facebook twitter mail key notification checkmark chevron chevron-left location image user group

映画『曙光』全国公開をクラウドファンディングで実現!

自殺救助を描く映画『曙光』を全国公開へ
~監督は『抱擁』文化庁映画賞受賞の坂口香津美

日本は年間2万人以上の人が命を絶つ自殺大国。物質的に恵まれたこの国で自殺者が減らないのはなぜなのか?『抱擁』『ネムリユスリカ』の坂口香津美監督が自殺のテーマに真正面から向き合った映画『曙光』の全国公開の実現をめざします。

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、2018年6月25日23:59に終了しました。

コレクター
23
現在までに集まった金額
525,500
残り日数
0

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、2018年6月25日23:59に終了しました。

Middle?1438351256

Presenter
坂口 香津美 プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

Middle?1438351256

PRESENTER
坂口 香津美

これまで家族や思春期の若者を主なテーマに約200本のドキュメンタリーTV番組を制作。初の長編映画『青の塔』(01)でヒューストン映画祭シルバーアワード受賞、『カタルシス』(02)と共に多くの映画祭で上映、ドイツでも公開された。ロッテルダム映画祭出品の『ネムリユスリカ』(11)、ドキュメンタリー映画『夏の祈り』(12)、東京国際映画祭2014日本映画スプラッシュ部門出品『抱擁』(14)、『シロナガスクジラに捧げるバレエ』(15)、編集中の新作『曙光』『海の音』では撮影も手掛ける。株式会社スーパーサウルス代表取締役。twitter.com/sakatsumi

「曙光」に寄せられたメッセージ

vol. 7 2018-04-06 0

Indievisual」編集長のベン・ディマグマリュウさんから「曙光」へのコメントをいただきましたのでご紹介します。
Mr. Ben Dimagmaliw (Editor-in-chief of "Indievisual") gave comment for the film(English below).

日本は、一日に80人前後、年間2万人以上の人々が命を絶つ自殺大国で、G8の先進国の中、第2位です。「平和な国」や「何一つ不自由ない暮らし」とよく思われてる国ですら、こんな悲しい事実があります。何故日本はこんなに多くの人々が自分の命を落とすのでしょうか?通常の理由を含めて、「自殺」は、「責任」又は「迷惑かけない」を正当化した理由で、国民性になってしまっている気がします。そのような考えの自殺願望の人をどう救うでしょうか?自分の命を捨てても良い人を救えるでしょうか?
坂口香津美監督の最新作、『曙光』は実際に存在するNPOをモデルに、ドキュメンタリータッチ溢れるドラマでその活動の難しさに光を投じています。黒沢あすか演じる主人公の文絵は自殺しようとする人々の心から叫びを聞いて、彼らを救う為にたゆまぬ努力をしますが、映画のストーリーが展開していくうちに、重要なことが一つ明らかになります。それは、「生き続ける意欲」だけでは元々の苦悩は取り除けないということです。どんな生き物でも「自分の身を守る」は根本的な本能で、それを失ったら、心と精神は損傷を受けます。それ故に「生き続ける意欲」ではなくて、「人生の困難に立ち向う力」を改めて取り戻すことが重要です。そうしたら、人生の浮き沈みを乗り越えることができます。昔自殺しようとした私にも、今現在それを分かって強く生きています。どんな暗い夜でも、曙光が必ず来ます。

(English)
Japan has one of the highest suicide rates in the world and the second highest among the eight largest economic powers. This is a lamentable statistic for a country that outwardly seems lacking for want, especially compared to less fortunate nations. Yet, suicide has become almost a national character. Beyond the common reasons of overwhelming sadness or hopelessness, also at work are elements idiosyncratic of Japanese culture such as an acute predilection for taking responsibility or a desire for not burdening or inconveniencing others. how does one help people who have not only lost hope, but have rationalized it is their duty to extinguish their own lives?

The protagonist of Sakaguchi Kasumi’s latest film, “Heartbeat”, fights this battle daily. Sparked by a tragedy in her own life, Fumie, played by Kurosawa Asuka, hopes to give value to her own daughter’s suicide by tirelessly working to save people on the verge of taking their own life. It is a demanding, stressful, and sometimes perilous day-to-day struggle to quickly respond to a last cry for help and keep those she rescues safe. But at the beginning of the film, she is challenged by a young girl she saves who says, “I’m not going to commit suicide because you forbid me. So please take away my pain. Can you take away this pain?” And this is the crux of the problem. Is saving people alone enough? What responsibility is a savior obligated to the person he or she saves?
Fumie provides to those suffering from hopelessness, heartache, and isolation a haven of hope, solace, and companionship. The people she saves reciprocate by assisting her in her mission. However, this only provides a temporary respite. As the film progresses, it becomes clear dedicating themselves to saving others from committing suicide does not necessarily alleviate them of their own distresses. The basic instinct of all living things is self-preservation. When this lost, the heart and soul become damaged. In fact, once they come face-to-face again with those lingering emotions, they relapse to thoughts of suicide. Therefore, encouraging them to “go on living” alone is not enough. What is necessary is to instill or recapture the strength to face life and overcome its challenges.

It is difficult for those who have never felt so overwhelmingly burdened that life is no longer worth living to understand such depths of despair, but platitudes such as “life is precious” or “suicide is wrong” does not aid in reclaiming hope. The strength to do so must come from within and not browbeaten from without. As the old adage says “it is always darkest before the dawn” which gives the original Japanese title “Shokko”–meaning ‘the break of dawn’–a greater significance, both for the characters and those who view this meaningful film.
(Ben Dimagmaliw)

アップデート一覧に戻る

リターンを選ぶ

  • 500

    コレクター限定記事

    • コレクター限定記事にて、作品の劇場公開に至るまでの出来事を随時ご報告
    • 2018年03月 にお届け予定です。
    • 4人が応援しています。
  • 2000

    前売り券

    • コレクター限定記事にて、作品の劇場公開に至るまでの出来事を随時ご報告
    • 映画前売り券×1枚
    • 2018年08月 にお届け予定です。
    • 3人が応援しています。
  • 3000

    前売り券+パンフレット

    • コレクター限定記事にて、作品の劇場公開に至るまでの出来事を随時ご報告
    • 映画前売り券×1枚
    • パンフレット×1部
    • 2018年08月 にお届け予定です。
    • 4人が応援しています。
  • 5000

    公式サイトにお名前掲載

    • コレクター限定記事にて、作品の劇場公開に至るまでの出来事を随時ご報告
    • 映画前売り券×2枚
    • パンフレット×2部
    • 映画公式サイトにお名前掲載
    • 2018年08月 にお届け予定です。
    • 3人が応援しています。
  • 10000

    DVD+試写会&監督との交流会

    • コレクター限定記事にて、作品の劇場公開に至るまでの出来事を随時ご報告
    • 映画前売り券×2枚
    • パンフレット×2部
    • 映画公式サイトにお名前掲載
    • 映画公開期間終了後、映画DVDをプレゼント(1枚)
    • 映画試写会&監督との交流会(都内で開催)御招待2名様(または映画DVD を1枚贈呈)
    • 2019年03月 にお届け予定です。
    • 6人が応援しています。
  • 30000

    エンドロールにお名前掲載

    • コレクター限定記事にて、作品の劇場公開に至るまでの出来事を随時ご報告
    • 映画前売り券×2枚
    • パンフレット×2部
    • 映画公式サイトにお名前掲載
    • 映画公開期間終了後、映画DVDをプレゼント(1枚)
    • 映画試写会&監督との交流会(都内で開催)御招待2名様(または映画DVD を1枚贈呈)
    • 映画エンドロール、パンフレットにお名前掲載
    • 2019年03月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • 50000

    坂口香津美監督全作品DVD(未発売4作含む)

    • コレクター限定記事にて、作品の劇場公開に至るまでの出来事を随時ご報告
    • 映画前売り券×5枚
    • パンフレット×5部
    • 映画公式サイトにお名前掲載
    • 映画公開期間終了後、映画DVDをプレゼント(1枚)
    • 映画試写会&監督との交流会(都内で開催)御招待2名様(または映画DVD を1枚贈呈)
    • 映画エンドロール、パンフレットにお名前掲載
    • 坂口監督の過去全作品6作(未発売4作含む)DVDプレゼント
    • 2019年03月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 100000

    自主上映会での上映権と監督講演

    • コレクター限定記事にて、作品の劇場公開に至るまでの出来事を随時ご報告
    • 映画前売り券×5枚
    • パンフレット×5部
    • 映画公式サイトにお名前掲載
    • 映画公開期間終了後、映画DVDをプレゼント(1枚)
    • 映画試写会&監督との交流会(都内で開催)御招待2名様(または映画DVD を1枚贈呈)
    • 映画エンドロール、パンフレットにお名前掲載
    • 坂口監督の過去全作品6作(未発売4作含む)DVDプレゼント
    • 自主上映会等での坂口香津美監督の無料講演(現地までの交通費等の経費実費は別途ご負担ください/1回)
    • 2019年03月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • 100000

    法人サポーター

    • コレクター限定記事にて、作品の劇場公開に至るまでの出来事を随時ご報告
    • 映画公式サイトに企業のバナーリンクを設置
    • エンドロール、パンフレット、チラシ、ポスターに企業名を掲載
    • 映画前売り券×20枚 パンフレット×20部
    • 映画公開期間終了後、映画DVDをプレゼント(1枚)
    • 映画試写会&監督との交流会(都内で開催)御招待2名様(または映画DVD を1枚贈呈)
    • 坂口監督の過去全作品6作(未発売4作含む)DVDプレゼント
    • 2019年03月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 300000

    坂口監督があなたのドキュメンタリーを制作

    • コレクター限定記事にて、作品の劇場公開に至るまでの出来事を随時ご報告
    • 映画前売り券×10枚 パンフレット×10部
    • 映画公式サイトにお名前掲載
    • 映画公開期間終了後、映画DVDをプレゼント(1枚)
    • 映画試写会&監督との交流会(都内で開催)御招待2名様(または映画DVD を1枚贈呈)
    • 映画エンドロール、パンフレットにお名前掲載
    • 坂口監督の過去全作品6作(未発売4作含む)DVDプレゼント
    • 坂口香津美監督が「あなたの人生」を自ら撮影するドキュメンタリー作品(約7分間)のDVD
    • 2019年03月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。