質問等にお答えします!
    • "SPECIAL THANKS"としてお名前をクレジットします!
    コレクター:
    0人
  • 500,000円

    • コレクター限定記事を公開します
    • 映画の粗編版のデータをダウンロードにてプレゼント
    • サウンドドラックのデータをダウンロードにてプレゼント
    • サイン入りの映画DVD/Blu-rayをプレゼント
    • サウンドトラックCDをプレゼント
    • 劇場チケット2枚をプレゼント(東京での公開を予定)
    • プレスシートをプレゼント
    • サイン入り映画ポスターをプレゼント
    • プライベート上映会にご招待(日米両国で開催予定。旅費別途)
    • スカイプにて、監督があなたの映画への感想・ご質問等にお答えします!
    • "SPECIAL THANKS"としてお名前をクレジットします!
    • 日本での映画公開記念パーティーにご招待
    コレクター:
    0人

プレゼンター

Uncanny_ac

Junko&Ed

  • 福島県

日米映画監督チームである、純子とエドワードは、10年以上に渡りアメリカと日本で映画のプロデュース、また監督をしている。 2005年、大阪を舞台に、ブルースシンガーを目指し、単身渡米する女の子の最後の夜を描いた短編映画「Homesick Blues」を脚本・監督として制作。映画「Homesick Blues」は、シカゴ国際映画祭、ハワイ国際映画祭、ニューヨークフィルム&ビデオ国際映画祭、アムステルダム国際映画祭、ミッドウエスト映画祭、などほか多数の国際映画祭正式招待作品。 2005年シカゴインデペンデント映画協会にて、最優秀賞ベストフィルムを受賞。  2007年、純子とエドワードは沖縄在住の米兵に暴行をうけた少女の10年後を描いた米沖合作長編劇映画「レイ、初めての呼吸」を脚本、監督。作品「レイ、初めての呼吸」は2008〜9年にかけてアメリカ、日本の各都市の劇場で公開。また、インドケララ国際映画祭、アジアアメリカ国際映画祭、女性国際映画祭フロリダなどをはじめとする国際映画祭正式招待作品  ドキュメンタリー映画は、この「超自然の大地」初作品。

質問や意見をメールする