facebook twitter mail key notification checkmark chevron chevron-left location image user group plus comment bubble

『慰問文集』再々発行プロジェクトをクラウドファンディングで実現!

戦時中の子どもたちが書いた"平和への願い"を再びなぞる。
『慰問文集』再々発行プロジェクト。

「慰問文」とは、戦地の兵士を励ますために書かれた手紙のことです。子どもたちは、戦場の父や兄にどんな言葉を送ったのか? 80年前に綴られた『慰問文集』をなぞり直す、手づくりのメディアづくりが、岐阜の小さな村から始まります。

FUNDED

このプロジェクトは、目標金額1,550,000円を達成し、2019年11月28日23:59に終了しました。

コレクター
205
現在までに集まった金額
2,248,501
残り日数
0

FUNDED

このプロジェクトは、目標金額1,550,000円を達成し、2019年11月28日23:59に終了しました。

Presenter
AHA! [Archive for Human Activities] プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

8ミリフィルム、写真、手紙といった、“市井の人びとの記録”。その潜在的で関係的な価値に着目したアーカイブづくりを企画・運営しています。「文房具としての映像」という考え方の普及を進めるremo[NPO法人記録と表現とメディアのための組織]を母体として、2005年より大阪で始まりました。目下、全国各地の市民団体、大学機関、美術館などとの協働をつうじた草の根のアーカイブづくりに尽力しています。時間的/空間的な隔たりを前に、イメージはどのように働くのかという問いを一貫して探求しています。近年の主な実績としては『はな子のいる風景』(武蔵野市立吉祥寺美術館、2017)など。

​プロジェクト報告会(岐阜ツアー)を11月に開催します

vol. 10 2019-11-13 0

11月に岐阜、東京、仙台でプロジェクトの報告会(岐阜ツアー)を施します。これまでの現地取材の進捗を、映像や写真、実際の資料などをご覧いただきながらご説明します。ぜひご参加ください!

11月16日(土)岐阜・可児
会 場:可児市文化創造センター aLa 研修室(〒509-0203 可児市下恵土3433-139)
時 間:18:00-19:30(開場17:30)
参加費:無料

11月17日(日)岐阜・各務原
会 場:KAKAMIGAHARA STAND (岐阜県各務原市那加雲雀町10-4)
時 間:19:30-21:00(19:00-受付)*開始10分前には受付をお済ませください。
参加費:500円(申込はこちらから。珈琲部の提供する昭和時代の珈琲つき)
*本イベントは、かかみがはら暮らし委員会の部活動である珈琲部と読書部のコラボイベントとして開催します。

11月18日(月)岐阜・美濃加茂
会 場:伊深交流センター(美濃加茂市伊深町909)
時 間:14:00-15:30(昼の部)/19:00-20:30(夜の部)
参加費:無料

11月19日(火)岐阜・美濃加茂
会 場:みのかも文化の森 美濃加茂市民ミュージアム(岐阜県美濃加茂市蜂屋町上蜂屋3299-1)
時 間:18:30-20:00(開場18:00)
参加費:無料
*本プロジェクトに関係する館蔵資料の展示を予定しています

11月21日(木)宮城・仙台
会 場:曲線(宮城県仙台市青葉区八幡2-3-30)
時 間:19:00-21:00(開場18:30)
参加費:無料(ワンドリンクオーダー)
申込み:info.kyokusen@gmail.com
*本イベントは、せんだいメディアテークの事業「アートノード」のトークシリーズの一環として開催します。詳細はこちらをご覧ください。

11月25日(月)東京・赤坂
会 場:TOKYO LITTLE HOUSE(東京都港区赤坂3-6-12)
時 間:19:00-20:30
参加費:無料(1drink制)
話し手:松本篤(プロジェクト企画者)
    佐藤洋一(早稲田大学社会科学学術院教授)
定 員:15名(予約制・先着順、申込みはこちらから)
*定員を満たし次第、ご予約の受付を終了します。ご了承ください。
*本イベントは「誰かの記録をなぞること──言葉と写真をめぐって」と題して、都市イメージ史の研究者・佐藤洋一さんと対談します。

お問い合わせ先|aha.archive.2005[at]gmail.com

10月に岐阜ツアー実施しました

10月28日から31日にかけて開催した中間報告会(岐阜ツアー)では、情報科学芸術大学院大学[IAMAS](大垣)、土川商店(揖斐)、岐阜女子大学(岐阜、授業の一環として実施)、旧伊深村役場庁舎(美濃加茂)、メディアコスモス(岐阜)をめぐってプロジェクトについてお話しました。

旧伊深村役場庁舎での中間報告会では、スタッフのみなさんが関連展示を開催。かつて、この役場庁舎は、出征兵士が旅立つ出発点であり、子どもたちが書いた慰問文集が戦地に送達される出発点でもありました。戦時中に発行された子ども向けの慰問文例集や、実際に村で使われていた招集用状箱(招集を令達する際に赤紙を入れるための木製の箱)など、80年前のモノと言葉を実際に触れながら、時間の隔たりに思いを馳せる機会となりました。

中間報告会に参加された方からは、さまざまな感想や疑問も寄せられました。「この慰問文集は誰に向けて書かれたものなのか」「記録を記録するのはどのような人か」「いま『なぞる』とはどのよう意味をもつのか」──。こうした問いも一緒に抱えながら、11月もふたたび岐阜県内をめぐります。



アップデート一覧に戻る

リターンを選ぶ

  • 5000

    自主出版の「制作」を応援!

    • 完成した本(送料込)
    • 選書リスト:戦争に関する1000の本(送料込)
    • 製本ワークショップに参加(希望者のみ)
    • 2019年12月 にお届け予定です。
    • 139人が応援しています。
  • 15000

    自主出版の「発行」を応援!

    • 完成した本(送料込)
    • 選書リスト:戦争に関する1000の本(送料込)
    • 製本ワークショップに参加(希望者のみ)
    • 本にご氏名を掲載(希望者のみ)
    • 季刊『なぞりがき』(年4回/送料込)
    • 刊行記念トークイベントに参加(希望者のみ)
    • 2019年12月 にお届け予定です。
    • 47人が応援しています。
  • 残り43枚

    30000

    自主出版の「企画」を応援!

    • 完成した本(送料込)
    • 選書リスト:戦争に関する1000の本(送料込)
    • 製本ワークショップに参加(希望者のみ)
    • 本にご氏名を掲載(希望者のみ)
    • 季刊『なぞりがき』(年4回/送料込)
    • 刊行記念トークイベントに参加(希望者のみ)
    • AHA!の制作物5点を贈呈(送料込)
    • 2019年12月 にお届け予定です。
    • 7人が応援しています。
  • 残り14枚

    30000

    自主出版の「流通」を応援!

    • 完成した本(送料込)
    • 選書リスト:戦争に関する1000の本(送料込)
    • 製本ワークショップに参加(希望者のみ)
    • 本にご氏名を掲載(希望者のみ)
    • 季刊『なぞりがき』(年4回/送料込)
    • 刊行記念トークイベントに参加(希望者のみ)
    • 本の定価の50%で仕入れ可能(送料別)
    • トークイベントを共同で企画
    • 2019年12月 にお届け予定です。
    • 6人が応援しています。
  • 残り7枚

    30000

    自主出版の「調査」を応援!

    • 完成した本(送料込)
    • 選書リスト:戦争に関する1000の本(送料込)
    • 製本ワークショップに参加(希望者のみ)
    • 本にご氏名を掲載(希望者のみ)
    • 季刊『なぞりがき』(年4回/送料込)
    • 刊行記念トークイベントに参加(希望者のみ)
    • 現地調査を一日特別体験
    • 2019年12月 にお届け予定です。
    • 3人が応援しています。
  • 残り7枚

    75000

    自主出版の「運営」を応援!

    • 完成した本(送料込)
    • 選書リスト:戦争に関する1000の本(送料込)
    • 製本ワークショップに参加(希望者のみ)
    • 本にご氏名を掲載(希望者のみ)
    • 季刊『なぞりがき』(年4回/送料込)
    • 刊行記念トークイベントに参加(希望者のみ)
    • AHA!の制作物5点を贈呈(送料込)
    • 本の定価の50%で仕入れ可能(送料別)
    • トークイベントを共同で企画
    • 現地調査を一日特別体験
    • 2019年12月 にお届け予定です。
    • 3人が応援しています。