芸術祭「アースアートプロジェクト」をクラウドファンディングで実現!

日本発、ラダック初、ヒマラヤの遊牧民とともに標高5000mの芸術祭「アースアートプロジェクト」

  • 東京都
  • アート

標高5000mの地球芸術=アースアート。遊牧民の寄宿学校を舞台に、子どもたちにアートの力を伝え、教育環境の整備を目指します。厳しい環境変化の中、一緒に未来を考える機会とし、この活動を広く伝える記録本を制作します。

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、目標金額500,000円を達成し、2014年8月31日23:59に終了しました。

コレクター
53
現在までに集まった金額
558,443
残り日数
0

Funded successFUNDED

このプロジェクトは、目標金額500,000円を達成し、2014年8月31日23:59に終了しました。

Middle?1403784364

Presenter
浜尾 和徳 プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

Middle?1403784364

PRESENTER
浜尾 和徳

「特定非営利活動法人ウォールアートプロジェクト」副理事長、コーディネーター。1985年生まれ。東京学芸大学卒業後、渡印。子どもたちへの支援方法を模索する中でプロジェクトを立ち上げ、現地に滞在し、現地の青年たちとWall Art Festival 実行委員会を組織。ヒンディー語をこなす。マガダ大学労働福祉・社会福祉修士課程修了。日印の教育現場に貢献したいと奮闘中。

  • その他・海外
  • 起案数 2
  • 応援数 2
  • Facebook (未設定)
  • Twitter (未設定)
  • http://earth-art.info/
  • フォロワー 0 人

Rinpocheの来訪

vol. 24 2014-08-24 0


各遊牧民コミュニティーの指導者たちと、エキシビション二日目にRionpocheを迎えるための議論中。

アーティストたちの制作が進む裏側では、エキシビション当日の朝までバタバタしていた。
Tsomoriri湖畔・Korzok村には歴史300年を誇る僧院がある。その最高僧Rinpocheがエキシビションに来たがっているそうだ、という情報が入ってきたからだ。
Rinpocheは、敬虔な仏教徒の遊牧民の人々はもちろん、学校の先生、生徒たちにとっても精神の象徴的存在で、自分達よりも「高み」にいる存在だ、と言われている。
その人が来るのか、それとも来ないのか、で準備が大きく異なる。
折しも、エキシビション初日・8月10日は満月。この日は、Rinpocheの満月の説法があり来られないが、二日目の11日はスケジュールが空いているということ。しかし、僕たちが予定しているセレモニーはもちろん初日で、二日目には政府のオフィサーも来る予定はない。Dechenさんや校長先生は、「Rinpocheが来るのに、オフィサーが誰もいないというのは不敬にあたる」という。
そのあたりを確認するため、4つの遊牧民コミュニティーの指導者たちが、エキシビション前日に遥々車で2時間かけて学校に来てくれた。
集団を背負っているだけあって、それぞれに風格を漂わせている。
「Rionpocheには、私たちから事情を説明するから大丈夫だよ」と一役買ってくれることになった。

Rinpocheを迎える日。誰もがそわそわしていた。僧侶の先発隊が到着すると、生徒たち、先生たちが列をなし、出迎える用意。Rinpocheが乗った車が到着すると、頭を下げ、その到着を歓迎した。遊牧民コミュニティーの指導者たちも勢ぞろいしている。
Rionpocheを一つ一つの教室へ案内し、アーティストが各々の作品を説明。Rinpocheは、アートへの関心が深く、一つ一つの作品をじっくり耳を傾け、鑑賞した。
(藤井龍さんのビデオ作品を鑑賞中のRionpoche)

Team Dragon Tailorsのファッションショー、樅山智子さんと生徒たちのサウンドパフォーマンスも含め、丸一日エキシビションの全てを鑑賞してくれた。最後には前日にお坊さんたちが描いてくれた砂曼荼羅の解説と、それを崩すところまでいてくれた。
「Rinpocheがこんなに長い時間いてくれるなんて、滅多にないことです。それに直接コタ(上の写真で僕が首に下げている白い布)をかけてもらえるなんて・・・凄いことです」と先生たちは感激していた。
プーガ宣言(アップデートvol.20を参照)にも署名をしてくれ、「いつでも連絡を下さい。遊牧地域で暮らす私たちこそが、発信することの大切さをとても感じました。このような機会をありがとうございます」との言葉をもらった。彼の言葉は、地域の人々にとって絶大なる影響を持つ。僕たちは心強い賛同者を得たのだった。

okazu

アップデート一覧に戻る

リターンを選ぶ

  • 1000

    1000円リターン

    • プロジェクトの進捗状況のシェアします。
    • 4人が応援しています。
  • 3000

    3000円リターン

    • プロジェクトの進捗状況のシェアします。
    • 完成したドキュメンタリーブック1冊を差し上げます。
    • 16人が応援しています。
  • 残り33枚

    5000

    5000円リターン

    • プロジェクトの進捗状況のシェアします。
    • 完成したドキュメンタリーブック1冊を差し上げます。
    • 旅する服屋さん「メイドイン」のインド茜染めの日本手拭いを差し上げます。
    • 15人が応援しています。
  • 残り30枚

    10000

    10000円リターン

    • プロジェクトの進捗状況のシェアします。
    • 完成したドキュメンタリーブック1冊を差し上げます。
    • 旅する服屋さん「メイドイン」の藍の生葉で染めた日本手拭いを差し上げます。
    • 完成したドキュメンタリーブックに制作委員としてお名前を記載します。
    • 10人が応援しています。
  • 残り8枚

    20000

    20000円リターン

    • プロジェクトの進捗状況のシェアします。
    • 完成したドキュメンタリーブック1冊を差し上げます。
    • 旅する服屋さん「メイドイン」のラダックの植物で染めた日本手拭いを差し上げます。
    • 完成したドキュメンタリーブックに制作委員としてお名前を記載します。
    • 2人が応援しています。
  • 残り2枚

    30000

    30000円リターン

    • プロジェクトの進捗状況のシェアします。
    • 完成したドキュメンタリーブック1冊を差し上げます。
    • 旅する服屋さん「メイドイン」の藍の生葉染めのTシャツをを差し上げます。
    • 完成したドキュメンタリーブックに制作委員としてお名前を記載します。
    • 3人が応援しています。
  • 残り3枚

    50000

    50000円リターン

    • プロジェクトの進捗状況のシェアします。
    • 完成したドキュメンタリーブック1冊を差し上げます。
    • 旅する服屋さん「メイドイン」の藍の生葉染めカディ(バスタオルやストールにできる手つむぎ手織りのコットンの布)を差し上げます。
    • 完成したドキュメンタリーブックに制作委員としてお名前を記載します。
    • 2人が応援しています。
  • 100000

    100000円リターン

    • プロジェクトの進捗状況のシェアします。
    • 完成したドキュメンタリーブック1冊を差し上げます。
    • 旅する服屋さん「メイドイン」のオリジナルシャツ(色、襟、ポケットの形、サイズを選べます)を差し上げます。
    • 完成したドキュメンタリーブックに制作委員としてお名前を記載します。
    • 1人が応援しています。