映画『抱擁』をクラウドファンディングで実現!

『抱擁』(東京国際映画祭2014日本映画スプラッシュ部門出品)配給宣伝に御協力下さい

  • 坂口 香津美
  • 映画
  • 東京都

「海の音」​残りあと3日になりました

  • Vol.61
  • 12月03日

監督の坂口香津美です。

現在、Motiongalleryにて最新作の映画「海の音」のクラウドファンディングを行っています。

https://motion-gallery.net/projects/uminooto

「海の音」は、重く厳しい病気によって、途中で、命を終えなくてはならない思春期の子どもたちと家族の愛と生を見つめる映画です。

映画を製作するにあたり、つねに私の脳裏にあったのは、今から15年ほど前に出会った沖縄の少女の姿でした。

世田谷にある国立成育医療センタ-の敷地内に併設してある、小児がんなどの病気で当センターで治療や手術を受けなくてはならない子どもたちや家族が宿泊できるドナルド・マクドナルドハウスがオープンして間もないころ、クリスマスイブの夜でした。

そこで開かれるクリスマスパーティにスタッフの一人からお招きを受けたのです。

そこで、一人の女性から声をかけられました。

当時小学6年生の小児がんで治療を続けている娘さんの母親でした。

その日から、少女とお母さんと私たちとの交流が始まりました。

その後、少女は、家族、医師、様々な人々の力を得ながら、奇跡的に病気は回復し、大学を卒業して、現在は、社会人として企業で働きながら、講演活動などを通じて病気と闘う人たちを支援しています。

少女は健康になりましたが、少女と同じ病院の入院していた仲間で、亡くなった小児がんの子どもたちもいます。

その時、知ったのは、小児がんなど重く厳しい病気になり、余命を宣告された子どもたちが家族とともに長期間滞在する「子どもホスピス」が当時、日本にはないことでした。

日本には、神経難病や心疾患、小児がんなどの厳しい病気で生命にリスクのある子どもたちが約2万人いるといわれ、その約2割は現代の医学では、治療が不可能とされています。

在宅で重い病気を抱える子どもの看護にあたる家族は、精神的、肉体的、経済的な負担の大きさに加え、24時間介護が必要なケースもあり、社会のなかで孤立しがちです。

現在、日本国内には、子どもホスピスは2カ所しかなく、全国各地での設立が求められています。

今回、私は、映画を通じて、限りある命を宣告された子供たちとその家族の現実と希望について考えてみたいと思います。

今後、子どもホスピスが全国的にひろがっていくことを願ってやみません。

私が「海の音」を作る原点にはこの思いがあります。

(映画の大要)

黄金色の稲穂が垂れる田園の道を一台の車が過ぎる。

花峰あおい(15歳)と母親の香澄がめざすのは、海辺の森にある子どもホスピス「海の音」だ。

あおいは小児がんで、手術などの治療を繰り返してきたが、医療の限界と余命を医師から宣告され、残された日々を母親の香澄と子どもホスピスで過ごしたいと考えていた。

「海の音」の院長の黒田は、元大学病院の小児科部長で多くの子どもたちの命を救って来たが、同時に、医学で子どもの命を救うことが出来ない無力感と痛恨の思いを抱えていた。

大学病院をやめて、創設したのが子どもホスピス「海の音」だった。

ウミガメが産卵する浜辺、その海沿いのホスピスで、子どもたちは海にいだかれ、限りある命の日々を過ごす。

ウミガメの上陸を待ち続けるあおい、ホスピスで同室のまひる(13歳)、瑠璃香(12歳)。

そして、ホスピスに毎朝、山羊の乳を届ける15歳の少年翔平。

3人の少女たちの、最初で最後の恋、命の旅が始まる…。

(種子島にて、スタッフ、キャストとの記念撮影)

今夏、4Kカメラでの撮影を終えた本作は、編集ポスプロ作業を経て、来年初夏に完成をめざしています。

クオリティーの高い作品として完成させるべく、このたび、モーションギャラリーにてクラウドファンディングにチャレンジしておりますが、いよいよ期限まであと3日となりました。

皆様の応援を、どうぞよろしくお願い致します。

坂口香津美

コレクター
19人
現在までに集まった金額
445,000円
目標金額は300,000円です。
残り
0日

FUNDED

このプロジェクトは、2014年12月29日23:59に終了しました。

リターンを選んで応援する

  • 500円

    コレクター限定記事

    • コレクター限定記事にて、作品の劇場公開に至るまでの出来事を随時ご報告
    • 2人
  • 2,000円

    前売り券

    • コレクター限定記事にて、作品の劇場公開に至るまでの出来事を随時ご報告
    • 映画前売り券×1枚
    • 6人
  • 3,000円

    前売り券+パンフレット

    • コレクター限定記事にて、作品の劇場公開に至るまでの出来事を随時ご報告
    • 映画前売り券×1枚
    • パンフレット×1部
    • 2人
  • 5,000円

    公式サイトにお名前掲載

    • コレクター限定記事にて、作品の劇場公開に至るまでの出来事を随時ご報告
    • 映画前売り券×2枚
    • パンフレット×2部
    • 映画公式サイトにお名前掲載
    • 3人
  • 10,000円

    DVD+試写&交流会+宣伝スタッフ

    • コレクター限定記事にて、作品の劇場公開に至るまでの出来事を随時ご報告
    • 映画前売り券×2枚
    • パンフレット×2部
    • 映画公式サイトにお名前掲載
    • 映画公開期間終了後、映画DVDをプレゼント(1枚)
    • 映画の特別完成試写会(都内で開催予定/監督との交流会つき)に御招待2名様(または映画DVD を1枚プレゼント※本作または坂口監督の過去作品「ネムリユスリカ」「夏の祈り」のいずれかご希望の1枚)
    • 映画のボランティア宣伝スタッフとして宣伝会議などPR活動に参加(希望者のみ、都内で実施予定)
    • 3人
  • 30,000円

    エンドロールにお名前掲載

    • コレクター限定記事にて、作品の劇場公開に至るまでの出来事を随時ご報告
    • 映画前売り券×2枚
    • パンフレット×2部
    • 映画公式サイトにお名前掲載
    • 映画公開期間終了後、映画DVDをプレゼント(1枚)
    • 映画の特別完成試写会(都内で開催予定/監督との交流会つき)に御招待2名様(または映画DVD を1枚プレゼント※本作または坂口監督の過去作品「ネムリユスリカ」「夏の祈り」のいずれかご希望の1枚)
    • 映画のボランティア宣伝スタッフとして宣伝会議などPR活動に参加(希望者のみ、都内で実施予定)
    • 映画エンドロール、パンフレットにお名前掲載
    • 1人
  • 50,000円

    全作品DVD(未発売2作含む)

    • コレクター限定記事にて、作品の劇場公開に至るまでの出来事を随時ご報告
    • 映画前売り券×5枚
    • パンフレット×5部
    • 映画公式サイトにお名前掲載
    • 映画公開期間終了後、映画DVDをプレゼント(1枚)
    • 映画の特別完成試写会(都内で開催予定/監督との交流会つき)に御招待2名様(または映画DVD を1枚プレゼント※本作または坂口監督の過去作品「ネムリユスリカ」「夏の祈り」のいずれかご希望の1枚)
    • 映画のボランティア宣伝スタッフとして宣伝会議などPR活動に参加(希望者のみ、都内で実施予定)
    • 映画エンドロール、パンフレットにお名前掲載
    • 坂口監督の過去全作品DVDプレゼント(「青の塔」(未発売)「カタルシス」(未発売)「ネムリユスリカ」「夏の祈り」の計4枚)
    • 1人
  • 100,000円

    自主上映会での上映権と監督講演

    • コレクター限定記事にて、作品の劇場公開に至るまでの出来事を随時ご報告
    • 映画前売り券×5枚
    • パンフレット×5部
    • 映画公式サイトにお名前掲載
    • 映画公開期間終了後、映画DVDをプレゼント(1枚)
    • 映画の特別完成試写会(都内で開催予定/監督との交流会つき)に御招待2名様(または映画DVD を1枚プレゼント※本作または坂口監督の過去作品「ネムリユスリカ」「夏の祈り」のいずれかご希望の1枚)
    • 映画のボランティア宣伝スタッフとして宣伝会議などPR活動に参加(希望者のみ、都内で実施予定)
    • 映画エンドロール、パンフレットにお名前掲載
    • 坂口監督の過去全作品DVDプレゼント(「青の塔」(未発売)「カタルシス」(未発売)「ネムリユスリカ」「夏の祈り」の計4枚)
    • 劇場公開終了後、自主上映会への映画無料貸出の権利(Blu-rayまたはDVD/2日間上映(1日に複数上映可)可能/上映にかかる一切の費用はご負担ください)
    • 自主上映会等での坂口香津美監督の無料講演(現地までの交通費等の経費実費は別途ご負担ください/1回)
    • 0人
  • 100,000円

    法人チケット

    • 映画公式サイトに企業のバナーリンクを設置
    • エンドロール、パンフレットに企業名を掲載
    • 映画前売り券×20枚
    • 0人
  • 300,000円

    監督があなたのドキュメンタリー制作

    • コレクター限定記事にて、作品の劇場公開に至るまでの出来事を随時ご報告
    • 映画前売り券×10枚
    • パンフレット×10部
    • 映画公式サイトにお名前掲載
    • 映画公開期間終了後、映画DVDをプレゼント(1枚)
    • 映画の特別完成試写会(都内で開催予定/監督との交流会つき)に御招待2名様(または映画DVD を1枚プレゼント※本作または坂口監督の過去作品「ネムリユスリカ」「夏の祈り」のいずれかご希望の1枚)
    • 映画のボランティア宣伝スタッフとして宣伝会議などPR活動に参加(希望者のみ、都内で実施予定)
    • 映画エンドロール、パンフレットにお名前掲載
    • 坂口監督の過去全作品DVDプレゼント(「青の塔」(未発売)「カタルシス」(未発売)「ネムリユスリカ」「夏の祈り」の計4枚)
    • 坂口香津美監督が「あなたの人生」(もしくは御家族等、他の方でも可)を自ら撮影するドキュメンタリー作品(約7分間予定/東京以外での撮影の場合は、監督を含むスタッフ2名の交通費・宿泊費等の実費は別途御用意下さい)を製作し、そのDVDをプレゼント。
    • 1人

プレゼンター

Middle?1438351256

坂口 香津美

  • 東京都

これまで家族や思春期の若者を主なテーマに約200本のドキュメンタリーTV番組を制作。初の長編映画『青の塔』(01)でヒューストン映画祭シルバーアワード受賞、『カタルシス』(02)と共に多くの映画祭で上映、ドイツでも公開された。ロッテルダム映画祭出品の『ネムリユスリカ』(11)、ドキュメンタリー映画『夏の祈り』(12)、東京国際映画祭2014日本映画スプラッシュ部門出品『抱擁』(14)、『シロナガスクジラに捧げるバレエ』(15)、編集中の新作『曙光』『海の音』では撮影も手掛ける。株式会社スーパーサウルス代表取締役。twitter.com/sakatsumi

質問や意見をメールする