ドキュメンタリー映画『伝えきれなかった真実2016』をクラウドファンディングで実現!

人は弱くそして強い。アフガン・イラク戦争と難民15年の記録を映画にしたい。

  • その他・海外
  • 映画

幸せについて考えてみませんか?「不幸」を見て「幸せ」を考えるのではなく人の強さと弱さを見ることで。パリ連続テロで難民の行方に注目が集まる今、新たな映画制作を開始しています。

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、2016年1月8日23:59に終了しました。

コレクター
51
現在までに集まった金額
480,000
残り日数
0

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、2016年1月8日23:59に終了しました。

Middle?1448525350

Presenter
ASIANEWS映画制作チーム プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

パリ市内のテロ、連続する日本人ジャーナリストの殉職。NYテロから続く世界の争いは一向に収まる気配がありません。 私たちはイラク戦争を取材したジャーナリストで設立された独立系の報道番組制作会社です。これまでにアフガン・イラク戦争・シリア内戦を15年に渡り取材。3本の映画を制作し公開・発売することで、私たちがメディアで伝えきれなかったことを発信してきました。現在も取材は継続していますが、日本のメディアで放送・出版することが厳しい状況です。そこで皆様からクラウドファンディングで資金を募り、新たな映画を制作・公開するプロジェクトを始動しました。

クラウド最終日です

vol. 15 2016-01-08 0

クラウド最終日となりました。これまでご支援いただいたことに心からの御礼を申し上げます。24時の締め切りまであと僅か。ご興味を持っていただけました皆様には是非ご支援をお願いいたします。この映画は2001年のニューヨークテロ事件以降、連続して戦われたアフガニスタン、イラク、シリアの人々を15年間追ったドキュメンタリです。

出演するフォトジャーナリストの久保田弘信は、2001年以前からアフガン難民を取材してきたカメラマン。

私(プロデューサー・演出:板倉弘明)と久保田カメラマンは9・11を機に番組取材で出会い、以降15年間一緒に仕事をしてきました。

それから2年後、戦火はアフガニスタンからイラクへ。

久保田カメラマンがバグダッドから空爆の下で日本の放送局にリポートをし、私がそのコーディネーションを行っています。空爆当時は文字通り24時間、テレビ局向けのリポートをしてきましたが、リポートとは別に久保田カメラマンが戦時下で回したビデオテープの量は相当なものに登っていました。

空爆終了後、私たちASIANEWSのメンバーも久保田カメラマンとともにイラクに入り、以後定期的に訪れて市民生活がどう変化したのか定点取材を継続してきました。

そして今度はシリアの内戦に。15年間を振り返って思うのは、年々最前線の取材の困難度が増しているという点です。ご存じのように日本人ジャーナリストがイラク・シリアを始め各国で命を落としています。最前線に入れば誰が襲ってくるのかが非常に見極めにくい状況となっています。

加えて、国際報道自体が放送される機会が急速に減少しています。僕たち自体は戦争報道を「伝えなかった」とは考えていません。自分たちのできる限り、放送・出版・新聞・雑誌・ウエブ・講演等、媒体を変えつつ発信はしてきたと考えています。

しかし限りある紙面や放送時間では「伝えきれなかった事実」が相当数あることも事実です。これまでにそうした思いを自主制作映画として発信もしてきました。

今年2016年はニューヨークテロ事件から15年目となります。そして去年から多くの難民が欧州を目指し、国際社会でも再び難民問題が大きくクロースアップされることとなりました。

この機会を私たちの15年の集大成として一本のドキュメンタリー映画にまとめたいと思い立ち、このプロジェクトを立ち上げました。

久保田カメラマンはこう語っています。「放送されなかった事件は”なかった事件”に等しくなっている」。私たちが眼の前で起こった様々な出来事。それをなかった事件にはしたくありません。

この映画には遠く海の向こうで起こった戦いの事実を、久保田カメラマンという日本人ジャーナリストの目を通して、身近な問題として提起してくれると信じています。

もう一つ注目していただきたいのは、この映画をお子さんたち(小学生や中高校生を指します)にも見ていただけるよう、編集の配慮を行う点です。

もっとも戦争を取材したドキュメンタリですから戦闘シーンはあります。しかし暴力的なシーンや殺戮などのシーンはありません。人の生き様・死に様は避けて通れぬテーマですが、そのシーンの扱いについても子供たちに理解してもらえるように構成をします。

何より、この映画にはたくさんの子供達が出てきます。僕たちが子供達をたくさん撮った理由については下記の動画に詳しく説明をしていますので是非ご覧ください。

最後のご支援、どうぞよろしくお願いいたします。
その他のトレーラーも是非ご覧ください

プロデューサー:板倉弘明(ASIANEWS)

アップデート一覧に戻る

リターンを選ぶ

  • 残り968枚

    3000

    DVDビデオ

    • 完成したDVDビデオ<1本>
    • 2016年04月 にお届け予定です。
    • 32人が応援しています。
  • 残り83枚

    10000

    DVDビデオ・映画でのお名前掲載

    • エンドロールでのお名前掲載
    • DVDビデオ<2本>
    • 2016年04月 にお届け予定です。
    • 17人が応援しています。
  • 残り19枚

    50000

    DVDビデオと子供たちの写真・お名前掲載・完成披露上映会ご招待

    • アフガン・イラク・シリアいずれかの地域の子供たちの写真(額装なし)
    • エンドロールでのお名前掲載
    • DVDビデオ<5本>
    • 完成上映会ご招待
    • 2016年04月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • 残り9枚

    100000

    DVDビデオと子供たちの写真パネル(額装)・映画でのお名前掲載

    • 完成したDVDビデオ<10本>
    • 子供たちの写真(額装付き)
    • エンドロールでのお名前掲載
    • 子供たちのポストカード
    • 完成上映会ご招待
    • 2016年04月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • 残り10枚

    150000

    DVDビデオ(10本)+上映の権利(1日限定)

    • 完成映画の上映権(1日のみ)
    • 完成したDVDビデオ<10本>
    • エンドロールでのお名前掲載(団体名・法人名可能)
    • エンドロールでのお名前掲載
    • 2016年04月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。