シネマプロジェクト第6弾 岡太地監督『川越街道』をクラウドファンディングで実現!

岡太地監督による長編、シネマプロジェクト第6弾『川越街道』へのご協力をお願いします!

  • koji184
  • 映画
  • 東京都
4f418e9e e1af 43d0 9cce 9f5c92fcbec6
  • コレクター
    50人
  • 合計金額
    809,600円
  • 残り
    0日

目標金額は800,000円です。

FUNDED

このプロジェクトは、2016年10月31日23:59に終了しました。

このプロジェクトについて

ENBUゼミナール・シネマプロジェクト第6弾企画として岡太地監督による映画『川越街道』を製作いたします。より多くの方に観ていただくために、国内外の映画祭への入選、劇場公開を目指します。

『川越街道』特報予告!

『川越街道』ポスタービジュアル決定!

ポスター用に主演の金子岳憲さんをスチール撮影!疾走感などカッコいいビジュアルになりました!このポスターからも相当いい映画が出来ていそうだと思いませんか!

岡組『川越街道』、無事クランクアップいたしました!

10月1日より撮影が始まった『川越街道』ですが、無事10月12日にクランクアップいたしました!そして、監督曰く「いい画がばっちり撮れました」との事!

主演の金子岳憲さんを囲んで川越街道の夕景をバックに撮った、この写真の全員の表情を見ていただければ間違いなくいい映画になると思いませんか?!

あとは、11月26日より予定しております新宿K's cinemaでの上映に向けて、編集街道まっしぐらです~!楽しみにお待ちくださいませ~!

岡太地監督の新作長編をシネマプロジェクトにて製作

ENBUゼミナール主催 「シネマプロジェクト」第6弾作品として、今回、岡大地監督による『川越街道』を製作いたします!

今回、岡監督として久しぶりの長編新作となります。これまであたためてきた企画をワークショップ参加のキャストとゲストを迎えて、いよいよ10月1日よりクランクイン!

※同じシネマプロジェクト第6弾としてすでに製作いたしました、今泉力哉監督による 『退屈な日々にさようならを』は、本年10月25日より開催されます第29回東京国際映画祭・日本映画スプラッシュ部門に正式招待され、ワールドプレミア上映されることとなりました! 岡太地監督による『川越街道』も負けじと頑張ります!!

映画『川越街道』

監督・脚本・編集:岡太地|撮影:平野晋吾|照明:小川大介|録音:菱野洋介 岸川達也|衣装:藪野麻矢|助監督:平波亘|ヘアメイク:須見有樹子|制作:猫目はち|音楽:小野川浩幸|ラインプロデューサー:石川真吾|プロデューサー:市橋浩治 
出演:金子岳憲 小西 麗 末延ゆうひ 金田侑生 古賀勇希 さほ 川島信義 南部映二 青坂 匡 小畑はづき 桑名 悠 笹原万容 横須賀一巧 川瀬陽太

【あらすじ】

川越市の一軒家で10年間も引きこもって酒とゲームに溺れる40歳の男、聡。ある日気がついたら、自分の世話をずっとしてくれていた母親がいなくなっていた。他人との会話もままならない聡は一人で電車にも乗れず途方に暮れ……やがて母親、和美の足取りを追って川越街道を進み始める。

甘えん坊のおっさんが母をたずねて泣きながら歩く三千里もない44キロの道。そこで通り過ぎていく数々の事件。

倉庫で働く園子と、欲望の男、仁。そしてパンクな女ほのかの小さな戦争。アクション女優を目指す南と、彼女を支える大輔の住む、狭すぎる部屋。バイク店主で優しい昌広、弟分の健司と、その彼女の貴美の罪について。生きる意味を語る池袋の不思議な詩人、敬太とその新しい彼女、瀬奈の持つ恥。ビジネスを語る立川とそのパートナー京子の関係。そして明かされてくる聡の過去と、彼を追う黒い影の男。10年間消えなかった怒りと、失恋の旅の末、果たして、聡は母親に会えるのか。そして、何をするのか……

岡太地監督 プロフィール&メッセージ

【プロフィール】
岡太地:1980年生まれ。京都府出身。大阪芸術大学映像学科・大学院修了。武蔵野美術大学映像学科非常勤講師。在学中に中島貞夫監督に師事。ぴあフィルムフェスティバル2005にて、監督作品『トロイの欲情』が準グランプリその他3賞受賞をはじめ国内外で上映多数。2007年『屋根の上の赤い女』(山中崇主演)が公開。お笑いトリオロバート主演映画『レトロの愛情』が2013年沖縄国際映画祭にて特別招待上映。CM・PVなども積極的に制作。

【メッセージ】
はじめまして。 映画『川越街道』監督の岡太地です。

『川越街道』は、ほとんどのみなさんにとって何の引っかかりもないタイトルかもしれません。川越街道とは、埼玉県川越市から、東京の池袋まで伸びた、古くは江戸時代から続く実在の道の名前です。私は度々この44キロの道を行きながら、ここを舞台にした映画を撮りたいと3年前から考えていました。

ENBUゼミナールのシネマプロジェクトのお話をいただいた時は、それより前の作品から少し時間が空いていて、マーケット的なものはさて置いて「撮りたいもの」「自分の見たい映画」をただそれだけを考えてばかりいました。どうしても染み付いて離れないものは何か、自分の目で見聞きして愛せるものは何かと。

 それが川越街道でした。土の、肉の、煙の、ギラギラした灯りの魅力的なこの道です。私が関西からここに越してきてから6~7年。田舎町からべったりとした下町を抜けて繁華街池袋にたどり着くこの道は、ここ、東京のイメージと違う!と思わせました。ちょっと大阪っぽいとも。ここで生きている人と知り合い、触れ合う中で、たくさんのラブストーリー、たくさんの欲望、たくさんの惨めさ、憤りと怒り、触れたい願い、が私の中に竜巻のように流れ込んできました。そしてその全てがよそよそしくなく、親密に感じられるものでした。みんな激しく、生々しかった。

 そして、シネマプロジェクトの参加者の俳優たちと触れ合う中で、より、生々しいものを撮りたいという気持ちは高まって行き、心の真ん中にあった「失恋」をテーマに、俳優たちから伝わってくるものを加えてキャラクターを作り上げました。みんなの「失恋」の話を根掘り葉掘り聞き出し、中にはワークショップ中にとんでもない愛憎劇を繰り広げたメンバーもいて、物語を豊かにしました。

 たくさんの要素をつむぎあげるのに半年以上かかりましたが、「失った愛情を求める」という人の気持ちを軸にして、濃厚な脚本が生まれてきました。私はこれを書き上げる中で見つけたものが多く、36歳にしても新たな感情のポケットがいくつも開かされました。これは私の腹わたの詰まった自信作です。

 また、半年演技練習を続ける中で感じていたのは、参加する俳優たちの個性が強く、一人として愛情を持てない人はいないということ。映画の中に存在することに対して貪欲で、なおかつ自然体でいられる人たちでした。必ずや映像の中の世界で本当に生きている人に見えることができるはずです。

 最後に。これから、この情けない、どこにもない物語を撮ります。必死で準備をしてくれている素晴らしいスタッフとともに、人間の恥の向こうにむき出しの感情が溢れる芝居をレンズでぐりぐりと撮る戦争が始まります。様々な意味で閉じこもれる人たちに、笑って泣ける愛の活劇が待っている外の世界へ踏み出してほしいというのが、私の切なる願いです。そして今、制作費がまだまだ足りません!この映画の完成のために、どうか力を貸してください。

『川越街道』監督 岡 太地

【岡太地過去作品】

『屋根の上の赤い女』(ndjc若手映画作家育成プロジェクト2006年作品)
監督・脚本:岡太地|撮影:近藤龍人
出演:山中 崇、神農 幸、高城ツヨシ、梶本 潔、板倉善之

『きをつけてね』(2012年)
監督:岡太地|脚本:川原康臣
出演:中村真生 海津忠

『トロイの欲情』85min/16mm Kodak/Color/2003
大阪芸術大学卒業制作作品。ぴあフィルムフェスティバル2005準グランプリ・音楽・技術賞・北九州観客賞・京都国際学生映画祭準グランプリ、ドイツ・ハンブルグ日本映画祭上映
監督・脚本:岡太地
出演:松井宏樹、中村真利亜、高城ツヨシ、市川奈央子、河本克彦、岡久美子

キャスト

金子岳憲
1977年、神奈川県出身。ニナガワ・カンパニー・ダッシュ、ハイバイを経て、現在フリーで活動中。舞台のみならず、映像作品へも活動の幅を広げている。主な出演作に、【舞台】こまつ座『十一ぴきのネコ』、城山羊の会『水仙の花 narcissus』、『宮本武蔵(完全版)』、【ドラマ】『真珠湾からの帰還〜軍神と捕虜第一号〜』(NHK)、『美女と男子』(NHK)、【映画】『ひとつの歌』『超能力研究部の3人』『ロマンス』『愛を語れば変態ですか』『友だちのパパが好き』等がある。

小西 麗
1993年生まれ。 名古屋市出身。日本女子大学文学部英文学科卒業。大学在学中よりモデル活動を始め、'14年~'16年モデルエージェンシー所属を経て、現在フリーランスで活動中。今作が演技初挑戦、映画初出演。スキップが苦手で、手紙や日記を書くことがすき。今年は手足を思い切り伸ばして 新しいことへ飛び込むぞ、と このプロジェクトに参加しました。 http://uraranranlooh.tumblr.com

末延ゆうひ
1990年10月31日生まれ。東京都出身。早稲田大学 文化構想学部 文芸・ジャーナリズム論系卒業。座・高円寺 劇場創造アカデミー6期 演技コース修了。映画には初めて挑戦します。舞台でも映画でも、人としてその場に存在できればと思っています。どうぞよろしくお願いします。

金田侑生
1988年生まれ。大阪府出身。特技 ボクシング。趣味 映画鑑賞 映画チラシ、DVD集め。初主演作 『青春群青色の夏』(田中佑和監督)では、自身含めてメインキャストが役者を始めて一ヶ月で現場入り。プロのスタッフの中、役者で出番がない時は照明助手などをやり、全員で映画を完成させる。2015年9月、テアトル新宿で公開し、1週間で動員1000人達成。その後、芝居勉強の為、舞台中心に活動。立川志らく脚本演出 「真景累ヶ淵殺人事件」他8本

古賀勇希
1988年5月3日生まれ【出演歴】「クローズexplode」豊田利晃監督の強羅グループの一員役でスクリーンデビュー。その後「雪あかり」俊平役 (橋本光二郎監督)、「父のこころ」奥村宏志役 (谷口正晃監督)、「合葬」 家来役 (小林達夫監督)、「日本の一番長い日」浅葱大尉役 (原田眞人監督)に出演。10月には出演作「バースデーカード」(吉田康弘監督)、「デスノートLight up the NEW world」 (佐藤信介監督)が公開。

さほ
東京出身。 mimimal所属。 これまでは小劇場やギャラリー等で活動。主に所属しているmimimalの作品に出演。

川島信義
今回初めてワークショップも含め映画にがっつり関われる機会を頂けました。作品としても、自分個人としても賞賛していただけるようにしたいです。【舞台】小林のり子バレエシアター公演アナスタシア、劇団ドガドガプラス公演浅草紅團、劇団ドガドガプラス公演問わず語り【映画】死刑ドットネット0(坂牧良太監督)、eve(緒方貴臣監督)、イニシエーションラブ(堤幸彦監督)、バクマン(大根仁監督)

南部映次 
埼玉県入間市出身。1986年生まれ。 俳優部として携わった映画は、『かぞく』《2012/松永大司監督》、『DUAL CITY』《2015/長谷川億名監督》、『無辜の血』《2015/藤井道人監督》がある。
はじめまして、こんにちは。南部映次と申します。みなさまのお力添え、こころより、お願い申し上げます。何卒、宜しくお願い致します。

青坂 匡
1987年10月13日生まれ。大分県出身。趣味/将棋・読書、特技/卓球。【映画】12年『海外志向』(太田達成監督)※第15回京都国際学生映画祭グランプリ受賞、『tarpaulin』(今泉力哉監督)、13年『みるひと』(太田達成監督)※第16回京都国際学生映画祭入選、14年『グッド・ストライプス』(岨手由貴子監督)、15年『嘘と汚れ』(猪狩裕子監督)※第37回ぴあフィルムフェスティバル審査員特別賞受賞等。

小畑はづき
1993年8月23日生まれ。福岡県出身。九州大谷短期大学表現学科演劇放送フィールド卒業後、2014年ENBUゼミナール映像俳優コースに入学。出演作に【映画】『遠くの水』監督:杉田協士、『スピリタス』監督:吉田浩太、『文学少女の憂鬱』監督:鈴木太一、『若者よ』監督:鈴木太一【舞台】池亀さん、他『ハッピーアイススクリーム』などがある。

桑名 悠
1988年8月27日生まれ。東京都出身。レジェンド・タレント・エージェンシー所属。園子温監督作品に出会い役者を志すようになる。趣味は歌うこと、詩を書くこと、写真を撮ること。【映画】桜井亜美監督「Girl recruits her God」ユエナ役/野本梢監督「愛しのマミー」山田恵子役【モデル】園子温監督個展「ひそひそ星」朗読モデル

笹原万容
1993年12月25日生まれ。神奈川県出身
【芸歴】2013 舞台『海の種』演出:宇梶剛士
2015年 舞台『終わりと始まり』演出:高瀬久男(文学座)

横須賀一巧
1987年茨城県出身 放課後ランナー所属。大学卒業後俳優業を本格的にスタート。舞台を中心に活動を始め近年では映像作品へと幅を広おらんなーげ、映像、舞台とマルチに活動している。今作品が長編映画への本格的なデビューとなる。【主な芸歴】放課後ランナー本公演『感謝する日は生れてきた日ともう一つ…』『弱虫堂々』他、TVCMギャッツビーヘアジャム、PVscandal『プレイボーイ』、NTT光フレッツ広告、他

川瀬陽太
1969年神奈川県出身。1995年、映画「RUBBER‘S LOVER」(福居ショウジン監督)で主演デビュー。瀬々敬久監督をはじめピンク映画で活躍。現在も自主映画から大作までボーダーレスに活動している。主な作品は「サウダーヂ」(11/富田克也監督)、「超能力研究部の3人」(14/山下敦弘監督)、「クローバー」(14/古澤健監督)、「ジョーカー・ゲーム」(15/入江悠監督)、「さよなら歌舞伎町」(15/廣木隆一監督)、「乃梨子の場合」(15/坂本礼監督)、「ローリング」(15/冨永昌敬監督)、WOWOWドラマ「贖罪の奏鳴曲」(15/青山真治監督)、「64」(16/瀬々敬久監督)、「シン・ゴジラ」(16/庵野秀明監督)など。

募集するお金の使い道

▶現在、撮影準備中ですが、いよいよ10月1日より撮影が始まります。撮影にかかる費用の多くはすでに準備できておりますが、作品クオリティアップにこだわる部分への費用を今回のクラウドファンディングにて募集したいと考えております。

▶今回はゲストとして3名をお招きしており、これまでのシネマプロジェクト作品とは一味違うキャスティングによる作品を目指します。さらにロケーションにもこだわっております。

▶また、カラコレ、音楽、MAといったポストプロダクション行程仕上げについても拘りたいと思っております。見応えある作品にまで仕上げます。

▶完成させた作品を出来る限り多くの人に観てもらうためには、やはり字幕製作や宣伝費・配給費等の資金が必要になります。シネマプロジェクトとしてのイベント上映は11月に決定していますが、それ以外に単独での公開出来る劇場や、国内外での映画祭への出品にチャレンジし、積極的に機会を増やしていきます。

▶現在の撮影、ポストプロダクション、映画祭へのエントリーなど下記のようなプロジェクト予算およびスケジュールを予定しております。温かいご支援をお待ちしております。今回のプロジェクトが目標金額を超えた場合には、スタッフへの還元や単独劇場公開へ向けての活動資金などに使わせていただきたいと思います。

【プロジェクト合計予算】800,000円

撮影費用
  車輌 200,000円
  ガソリン・駐車場費 50,000円
  食事 150,000円
  衣装・小道具 100,000円
  ロケーション費用 150,000円
映画祭エントリー費用
  英語字幕翻訳 150,000円

【制作スケジュール】
2016年10月1日 クランクイン、10日間撮影予定   
   10月中旬 編集作業開始、11月初旬までに粗編集終了
   11月~ カラコレ、整音、アフレコ修正作業
   11月中旬  映画完成
   11月中旬 関係者試写会実施
   11月下旬~ シネマプロジェクトイベント上映

特典について

▶限定公開の制作日記
コレクター限定の制作日記が読めます!

▶映画上映チケット
シネマプロジェクトとしての上映チケットを差し上げます!
新宿ケイズシネマにて今泉力哉監督『他作品と一緒にイベント上映を開催します。

▶DVDプレゼント
完成した作品オリジナルDVDをプレゼントいたします!

▶監督サイン入りポスターをプレゼント
11月イベント上映用のポスターを監督サイン入りでプレゼントいたします!

▶公式上映前の関係者試写会へご招待
関係者向けの試写会へご招待させていただきます!

▶エンドクレジットにお名前を掲載
本編エンドクレジットに会社名または個人名を特別協賛またはアソシエイトプロデューサーとして掲載させていただきます!

想定されるリスクとチャレンジ

この企画に携わった方々のためにも、映画祭での上映や単独劇場公開を実現させ、出来る限り多くの方に観てもらいたいと思っております。
是非、このプロジェクトに賛同いただいた皆さんの協力をお願いします。
シネマプロジェクトとしての『川越街道』映画製作や上映は、ENBUゼミナールが責任をもって行います。
ただし、映画祭へのエントリー結果やプロジェクト以外の単独公開などは約束されたものではありません。

最後に

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございます。
いつもCMなどの映像制作を一緒にしております岡太地監督と映画を制作できること、本当に嬉しく思っています。
ほんの少しのお力添えでも構いませんので、どうかよろしくお願いいたします!

プロデューサー市橋浩治

もっと読む
コレクター
50人
現在までに集まった金額
809,600円
目標金額は800,000円です。
残り
0日

FUNDED

このプロジェクトは、2016年10月31日23:59に終了しました。

リターンを選んで応援する

  • 500円

    コレクター制作日記が読めます!

    • コレクター制作日記が読めます!
    • 6人
    • お届け予定:2016年09月
  • 3,000円

    上映チケットを1枚進呈!

    • 映画上映チケットを1枚差し上げます。
    • コレクター制作日記が読めます!
    • 18人
    • お届け予定:2016年11月
  • 5,000円

    上映チケットを2枚進呈!

    • 映画上映チケットを2枚差し上げます!
    • コレクター制作日記が読めます!
    • 4人
    • お届け予定:2016年11月
  • 10,000円

    ペア上映チケットと完成作品オリジナルDVDを進呈!

    • 完成作品DVDをオリジナルパッケージでプレゼント!
    • 映画上映チケットを2枚差し上げます!
    • コレクター制作日記が読めます!
    • 14人
    • お届け予定:2016年12月
  • 30,000円 残り18枚

    公式上映前の関係者試写会にご招待!

    • 公式上映前の関係者試写会にご招待!
    • イベント上映用ポスターを監督サイン入りでプレゼント!
    • 完成作品DVDをオリジナルパッケージでプレゼント!
    • 映画上映チケットを2枚差し上げます!
    • コレクター制作日記が読めます!
    • 2人
    • お届け予定:2016年12月
  • 50,000円 残り16枚

    エンドクレジットにサポーターとしてご掲載!撮影現場と関係者試写会と打上げにご招待!

    • エンドクレジットにサポーターとしてご掲載!
    • 関係者試写会後の打上げにご招待!
    • 公式上映前の関係者試写会にご招待!
    • イベント上映用ポスターを監督サイン入りでプレゼント!
    • 完成作品DVDをオリジナルパッケージでプレゼント!
    • 映画上映チケットを2枚差し上げます!
    • コレクター制作日記が読めます!
    • 4人
    • お届け予定:2016年12月
  • 150,000円 残り2枚

    会社名または個人名をエンドロールに特別協賛またはアソシエイトプロデューサーとして掲載!

    • 会社名または個人名をエンドロールに特別協賛またはアソシエイトプロデューサーとして掲載!
    • 関係者試写会後の打上げにご招待!
    • イベント上映用ポスターを監督サイン入りでプレゼント!
    • 公式上映前の関係者試写会にご招待!
    • 完成作品DVDをオリジナルパッケージでプレゼント!
    • 映画上映チケットを2枚差し上げます!
    • コレクター制作日記が読めます!
    • 2人
    • お届け予定:2016年12月

プレゼンター

Middle?1433751151

koji184

  • 東京都

東京・五反田で俳優や映画監督養成のスクール「ENBUゼミナール」(http://enbuzemi.co.jp)代表しています。 毎週、小劇場中心の芝居や邦画中心に映画を観ています。 そして、舞台や映画をプロデュースしております! 最近はCMやTV番組製作などもやっておりますので、何か映像制作全般の企画ございましたら是非ともお声掛けください。

質問や意見をメールする