「さいたまトリエンナーレ2016」の活動記録集をクラウドファンディングで実現!

“さいたまトリエンナーレ2016”は何をもたらしたのか?みんなが見つけた未来をつなげていく記録集。

  • 埼玉県
  • アート

さいたま市で初めて開催された国際芸術祭「さいたまトリエンナーレ2016」。マイトリエンナーレを合言葉にサポーターが創造的な活動を繰り広げました。その集大成である記録集制作に、皆さまどうかご参加ください!

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、目標金額400,000円を達成し、2017年4月25日23:59に終了しました。

コレクター
102
現在までに集まった金額
560,000
残り日数
0

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、目標金額400,000円を達成し、2017年4月25日23:59に終了しました。

Middle 1487675452

Presenter
さいたまトリエンナーレメディアラボ プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

Middle 1487675452

PRESENTER
さいたまトリエンナーレメディアラボ

メディアラボは2016年9月24日~12月11日にさいたま市内で行われた国際芸術祭「さいたまトリエンナーレ2016」のサポーターから立ち上がった広報・記録を行う有志団体です。

【記録集】第1章ためし読み|“マイトリエンナーレ”の誕生

vol. 3 2017-04-13

いつも応援してくださり、ありがとうございます。

今回は、制作中の「記録集」から一部を抜粋してご紹介します。

第1章は、さいたまトリエンナーレ2016の芹沢ディレクターをはじめ、サポーター・コーディネーターの藤原さん、市民サポーターの直井さんと八木さんが、座談会形式でサポーター活動を振り返る必見の内容となっています。その一部を、ここに公開します。ぜひ、ご一読ください!

----------------------------------------------

“マイトリエンナーレ”の誕生

直井:今回、さいたまトリエンナーレのサポーター活動で面白かったことは、「用意された活動」というものをやらなかったことだと思っています。たぶん何一つ頼まれてやったサポート活動はないですね。あるのかもしれないけど、そこに自主性があって、振り返った時に自分のこととして反省と課題が見えてくるのが楽しいことなんですよね。

——では、サポーターとして実際に行った活動は?

直井:私はトリエンナーレを知ってすぐに「記録集を作りませんか」とボランティアの登録時に書いたんです。初めてサポーター・ミーティングに参加した時、15人ぐらいの前で「自分たちの活動を残すのが財産だからやってみませんか」と言って企画書を出したのが2016年の6月初旬。そこで話した内容が“アートの入り口を作ろう”“身近なあの人のために作ろう”という2つのビジョンだったんです。

さいたまにいるけどアートに関心のない人たちと、アーティストやプロジェクトをつなげるアートへの入り口になるものをつくろう!さらに、記録集の制作だけでなく、トリエンナーレの会期中にも出来ることがあったらやってみよう!という呼びかけをしました。

それから「マイトリエンナーレ(トリエンナーレを自分事として自分らしく楽しむ)」という言葉と出会って、「ながラジオ」や「さいたま街歩きツアー」、「未来トークさいたま」などの活動が、多くのサポーターを巻き込みながら派生していきました。

——編集会議は、どのような様子でしたか?

直井:最初の会議には有志で15人ほど集まりました。「やってみたい」と言って集まってくれた人がこんなにいて、すごく感動しました。「なんかすごいな、この宝物みたいなものは何なんだ?」という状況だったんですよ。それから、さいたまトリエンナーレをサポーター目線で情報発信することを目的として、サポーター有志グループ「メディアラボ」を立ち上げました。

——芹沢さんは、このサポーターの熱を帯びた状態をどう感じていましたか?

芹沢:結局こういうアートプロジェクトって出来上がった作品を持ってきて展示するタイプのものとは違うじゃないですか。そういうのに長けている人が今回は、さいたまトリエンナーレの「市民参加」というコンセプトをしっかり理解してくれていて、自分の作品を作っていくなかで、なるべく他の人と関係していくようなものや仕組みをつくろうとしてくれている作品が多かったですね。

——たとえば?

芹沢:明後日新聞の社主でもある日比野克彦さんもずっとそういうやり方をしてきたプロ中のプロであるとも言えるし、作品や活動がプロジェクト内プロジェクトみたいなものであって、勝手にそれが増殖していくのがある意味、目的となっていますね。だから、サポーターの動きをはたから見ていると“まんまと”っていうか、「マイトリエンナーレ」という言葉が象徴しているよね。

一同:(笑)

芹沢:別にこういうのって12月11日で終わりましたって話じゃない。どこを残していくというより、火がついてしまっていて、続いちゃっているわけだよ。それがどう活気をもってずっと続いて行くかがすごく重要で、僕自身は関心がありますね。

----------------------------------------------

お読みいただきありがとうございました。
第1章ためし読み第二弾は、「記録することについて」をお届けします。

また、多くの皆様のご支援のもと、お蔭さまで目標額の40万を超えることができました!ありがとうございました。
皆様の期待を胸に、記録集の制作にますます励んでまいります。

引き続きご支援いただけますと幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

アップデート一覧に戻る

リターンを選ぶ

  • 残り194枚

    2000

    記録集+お礼状

    • 記録集1冊
    • お礼状
    • 2017年06月 にお届け予定です。
    • 6人が応援しています。
  • 残り162枚

    3000

    記録集+未来トークさいたま全9回小冊子+お礼状

    • 記録集1冊
    • 未来トークさいたま全9回小冊子1冊
    • お礼状
    • 2017年06月 にお届け予定です。
    • 38人が応援しています。
  • 残り176枚

    5000

    記録集+未来トークさいたま全9回小冊子+お名前記載+さいトリTシャツ+お礼状

    • 記録集1冊
    • 未来トークさいたま全9回小冊子1冊
    • お名前記載
    • さいトリTシャツ1枚
    • お礼状
    • 2017年06月 にお届け予定です。
    • 24人が応援しています。
  • 残り93枚

    6000

    記録集+未来トークさいたま全9回小冊子+お名前記載+出版記念パーティーご招待+お礼状

    • 記録集1冊
    • 未来トークさいたま全9回小冊子1冊
    • お名前記載
    • 出版記念パーティーご招待(交通費別途)
    • お礼状
    • 2017年06月 にお届け予定です。
    • 7人が応援しています。
  • 残り98枚

    8000

    記録集+未来トークさいたま全9回小冊子+お名前記載+さいトリTシャツ+出版記念パーティーご招待+お礼状

    • 記録集1冊
    • 未来トークさいたま全9回小冊子1冊
    • お名前記載
    • さいトリTシャツ1枚
    • 出版記念パーティーご招待(交通費別途)
    • お礼状
    • 2017年06月 にお届け予定です。
    • 2人が応援しています。
  • 残り29枚

    8000

    記録集+未来トークさいたま全9回小冊子+お名前記載+出版記念パーティーご招待+クラフトビール2本+お礼状

    • 記録集1冊
    • 未来トークさいたま全9回小冊子1冊
    • お名前記載
    • 出版記念パーティーご招待(交通費別途)
    • 氷川ブリュワリーのクラフトビール2本
    • お礼状
    • 2017年06月 にお届け予定です。
    • 11人が応援しています。
  • 残り3枚

    8000

    記録集+未来トークさいたま全9回小冊子+お名前記載+出版記念パーティーご招待+埼玉県産米+お礼状

    • 記録集1冊
    • 未来トークさいたま全9回小冊子1冊
    • お名前記載
    • 出版記念パーティーご招待(交通費別途)
    • 埼玉県産米5kg
    • お礼状
    • 2017年06月 にお届け予定です。
    • 7人が応援しています。
  • SOLDOUT

    10000

    記録集+未来トークさいたま全9回小冊子+お名前記載+出版記念パーティーご招待+浅見俊哉作品1点+お礼状

    • 記録集1冊
    • 未来トークさいたま全9回小冊子1冊
    • お名前記載
    • 出版記念パーティーご招待(交通費別途)
    • 浅見俊哉作品1点
    • お礼状
    • 2017年06月 にお届け予定です。
    • 5人が応援しています。
  • 残り18枚

    20000

    記録集+未来トークさいたま全9回小冊子+お名前記載+出版記念パーティーご招待+プロジェクトリーダーによる講演+お礼状

    • 記録集1冊
    • 未来トークさいたま全9回小冊子1冊
    • お名前記載
    • 出版記念パーティーご招待(交通費別途)
    • プロジェクトリーダー直井薫子による講演(出張費別途/※時期は応相談)
    • お礼状
    • 2017年06月 にお届け予定です。
    • 2人が応援しています。