黄金町バザール2012をクラウドファンディングで実現!

「アートによるまちづくり」を一緒に支える!「黄金町バザール2012」

  • 黄金町バザール 2015
  • アート
  • 神奈川県
Main
  • コレクター
    36人
  • 合計金額
    361,000円
  • 残り
    0日

目標金額は800,000円です。

FUNDED

このプロジェクトは、2012年12月4日00:00に終了しました。

このプロジェクトについて

『黄金町バザール』は、横浜市中区黄金町エリアでアートによるまちの再生に取組む、初黄・日ノ出町環境浄化推進協議会とNPO法人黄金町エリアマネジメントセンターが主催するアートフェスティバルです。「街」という日常の空間を舞台に、2008年より毎年秋に開催し、国内外のアーティスト、キュレーター、建築家を招聘してきました。『黄金町バザール』の開催をきっかけに、若手クリエイターの実験の場として街を開放し、地域コミュニティに新たな可能性が生み出されることを目指しています。

8年目のアートフェスティバル「黄金町バザール」を、もっと多くの人の手でつくりあげたい!黄金町バザール2015のクラウドファンディングが開始しました!こちらも是非応援をお願い致します! https://motion-gallery.net/projects/kb2015

黄金町バザールとは?

黄金町バザール2011会場の様子

『黄金町バザール』は、横浜市中区黄金町エリアでアートによるまちの再生に取組む、初黄・日ノ出町環境浄化推進協議会とNPO法人黄金町エリアマネジメントセンターが主催するアートフェスティバルです。「街」という日常の空間を舞台に、2008年より毎年秋に開催し、国内外のアーティスト、キュレーター、建築家を招聘してきました。『黄金町バザール』の開催をきっかけに、若手クリエイターの実験の場として街を開放し、地域コミュニティに新たな可能性が生み出されることを目指しています。

この地域について

安全・安心のまちづくりのために映像作品を夜間投影

初黄・日ノ出町地区は、かつて売買春等を行う違法な小規模店舗が約250件(2004年)に達し、古くからの店舗や地域住民の転出が生じるなど、生活環境の悪化が地域の深刻な問題となっていました。そのような状況のもと2003年11月、地域住民によって設立された「初黄・日ノ出町環境浄化推進協議会」(以下協議会)は、行政・警察・大学等と連携しながら、安全・安心のまちづくりを推進してきました。そして、2005年1月、神奈川県警察本部はバイバイ作戦を実施し、違法な特殊飲食店の営業を閉鎖し、現在も24時間体制の警備が続いています。
その後、空き店舗の活用と街全体の活性化のために2008年開催されたのが「黄金町バザール」です。開催後、地域住民の後押しもあり「黄金町バザール」を始めとする継続的な「アートによるまちづくり」が望まれNPO法人黄金町エリアマネジメントセンターが発足、「黄金町バザール」も今年で5回目を迎えます。

黄金町バザール2012について

毎回、街と密接に関係して展開する「黄金町バザール」ですが、今年は国内外合わせて33組のアーティストを迎え開催されます。作品展示会場は街中に広がり、会期中はアーティストによるワークショップやトークショー、地元の商店による出店など街全体で一緒にもりあげるフェスティバルです。「黄金町バザール」を通じて、地域住民を始めとした来場者が楽しみながら「まちの将来」について考える展覧会を目指しています。

地域商店による出店「かいだん広場マーケット」

参加作家によるワークショップの様子

サポーターによる展示会場のガイドツアー

アーティストの滞在制作の支援をお願いします!

「黄金町バザール2012」は参加作家33組・展覧会場17カ所・開催期間約60日間に及ぶ、規模の大きいアートフェスティバルです。最大の特徴は「アーティスト・イン・レジデンス」であり、作家の多くは夏から黄金町に滞在して作品制作に取りかかっています。

長期にわたるフェスティバルですので、さまざまなアクシデントや問題が生じてきます。そのひとつが、運営資金です。33組中7組の海外アーティストがはやいひとで8月頃から来日し、黄金町で生活を送りながら制作を行っています。中には11月頃まで滞在し、ワークショップや作品の制作を続ける方もいらっしゃいます。
黄金町や横浜に滞在する中で、制作プランが変化することもありますし、日本の物価と母国の物価の差により材料調達が難しいこともあります。生活面でも不慣れな生活の中で健康状態が悪くなることもあります。
アーティストの作品制作や滞在生活における様々な支援やケアに支えられながら、「黄金町バザール2012」開催にむけて作家たちは日々制作に励んでいます。

今回みなさまには、アーティストの滞在費用のご支援を頂ければと思います。

前述の通り、既に黄金町に滞在しながら作品を制作しており、その様子を垣間みれるイベントなども開催しておりますので、完成品はもちろん、作品の制作過程をご覧頂けるのもこのアートフェスティバルならではの特徴ではないでしょうか。

特典「アートワーク」に込められた想い・・・

5000円以上のご寄付を頂いたみなさまには、特典として「アートワーク」をお渡しする予定です。これは、黄金町バザールの参加作家やこの地域で日常的に活動をしている作家から「寄付」という形で頂いた大切な作品たちです。
つまり、みなさんが手にするのは単なる「特典」ではなく「黄金町バザール」を支えたいというアーティストたちの想いでもあります。

みなさまのご支援、お待ちしております!

黄金町バザール2012 開催概要

【会期】 2012年10月19日(金)-12月16日(日) / 休場日:月曜日 / 11:00〜19:00
【会場】 京急線「日ノ出町駅」から「黄金町駅」間の高架下スタジオ、周辺のスタジオ、既存の店舗、屋外、他
【入場料】 会期中有効のフリーパス 高校生以上500円、中学生以下無料
【主催】 特定非営利活動法人黄金町エリアマネジメントセンター、初黄・日ノ出町環境浄化推進協議会
【共催】横浜市
【後援】神奈川県、公益財団法人横浜市芸術文化振興財団
【協賛】京浜急行電鉄株式会社、アサヒビール株式会社、アサヒ飲料株式会社
【協力】神奈川県警察本部、神奈川県伊勢佐木警察署、社団法人横浜中法人会、日ノ出町町内会、初黄町内会、日ノ出町駅前A地区市街地再開発組合、Kogane-X Lab.運営委員会、公立大学法人横浜市立大学
【助成】平成24年度文化庁文化芸術の海外発信拠点形成事業
【問合せ先】 特定非営利活動法人黄金町エリアマネジメントセンター
〒231-0066 横浜市中区日ノ出町2-158
TEL: 045-261-5467 / FAX: 045-325-7222
info@koganecho.net
【黄金町バザール2012特設サイトはこちら】

http://www.koganecho.net/koganecho-bazaar-2012/

参加アーティスト(抜粋)

もっと読む
コレクター
36人
現在までに集まった金額
361,000円
目標金額は800,000円です。
残り
0日

FUNDED

このプロジェクトは、2012年12月4日00:00に終了しました。

リターンを選んで応援する

  • 500円

    • 黄金町バザール2012パスポート1冊
    • ウェブサイトお名前掲載
    • 8人
  • 1,000円

    • 黄金町バザール2012パスポート2冊
    • ウェブサイトお名前掲載
    • 11人
  • 3,000円

    • 黄金町バザール2012パスポート1冊
    • ウェブサイトお名前掲載
    • 黄金町アニュアルレポート2008、2009、2010 各1冊
    • 1人
  • 5,000円

    • 黄金町バザール2012パスポート2冊
    • ウェブサイトお名前掲載
    • アーティストによるアートワーク1点(ver.A)*お渡しする作品の選定はプレゼンターで行います
    • 7人
  • 10,000円

    • 黄金町バザール2012パスポート2冊
    • ウェブサイトお名前掲載
    • トークショー優先ご招待
    • アーティストによるアートワーク1点(ver.B)*お渡しする作品の選定はプレゼンターで行います
    • 5人
  • 20,000円

    • 黄金町バザール2012パスポート2冊
    • ウェブサイトお名前掲載
    • トークショー優先ご招待
    • アーティストワークショップ優先ご招待
    • アーティストによるアートワーク1点(ver.C)*お渡しする作品の選定はプレゼンターで行います
    • 1人
  • 30,000円

    • 黄金町バザール2012パスポート2冊
    • ウェブサイトお名前掲載
    • トークショー優先ご招待
    • アーティストワークショップ優先ご招待
    • クロージングパーティご招待
    • アーティストによるアートワーク1点(ver.D)*お渡しする作品の選定はプレゼンターで行います
    • 3人

プレゼンター

Middle?1434768332

黄金町バザール 2015

  • 神奈川県

「黄金町バザール」は横浜市の初黄・日ノ出町地区で地域のまちづくりに取組む「初黄・日ノ出町環境浄化推進協議会」と「黄金町エリアマネジメントセンター」が共同で開催するアートフェスティバルです。 第8回を迎える「黄金町バザール2015」は、これまでの経験と実績をもとに「まちとともにあるアート」をテーマに開催します。アジアを中心に国内外から14組のアーティストを迎え、新作の発表やワークショップなどのイベントを実施するほか、建築やまちづくりの視点を加えたプロジェクトを展開することで、黄金町のまちの歴史や魅力を再発見するとともに、まちの未来について考える機会となることを目指しています。

質問や意見をメールする