日本初のドキュメンタリーカルチャー誌『neoneo』創刊!をクラウドファンディングで実現!

登録数3000を越えるメルマガが一新、日本初のドキュメンタリーカルチャー誌「neoneo」創刊!

  • 東京都

「ドキュメンタリー映画の最前線」を掲げ、前身となる『neo』を含めると実に11年にわたって配信を続けてきたメールマガジン『neoneo』(編集長=伏屋博雄、映画プロデューサー)が、この春一新します。これまでのメルマガに代えて、紙雑誌+ウェブサイトで、より幅広く、より深く、映画を中心に写真や演劇、美術など、あらゆる領域で多彩な実りを見せる現在のドキュメンタリーの世界に分け入ります。

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、2012年12月30日00:00に終了しました。

コレクター
36
現在までに集まった金額
170,500
残り日数
0

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、2012年12月30日00:00に終了しました。

Neoneo ac

Presenter
neoneo編集室 プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

Neoneo ac

PRESENTER
neoneo編集室

代表・編集長:伏屋博雄(映画プロデューサー)。1960年代末より小川プロで活躍後、小川紳介の死後93年より製作会社ネットワーク・フィルムズ(のちビジュアルトラックス)を設立、気鋭の作家たちの作品をプロデュースする。2001年にメールマガジン『neo』を創刊、その後2003年に『neoneo』となり現在に至る。リニューアルに際し、編集主幹に萩野亮(映画批評)、また編集委員会として、大澤一生(映画プロデューサー)、金子遊(映像作家、批評家)、佐藤寛朗(テレビ番組制作)、中村のり子(上映シリーズ「場外シネマ」主宰)、若木康輔(構成作家、ライター)が参加。

なぜか『宇宙兄弟』!

vol. 5 2012-05-31 0

コレクターの皆様、このページにお立ち寄りのみなさま、こんばんは。neoneo編集部・若木です。

しかし、まあ、なんというか、率直に言いますが、neoneoのモーション・ギャラリー参加(クラウド・ファンディング)は、なぜかくも壮絶にコケる、大惨敗のスタートになったのか。これは畑村洋太郎先生の提唱する失敗学の観点に基づきながら、ちゃんと検証せねばと思っています。「申し込んで必要なものを用意してアップしてもらえれば、あとはほうっておいてもコレクターが増えてくれる」と、我々もゆめ考えていたわけではありません。ありませんが、こういう結果から始まることになった。ここはいずれ検証して、これからモーション・ギャラリーさんへの参加を検討される各分野の方々の、参考になるようにしなければ、と思います。失敗情報の共有化・知識化というやつです。

さて! なんだか、若木個人のブログのようになりつつあるこのウォールです。ちょうどメンバーが作業と自分の仕事が重なり合う真っ最中なもので、若木ひとりが書いていてもうしわけないですが、しばらくはご容赦ください。

メンバー一同ががんばっている真っ最中のなか、僕は『宇宙兄弟』を見てきました。おもしろかったです。ゴキゲンでした。若木だけがあそんでいるようでヒドイですね。映画ライターは見るのも作業のうちなのだとご理解ください…。でも、楽しく見てきました。

全体の血の通った感じ、とてもいいです。邦画メジャーのシネコン映画にはあまり期待しないという辛口の方も(いや、「映画芸術」で書かせてもらったりしている僕も大きくはそちら側になる身なんですが)、老若男女にたのしんでもらえる、それゆえシネフィルには往々にして物足りなく写るバランス感覚のなかに、しっかりと低い重心があります。弱さや不安、恐れといったナーバスな心理に演出がことごとく敏感です。そのうえで明るくテンポよく描かれるネバーギブアップ・ストーリー。バネがすごく効いてる。

と、これではまるでホントに個人のブログになっちゃう。neoneo的に注目したい部分があったので書き始めました。ガガーリンやアポロ計画などの宇宙計画の歴史をアーカイヴ映像で語る部分のおもしろみです。

舞台は2020年代の近未来。主人公たちの乗るロケット打ち上げの前に、テレビでは現在までの宇宙への人類の挑戦のあゆみを、いわゆるV構成によって紹介します。つまり、現在=近未来。ドキュメント番組の手法で架空の内容を語る。この工夫が、ものすごく! おもしろかった。

森義隆監督は、「再現ドラマのタッチをガラッと変えた」と業界で評判とショックを呼んだNHK『わたしがこどもだったころ』などを手掛けた、番組ディレクターでもあります。その実績とノウハウ、センスが、東宝配給の近未来青春映画の、いいところで活かせているワクワク感に、僕はつい客席でガッツポーズをとりました。

同時に、気づきました。ああ、これだと。もしもneoneoが、ドキュメンタリー映画やテレビ・ドキュメンタリーの紹介・批評に特化する媒体なら、『宇宙兄弟』に触れる余地も発想もなかったでしょう。また、もう少し広く映画全体を扱う媒体においても、劇映画として語ることがメインとして求められたはずです。だから、近未来の設定のなかでドキュメントのつくりを活かす。現実と地続きのセンス・オブ・ワンダー。こういう魅力的にニッチな部分を語れる場がなかなか無くて、じれったい気持ちを味わっただろうと思います。ところが、neoneoでは、こういう部分こそを面白がれるのです!

ドキュメンタリーを特定のジャンルとしてではなく、表現方法のひとつとして捉え直してその価値と意味を汎・顕在化させていく。理屈っぽい言い方ですが、要は「ドキュメンタリー的表現」からものを見ていけば、従来のカテゴリーとは違う、新しい地図を作ることができる。neoneoの狙いそのものは、間違っていない。それに『宇宙兄弟』を見て気づけたということが、なんともスリルがあって、うれしかったのです。

ぜひ、みなさんにも、neoneoをそういう面白さを得るための「機能」として、利用し、活用していただきたいと思っております。イメージして頂けるロール・モデルのないことが我々のハンデでもありましたが、みなさんにとっては、大きなアドバンテージなのだと信じております。

実際、なんにでもドキュメンタリー的表現はある、と言いつつ、さすがにサイエンスフィクションの世界では難しいかなと思っていたけど、『宇宙兄弟』を見て僕の認識は変わりましたからね。惑星ソラリスでの数奇な体験を省庁の事業報告書形式で語ったり、21世紀半ばから始まったコンピューター自動筆記文学の歴史を文芸評論の形式で語ったりしてきた旧ソ連の作家スタニワフ・レムだって、形式としてのドキュメンタリー表現を存分に活用してきた人だったんだ、そっかー、と気づいたりして。

こういうおもしろがりかたを、ぜひneoneoでみなさんと共有したいと思っております!

 

アップデート一覧に戻る

リターンを選ぶ

  • 500

    500円リターン

    • コレクター限定のUpdateを共有します
    • 5人が応援しています。
  • 3000

    3000円リターン

    • コレクター限定のUpdateを共有します
    • 雑誌『neoneo』第1号をプレゼントします
    • 21人が応援しています。
  • 5000

    5000円リターン

    • コレクター限定のUpdateを共有します
    • 雑誌『neoneo』第1号、第2号をプレゼントします
    • 3人が応援しています。
  • 10000

    10000円リターン

    • コレクター限定のUpdateを共有します
    • 雑誌『neoneo』年間購読分(第1号~第4号)をプレゼントします
    • 年間賛助会員としてウェブサイトにお名前をクレジットします(ご希望の方)
    • 6人が応援しています。
  • 15000

    15000円リターン

    • コレクター限定のUpdateを共有します
    • 雑誌『neoneo』年間購読分(第1号~第4号)をプレゼントします
    • 年間賛助会員としてウェブサイトにお名前をクレジットします(ご希望の方)
    • neoneo編集室が選ぶ!おすすめドキュメンタリー映画DVD1枚をプレゼントします
    • 0人が応援しています。
  • 20000

    20000円リターン

    • コレクター限定のUpdateを共有します
    • 雑誌『neoneo』年間購読分(第1号~第4号)をプレゼントします
    • 年間賛助会員としてウェブサイトにお名前をクレジットします(ご希望の方)
    • neoneo編集室が主催するイべントのご招待券をプレゼントします
    • メールマガジン『neo』(2001-2003)全59号収録の特製CD-Rをプレゼントします
    • 0人が応援しています。
  • 30000

    30000円リターン

    • コレクター限定のUpdateを共有します
    • 雑誌『neoneo』年間購読分(第1号~第4号)をプレゼントします
    • 年間賛助会員としてウェブサイトにお名前をクレジットします(ご希望の方)
    • neoneo編集室が主催するイベントのご招待券をプレゼントします
    • メールマガジン『neo』(2001-2003)全59号収録の特製CD-Rをプレゼントします
    • neoneo編集室が選ぶ!おすすめドキュメンタリー映画DVD3枚をプレゼントします(個人の方)
    • neoneo編集室の喧々諤々の編集会議にご招待します(於・東京。個人の方)
    • ウェブサイトのメインページに一ヶ月間バナー広告を掲示します(団体・企業の方)
    • 1人が応援しています。
  • 50000

    50000円リターン

    • コレクター限定のUpdateを共有します
    • 雑誌『neoneo』年間購読分(第1号~第4号)をプレゼントします
    • 年間賛助会員としてウェブサイトにお名前をクレジットします(ご希望の方)
    • neoneo編集室が主催するイベントのご招待券をプレゼントします
    • メールマガジン『neo』(2001-2003)全59号収録の特製CD-Rをプレゼントします
    • neoneo編集室が選ぶ!おすすめドキュメンタリー映画DVD5枚をプレゼントします(個人の方)
    • neoneo編集室の喧々諤々の編集会議にくりかえしご招待します(於・東京。個人の方)
    • 雑誌『neoneo』裏表紙(一号分)にカラー広告を掲載します(団体・企業の方)
    • 0人が応援しています。
  • 100000

    100000円リターン

    • コレクター限定のUpdateを共有します
    • 雑誌『neoneo』年間購読分(第1号~第4号)をプレゼントします
    • 年間賛助会員としてウェブサイトにお名前をクレジットします(ご希望の方)
    • neoneo編集室が主催するイベントのご招待券をプレゼントします
    • メールマガジン『neo』(2001-2003)全59号収録の特製CD-Rをプレゼントします
    • neoneo編集室が選ぶ!おすすめドキュメンタリー映画DVD10枚をプレゼントします(個人の方)
    • neoneo編集室の喧々諤々の編集会議にくりかえしご招待します(於・東京。個人の方)
    • ウェブサイトのメインページに3カ月間バナー広告を掲示します(団体・企業の方)
    • 雑誌『neoneo』裏表紙(一号分)にカラー広告を掲載します(団体・企業の方)
    • 0人が応援しています。