日本初のドキュメンタリーカルチャー誌『neoneo』創刊!をクラウドファンディングで実現!

登録数3000を越えるメルマガが一新、日本初のドキュメンタリーカルチャー誌「neoneo」創刊!

  • 東京都

「ドキュメンタリー映画の最前線」を掲げ、前身となる『neo』を含めると実に11年にわたって配信を続けてきたメールマガジン『neoneo』(編集長=伏屋博雄、映画プロデューサー)が、この春一新します。これまでのメルマガに代えて、紙雑誌+ウェブサイトで、より幅広く、より深く、映画を中心に写真や演劇、美術など、あらゆる領域で多彩な実りを見せる現在のドキュメンタリーの世界に分け入ります。

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、2012年12月30日00:00に終了しました。

コレクター
36
現在までに集まった金額
170,500
残り日数
0

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、2012年12月30日00:00に終了しました。

Neoneo ac

Presenter
neoneo編集室 プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

Neoneo ac

PRESENTER
neoneo編集室

代表・編集長:伏屋博雄(映画プロデューサー)。1960年代末より小川プロで活躍後、小川紳介の死後93年より製作会社ネットワーク・フィルムズ(のちビジュアルトラックス)を設立、気鋭の作家たちの作品をプロデュースする。2001年にメールマガジン『neo』を創刊、その後2003年に『neoneo』となり現在に至る。リニューアルに際し、編集主幹に萩野亮(映画批評)、また編集委員会として、大澤一生(映画プロデューサー)、金子遊(映像作家、批評家)、佐藤寛朗(テレビ番組制作)、中村のり子(上映シリーズ「場外シネマ」主宰)、若木康輔(構成作家、ライター)が参加。

アンケートで第1位!

vol. 9 2012-06-18 0

コレクターの皆様、このページにお立ち寄りの皆様、こんにちは!
neoneo編集部の若木です。
今回のウォールも、しばらくお付き合いください。

タイトルは、もちろん、まだまだ認知のための努力を始めたばかりの
neoneoとは関係ありません。

6月16日(土)付の朝日新聞朝刊に、テレビに関するアンケート
記事が載っていまして。
3772人に聞いた質問のなかのひとつ、「面白いジャンルは?」の
第1位が、なんと「ドキュメンタリー」だったのです!

2位のニュース、まさかの3位だったドラマを抑えての1位。
おそらく対象の年齢層は全体に高かったと思われますが(バラエティー嫌い
のシニアはかなりの数だからね)、これはいい情報だ、と思いました。

neoneoのウェブサイトでは今後、テレビのドキュメンタリー評に力を入れたいと
考えています。映画や書籍、アートなどと比べて「作品」として遇されることの少ない
番組の価値を、批評の対象にすることで浮揚させたいと。
しかし、僕は今まであまり、その読者に年齢が上の方をイメージしていなかったの
ですね。
気づいていない需要は多い、と感じました。

……ところが。ここからはぶっちゃけ気味で言います。
テレビのドキュメンタリー評(紹介記事ではなくて番組の批評)を書いてくれる人が、なかなか、なかなか見つかりません。
書き手探しで、春からずっと苦労しているのが実態です。映画評論家や映画ライター、もしくはその志望者は(ここだけの話)余るほどいるのにね。サイトに原稿を投稿してくれる方が、ありがたいことにもう少しずついらっしゃるのですが、みなさん、対象は
どれも映画です。
なぜだろう、なぜかしら。

冷静に考えると、
1・今まであまり前例と、その場がなかった。
2・番組はチームで作り、枠に合わせて見せる、いわばコンテンツなので、元来批評の
 対象にしにくい。

という要因が挙げられます。日本では文芸評論が興きた時点からすでに作家論的なアプローチが王道ですから、1と2は入れ子の関係といえるかな。
映画はその点、どんなに集団作業だろうと、プロデューサーシステムにのっとって製作されたものだろうと、「誰それ監督作品」ということで断を仰ぐシンプルなかたちが定着しているので、書きやすい。
テレビだとそうはいかない。佐々木昭一郎や木村栄文……といった、名前で作り、名前で語れる存在は、あくまで例外中の例外中の例外です。

番組評のほうが、映画評を書くよりも難しいんです。番組を批評するとは、誰が実質的イニシアチブをとっているのかクレジットだけではわからないものを作品扱いするという、作家論的考え方においては明らかに無理筋の行為ですからね。頼んですぐに書いてくれる人はそうそういないわけだ……と、ここにきて納得しつつあります。

以前も書いたように、本当に精神活動のエンジニアのような、直観力および全体の構造をすぐに図面のようにイメージできる分析力。さらに放送時間やスポンサーといった諸条件とのバランスの背景をくみ取る洞察力が求められます。映画や演劇より、スポーツの試合や囲碁将棋の対局の観戦が好きで、味わい方を知っている人のほうが向いているかもしれません。
そしてその上で(これをできる人がまた希少なのですが)、物見高い、うがった物言いを慎む誠実さ。要するに、知性に人情がバランスよく伴っていてもらう必要がある。

しかも今は、映画のドキュメンタリーを誉めるために対比セールス的にテレビドキュメンタリーをけなす、という残念なかたちがとても流行っています。
「テレビのように音楽もナレーションもテロップもつけない作風が今のトレンド。→だから映画のドキュメンタリーのほうが良質」
という直線的誉め方をする専門家は、僕ははっきり、オッチョコチョイ度合いが強いと思っています。手法は手法以上のものではないんですってば。
この問題についてはホントはしっかり語りたいけれど、でも僕はneoneoでは編集メンバーだから。やっぱり、書ける人に書いてもらいたい。
ただでさえ僕はちょっと過剰な、作文中毒なところがあるので気をつけなくてはいけないのです。「放っておくとサイトが若木さんの原稿だらけになってしまう」と釘をさされてハッとなり、neoneoでは基本書かない、と決めた次第です。(ということを長々とこのウォールで書いておるわけですが)

で、それでも、なお言います。
neoeneoでは、テレビドキュメンタリー評の投稿、また、書いてくれるという方、大募集です!
僕が長々とムズカシイヨと書いたことはみな、ぜひ前向きな裏読みをしてください。

ここからは、すっご~くヤラしい言い方でポイントをあげますね。

1・とにかく競争相手が少ない。やたらとニッチ。ゆえにその道のオーソリティとなれる
 確率が、映画よりもケタ違いに大きい。

2・前例がすくないぷん、自由度が大きい。どんな書き方をしても、なにしろまだ決まっ
 た型がないから、「これはドキュメンタリー番組評らしくない。いかがなものか」と権威
 的なことを言ってくる手合いがいない。僕は映芸でこういう読者の存在にかなり苦労
 したので、これから番組評にとりかかる人がうらやましいぐらいだ。

3・なにしろ大新聞のアンケートで「面白い番組ジャンルの1位」。1と2を呑みこんでさ
 えしまえば、まだ顕在化しない多くの読者がアナタを待っている。

ほんとにね、僕が率先してやりたくてムズムズしてるぐらいなんですよ。番組評。目の前の山に鉱脈があることはわかってるんですから。それが大成功を呼ぶだけのものか、せいぜい書き手としてのオプションになる程度かまでは保障できませんけど、ともかく鉱脈はある。存在だけは確実に匂います。

どちらかといえば、すでに実績のある映画の評論家、批評家の方にテレビもやってもらう、というより、無印のひとにチャレンジしてもらいたいです。
僕が映画評を書き出すまでがそうだったからよくわかるのですが、(そんなに専門的知識もない自分が書いたりしていいのか)とどうしても逡巡があるでしょう?

答えはカンタンです。まず書いてみてください。ほかにどうこうは全く必要ありません。

詳しい人たちを見てごらんなさい。専門的知識ってやつに蜘蛛の巣のようにからめとられて、さっぱり書けない。書いても委縮しちゃってるから「誰がなんといおうとワシはこう見たんじゃ」と思い切りよくできない。だからそれこそ知識とエラい人の引用ばっかりに頼る固有名詞のコラージュ形式になっちゃって、そうすれば詳しいひとのなかでは仲間はずれにされずにすむからホッとはできるけど、一般読者にはなにが言いたいのかわからない。そんなものばかりが「映画批評」として増えていく。
「チンケな客観より俺の独断」と言い放ち、かつて閃光を放った齋藤龍鳳のマニフェストは、今は映画ではなかなか引き継ぎにくいです。でも、番組評なら、やれます。

とにかく書いてみて、自分でピンとこなければ、ああ向いてないのね、と判断してもらえばいいし、これでどうだろう、と思えば、neoeneoのサイトを通してどうぞご投稿ください。我々はおそらくみなさんの想像以上に、投稿原稿を一同でガン読みします。新入りに練習で読ませておくみたいな、そんな大手ライクな発想はカケラもありませんし、どうブラッシュアップすればこれが掲載できるようになるか、だけを考えます。しかも「アナタの原稿を本にしませんか」的ビジネスの出版社のように、そのあいだの料金を要求もいたしません。
つまりはそれだけ、書き手を渇望しているのです。

それでもなにか、もうちょいオリエンテーリングしてほしいという方、サイトのアドレスに「若木宛」で問い合わせください。若木は基本アホでして(neoneoではドキュメンタリー映画に関する専門的なことは全てその場しのぎと知ったかぶりで乗り切っています)、なおかつホラふきでもあるのですが、こと番組評に関してはマジであります!

アップデート一覧に戻る

リターンを選ぶ

  • 500

    500円リターン

    • コレクター限定のUpdateを共有します
    • 5人が応援しています。
  • 3000

    3000円リターン

    • コレクター限定のUpdateを共有します
    • 雑誌『neoneo』第1号をプレゼントします
    • 21人が応援しています。
  • 5000

    5000円リターン

    • コレクター限定のUpdateを共有します
    • 雑誌『neoneo』第1号、第2号をプレゼントします
    • 3人が応援しています。
  • 10000

    10000円リターン

    • コレクター限定のUpdateを共有します
    • 雑誌『neoneo』年間購読分(第1号~第4号)をプレゼントします
    • 年間賛助会員としてウェブサイトにお名前をクレジットします(ご希望の方)
    • 6人が応援しています。
  • 15000

    15000円リターン

    • コレクター限定のUpdateを共有します
    • 雑誌『neoneo』年間購読分(第1号~第4号)をプレゼントします
    • 年間賛助会員としてウェブサイトにお名前をクレジットします(ご希望の方)
    • neoneo編集室が選ぶ!おすすめドキュメンタリー映画DVD1枚をプレゼントします
    • 0人が応援しています。
  • 20000

    20000円リターン

    • コレクター限定のUpdateを共有します
    • 雑誌『neoneo』年間購読分(第1号~第4号)をプレゼントします
    • 年間賛助会員としてウェブサイトにお名前をクレジットします(ご希望の方)
    • neoneo編集室が主催するイべントのご招待券をプレゼントします
    • メールマガジン『neo』(2001-2003)全59号収録の特製CD-Rをプレゼントします
    • 0人が応援しています。
  • 30000

    30000円リターン

    • コレクター限定のUpdateを共有します
    • 雑誌『neoneo』年間購読分(第1号~第4号)をプレゼントします
    • 年間賛助会員としてウェブサイトにお名前をクレジットします(ご希望の方)
    • neoneo編集室が主催するイベントのご招待券をプレゼントします
    • メールマガジン『neo』(2001-2003)全59号収録の特製CD-Rをプレゼントします
    • neoneo編集室が選ぶ!おすすめドキュメンタリー映画DVD3枚をプレゼントします(個人の方)
    • neoneo編集室の喧々諤々の編集会議にご招待します(於・東京。個人の方)
    • ウェブサイトのメインページに一ヶ月間バナー広告を掲示します(団体・企業の方)
    • 1人が応援しています。
  • 50000

    50000円リターン

    • コレクター限定のUpdateを共有します
    • 雑誌『neoneo』年間購読分(第1号~第4号)をプレゼントします
    • 年間賛助会員としてウェブサイトにお名前をクレジットします(ご希望の方)
    • neoneo編集室が主催するイベントのご招待券をプレゼントします
    • メールマガジン『neo』(2001-2003)全59号収録の特製CD-Rをプレゼントします
    • neoneo編集室が選ぶ!おすすめドキュメンタリー映画DVD5枚をプレゼントします(個人の方)
    • neoneo編集室の喧々諤々の編集会議にくりかえしご招待します(於・東京。個人の方)
    • 雑誌『neoneo』裏表紙(一号分)にカラー広告を掲載します(団体・企業の方)
    • 0人が応援しています。
  • 100000

    100000円リターン

    • コレクター限定のUpdateを共有します
    • 雑誌『neoneo』年間購読分(第1号~第4号)をプレゼントします
    • 年間賛助会員としてウェブサイトにお名前をクレジットします(ご希望の方)
    • neoneo編集室が主催するイベントのご招待券をプレゼントします
    • メールマガジン『neo』(2001-2003)全59号収録の特製CD-Rをプレゼントします
    • neoneo編集室が選ぶ!おすすめドキュメンタリー映画DVD10枚をプレゼントします(個人の方)
    • neoneo編集室の喧々諤々の編集会議にくりかえしご招待します(於・東京。個人の方)
    • ウェブサイトのメインページに3カ月間バナー広告を掲示します(団体・企業の方)
    • 雑誌『neoneo』裏表紙(一号分)にカラー広告を掲載します(団体・企業の方)
    • 0人が応援しています。