日本初のドキュメンタリーカルチャー誌『neoneo』創刊!をクラウドファンディングで実現!

登録数3000を越えるメルマガが一新、日本初のドキュメンタリーカルチャー誌「neoneo」創刊!

  • 東京都

「ドキュメンタリー映画の最前線」を掲げ、前身となる『neo』を含めると実に11年にわたって配信を続けてきたメールマガジン『neoneo』(編集長=伏屋博雄、映画プロデューサー)が、この春一新します。これまでのメルマガに代えて、紙雑誌+ウェブサイトで、より幅広く、より深く、映画を中心に写真や演劇、美術など、あらゆる領域で多彩な実りを見せる現在のドキュメンタリーの世界に分け入ります。

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、2012年12月30日00:00に終了しました。

コレクター
36
現在までに集まった金額
170,500
残り日数
0

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、2012年12月30日00:00に終了しました。

Neoneo ac

Presenter
neoneo編集室 プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

Neoneo ac

PRESENTER
neoneo編集室

代表・編集長:伏屋博雄(映画プロデューサー)。1960年代末より小川プロで活躍後、小川紳介の死後93年より製作会社ネットワーク・フィルムズ(のちビジュアルトラックス)を設立、気鋭の作家たちの作品をプロデュースする。2001年にメールマガジン『neo』を創刊、その後2003年に『neoneo』となり現在に至る。リニューアルに際し、編集主幹に萩野亮(映画批評)、また編集委員会として、大澤一生(映画プロデューサー)、金子遊(映像作家、批評家)、佐藤寛朗(テレビ番組制作)、中村のり子(上映シリーズ「場外シネマ」主宰)、若木康輔(構成作家、ライター)が参加。

ありがとうのリテラシー

vol. 8 2012-06-14 0


平澤さま、編集部の若木と申します。コレクターになって頂き、ありがとうございます!
まだまだつたない媒体です。ご支援、本当に心強いです。どうぞよろしくお引き立てください。

……と、丁寧にお礼を述べさせてもらったところで、そのこと自体について、ちょっと考えさせられました。もうすっかり、公式ブログなのにスタッフのひとりが私心を綴りまくるやつに近くなっていますが、本来のブログとはそういうものではないでしょうか、ということで、書かせてもらいます。

実は平澤さまは、勝手知ったる仲の人物です。「応援しますよ」と言ってくれて、すでに直接「ありがと!」とお礼も言っています。こういう場合、このウォールではお礼を書こうかどうしようかとちょっと逡巡しました。ネット・リテラシーと言うんでしょうか。そういうものの塩梅の問題です。

ウォールでお礼を書く場合、2パターンに大きく分けられると思います。

A『平澤くん、支援ありがとう! 創刊号も読んでね!』と、くだける。
B『平澤さま、ありがとうございます!』と、あくまでちゃんとする。

Aには、彼との付き合いの延長上にあり、遠慮のない親しみを伝えられる良さがある。
しかし「常連ばかりが居心地の良い店」のような無意識の排他が出て、このページにお立ち寄りの方に、自分とは関係ない、と思わせてしまうデメリットがある。

Bはその点、誰に対してもフェアである。コレクターになってくださった方への態度に、既知の人かどうかの区別は全く必要ない。
ただ、本人に(友人がいで協力しているのに、お客様扱いかよ…。ございますはないだろ)と、かえってよそよそしさを与えてしまうデメリットも確かにある。

これは意外と、モーションギャラリーに出店している方々の手をいったん止めさせてしまう選択だという気がします。
でも実は、のぞましい選択は明らかにBなんですね。Aでは、不特定多数の方々に向けたクラウドファンディングの意義そのものと相反する可能性があるからです。
だから、
「Bをていねいにやる」。
ということだな、と納得した次第です。

お礼ひとつで、なにを考察しとるのでしょうか。なんだか申し訳ない気もしますが、
neoneoは、批評媒体でございます。批評精神というものが、生理的なクセになっているメンバーが多いのです。
あらゆる表現にドキュメンタリーは宿っている、と我々は標ぼうしていますが、これすなわち、万物は批評考察の対象になり得る、ということです。

「評論家みたいなことを言うな」という言葉は、世間一般的にはまだまだ「汗もかかずに斜に構えたことを言うな」と同義でありまして。なかなか肩身が狭い思いをすることもあります。しかし、本来の批評的態度とはなかなかに真摯で、やるとなったらけっこうなエネルギーと体力を要するものです。精神活動のエンジニアぐらいに思っています。で、それぐらい、やってみると(そういう視座を持ってみると)、おもしろいんです。

万物に批評精神は宿る。neoneoは、こうした発想を世に絶やさないために整備された「インフラ」のひとつでありたいと思っています。
で、えーと、なんの話でしたっけ。
そう! 平澤さまへの感謝でした。この方は、メンバーの批評精神を鍛えてくれた、声は小さいけど気骨はやたらとある編集者なのです。


 


 

 

 

 

 

 

アップデート一覧に戻る

リターンを選ぶ

  • 500

    500円リターン

    • コレクター限定のUpdateを共有します
    • 5人が応援しています。
  • 3000

    3000円リターン

    • コレクター限定のUpdateを共有します
    • 雑誌『neoneo』第1号をプレゼントします
    • 21人が応援しています。
  • 5000

    5000円リターン

    • コレクター限定のUpdateを共有します
    • 雑誌『neoneo』第1号、第2号をプレゼントします
    • 3人が応援しています。
  • 10000

    10000円リターン

    • コレクター限定のUpdateを共有します
    • 雑誌『neoneo』年間購読分(第1号~第4号)をプレゼントします
    • 年間賛助会員としてウェブサイトにお名前をクレジットします(ご希望の方)
    • 6人が応援しています。
  • 15000

    15000円リターン

    • コレクター限定のUpdateを共有します
    • 雑誌『neoneo』年間購読分(第1号~第4号)をプレゼントします
    • 年間賛助会員としてウェブサイトにお名前をクレジットします(ご希望の方)
    • neoneo編集室が選ぶ!おすすめドキュメンタリー映画DVD1枚をプレゼントします
    • 0人が応援しています。
  • 20000

    20000円リターン

    • コレクター限定のUpdateを共有します
    • 雑誌『neoneo』年間購読分(第1号~第4号)をプレゼントします
    • 年間賛助会員としてウェブサイトにお名前をクレジットします(ご希望の方)
    • neoneo編集室が主催するイべントのご招待券をプレゼントします
    • メールマガジン『neo』(2001-2003)全59号収録の特製CD-Rをプレゼントします
    • 0人が応援しています。
  • 30000

    30000円リターン

    • コレクター限定のUpdateを共有します
    • 雑誌『neoneo』年間購読分(第1号~第4号)をプレゼントします
    • 年間賛助会員としてウェブサイトにお名前をクレジットします(ご希望の方)
    • neoneo編集室が主催するイベントのご招待券をプレゼントします
    • メールマガジン『neo』(2001-2003)全59号収録の特製CD-Rをプレゼントします
    • neoneo編集室が選ぶ!おすすめドキュメンタリー映画DVD3枚をプレゼントします(個人の方)
    • neoneo編集室の喧々諤々の編集会議にご招待します(於・東京。個人の方)
    • ウェブサイトのメインページに一ヶ月間バナー広告を掲示します(団体・企業の方)
    • 1人が応援しています。
  • 50000

    50000円リターン

    • コレクター限定のUpdateを共有します
    • 雑誌『neoneo』年間購読分(第1号~第4号)をプレゼントします
    • 年間賛助会員としてウェブサイトにお名前をクレジットします(ご希望の方)
    • neoneo編集室が主催するイベントのご招待券をプレゼントします
    • メールマガジン『neo』(2001-2003)全59号収録の特製CD-Rをプレゼントします
    • neoneo編集室が選ぶ!おすすめドキュメンタリー映画DVD5枚をプレゼントします(個人の方)
    • neoneo編集室の喧々諤々の編集会議にくりかえしご招待します(於・東京。個人の方)
    • 雑誌『neoneo』裏表紙(一号分)にカラー広告を掲載します(団体・企業の方)
    • 0人が応援しています。
  • 100000

    100000円リターン

    • コレクター限定のUpdateを共有します
    • 雑誌『neoneo』年間購読分(第1号~第4号)をプレゼントします
    • 年間賛助会員としてウェブサイトにお名前をクレジットします(ご希望の方)
    • neoneo編集室が主催するイベントのご招待券をプレゼントします
    • メールマガジン『neo』(2001-2003)全59号収録の特製CD-Rをプレゼントします
    • neoneo編集室が選ぶ!おすすめドキュメンタリー映画DVD10枚をプレゼントします(個人の方)
    • neoneo編集室の喧々諤々の編集会議にくりかえしご招待します(於・東京。個人の方)
    • ウェブサイトのメインページに3カ月間バナー広告を掲示します(団体・企業の方)
    • 雑誌『neoneo』裏表紙(一号分)にカラー広告を掲載します(団体・企業の方)
    • 0人が応援しています。