facebook twitter mail key notification checkmark chevron chevron-left location image user group

映画『曙光』全国公開をクラウドファンディングで実現!

自殺救助を描く映画『曙光』を全国公開へ
~監督は『抱擁』文化庁映画賞受賞の坂口香津美

日本は年間2万人以上の人が命を絶つ自殺大国。物質的に恵まれたこの国で自殺者が減らないのはなぜなのか?『抱擁』『ネムリユスリカ』の坂口香津美監督が自殺のテーマに真正面から向き合った映画『曙光』の全国公開の実現をめざします。

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、2018年6月25日23:59に終了しました。

コレクター
23
現在までに集まった金額
525,500
残り日数
0

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、2018年6月25日23:59に終了しました。

Middle?1438351256

Presenter
坂口 香津美 プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

Middle?1438351256

PRESENTER
坂口 香津美

これまで家族や思春期の若者を主なテーマに約200本のドキュメンタリーTV番組を制作。初の長編映画『青の塔』(01)でヒューストン映画祭シルバーアワード受賞、『カタルシス』(02)と共に多くの映画祭で上映、ドイツでも公開された。ロッテルダム映画祭出品の『ネムリユスリカ』(11)、ドキュメンタリー映画『夏の祈り』(12)、東京国際映画祭2014日本映画スプラッシュ部門出品『抱擁』(14)、『シロナガスクジラに捧げるバレエ』(15)、編集中の新作『曙光』『海の音』では撮影も手掛ける。株式会社スーパーサウルス代表取締役。twitter.com/sakatsumi

このプロジェクトについて

日本は年間2万人以上の人が命を絶つ自殺大国。物質的に恵まれたこの国で自殺者が減らないのはなぜなのか?『抱擁』『ネムリユスリカ』の坂口香津美監督が自殺のテーマに真正面から向き合った映画『曙光』の全国公開の実現をめざします。

映画『曙光』とは

監督は、数々のテレビドキュメンタリー番組の企画制作を行いながら、これまで6本の映画を製作した坂口香津美。『青の塔』はひきこもりの青年の自立への芽生えを、『カタルシス』は殺人を犯した少年の罪との出会いを、『ネムリユスリカ』は性犯罪の被害者の少女の17年後を、『夏の祈り』は長崎を舞台に被爆者の哀しみと希望を、『抱擁』は娘と夫を亡くした実母に4年間カメラを向け、そして『シロナガスクジラに捧げるバレエ』は津波で家族を失った幼い姉妹の心の旅路を見つめるなど、一貫して同時代と向き合う人々の生と命の営みを、詩的な映像美によって表現して来ました。

7作目となる本作は「自殺救助」をテーマに、自殺をしようとする人と、その命を救おうとする人との遭遇と葛藤のなかにも射し込む光が照らし出す世界を描いています。

本作は、本年9月の「自殺予防週間」に合わせて劇場公開をめざしています。しかしながら、「自殺」は私たちの社会が真正面から向き合い、乗り越えるべき重要な課題であるにもかかわらず、テーマの重さもあり、残念ながら劇場公開が決まりにくい可能性があります。万一、劇場公開が決定しない場合は、数日間のホール上映を行う予定です。

全国での上映を目指し、一人でも多くの方々に本作をご覧いただくために、クラウドファンディングを通じて応援をいただければ幸いです。

「自分には生きている資格がない。生きていてもしようがない。死にたい。死なせてください。なぜ、死んだらいけないのですか。死んでも誰も悲しまない。死んでも誰にも迷惑をかけない。毎日が苦しい。苦しくて、生きていけない。こんなに苦しいのに、なぜ生き続けなれば、ならないのですか?このような叫び声にあなたはなんと答えますか?」(映画『曙光』より)

背景

日本は、一日に80人前後、年間2万人以上の人々が命を絶つ自殺大国だ。
本作は、娘を自殺で亡くした母親が、自殺しようとする人々を保護し、救助する物語。
映画『六月の蛇』(塚本晋也監督)主演の黒沢あすかが新境地に挑む。

物語

主人公の文絵は、中学生の娘がいじめを苦に自殺した現場に遭遇する。
13年後、文絵は息子とともに、山間の実家に戻り、自殺救助活動を行っている。
自殺救助の電話を受けると現場にかけつけ、様々な自殺志願者を保護し、救出し、自立への道を共に探す文絵。
一つ屋根の下、畑や森で働きながら共同生活を送る元自殺志願者たち。
しかし、自殺直前まで追い詰められた人が、死を思い留まり、もう一度生き直すことは容易ではない。
ある夜、自殺しようとする男を救助したことから、文絵のとりまく状況は根底から激しく揺り動かされる……。

作品情報

上映時間120分、4K、カラー、2.35:1(シネスコサイズ)

『曙光』を作った動機とは……(監督・坂口香津美)

「『曙光』を作った動機は二つあります。一つ目は、2010年、南紀白浜の小さな教会で、牧師で自殺救助活動をする藤藪庸一さん、亜由美さんご夫妻と出会ったことです。夜、足もすくむ切り立った断崖でまさに自殺を決行しようとする人を保護し、教会の自宅に連れ帰る。時に、人命救助のためには自らの危険さえも顧みない夫婦の姿に強く胸を打たれました。しかも、夫婦はそれを日常的に行っており、信仰とともに深い人間愛が伴っていると感じました。その日、藤藪さんご夫妻の自殺救助現場に同行したぼくは、『いつか必ず、藤藪さんをモデルにした映画を作る』と約束をしました。
二つ目は個人的な体験です。1990年、偶然、ぼくは自殺の現場に遭遇したことがあります。その時、ぼくは自殺という行為は、結果として最も身近な人に多大な精神的な打撃を与える暴力であることを、いやというほど身をもって知らされることとなりました。
藤藪さんご夫妻とお会いして8年後の今年、ようやく本作を完成することができました。そこでは、一度は命を絶とうとした人が今度は自殺しようとする人を救助する物語が展開します。それこそが、命を絶とうと決意したときから始まる新たな人生への挑戦なのです」

本作のモデルとなった藤藪庸一さんとは…

NPO法人白浜レスキューネットワーク理事長、白浜バプテスト基督教会牧師。
東京キリスト教大学神学部神学科卒業。1999年、郷里の和歌山県白浜町にある白浜バプテスト基督教会で牧師になり、前任の牧師が1979年に始めた「三段壁いのちの電話」を引き継いで、本格的に「いのちの電話」での相談活動を開始。自殺を水際で防ぐ自殺者救済活動や、保護した人々をケアする自立支援活動を行う。
これまで保護した自殺志願者は900人を超え、それらの人々と一緒に寝泊まりする共同生活を通じて現在も、自殺防止の活動を続けている。また、自殺予防活動として子どもへの支援活動等、様々な角度から自殺防止に取り組む。和歌山県自殺対策連絡協議会委員。
著書『「自殺志願者」でも立ち直れる』(講談社刊)。
NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」ほか出演。
http://jimotoryoku.jp/shirahamarn/

藤藪庸一さんが本作に寄せたコメント

「映画「曙光」は、フィクションだからこそ、ドキュメンタリーでは描ききれない真実がある。死にたいと苦しみ悩む人も、助けたいと思う人も、同じ人間なんだということ。特別な人なんていない。死にたい気持ちも、生きたい気持ちも本当で、助けたい気持ちも、助ける自信のなさも、本当で。現実に目の前に死のうとしている人がいたら、私たちは自分の中の本当の自分を見ることになる。この映画を見る人は、自分の心を深く抉られることになる。私はこれまで900人を超える方々と一緒に生活しながら自殺防止の活動を続けてきた。今回、私は映画を見ながら、今まで出会ってきた方々を思い出すことになった。良い思い出も辛い思い出も、今の私をつくってきた。問われたのは「それでもあなたは助けるか?」。神様は目の前の死のうとしている人を愛しているから、私もその人を愛し受け入れ助ける。自信があるわけではない。しかし、これからも変わらず助ける覚悟を決めなければと思った。 藤藪庸一」

監督 坂口香津美

(プロフィール)

家族や思春期の若者を主なテーマに200本以上のドキュメンタリー番組などTV番組を制作。『NNNドキュメント08 血をこえて~我が子になったきみへ』(ギャラクシー賞08年7月度月間賞受賞)、『NNNドキュメント10 かりんの家~親と暮らせない子どもたち』(日本テレビ年間賞・優秀賞)、『テレメンタリー ひとつ屋根の下で~もうひとつの学校「はじめ塾」』(テレビ朝日年間優秀賞)。
2000年、制作プロダクション株式会社スーパーサウルスを設立。
2015年度文化庁映画賞受賞の『抱擁』ほか、これまで6本の監督作品を劇場公開。『ネムリユスリカ』以降の作品では撮影も手がける。
著書に小説『閉ざされた劇場』(1994年、読売新聞社刊)
株式会社スーパーサウルスHP  http://supersaurus.wix.com/supersaurus

(フィルモグラフィー)

『青の塔』 (2004年公開/配給アルゴ・ピクチャーズ)ひきこもりの青年の自立への目覚め
ヒューストン国際映画祭シルバーアワード

『カタルシス』(2003年公開/配給アルゴ・ピクチャーズ)殺人を犯した少年の罪との出会い
ミュンヘン国際映画祭、ウィーン国際映画祭正式出品
音楽 池辺晋一郎/出演・ヴァイオリン演奏 神尾真由子(チャイコフスキーコンクール優勝))

『ネムリユスリカ』(2011年公開/配給ゴー・シネマ/オンリーハーツからDVD販売)
性犯罪被害者の少女の17年後
ロッテルダム、レインダンス、シカゴ国際映画祭に正式招待
出演・ピアノ演奏 小林愛実(ショパンコンクールファイナリスト))

「恐ろしいほどダークな作風の傑作。驚くほど破壊的で残酷なストーリーだが、同時に見事なまでに完成されていて、不穏に心を掻き乱す、観る価値のある問題作である」
(スクリーンインターナショナル)
http://www.screendaily.com/reviews/latest-reviews/sleep/5023048.article

2012年2月、 ロンドンの国際交流基金主催の巡回上映プログラムにて、英国5都市(ロンドン、シェフィールド、ベルファースト、ブリストル、グラスゴー)にて上映。

2月14日"BBCワールド(ラジオ) The Strand 出演

ドキュメンタリー映画『夏の祈り』
(語り 寺島しのぶ/2012年公開/配給ゴー・シネマ/紀伊国屋書店からDVD2枚組販売)
被爆地長崎の希望を描くドキュメンタリー
参考記事  http://www.webdice.jp/dice/detail/3601/
     http://news.mynavi.jp/articles/2012/07/27/natuinori/index.html

ドキュメンタリー映画『抱擁』
(2015年4月25日より公開/平成27年度文化庁映画賞文化記録映画優秀賞受賞/第27回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門正式出品/2015年ニッポンコネクション(ドイツ)ニッポンビジョンズ部門・オープニングフィルム/日本映画ペンクラブ推薦/2016年シンガポールObjectifsにて上映とワークショップ開催)

実母の老いにカメラを向けたドキュメンタリー

参考記事
http://2014.tiff-jp.net/ja/lineup/works.php?id=109
http://apital.asahi.com/article/local/2015042600014.html
http://ajw.asahi.com/article/cool_japan/movies/AJ201504240003
http://www.cinematoday.jp/page/N0072284

2015年4月14日 日本外国特派員協会(有楽町)にて映画『抱擁』上映会および記者会見

『シロナガスクジラに捧げるバレエ』
(2015年9月公開/ 津波で家族を失った幼い姉妹の7日間/音楽 海野幹雄・新垣隆)

(製作中)
◆劇映画『海の音』子どもホスピスを舞台に三人の少女たちの最後の旅を描く(音楽:藤井一興/ピアノ演奏:藤井一興/ヴァイオリン演奏:瀬川祥子/歌:日比啓子)現在編集中、2018年春完成予定。

(準備中)
◆劇映画『永遠の森(Eternal Forest)』(第58回ベルリン国際映画祭コ・プロダクションマーケット正式選出 Official selection of projects for the Berlinale Co-Production Market 2008)

映画『曙光』キャスト・スタッフ

主演:黒沢あすか
1990年、『ほしをつぐもの』で映画デビュー。1992年、柳町光男監督の映画『愛について、東京』(1993年公開)。連続ドラマ『あすなろ白書』(フジテレビ)のトキエ役を演じる。ドラマ『野菊の墓』(テレビ東京)の民子役で主演。2002年、塚本晋也監督の『六月の蛇』に主演し一躍脚光を浴びる。その後、映画『嫌われ松子の一生』や、2010年、園子温監督『冷たい熱帯魚』で村田愛子役を演じるなど、国際的にも注目を集めている。

(キャスト)
黒沢あすか・森山太・染野有来・田中爽一郎・東京湾ジロー・狩野美彩子・順堂静葉・谷川俊・倉田英二・乃芙斗・長友誠・沙羅・木島尚志・月城由莉・山下直・新倉真由美・橘はるか・橘真紀・藤原薫・勝又啓太・石塚瑛資・関正行・袴田駿一・若生麻理奈・伊藤宗文・有瀬賢治・関彰文・龍ともこ・丸茂咲紅蘭・小島怜珠・西畑慶吾・下村明日子・川口敦子・渡邊けい子・小田貴之・尾上正幸・安曇敏・杉﨑洸太・吉田之仁・吉田夏海・杉川新・久保瑠衣香・吉田幸子・龍之介・瀬戸口薫乃・福田英和・田村幸士・清水陽乃介・笠原竜司

(スタッフ)
プロデューサー 落合篤子、撮影 坂口香津美、録音 山本研二、照明 田中爽一郎、制作 狩野美彩子、編集 坂口香津美、落合篤子、サウンドデザイン 今泉徳人、英語字幕 白神愛紀子、製作・配給 スーパーサウルス

映画『曙光』に寄せられたコメント

 ●斉藤くるみ(日本社会事業大学教授)

「坂口香津美監督の作品はいつも衝撃的だ。それは、私にとって縁の遠い世界だからではなく、むしろ日常に近いからかもしれない。私は福祉の大学の教員になってかれこれ30年になる。自殺のことを考えずに卒業する学生はひとりもいないだろう。自殺念慮のある人を助ける仕事に就く学生も少なくない。そんな彼らの中でも、自殺念慮をもつ学生は増える一方である。学生から直接「生きていたくない」と言われることもある。『曙光』の衝撃的な結末は、この問題の絶望的な閉塞感を象徴しているように感じると同時に、ドキュメンタリー以上にリアルな登場人物の「命への愛」には確かな希望も感じた。坂口監督の『夏の祈り』にも『抱擁』にも命への愛があふれていた。学生たちに観てもらいたいと思った。(『夏の祈り』は一年生全員の大講義で見せたこともある。)『曙光』の試写会からの帰り、もう15年ぐらい前だったか大学の代表電話から「斉藤先生、外線です」とつながれた電話の向こうで「先生は死にたいと思ったことがありますか」とろれつの回らない、眠そうな声が聞こえてきたときのことを思い出した。卒業生か、在学生か、、、誰なのかわからないまま「今どこにいるの?そこに行くから待ってて。」と言ったら、電話が切れてしまった。小さな家族的な大学で、何かあれば情報は入るので、No news is good news.と言い聞かせた。あの子は誰だったのか、今どうしているのか。現在、自殺は日本の若者の死因の第二位と言われる。人の命を助けたいという志を持った若者たちが集まる福祉の大学の学生であっても、事情は同じである。生きづらさを抱える若者に命の尊さを説いても、彼らがつらさから解放されるわけではない。WHOの定義を待つまでもなく自殺は「そのほとんどが防ぐことのできる社会的問題」である。若者が命を放棄しない社会を作るにはどうしたらよいのか。私はやはり学生たちに「曙光」を見出そうとしてしまう。映画『曙光』を若者たちに是非観てもらいたい。自らの命を感じるために」

資金の使い道について

自殺救助をテーマにした映画『曙光』を、より多くの人々の心に届けるために、東京はじめ全国で一館でも多くの劇場で公開することを目標にしています。
そのための配給・宣伝費の一部をクラウドファンディングによって集め、応援してくださる方々と思いを共有しながら、この作品をひとりでも多くの方々に届けたい、世に広げていきたいと思っています。

公開規模等にもよりますが、通常、インディペンデント映画で劇場公開にかかる費用は150~200万円前後とされています。
全国に劇場での公開を広げていくための営業費用、公開が決定してからの宣伝、配給費用(上映素材作成、予告編作成、試写状・チラシ・ポスター・パンフレットなどのデザイン・印刷費、映画HP作成、試写室代、試写状発送費等)の一部とさせていただきます。

※万一、劇場での公開が決まらない場合、ご支援いただいた資金を使い、ホールにて上映を行いたいと思います。
全国公開の実現に向けて、配給・宣伝へのご協力をお願いいたします!

主な特典について

・コレクター限定記事にて、作品の劇場公開に至るまでの出来事を随時ご報告:
映画が劇場公開に至るまでの道程、そして劇場公開の様子を皆様と共有します。

・映画前売り券、パンフレット:
劇場公開が決定後のご送付となります。現段階では、劇場公開は2018年9月を目標としています。

・映画公式サイトにお名前掲載:
劇場公開が決定後、公式サイトを立ち上げます。そちらにお名前を掲載します。

・映画公開期間終了後、映画DVDをプレゼント:
全国での劇場公開期間が終了後、DVDをお送りします。

・映画の試写会&監督との交流会に御招待:
都内で開催予定です。日取りはご希望には添えませんのでご了承ください。来場されなかった方には、本作または坂口監督の発売中の過去作品「ネムリユスリカ」「夏の祈り」のいずれかご希望の1枚DVDをプレゼントいたします。

・映画エンドロール、パンフレットにお名前掲載:
映画のエンドロールにお名前を掲載します。また、劇場公開が決定後、パンフレットを作成します。そちらにお名前を掲載します。

・坂口監督の過去全作品DVDプレゼント:
「青の塔」(未発売)、「カタルシス」(未発売)、「ネムリユスリカ」、「夏の祈り」、「抱擁」(未発売)、「シロナガスクジラに捧げるバレエ」(未発売)の未発売の4作品を含む、計6枚をプレゼントします。

・坂口香津美監督が「あなたの人生」(もしくは御家族等、他の方でも可)のドキュメンタリー作品を自ら撮影・監督し、そのDVDをプレゼント:
コレクターの方と打合せをさせていただき、なるべくご希望にそう形で製作いたします。(約7分間を予定/東京以外での撮影の場合は、監督を含むスタッフ2名の交通費・宿泊費等の実費は別途御用意下さい)

想定されるリスクとチャレンジ

本作はすでに完成し、年内の劇場公開を目指しております。
過去の監督作品はすべて劇場公開を果たしておりますが、万一、劇場での公開が決まらない場合、ご支援いただいた資金を使い、ホールにて上映を行いたいと思います。
また、特典に関しましては、資金が目標金額まで集まらない場合でも、ご支援いただいた方への特典は必ず実行いたします。

最後に

これまで、ぼくは『抱擁』『シロナガスクジラに捧げるバレエ』『曙光』『海の音』の4作品でMotionGalleryにて資金調達を行い、映画を完成及び劇場公開につなげることができました。
クラウドファンディングの魅力と可能性とは、コレクターの方と制作者が単に資金面のみの関係性でなく、映画の核心部と強く、深くつながっていくことにあると思います。
クラウドファンディングを通じ、ご支援いただいたお一人お一人とともに一本の映画を作り育てる幸せと喜びを感じています。それは制作者にとってかけがえのない心の支えです。
どうぞよろしくお願いします。

2018年2月26日 坂口香津美

リターンを選ぶ

  • 500

    コレクター限定記事

    • コレクター限定記事にて、作品の劇場公開に至るまでの出来事を随時ご報告
    • 2018年03月 にお届け予定です。
    • 4人が応援しています。
  • 2000

    前売り券

    • コレクター限定記事にて、作品の劇場公開に至るまでの出来事を随時ご報告
    • 映画前売り券×1枚
    • 2018年08月 にお届け予定です。
    • 3人が応援しています。
  • 3000

    前売り券+パンフレット

    • コレクター限定記事にて、作品の劇場公開に至るまでの出来事を随時ご報告
    • 映画前売り券×1枚
    • パンフレット×1部
    • 2018年08月 にお届け予定です。
    • 4人が応援しています。
  • 5000

    公式サイトにお名前掲載

    • コレクター限定記事にて、作品の劇場公開に至るまでの出来事を随時ご報告
    • 映画前売り券×2枚
    • パンフレット×2部
    • 映画公式サイトにお名前掲載
    • 2018年08月 にお届け予定です。
    • 3人が応援しています。
  • 10000

    DVD+試写会&監督との交流会

    • コレクター限定記事にて、作品の劇場公開に至るまでの出来事を随時ご報告
    • 映画前売り券×2枚
    • パンフレット×2部
    • 映画公式サイトにお名前掲載
    • 映画公開期間終了後、映画DVDをプレゼント(1枚)
    • 映画試写会&監督との交流会(都内で開催)御招待2名様(または映画DVD を1枚贈呈)
    • 2019年03月 にお届け予定です。
    • 6人が応援しています。
  • 30000

    エンドロールにお名前掲載

    • コレクター限定記事にて、作品の劇場公開に至るまでの出来事を随時ご報告
    • 映画前売り券×2枚
    • パンフレット×2部
    • 映画公式サイトにお名前掲載
    • 映画公開期間終了後、映画DVDをプレゼント(1枚)
    • 映画試写会&監督との交流会(都内で開催)御招待2名様(または映画DVD を1枚贈呈)
    • 映画エンドロール、パンフレットにお名前掲載
    • 2019年03月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • 50000

    坂口香津美監督全作品DVD(未発売4作含む)

    • コレクター限定記事にて、作品の劇場公開に至るまでの出来事を随時ご報告
    • 映画前売り券×5枚
    • パンフレット×5部
    • 映画公式サイトにお名前掲載
    • 映画公開期間終了後、映画DVDをプレゼント(1枚)
    • 映画試写会&監督との交流会(都内で開催)御招待2名様(または映画DVD を1枚贈呈)
    • 映画エンドロール、パンフレットにお名前掲載
    • 坂口監督の過去全作品6作(未発売4作含む)DVDプレゼント
    • 2019年03月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 100000

    自主上映会での上映権と監督講演

    • コレクター限定記事にて、作品の劇場公開に至るまでの出来事を随時ご報告
    • 映画前売り券×5枚
    • パンフレット×5部
    • 映画公式サイトにお名前掲載
    • 映画公開期間終了後、映画DVDをプレゼント(1枚)
    • 映画試写会&監督との交流会(都内で開催)御招待2名様(または映画DVD を1枚贈呈)
    • 映画エンドロール、パンフレットにお名前掲載
    • 坂口監督の過去全作品6作(未発売4作含む)DVDプレゼント
    • 自主上映会等での坂口香津美監督の無料講演(現地までの交通費等の経費実費は別途ご負担ください/1回)
    • 2019年03月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • 100000

    法人サポーター

    • コレクター限定記事にて、作品の劇場公開に至るまでの出来事を随時ご報告
    • 映画公式サイトに企業のバナーリンクを設置
    • エンドロール、パンフレット、チラシ、ポスターに企業名を掲載
    • 映画前売り券×20枚 パンフレット×20部
    • 映画公開期間終了後、映画DVDをプレゼント(1枚)
    • 映画試写会&監督との交流会(都内で開催)御招待2名様(または映画DVD を1枚贈呈)
    • 坂口監督の過去全作品6作(未発売4作含む)DVDプレゼント
    • 2019年03月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 300000

    坂口監督があなたのドキュメンタリーを制作

    • コレクター限定記事にて、作品の劇場公開に至るまでの出来事を随時ご報告
    • 映画前売り券×10枚 パンフレット×10部
    • 映画公式サイトにお名前掲載
    • 映画公開期間終了後、映画DVDをプレゼント(1枚)
    • 映画試写会&監督との交流会(都内で開催)御招待2名様(または映画DVD を1枚贈呈)
    • 映画エンドロール、パンフレットにお名前掲載
    • 坂口監督の過去全作品6作(未発売4作含む)DVDプレゼント
    • 坂口香津美監督が「あなたの人生」を自ら撮影するドキュメンタリー作品(約7分間)のDVD
    • 2019年03月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。