シェルター+こどもクッキングサロン×若者向けシェアハウスをクラウドファンディングで実現!

空き家活用!シェルター+こどもクッキングサロン×若者向けシェアハウスを作りたい!

  • 東京都
  • コミュニティ

新宿区と墨田区の2か所の空き家を活用し、生活困窮者のためのシェルターとこどもクッキングサロン×若者向けシェアハウスを開設します。

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、目標金額1,000,000円を達成し、2015年10月30日23:59に終了しました。

コレクター
104
現在までに集まった金額
1,201,000
残り日数
0

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、目標金額1,000,000円を達成し、2015年10月30日23:59に終了しました。

Middle?1401174158

Presenter
一般社団法人つくろい東京ファンド 代表理事 稲葉 剛 プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

1969年、広島県広島市生まれ。1994年より東京・新宿を中心に路上生活者支援活動に取り組む。20年間で3000人以上の路上生活者の生活保護申請を支援。 2001年、湯浅誠らと共に自立生活サポートセンター・もやいを設立し、共同代表に就任(2003年より2014年まで理事長)。2014年、一般社団法人つくろい東京ファンドを設立し、空き家を活用した低所得者支援に乗り出す。 一般社団法人つくろい東京ファンド代表理事、住まいの貧困に取り組むネットワーク世話人、生活保護問題対策全国会議幹事、立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科特任准教授。

あと307,000円! こどもの貧困について栗林知絵子さんに聞きました!【後編】

vol. 8 2015-10-19 0

応援ありがとうございます! つくろい東京ファンドです!

クラウドファンディングも残り12日。終盤にさしかかり、応援して下さる方が増え、ペースが上がってまいりました!

あと307,000円ということまで来ています。どうか引き続きご支援&応援よろしくお願いします!

本日はNPO法人豊島子どもWAKUWAKUネットワーク理事長・栗林知絵子さんへのインタビュー。その後半です。

ネットワーク立ち上げから「あさやけ子ども食堂」スタート、そして現在に至るまでのお話をじっくり伺いました!

●前編はこちらから

「WAKUWAKUネットワーク」立ち上げから「あさやけ子ども食堂」へ

── 2008年に、湯浅誠さんらが主宰する「活動家一丁あがり!」講座に参加されます。 

栗林:はい。プレーパークで子どものSOSを受け止めながら、自分の無力感やもやもや感を持っていました。2009年の正月、テレビで「年越し派遣村」のニュースを見て、社会問題と地域の子どものSOSに何か合点がいきました。それからしばらくしてからですが、たまたまつけたテレビに年越し派遣村村長の湯浅さんが出演されていたんです。番組最後に「活動家一丁あがり講座を始めました」というアナウンスがあったのを見て、じゃあ行ってみようか、と講座第二期生募集に申し込みました。

私は「子どもの貧困」や「相対的貧困率」という概念、「雇用」や「住まい」「社会保障」の問題にも無知でした。講座に参加して初めてそれら社会問題を知ることが出来たんです。そして、子どもが抱えている問題は、自己責任ではないと確信しましたね。

ただ、受講した当時は「なんだ! こんな話を聞いたところで、うちのまわりの子ども達の暮らしは何にも変わらないじゃないか! 意味ないじゃん!」などと思っていましたが(笑) 

いろいろ問題は知ったけど、これでおしまいか?解決する道筋が見えないよ!と納得いかず、二期終了後も引き続き三期生講座も参加しました。講座始まって以来の留年生ですよ(笑)。

そうこうしている頃「なくそう!子どもの貧困ネットワーク」が設立されて、子どもの貧困に関係する集会に顔を出し、その中で「無料学習支援」(※家庭環境にかかわらず、十分な学習が担保できない子どもに対し無料で勉強などを教える活動)の取り組みを知ったのです。それで「なんだ、じゃ家でやっちゃえばいいじゃん」と思い立ち、当時プレーパークへ遊びに来ていた中学三年生のT君のために自宅を開放して無料塾を始めました。

当時T君は都立高校への進学を希望していたのですが、経済的に余裕はない。そのため、受験のための塾代費用を「東京都受験生チャレンジ支援貸付金」で賄えないか?とT君のお母様に提案しました。ただ申請は保証人が必要です。一方で保証人の見当がつかないT君一家。そこで私が保証人を引き受けました。 

12月30日、ようやく地域の塾にT君を繋げることが出来ました。一方、塾代の貸付額は二十万円で、T君が高校進学したら償還免除の制度なんですね。保証人を引き受けたものの、T君が高校合格しなかった場合に私が返済できる能力もないわけです。今度は私が「困った人」になってしまった。よく困っているのに相談出来ず抱えこんじゃう人っているじゃないですか? まさに自分がそうなってしまい「どうしよう」と困りっている時、たまたま湯浅さんと再会したんです。

── それが2011年ですね。 

栗林:「福島原発の爆発」直後の大みそかです。経産省のまわりで年越しを迎えました。湯浅さんと水島宏明さんはじめ活動家一丁上がり講師陣が集まり、年越し対談中継をやると聞き、友人と見学に行きました。久しぶりに会った湯浅さんから「栗林さん、最近どう?」って聞かれたんです。 

保証人になったけれど、返済のあてもなく困っている状況を湯浅さんに伝えると、「一緒に学習支援をやっている仲間と分担すればいいじゃない」といわれて。なるほど、と思ったのですが、学習支援サポーターは皆さん学生です。そこで現在WAKUWAKU事務局長の天野敬子さんに相談をしたのです。年始の挨拶代わりに、私の困りごとをメールしました。天野さんは、「地域のみなさんにサポーターになってもらいましょう。くりちゃんはT君のこと伝えるためにできるだけ詳しく経緯を書いてね」と言ってくれました。早速T君の現状を可視化し、「T君の抱える困難は彼の自己責任ではないのでみなさんでサポートしてほしい。」と呼び掛け文を作り、1000円のカンパを募りました。 

その結果、まわりの友人たちを経由して顔が見える繋がりが広がり、T君のサポーターが100人くらい集まったんです。彼が都立高校に合格したことで、私が塾代の肩代わりする必要はなくなり、それでも今回のことで出来た繋がりとお金を有効に使いたいね。という思いから「豊島子どもWAKUWAKUネットワーク」が設立しました。

── 立ち上げ後の2012年4月に 「あさやけ子ども食堂」をスタートします。 

栗林:WAKUWAKU設立5か月後の11月、子ども食堂店主の山田さんが大田区にある子ども食堂「気まぐれ八百屋だんだん」を見て来て、「自宅で子ども食堂をやりたい」という提案をされました。私もT君を支援する過程で見えてきた孤食の問題を何とかしたいと思っていました。12月には助成金も申請しました。そして翌年の4月から子ども食堂がスタートしたんです。3時からスタッフのみなさんが食事作りを開始して、17時30分開店です。私は18時過ぎに、子どもを連れて行く係でした。

── 「あさやけ子ども食堂」がこれほど成功した原因は何だとお考えですか?

栗林:まずは山田さんの覚悟ですね。スタートする前、山田さんに「子ども食堂のスタッフがみんな来れない日はどうする?」と聞いたら「僕はひとりでもやる」って答えられたんです。味噌汁とご飯だけなら自分でも作れるからって。そんな彼の思いや覚悟を聞いてスタッフのみなさんも、山田さんひとりでやらせるわけにはいかないぞ、と思っています。山田さんのお人柄や思いが周りの人を動かしたんです。 

それと、WAKUWAKUが子どもの孤食や貧困に至る原因を提起し、国の子ども貧困対策の施策などに対して繋がり・交流の場、食のサポート、そして場をオープンに行うことの大事さを説明する。一方で山田さんがちゃんとそれを実践し実現する場を毎回作っていく。両輪が噛み合ったことで、注目されるようになりました。

── この度 「つくろい東京ファンド」でも、墨田区にて「子どもクッキングサロン+若者向けシェアハウス」という形で、子どもの孤食や貧困、地域コミュニティの問題へ取り込もうも考えています。このような他の活動に対して、先輩から何かアドバイスを頂けたら。

栗林:私は「子ども食堂」はどんな形で行ってもいいと思っています。地域の公共の場所や空き店舗を、高齢者用の施設を借りてもいいし、食堂の休業日を一日借りてやってもいい。これだけ「子ども食堂」的な活動が広がったのは、子どもの育つ環境や、問題が深刻だと知った人が、何かできることはないだろうか?と試行錯誤してつながり始めたからでしょう。
おなかをすかせた子、困難を抱えている子どもは全国にいるわけじゃないですか。だから、この活動が全国に広がってほしいと思います。どんなやり方でもいいから、まずは始めて、繋がりを作っていかないと。

これから始めるNPOなどにひとつアドバイスするなら、なるべくその地域との繋がりを作ることですかね。もちろん啓蒙も大切ですが「地域のみなさま、ご協力いただけますでしょうか!」という旗を立ててください。地域との繋がりを作ることは、なかなか難しいかとも思うのですが、なんとかその地域と繋がってみる。町会を介して子どもや人的な繋がりを提供してもらい、一方でNPOは仕組み作りのノウハウを提供する。そんなコラボが出来れば素晴らしいと思います。 

プレーパークの危機! 繋がりが生んだ奇跡の移転

── ここまで順調に展開されてきたWAKUWAKUネットワークですが、2014年にプレーパークが閉鎖され、その場所に中学校が建つという危機が訪れます。 

栗林:そもそもスタートの時点から、防災ひろば(プレーパークの場所)は暫定利用だったのです。しかし、いざ使えなくなる期限が近づき、区に代替え地で活動を継続したいとお願いしても、場所がないから・・と説明されるだけでした。それでもプレーパークの存続は諦めていませんでした。私、しつこいんです(笑) 

ちょうどそこ頃、土地を売りたいと考えていた地主さんが女性区議さんに相談を持ちかけました。その土地がプレーパークにうってつけの場所でしたので、区議さんが区のプレーパーク担当課に情報を提供してくれたのです。女性区議さんはT君の受験サポーターでしたので、プレーパークの存亡事情もご存じだったんですよ。

本当にすごい偶然と絶妙なタイミングでプレーパーク代替え地が担保出来ました。しかも、既存プレーパークと、新プレーパーク予定地は目と鼻の先で、今まで遊んでいた子ども達がまた遊びに来ています。プレーパークで出会ったT君を支えたつもりが、まわりまわってプレーパーク存亡の危機を救ってくれました。

── そうして移転したプレーパークですが、以前の場所と比べて変化した点はありますか?

栗林:移転した2014年11月からは以前のプレーパーク同様に水曜・金曜の午後と土日曜と祝日、開設時間も10時~17時の開設でした。2015年4月からWAKUWAKUが受託して開設日時が水曜~日曜と祝日の10時~17時の常設プレーパークとなりました。1日平均100人前後の来場者でにぎわっています。また、平日の開設時間が10時からにりましたので乳幼児を連れた親子も遊びに来ます。 

先日もひとり親で孤立ぎみだったお母さんとプレーパークで繋がることが出来たんです。この方は「このままいったら虐待してしまうのではないか」と自身の不安を抱えていらっしゃいました。

こうやって繋がることによって、声をかけて誘い合い、お子さんは元気にプレーパークで遊んで過ごすようになりました。子どもが元気に遊べば親の笑顔が増えます。子どもが安心して成長する環境は、親が笑顔で子どもに接することがなにより大切ですよね。
みなさん、子どもをきちんと立派に育てなければと、がんばりすぎているんじゃないかしらね。

── 移転後の現在、活動は理想通りにいっていますか? 今後改善していきたい点などありますか? 

栗林:前のプレーパークでは直火で火遊びもが出来ましたが、移転後は直火禁止となり防災釜戸を利用して遊んでいます。なるべく煙が出ないように炭を使うなどの工夫もしています。なにしろ民家と隣接したプレーパークなので、仕方のないことですね。地域の理解があっての活動なのでね。

私は今年の3月に、今まで勤めていた会社を辞めてプレーパークにほぼ毎日詰めています。地域の住民から「栗林さん、新しい場所でもプレーパークやっていいけど、そのかわりそこにあなたがいるんでしょうね?」と、釘を刺されていたもので、覚悟を決めて仕事を辞めちゃったんです(笑)

私は現場と近隣住民の繋げ役は担うことができても、子どもが一緒に木登りや穴掘りがを楽しめるプレーリーダーとしては無理なんですよ。現在、専従プレーリーダーの募集をしていますが見つかっていません。子どもと向き合うスタッフの充実が一番の課題です。

「見える」と「繋がる」が「子どもの貧困」を解決する

── 栗林さんが子ども支援に関わるようになって約12年ですが、この間、現場で「子ども」をめぐる問題の変化は感じますか? 

栗林:特に変化は感じていません。深刻な問題は深刻な問題のまま、見えにくい問題は見えにくいままですし。本質的な問題は変わっていないと思っています。 ただ問題を抱える子の人数が増えたこと、格差が広がっていることが問題で、何か手を打たなければ!という瀬戸際に、この国は立っているんじゃないでしょうか?

── それほど長期に渡って活動に関わってこられたモチベーションは一体どんなものなのでしょうか? 

栗林:あまり頑張らないことですかね。暮らしの範囲に活動があるといいますか。活動場所(子どもの居場所)は全て自宅から自転車で5分以内ですから、電車なんて滅多に乗りません。
以前活動に孤立感を感じていた頃は、自分が辞めるといったら活動自体がなくなってしまうプレッシャーがありました。今は仲間がいるのでエンパワメントできますしね。 

── 「子供の貧困」はさまざまなデータが既に提示され、誰もが重要だと感じながらも、なかなか具体的な解決へ進みません。それは何故だと考えていますか? 

栗林:前にもいいましたが、見えにくいからだと思います。高齢者の問題が解決されるのは、高齢者自身が「困った!どうしたらいいか?」と訴えることが出来るからですよね。一方、子どもは自分から相談窓口に行かないし、どんな酷い環境でもそこにずっといれば、それが普通だと思ってしまう。また、しんどい親御さん、そのしんどさを隠して頑張っていたり、相談する余裕が無かったりね。 

だから私は子どもの声を代弁し、現状を見えるようにする役割を果たしたいと考えています。可視化する仲間が増えて「町の子どもの問題を、町の人に伝え、共感者を増やし、さらに直接子どもと関わる場を創っていく」すると、テレビの向こうで聞いた問題が、自分たちの問題へと意識が変わると思います。

── 栗林さんの今後のお仕事の予定や目標を教えて下さい。 

栗林:今、豊島区でひとり親家庭の実態調査をいろいろな立場の方と実施しています。 ひとり親のお母さんと繋がって、家にお米を届けたり、必要なサポートができれば、親子の笑顔が増えるでしょ。まずはしっかり楽しくごはん食べてね!寄り添うよ!のメッセージを届けたいですね。 

それから地域にパントリーを作りたいとも考えています。まだまだ妄想だけですが、セカンドハーベストとコラボで、食材だけではなくお弁当も定期的に配食するような拠点をつくりたいです。拠点があれば、定期的に「そこに来る」有機的な繋がりが出来る。 

なんとおせっかいなんでしょうね(笑)

プレーパーク(公園)のような屋外交流拠点は、場所と子ども、高齢者と子ども、お母さんとお母さんなど多様な人と場が出会います。繋がり交流する場があれば、そこからニーズに合った何かがまた生まれるかもしれません!繋ぐ人がいることによって、まちの機能が何倍にも広がっていく。まちに「おせっかいな人」がいれば全国どこでも出来ることなんじゃないかしら。[了]

アップデート一覧に戻る

リターンを選ぶ

  • 3000

    3000円リターン

    • お礼状をPDFでお送りします。
    • 2015年11月 にお届け予定です。
    • 32人が応援しています。
  • 5000

    5000円リターン

    • お礼状をPDFでお送りします。
    • 松本春野さんデザインのオリジナルシールをプレゼント。
    • 松本春野さんデザインのオリジナル缶バッヂとクリアファイルをプレゼント。
    • 2015年12月 にお届け予定です。
    • 32人が応援しています。
  • 10000

    10000円リターン

    • お礼状をPDFでお送りします。
    • 松本春野さんデザインのオリジナルシールをプレゼント。
    • 松本春野さんデザインのオリジナル缶バッヂとクリアファイルをプレゼント。
    • 元路上生活者が焙煎した「こもれびコーヒー」(粉200g)をプレゼント。
    • 2015年12月 にお届け予定です。
    • 32人が応援しています。
  • 残り25枚

    30000

    30000円リターン

    • お礼状をPDFでお送りします。
    • 松本春野さんデザインのオリジナルシールをプレゼント。
    • 松本春野さんデザインのオリジナル缶バッヂとクリアファイルをプレゼント。
    • 元路上生活者が焙煎した「こもれびコーヒー」(粉200g)をプレゼント。
    • オリジナル手作り革製パスケースをプレゼント
    • 2015年12月 にお届け予定です。
    • 5人が応援しています。
  • 残り7枚

    50000

    50000円リターン

    • お礼状をPDFでお送りします。
    • 松本春野さんデザインのオリジナルシールをプレゼント。
    • 松本春野さんデザインのオリジナル缶バッヂとクリアファイルをプレゼント。
    • 元路上生活者が焙煎した「こもれびコーヒー」(粉200g)をプレゼント。
    • オリジナル手作り革製パスケースをプレゼント
    • スタッフによる貧困問題レクチャー(2時間程度)
    • 2015年12月 にお届け予定です。
    • 3人が応援しています。