つくろい東京ファンドが手掛ける、コーヒー自家焙煎&カフェ「潮の路」をクラウドファンディングで実現!

「住まい」の次は「仕事」と「居場所」!ホームレス経験者が働く自家焙煎カフェを作りたい!

  • 東京都
  • コミュニティ

ホームレス支援において安定した「住まい」の次に必要になるのが、日中に通える「仕事」と「居場所」です。この問題を解決するために、私たちは「コーヒーの自家焙煎事業」と「誰でも立ち寄れるカフェ」を作ることに挑戦します。

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、目標金額1,200,000円を達成し、2017年5月12日23:59に終了しました。

コレクター
169
現在までに集まった金額
1,853,500
残り日数
0

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、目標金額1,200,000円を達成し、2017年5月12日23:59に終了しました。

Middle?1401174158

Presenter
一般社団法人つくろい東京ファンド 代表理事 稲葉 剛 プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

1969年、広島県広島市生まれ。1994年より東京・新宿を中心に路上生活者支援活動に取り組む。20年間で3000人以上の路上生活者の生活保護申請を支援。 2001年、湯浅誠らと共に自立生活サポートセンター・もやいを設立し、共同代表に就任(2003年より2014年まで理事長)。2014年、一般社団法人つくろい東京ファンドを設立し、空き家を活用した低所得者支援に乗り出す。 一般社団法人つくろい東京ファンド代表理事、住まいの貧困に取り組むネットワーク世話人、生活保護問題対策全国会議幹事、立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科特任准教授。

カフェ潮の路物語【その1】~「その後」の生きづらさにつきあうために

vol. 3 2017-03-06 0

2014年6月に一般社団法人つくろい東京ファンドが発足し、中野区内で個室シェルター「つくろいハウス」を開設してから、早いもので2年半が経ちました。シェルターを経由してアパート自立を果たし、地域で生きる人は30人を超えました。その小さな町を歩いていると、あちこちで元入所者さんに出会い、立ち話が始まります。

「つくろいハウス」に入所する方々は、それまでに路上生活がとても長かったり、過酷な成育歴や経験を生き抜いてきた方が多く、一見健康そうに見えてもさまざまな病気を抱えている方が少なくありません。

ですから、アパートに移ったからと言って万事解決とはいかないのです。アパートに入ったあとも人生は続きますし、路上で生活をしなくて良くはなったものの、その人を困窮に陥れたご本人の問題が解決したわけでもありませんから。

なので、つくろい東京ファンドでは、入所者さんがアパートに移って一人暮らしを始めたあとも、必要に応じたサポートを提供し、利用者さんと並走しております。

つくろいハウスの一室

長く路上にいる時には夢のようだった自分の部屋。一生手に入らないと思っていた自分だけの安心、安全な部屋が手に入った喜びが冷めると、ふと孤独にさいなまれることがあるようです。それまで、今日を生き抜くことに専心して乗り切ってきた緊張の糸が途端にぷっつり切れてしまう。そしてある時、「何で生きてるのか分からなくなった」と暗い目をしてその苦しさを訴えるようになるのです。

私たちは「貧困」とは、家がない、お金がないなどの「経済的貧困」と、頼れる家族も友達もいない「つながりの貧困」がセットになったものだと考えています。

経済的貧困が解決したあとは、つながりの貧困に着手する必要が出てきます。つくろい東京ファンドでも、アパートに移る人が増えるつれ、その必要性を感じ始めました。

これまでも「つくろいハウス」の事務室で、月1回、「なべ会」(なべ会と言いつつ、季節にあわせていろんなものをみんなで作って食べています)を開き、アパートに移った人たちとの交流の場を作ってきましたが、スペースや開催頻度に限界があります。

「なべ会」の一幕。昨年の夏はみんなでたこ焼きを作りました

利用者さん達が新たな人間関係を築いたり、働く準備のようなことができる場所を作らなくてはならない。そう思い、予算もままならないまま場所を探し始めたのが2016年の夏でした。

カフェ事業の企画書より

たくさんの不動産屋を回ってもなかなか予算と折り合いがつくような物件には見つからず、半ば諦めかけていた去年の11月、その変わった名前からずっと気にはなっていたものの、訪ねてはいなかったシェルター近くの小さな不動産屋に飛び込み、ある物件と運命的な出会いをしました。私達の物語がここから始まりました。(小林美穂子)

アップデート一覧に戻る

リターンを選ぶ

  • 500

    手数料を除く全額を「ホームレス経験者が働く自家焙煎カフェ」を作るプロジェクトへご寄附いただけます。選択後「さらに応援する」から任意の額をご入力下さい

    • お礼状をPDFでお送りします。
    • 2017年05月 にお届け予定です。
    • 38人が応援しています。
  • 3000

    お礼状セット

    • お礼状をPDFでお送りします。
    • 2017年05月 にお届け予定です。
    • 38人が応援しています。
  • 5000

    「潮の路珈琲」オリジナルポストカードセット

    • お礼状をPDFでお送りします。
    • 武盾一郎さんが描かれた「潮の路珈琲」ロゴ入りイメージイラストをあしらったポストカードのプレゼント
    • 2017年07月 にお届け予定です。
    • 24人が応援しています。
  • 10000

    自家焙煎コーヒーセット

    • お礼状をPDFでお送りします。
    • 武盾一郎さんが描かれた「潮の路珈琲」ロゴ入りイメージイラストをあしらったポストカードのプレゼント
    • ホームレス経験者が焙煎したコーヒー(粉一袋)をプレゼント
    • 2017年07月 にお届け予定です。
    • 55人が応援しています。
  • 30000

    自家焙煎コーヒー+ぬいちゃん陶製マグネットセット

    • お礼状をPDFでお送りします。
    • 武盾一郎さんが描かれた「潮の路珈琲」ロゴ入りイメージイラストをあしらったポストカードのプレゼント
    • ホームレス経験者が焙煎したコーヒー(粉一袋)をプレゼント
    • つくろい東京ファンドのマスコット「ぬいちゃん」の陶製マグネット(2個セット)をプレゼント
    • 2017年07月 にお届け予定です。
    • 2人が応援しています。
  • 30000

    自家焙煎コーヒー+オリジナルマグカップセット

    • お礼状をPDFでお送りします。
    • 武盾一郎さんが描かれた「潮の路珈琲」ロゴ入りイメージイラストをあしらったポストカードのプレゼント
    • ホームレス経験者が焙煎したコーヒー(粉一袋)をプレゼント
    • 「潮の路珈琲」オリジナルマグカップ(武盾一郎さん画)を一個プレゼント
    • 2017年07月 にお届け予定です。
    • 9人が応援しています。
  • 50000

    自家焙煎コーヒー+ぬいちゃん陶製マグネット+オリジナルマグカップセット

    • お礼状をPDFでお送りします。
    • 武盾一郎さんが描かれた「潮の路珈琲」ロゴ入りイメージイラストをあしらったポストカードのプレゼント
    • ホームレス経験者が焙煎したコーヒー(粉一袋)をプレゼント
    • つくろい東京ファンドのマスコット「ぬいちゃん」の陶製マグネット(2個セット)をプレゼント
    • 「潮の路珈琲」オリジナルマグカップ(武盾一郎さん画)を一個プレゼント
    • 2017年07月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 100000

    自家焙煎コーヒー+ぬいちゃん陶製マグネット+オリジナルマグカップ+見学ツアーセット

    • お礼状をPDFでお送りします。
    • 武盾一郎さんが描かれた「潮の路珈琲」ロゴ入りイメージイラストをあしらったポストカードのプレゼント
    • ホームレス経験者が焙煎したコーヒー(粉一袋)をプレゼント
    • つくろい東京ファンドのマスコット「ぬいちゃん」の陶製マグネット(2個セット)をプレゼント
    • 「潮の路珈琲」オリジナルマグカップ(武盾一郎さん画)を一個プレゼント
    • 稲葉剛が案内する「カフェ潮の路とつくろい東京ファンド」見学ツアー
    • 2017年08月 にお届け予定です。
    • 3人が応援しています。