をクラウドファンディングで実現!

「死別で悲しみやトラウマを抱える子ども」に寄りそう方法を、ハワイの先駆者に学ぶ!!

  • 東京都
  • コミュニティ

家族や身近な人を失った子どもたちの、悲しみやトラウマをどうケアすべきか・・・。ヒントはハワイにありました。子どもたちへの寄りそい方を知る先駆者を日本にお招きし、その方法を学ぶ機会を設けたいと思います。

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、2015年9月25日23:59に終了しました。

コレクター
47
現在までに集まった金額
317,000
残り日数
0

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、2015年9月25日23:59に終了しました。

Middle?1436415990

Presenter
グリサポせたがや プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

「グリーフサポートせたがや」は、東京都世田谷区で大切な人を亡くした子どもと大人のためのスペースを運営する団体です。「グリーフサポートせたがや」は米国オレゴン州にある「ダギーセンター」の活動を参考にしています。ダギーセンターは、死別を体験した子どもたちが集い、遊びやおしゃべりを通じて、悲しみや辛い気持ちに向き合うことのできる家です。2012年夏このセンターの研修会に参加し、自分たちの地域でも同じような活動を始めようと「グリーフサポートせたがや」を立ち上げました。大切な人やものをなくした子どもや大人のためのスペースを提供し、哀しみに寄りそいともに生きていくことの出来るコミュニティづくりを目指しています。

  • 東京都
  • 起案数 1
  • 応援数 0
  • Facebook (未設定)
  • Twitter (未設定)
  • http://sapoko.org/
  • フォロワー 0 人

プレスリリースを出しました!

vol. 12 2015-09-21 0

石巻市雄勝町で行われる講演会および世田谷講演会の詳細が決まり、プレスリリースを出しました!

告知掲載のお願い

プレスリリース 報道関係者各位

2015年9月18日 一般社団法人グリーフサポートせたがや

死別による悲しみやトラウマを抱える子どものサポートをハワイに学ぶ

宮城県石巻市雄勝町と東京都世田谷区で講演会開催

詳細は:https://a-port.asahi.com/projects/sapoko

 「グリーフサポートせたがや」(世田谷区太子堂)では、「死別による悲しみやトラウマを抱える子ども」のサポート方法を学ぶためにハワイから専門家を招き、宮城県石巻市雄勝町と東京都世田谷区で講演会を開催します。ハワイにある「Kids Hurt Too Hawaii(キッズ・ハート・トゥー・ハワイ)」のシンシア・ホワイトさんと、伊藤ヒロさんは、死別喪失だけでなく、暴力家庭や養護施設で育った子どもたち、服役中あるいは従軍中の親を持つ子どもたちの支援活動を行っており、東日本大震災後に15回以上にわたって被災地を訪問しています。

東日本大震災から4年半が過ぎようとしている今、社会の関心が復興に移るなかで、置き去りにされつつある人々の悲しみやトラウマに光をあて、どのようなサポートのあり方が可能なのか学ぶ機会を持ちます。資金集めはA-port(エーポート)のクラウドファンディングに挑戦中です(9月25日まで)。

【講演会スケジュール】

◆宮城県石巻市雄勝町での講演会

日時:10月15日(木)午後2時~4時

場所:オーリンクハウス(石巻市雄勝町雄勝字伊勢畑34番地3)

参加費:無料 

定員:30名

お問い合せ先:0225-90-3770(雄勝まちづくり協会)

共催:NPO法人雄勝まちづくり協会、石巻市雄勝地区復興応援隊

協力:雄勝公民館、石巻市雄勝文化協会

◆東京都世田谷区での講演会

日時: 10月18日(日)午後2時半~5時半(2時開場)

場所:世田谷区役所「ブライトホール」(世田谷4-22-33 世田谷区役所第3庁舎3階)

※東急世田谷線「世田谷」駅・「松陰神社前」駅から徒歩5分

参加費:1000円(介助者無料・日英同時通訳・手話通訳・ノートテイクつき) 

定員:70名(要申し込み) 

共催:世田谷区 後援:世田谷区教育委員会

世田谷講演会の詳細は:http://sapoko.org/activity/#2-20151018

一般社団法人グリーフサポートせたがやは、哀しみに寄りそいともに生きていくことの出来るコミュニティづくりを目指しています。2013年度「世田谷らしい空き家等の地域貢献活用モデル事業」に選ばれ、世田谷区太子堂のスペース「サポコハウス」で無料のグリーフサポートプログラムを行っています。2014年12月には世田谷区グリーフケアモデル事業の事業実施団体に選ばれました。

一般社団法人グリーフサポートせたがや

ウェブサイト:sapoko.org

フェイスブック:www.facebook.com/griefsupportsetagaya

●報道関係各位からの問い合わせ先 担当:080-5085-8032、makikomsアットgmail.com (松本)

●一般の方からの問い合わせ先:griefsetagayaアットyahoo.co.jp、電話 03-6453-4925 

アップデート一覧に戻る

リターンを選ぶ

  • 1000

    1000円リターン

    • 支援へのお礼メッセージ
    • コレクター限定のお知らせ
    • 2015年11月 にお届け予定です。
    • 6人が応援しています。
  • 3000

    3000円リターン

    • 支援へのお礼メッセージ
    • コレクター限定のお知らせ
    • グリーフサポートせたがやポストカード
    • グリーフサポートせたがやのグリーフリボンピンバッチ
    • 2015年11月 にお届け予定です。
    • 15人が応援しています。
  • 5000

    5000円リターン

    • 支援へのお礼メッセージ
    • コレクター限定のお知らせ
    • グリーフサポートせたがやポストカード
    • グリーフサポートせたがやのグリーフリボンピンバッチ
    • 10/18:講演会『大切な人を亡くした子どものグリーフとトラウマに寄りそう』無料参加券(1名分)
    • 2015年11月 にお届け予定です。
    • 16人が応援しています。
  • 10000

    10000円リターン

    • 支援へのお礼メッセージ
    • コレクター限定のお知らせ
    • グリーフサポートせたがやポストカード
    • グリーフサポートせたがやのグリーフリボンピンバッチ
    • グリーフサポートせたがやの本『哀しみに寄りそいともに生きる』(1冊)
    • 10/18:講演会『大切な人を亡くした子どものグリーフとトラウマに寄りそう』無料参加券(1名分)
    • 2015年11月 にお届け予定です。
    • 7人が応援しています。
  • 30000

    30000円リターン

    • 支援へのお礼メッセージ
    • コレクター限定のお知らせ
    • グリーフサポートせたがやポストカード
    • グリーフサポートせたがやのグリーフリボンピンバッチ
    • グリーフサポートせたがやの本『哀しみに寄りそいともに生きる』(2冊)
    • 10/18:講演会『大切な人を亡くした子どものグリーフとトラウマに寄りそう』無料参加券(2名分)
    • 出来立てほやほや講演録『大切な人を亡くした子どものグリーフとトラウマに寄りそう』
    • 2016年03月 にお届け予定です。
    • 3人が応援しています。