ドキュメンタリー映画『波伝谷に生きる人びと』をクラウドファンディングで実現!

震災前の人の営みを伝えるドキュメンタリー映画『波伝谷に生きる人びと』の劇場公開にご協力下さい!!

  • 宮城県
  • 映画

3.11までの3年間、南三陸の小さな漁村の日常を追ったドキュメンタリー映画『波伝谷(はでんや)に生きる人びと』。そこに描かれている地方の漁業者の生き方と地域のつながりを全国の観客に届けるため、みなさんの力をお貸し下さい!!

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、2015年3月31日23:59に終了しました。

コレクター
76
現在までに集まった金額
669,000
残り日数
0

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、2015年3月31日23:59に終了しました。

Middle?1419990617

Presenter
我妻和樹(ピーストゥリー・プロダクツ) プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

 震災前の南三陸を舞台にしたドキュメンタリー映画『波伝谷(はでんや)に生きる人びと』(PFFアワード2014 日本映画ペンクラブ賞)監督。  1985年宮城県生まれ。2004年4月に東北学院大学文学部史学科に入学。翌2005年3月より、同大学の民俗学研究室と東北歴史博物館の共同による、宮城県本吉郡南三陸町戸倉地区波伝谷での民俗調査に参加。2008年の報告書完成と同時に大学を卒業し、その後個人で波伝谷でのドキュメンタリー映画製作を開始する。  現在はピーストゥリー・プロダクツとして上映会を主宰。2014年の夏には『波伝谷に生きる人びと』宮城県沿岸部縦断上映会(11市町)も開催している。

『波伝谷に生きる人びと』を観る前に~映画に寄せるメッセージ①~

vol. 37 2015-02-28 0

 こんばんは。プロジェクトマネージャーの野村です。
 昨年の夏、宮城県沿岸部を中心とする11会場で『波伝谷に生きる人びと』を上映する宮城県沿岸部縦断上映会が行われました。上映会そのもののご紹介は、プロジェクト記事をはじめ、フェイスブックや公式サイトにもありますのでそちらに譲りますが、その縦断上映会のため監督の下に4人の有志が集まり上映実行委員会を組織して運営を担いました。
 今日からは、その上映実行委員会のメンバーが映画を紹介するために寄せたメッセージを4回シリーズでご紹介します。年齢も職業もバラバラで、ただ『波伝谷に生きる人びと』に惹かれたという共通点の実行委員が語る、それぞれにとっての『波伝谷に生きる人びと』をお読みいただければと思います。
 フェイスブック掲載順で紹介していくことにしましたら、トップバッターはなんと私からです。普段書いていることと重複気味かもしれませんが、よろしければご一読ください。
 なお文末に掲載されたフェイスブック記事へのリンクをつけておきました、記事では監督のコメントもありますので、興味がありましたら合わせてお読みください。

********************

 ドキュメンタリー映画『波伝谷に生きる人びと』との出会いは今年の5月のことだが、我妻監督との出会いはかれこれ10年ほど前になる。

 大学の民俗学研究会というサークルで1年先輩だった我妻さんと知り合い、そこで3件の民俗調査をご一緒させてもらった。それらの調査はそれぞれ調査報告書としてまとめられているが、そのうちの1冊には『鍛冶屋の町の守り神―南鍛冶町三宝荒神社の2年間―』という映画のシナリオが付属する。その映画は、ある神社の祭礼とその祭礼に関わる町の人びとを追いかけた105分の作品であり、その調査を通して、人の営みを映像に撮る我妻さんをわずかながらも間近で見させてもらった。

 我妻さんは、一緒に調査をしていて気づくとそこの住民のように入り込んでいることがある。人から招かれ、行事に加わり、最後は「この後もつきあえ」となる。誠実に対象へと向かう姿勢が、人びとに受け入れられるのかもしれない。

 『波伝谷に生きる人びと』はそんな我妻さんだからこそ撮影できたのだと私は思う。登場する人物は、カメラに向かっているという緊張もてらいもなく、その飾らない素の言葉には自然体のままの力強さがある。みんな我妻さんに「あんただからいうが」という感じに本音をぶちまけているようだ。
 そこには地域のこと、家族のこと、自分のことが過去、現在、未来と縦横無尽に語られ、地域を構成する時間や空間や人間が地元の人の語る言葉のままで表現されている。その1つ1つの語りの魅力や奥深さを丁寧に撮影したこの映画のために、私は上映実行委員を引き受けた。

 映画の中に描かれる、かつて地域の政治を司った契約講を構成する旧家と新興の家の社会的、経済的格差と、その格差が漁業の発展を促しながらも海が貧困化する矛盾。産業構造の変化による陸の生業の衰退と弱体化する契約講、その結果としての住民の新たな連帯…このストーリーにあるのは、地域の歴史である以上に日本の近現代史の1場面でもある。
 稀有な漁村の1事例などというものにとどまらず、地域や程度の差こそあれ、どこの土地にもあるはずの歴史的な変遷を、波伝谷を通して描き出している。そこで浮き彫りにされる少子高齢化や過疎化など地域の共同体や家の担い手の問題は、どこの地域にも共通する課題ではないか。

 そうした背景をもつ契約講の衰退がもたらした地域の新たな連帯は、集落に存在したさまざまな格差が解消され、家々の関係がこれまでと違ったフラットなものとなりつつあることも同時に示している。契約講の家しか担えなかった獅子舞のお囃子が、後継者育成を目的に若い世代なら誰でも行えるのはその最たるものだ。
 それでも契約講は、新興の家に協力を仰ぎつつも従来の枠組みの中で存続するところが難しいのだが、伝統的な共同体が変化していく過程は、このようなゆるやかなものでなければうまくはいかないだろう。そしてその変化の途上で震災が発生し、その先にどんな可能性があったのかは残念ながらもはや分からない。
 けれど、その営みの変化の中で、1つ1つの課題に向き合い、考え、行動しようとする人びとの姿勢や言葉には、地域や共同体というものを考える大切なものがあるのではないかと私は思う。

 我々のような若い世代は、もはや田舎でさえ特別の関心でも払わなければこうした地域や共同体を意識せずに暮らせるような社会にいたりする。けれど、波伝谷の人びとが直面し試行錯誤する課題は、決して今だけの課題ではないはずだ。
 波伝谷の人びとが伝統的な暮らしの中で少しずつ変っていこうとしていたように、そして今は復興の過渡期を過ごしながら新しいコミュニティを作ろうとしているように、我々も地域や共同体という課題に取り組む日が来る。
 だから、若い人にこそこの映画を見て何かを感じてもらいたい。ひとまずそこから何かを得られなくても、それぞれ魅力的な話を語ってくれる登場人物の中には、きっと惹かれる人が見つかるだろうと思うからだ。

 ぜひ1度、映像の中の波伝谷の人に会って、その話に耳を傾けてみてはいかがだろうか。

********************

※なお、この文章はフェイスブックに掲載したものを公式サイトに再掲するにあたり加筆修正したものを掲載しました。初出の文章は下記にあります。
フェイスブック記事URL:https://www.facebook.com/hadenyaniikiruhitobito/ph...

アップデート一覧に戻る

リターンを選ぶ

  • 1000

    個人特典①

    • 監督よりお礼のメッセージ
    • コレクター限定アップデートの共有
    • 2015年03月 にお届け予定です。
    • 9人が応援しています。
  • 3000

    個人特典②

    • 監督よりお礼のメッセージ
    • コレクター限定アップデートの共有
    • 「協賛」として公式サイトにお名前掲載
    • 2015年04月 にお届け予定です。
    • 12人が応援しています。
  • 5000

    個人特典③

    • 監督よりお礼のメッセージ
    • コレクター限定アップデートの共有
    • 「協賛」として公式サイトにお名前掲載
    • 劇場招待券1枚進呈(但し東京公開限定となる場合があります)
    • パンフレット1部進呈
    • ポストカード2種進呈
    • 2015年07月 にお届け予定です。
    • 26人が応援しています。
  • 10000

    個人特典④

    • 監督よりお礼のメッセージ
    • コレクター限定アップデートの共有
    • 「協賛」として公式サイトにお名前掲載
    • 「協賛」としてエンドクレジットにお名前掲載
    • 劇場招待券1枚進呈(但し東京公開限定となる場合があります)
    • パンフレット1部進呈
    • ポストカード2種進呈
    • 2015年07月 にお届け予定です。
    • 19人が応援しています。
  • 10000

    企業・団体特典A

    • 監督よりお礼のメッセージ
    • コレクター限定アップデートの共有
    • 「協賛」として公式サイトにお名前掲載(HPリンク付き)
    • 作品フェイスブックでの紹介(投稿の時期と紹介の仕方はこちらの任意になります)
    • 2015年05月 にお届け予定です。
    • 3人が応援しています。
  • 20000

    個人特典⑤

    • 監督よりお礼のメッセージ
    • コレクター限定アップデートの共有
    • 「協賛」として公式サイトにお名前掲載
    • 「協賛」としてエンドクレジットにお名前掲載
    • 劇場招待券1枚進呈(但し東京公開限定となる場合があります)
    • パンフレット1部進呈
    • ポストカード2種進呈
    • 東京公開終了後にサポーター限定作品ブルーレイ(監督サイン入り)を1枚進呈
    • 2015年11月 にお届け予定です。
    • 3人が応援しています。
  • 30000

    個人特典⑥

    • 監督よりお礼のメッセージ
    • コレクター限定アップデートの共有
    • 「協賛」として公式サイトにお名前掲載
    • 「協賛」としてエンドクレジットにお名前掲載
    • 劇場招待券2枚進呈(但し東京公開限定となる場合があります)
    • パンフレット2部進呈
    • ポストカード2種×2セット進呈
    • 作品のパイロット版DVD2種(30分バージョン・56分バージョン)進呈
    • 東京公開終了後にサポーター限定作品ブルーレイ(監督サイン入り)を1枚進呈
    • 2015年11月 にお届け予定です。
    • 3人が応援しています。
  • 30000

    企業・団体特典B

    • 監督よりお礼のメッセージ
    • コレクター限定アップデートの共有
    • 「協賛」として公式サイトにお名前掲載(HPリンク付き)
    • 「協賛」としてエンドクレジットにお名前掲載
    • 作品フェイスブックでの紹介(投稿の時期と紹介の仕方はこちらの任意になります)
    • 劇場招待券1枚進呈(但し東京公開限定となる場合があります)
    • パンフレット1部進呈
    • ポストカード2種×2セット進呈
    • 東京公開終了後にサポーター限定作品ブルーレイ(監督サイン入り)を1枚進呈
    • 2015年11月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 50000

    個人特典⑦

    • 監督よりお礼のメッセージ
    • コレクター限定アップデートの共有
    • 「協賛」として公式サイトにお名前掲載
    • 「協賛」としてエンドクレジットにお名前掲載
    • 劇場招待券4枚進呈(但し東京公開限定となる場合があります)
    • パンフレット4部進呈
    • ポストカード2種×4セット進呈
    • 劇場用ポスター1部進呈
    • 作品のパイロット版DVD2種(30分バージョン・56分バージョン)進呈
    • 東京公開終了後にサポーター限定作品ブルーレイ(監督サイン入り)を1枚進呈
    • 東京公開終了後にフレーム入り波伝谷風景写真(監督サイン入り)2種進呈
    • 2015年11月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 50000

    企業・団体特典C

    • 監督よりお礼のメッセージ
    • コレクター限定アップデートの共有
    • 「協賛」として公式サイトにお名前掲載(HPリンク付き)
    • 「協賛」としてエンドクレジットにお名前掲載
    • 作品フェイスブックでの紹介(投稿の時期と紹介の仕方はこちらの任意になります)
    • パンフレットに名刺大の広告掲載
    • 劇場招待券2枚進呈(但し東京公開限定となる場合があります)
    • パンフレット2部進呈
    • ポストカード2種×2セット進呈
    • 東京公開終了後にサポーター限定作品ブルーレイ(監督サイン入り)を1枚進呈
    • 2015年11月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り7枚

    100000

    個人特典⑧

    • 監督よりお礼のメッセージ
    • コレクター限定アップデートの共有
    • 「協賛」として公式サイトにお名前掲載
    • 「協賛」としてエンドクレジットにお名前掲載
    • パンフレットでの作品へのコメント掲載(字数指定)
    • 劇場招待券8枚進呈(但し東京公開限定となる場合があります)
    • パンフレット8部進呈
    • ポストカード2種×8セット進呈
    • 劇場用ポスター2部進呈
    • 作品のパイロット版DVD2種(30分バージョン・56分バージョン)進呈
    • 東京公開終了後にサポーター限定作品ブルーレイ(監督サイン入り)を1枚進呈
    • 東京公開終了後にフレーム入り波伝谷風景写真(監督サイン入り)2種進呈
    • 2015年11月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • 残り4枚

    100000

    企業・団体特典D

    • 監督よりお礼のメッセージ
    • コレクター限定アップデートの共有
    • 「協賛」として公式サイトにお名前掲載(HPリンク付き)
    • 「協賛」としてエンドクレジットにお名前掲載
    • 作品フェイスブックでの紹介(投稿の時期と紹介の仕方はこちらの任意になります)
    • パンフレットに4分の1ページほどの広告掲載
    • 劇場でのリーフレット配布(東京公開限定)
    • 劇場招待券4枚進呈(但し東京公開限定となる場合があります)
    • パンフレット4部進呈
    • ポストカード2種×4セット進呈
    • 劇場用ポスター1部進呈
    • 東京公開終了後にサポーター限定作品ブルーレイ(監督サイン入り)を1枚進呈
    • 2015年11月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り3枚

    150000

    企業・団体特典E

    • 監督よりお礼のメッセージ
    • コレクター限定アップデートの共有
    • 「協賛」として公式サイトにお名前掲載(HPリンク付き)
    • 「協賛」としてエンドクレジットにお名前掲載
    • 作品フェイスブックでの紹介(投稿の時期と紹介の仕方はこちらの任意になります)
    • チラシ・ポスターにお名前掲載
    • パンフレットに4分の1ページほどの広告掲載
    • 劇場でのリーフレット配布(東京公開限定)
    • 劇場招待券8枚進呈(但し東京公開限定となる場合があります)
    • パンフレット8部進呈
    • ポストカード2種×8セット進呈
    • 劇場用ポスター2部進呈
    • 東京公開終了後にサポーター限定作品ブルーレイ(監督サイン入り)を1枚進呈
    • 2015年11月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り2枚

    300000

    企業・団体特典F

    • 監督よりお礼のメッセージ
    • コレクター限定アップデートの共有
    • 「協賛」として公式サイトにお名前掲載(HPリンク付き)
    • 「協賛」としてエンドクレジットにお名前掲載
    • 作品フェイスブックでの紹介(投稿の時期と紹介の仕方はこちらの任意になります)
    • チラシ・ポスターにお名前掲載
    • パンフレットに2分の1ページほどの広告掲載
    • 劇場でのリーフレット配布(東京公開限定)
    • 劇場招待券20枚進呈(但し東京公開限定となる場合があります)
    • パンフレット20部進呈
    • ポストカード2種×20セット進呈
    • 劇場用ポスター4部進呈
    • 東京公開終了後にサポーター限定作品ブルーレイ(監督サイン入り)を1枚進呈
    • 東京公開終了後にフレーム入り波伝谷風景写真(監督サイン入り)2種進呈
    • 東京公開終了後に自主上映会開催権1回分進呈(但し、監督の旅費と運営にかかる経費はご負担下さい)
    • 2015年11月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り1枚

    500000

    企業・団体特典G

    • 監督よりお礼のメッセージ
    • コレクター限定アップデートの共有
    • 「協賛」として公式サイトにお名前掲載(HPリンク付き)
    • 「協賛」としてエンドクレジットにお名前掲載
    • 作品フェイスブックでの紹介(投稿の時期と紹介の仕方はこちらの任意になります)
    • チラシ・ポスターにお名前掲載
    • パンフレットに2分の1ページほどの広告掲載
    • 劇場でのリーフレット配布(東京公開限定)
    • 劇場招待券40枚進呈(但し東京公開限定となる場合があります)
    • パンフレット40部進呈
    • ポストカード2種×40セット進呈
    • 劇場用ポスター10部進呈
    • 東京公開終了後にサポーター限定作品ブルーレイ(監督サイン入り)を1枚進呈
    • 東京公開終了後にフレーム入り波伝谷風景写真(監督サイン入り)2種×2セット進呈
    • 東京公開終了後の自主上映会開催権2回分進呈(但し、監督の旅費と運営にかかる経費はご負担下さい)
    • 2015年11月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。