facebook twitter mail key notification checkmark chevron chevron-left location image user group plus comment bubble

広島県呉市にある貴重な木造建築物「呉YWCA」を、地域の憩いの場所として未来に残す「会館百年プロジェクト」をクラウドファンディングで実現!

歴史ある木造建築を未来へ残したい!
旧海軍施設から地域の憩いの場へ。呉YWCA「会館百年プロジェクト」

広島県呉市。旧海軍施設であり貴重な木造建築物「呉YWCA」の建物を、地域の憩いの場所として未来に残し、育てていきたい。建物の保全改修費を集めるクラウドファンディングです。目標金額は300万円です。

コレクター
71
現在までに集まった金額
680,000
残り日数
55
目標金額 3,000,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2021年4月30日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

このプロジェクトを応援

目標金額 3,000,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2021年4月30日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

Presenter
呉YWCA 会館百年プロジェクト プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

呉YWCA(Young Women's Christian Association)は「子どもたちが伸び伸びと、若い人たちが個性的に、高齢者が健やかに、私あなたがいきいきと 現在、未来を生きるために」を活動理念として、様々な地域貢献活動をしている国際NGOです。「呉YWCA 会館百年プロジェクト」は、活動拠点にしている旧海軍施設の歴史ある木造建築を未来に残していくためのプロジェクトです。

このプロジェクトについて

広島県呉市。旧海軍施設であり貴重な木造建築物「呉YWCA」の建物を、地域の憩いの場所として未来に残し、育てていきたい。建物の保全改修費を集めるクラウドファンディングです。目標金額は300万円です。

旧海軍施設 歴史ある木造建築物を「未来に手渡したい」

はじめまして。旧軍港の港町、広島県呉市で、戦後、旧海軍施設を譲り受けて地域貢献活動の拠点として運営してきた(一財)呉YWCAです。昨年、建物を未来に手渡すために呉YWCA「会館百年プロジェクト」を立ち上げました。長年大切に使ってきた建物ですが、老朽化し、このままにしていては、将来に渡って人が集う建物として存続することができません。地域の交流拠点として様々な人が集える建物として修繕・改修し、大切な建物を未来に手渡していくために、クラウドファンディングに挑戦します。

Pass down this architectural wooden structure to future generations! -- from a former Naval facility to a local place of relaxation for all --
Kure YWCA "Kaikan Century Project."

Kure, Hiroshima Prefecture. Our goal is to restore and pass down this former Naval facility, which today is the Kure YWCA. The historical wooden structure is a gathering place for our community. The target amount is 3 million yen.

See more in English.
Page-1 https://motion-gallery.net/projects/kureywca_cf/updates/34034
Page-2 https://motion-gallery.net/projects/kureywca_cf/updates/34035
Page-3 https://motion-gallery.net/projects/kureywca_cf/updates/34036

人が集い歴史を刻んできた 未来に手渡したい建物

坂の上にあるちょっと不思議なかたちの、この古い木造のあたたかな建物が、私たちが未来に手渡したい場所です。どなたでも立ち寄り、ほっと一息くつろいでいただきたい場所です。

旧海軍の建物で、建てられてから約80年ほどとされていますが、当時の使い方など詳しくわからないこともまだたくさんあります。戦後、進駐軍が使用し、1948年に呉YWCAが発足してから活動拠点として長く使ってきました。その歴史については、また後述させてください。

呉YWCAは「子どもたちが伸び伸びと、若い人たちが個性的に、高齢者が健やかに、私あなたがいきいきと 現在、未来を生きるために」を活動理念として、様々な地域貢献活動を続けてきました。会員の会費や、英語教室や絵画教室などの自主事業などをして、運営しています。日々の活動や自主イベントに加えて、地域の団体とのイベントや貸室もしています。

親子ヨガ

工作教室

会員の日々の活動 この日は布わらじ作り

ハロウィンパーティー

クリスマス会

地域の団体と一緒に 夏祭り

結婚式

坂を利用して流しそうめん♪

この建物の歴史は、そこに人が集い、交流してきた歴史です。私たちが未来へと手渡したいのは、ここに人が集い、交流し楽しむ、その風景です。

建物と町の歴史

呉YWCAがある呉市は、広島県の海沿いのほぼ真ん中辺りに位置しています。その中でも、旧市街と呼ばれるJR呉駅から半径2km以内に建物はあります。近くの港には、桟橋や造船所があり、大きなクレーンが並んでいます。

呉市は明治時代から海軍が置かれた旧軍港の町です。造船所や桟橋も、第二次世界大戦までは海軍の施設として使われていました。呉YWCAの周辺には旧海軍の施設が多くあり、旧長官官舎は国の重要文化財として見学ができるようになっていたり、旧鎮守府は、海上自衛隊呉基地の総監部として使われています。

旧海軍長官官舎(入船山公園内)

旧海軍鎮守府(現 海上自衛隊 呉地方総監部)

他の旧海軍施設が呉市や企業に移管される中、呉YWCAの建物は様々な人が集う場所として残ってきた、とても珍しい建物と言えます。

呉YWCAが建物を活動拠点としてきたのには、海軍の歴史が関係しています。YWCA(Young Women's Christian Association)は、キリスト教を基盤に、世界中の女性が言語や文化の壁を越えて力を合わせ、女性の社会参画を進め、人権や健康や環境が守られる平和な世界を実現することを目的に1855年に英国で始まった国際NGOです。日本では26の地域YWCAと35の中学・高等学校YWCAが活動していて、その活動内容は様々です。

戦後、呉の海軍施設はBCOF(イギリス連邦占領軍)に接収されました。その際、BCOF YWCAの拠点が、現在の呉YWCAの近くにある旧下士官兵集会所(通称 青山クラブ)の中に置かれ、女性兵のホステルを提供するなどしていたそうです。当時のYWCA幹部の積極的な働きかけに呉市内の教会の女性たちが応じるかたちで、1947年に青山クラブ内のニュージーランドYWCAで呉YWCAの準備委員会が開かれ、当時、BCOFの将校が使っていた今の建物を活動拠点として調整し、1948年に呉YWCAは設立しました。

現在の青山クラブ

青山クラブ(当時はkure houseと呼ばれた)に掲げられたYWCAの看板

現在の会館に移された看板

現在の会館前

女学生部の合唱 現在の会館のホールにて

その後、呉YWCAの会員が協力して寄付を集め、1950年に建物を、1954年に土地を購入。以降、建物と活動を守りながら発展していくために、英会話教室、絵画教室、ホステルなどの運営などの様々な事業を実施してきました。同時に、ボランティア運動の先駆けとなった点訳グループや、リサイクル運動(蚤の市)などが 35年前にすでに始まり、現在もその活動が続いています。また、子どもたちが学び、集い、多様な体験をする場として、不登校児のためのフリースペースや野外活動などのレクリエーションを提供してきました。発足から74年。「子どもと女性、社会的弱者」に特に思いを寄せるという当初の方針と建物は変わらないまま、活動内容を変化させながら、会館は様々な人を受け入れてきました。

当時から使われているらしい藤の椅子

建物の危機と、実現したい「地域の交流拠点」への想い

呉YWCAの活動拠点になってから74年。建造年は正確に分かっておらず、専門家によると、もしかしたら100年以上経っているのではないか、という話もあり、現在も調査中です。木造の会館は、様々なところが傷んでいます。私たちが守りたい「人が集い交流する場所」として存続するためには、大規模に改修をしなければなりません。財政面、また人員面からも改修は難しいのではないかと考え、数年前には、この建物を使い続けるかどうか?解体するか?売却し、他の建物に移るか?ということについても検討したこともありました。考えに考える中で会員から出てきたのは「ここは心の拠り所」「大切な場所」という声です。歴史を重ねてきたこの建物が、これからも多くの人にとって大切な場所であり続けて欲しいと強く思い、建物を守っていくことを決意しました。

石垣も皆で掃除しています

今回のクラウドファンディングの目標金額は300万円です。支援金は「会館百年プロジェクト」の第2期改修費用に充てさせていただきます。この改修では【トイレ・様々な人が集える交流スペース】を改修、整備します。

改修工事は少しずつ、何回かに分けて実施していく予定です。まず、第1期改修として今年の2月から、玄関と2階の床(一部)の補強工事をします。第1期改修については、会員で集めてきた積立金や寄付金、補助金などを合わせて実施します。

会館をちゃんと未来に手渡すために、会館百年を迎える時に【子どもも大人も誰もが安全に居心地良く過ごせる建物】になるよう、改修を進めていきます。

[スケジュール]

第2期改修工事 2021年5月〜7月(予定)

リターンについて

まずは、交流スペースの整備を完了すること。また人が集える空間を作っていくことが何よりも大切なリターンです。責任を持って、改修させていただきます。そして、呉YWCAの会館を大切に思っていただける皆さまに、呉YWCAにまつわる以下のリターンをご用意しました。

●3,000円 アップデートで進捗をお知らせ

●5,000円 サンクスレター(ハガキ)、アップデートで進捗をお知らせ

●10,000円

①サンクスレター、アップデートで進捗をお知らせ

②サンクスレター(ハガキ)、手ぬぐい、アップデートで進捗をお知らせ

●30,000円

①「かしの木」コース  サンクスレター、手ぬぐい、呉YWCAサブレ、アフタヌーンティーチケット 3枚、アップデートで進捗をお知らせ

こちらの柄の焼印がついた丸型オリジナルサブレ

②「紙ふうせん」コース サンクスレター、手ぬぐい、マルチマット、アフタヌーンティーチケット 3枚、アップデートで進捗をお知らせ


マルチマット

※「かしの木」さん、「紙ふうせん」さんは障害者の方が働く福祉作業所です。呉YWCAは障害についての理解や配慮を積極的にする「あいサポート運動」に参加しています。

③呉氏コース サンクスレター、手ぬぐい、マスク(5色から1枚お選びください)、アフタヌーンティーチケット 3枚、アップデートで進捗をお知らせ
※終了後、ご希望のマスクのカラーをメッセージにて確認いたします。お返事のない場合はこちらで選んだものをお送りします。

※「アフタヌーンティーチケット」は、2021年9月以降の来館時に紅茶かコーヒーをお出しするチケットです。開館日の13:30~16:00に利用できます。1枚で2名様まで利用可能です。

●50,000円 サンクスレター、手ぬぐい、Tシャツ、アップデートで進捗をお知らせ

●100,000円 サンクスレター、ホール1日使用料込、アップデートで進捗をお知らせ 

※2021年9月1日~2022年8月31日の間の1日。希望日については要相談。希望が重なった場合は先着順。

●300,000円 サンクスレター、204室半年利用料込(2021年9月1日~2022年2月28日/2022年3月1日~2022年8月31日)、アップデートで進捗をお知らせ

●500,000円 サンクスレター、203室1年利用料込(2021年9月1日~2022年8月31日)、アップデートで進捗をお知らせ

※貸室利用の条件
・共に呉YWCAの思いを考えてくれる個人及び団体。
・公序良俗に反しない個人及び団体。決定する前に審査が入ります。
・ホール使用希望日については調整が必要です。
・テナント利用、事務所利用などが可能です。

想定されるリスクとチャレンジ

目標額に至らない場合も何らかの方法で資金を工面し、何度かに分けて改修を続け、安心して人が集える地域の交流拠点にしていきます。

最後に

会館の改修に取りかかることは、私たちにとってとても大きな決断でした。時に応じて、私たちがしたいと願うことで、誰かをひどく損なうことがないように、小さな営みを続けて73年が経ちました。この改修で、子どもも大人も誰でもが居心地良く過ごせるように、新たなものが常に創り出せるように、そして、これからもその試みが続けられるように、多くの知恵と工夫を出し合って実行していきます。この会館の歴史を大事にしながら、使いやすく機能的な場所へと改修していきます。どうしたら、多くの方の力になる、楽しい場所になるのか、考え続けていきたいと思います。

会館が百年の時を刻めるよう、その時に、皆さまにもぜひこの建物と歴史の参加者になっていただけませんでしょうか。この建物を、一緒に、未来に手渡していただけませんか?よろしくお願いします!

 
[呉YWCA 会館百年プロジェクト]
呉YWCA(Young Women's Christian Association)は「子どもたちが伸び伸びと、若い人たちが個性的に、高齢者が健やかに、私あなたがいきいきと 現在、未来を生きるために」を活動理念として、様々な地域貢献活動をしている国際NGOです。「呉YWCA 会館百年プロジェクト」は、活動拠点にしている旧海軍施設の歴史ある木造建築を未来に残していくためのプロジェクトです。
木村 浩子(会館百年プロジェクトリーダー)

リターンを選ぶ

  • 3000

    進捗お知らせコース

    • 進捗をアップデートでお知らせ
    • 2021年05月 にお届け予定です。
    • 23人が応援しています。
  • 5000

    おはがきコース

    • サンクスレター(はがき)
    • 進捗をアップデートでお知らせ
    • 2021年12月 にお届け予定です。
    • 17人が応援しています。
  • 10000

    おてがみコース

    • サンクスレター(封書)
    • 進捗をアップデートでお知らせ
    • 2021年12月 にお届け予定です。
    • 4人が応援しています。
  • 10000

    てぬぐいコース

    • サンクスレター(はがき)
    • 呉YWCA手ぬぐい
    • 進捗をアップデートでお知らせ
    • 2021年12月 にお届け予定です。
    • 20人が応援しています。
  • 30000

    「かしの木」コース

    • サンクスレター(封書)
    • 呉YWCA手ぬぐい
    • 呉YWCAサブレ(福祉作業所「かしの木」製)
    • アフタヌーンティーチケット 3枚(1枚につき2名利用可/来館時にお茶とお菓子をサービス)
    • 進捗をアップデートでお知らせ
    • 2021年12月 にお届け予定です。
    • 5人が応援しています。
  • 30000

    「紙ふうせん」コース

    • サンクスレター(封書)
    • 呉YWCA手ぬぐい
    • アフタヌーンティーチケット 3枚(1枚につき2名利用可/来館時にお茶とお菓子をサービス)
    • マルチマット(福祉作業所「紙ふうせん」製)
    • 進捗をアップデートでお知らせ
    • 2021年12月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • 30000

    呉氏コース

    • サンクスレター(封書)
    • 呉YWCA手ぬぐい
    • 呉氏&呉YWCAなかなか君マスク
    • アフタヌーンティーチケット 3枚(1枚につき2名利用可/来館時にお茶とお菓子をサービス)
    • 進捗をアップデートでお知らせ
    • 2021年12月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 50000

    Tシャツコース

    • サンクスレター(封書)
    • 呉YWCA手ぬぐい
    • 呉YWCA Tシャツ(黒地に白のプリント)
    • 進捗をアップデートでお知らせ
    • 2021年12月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • 100000

    ホールご利用コース

    • サンクスレター(封書)
    • ホール1日ご利用
    • 進捗をアップデートでお知らせ
    • 2022年08月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 300000

    204室ご利用コース

    • サンクスレター(封書)
    • 204号室 半年ご利用
    • 進捗をアップデートでお知らせ
    • 2022年08月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 500000

    203号室ご利用コース

    • サンクスレター(封書)
    • 203号室 1年ご利用
    • 進捗をアップデートでお知らせ
    • 2022年08月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。