どこにもないアート映画館『シネ・ヌーヴォ』のリニューアルをクラウドファンディングで実現!

シネ・ヌーヴォ誕生から20周年! 20周年を前に、これからの20年に向けて館内改装工事を行ないます。

  • シネ・ヌーヴォ
  • 映画
  • 大阪府
58619483 53b1 4546 b2ec 4cfeb62faa2e ▶ 再生
  • コレクター
    242人
  • 合計金額
    5,690,800円
  • 残り
    24

目標金額は5,000,000円です。

このプロジェクトでは、目標到達に関わらず、2016年12月26日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

プロジェクトを応援する

このプロジェクトを応援する

このプロジェクトについて

シネ・ヌーヴォ誕生から20年! 来年の20周年を前に、館内改装工事を計画しています。要望の多い男性トイレの洋式化、看板や維新派が作ったオブジェの改修など、これからの20年に向けて皆様のご支援をお願いします。

シネ・ヌーヴォ誕生から20周年!
20周年を前に、これからの20年に向けて館内改装工事を行ないます。

1997年1月18日に開館した大阪のミニシアター「シネ・ヌーヴォ」。長きにわたりまして、皆様からご支援・ご愛顧、そしてご来館をいただき、誠にありがとうございます。おかげさまで、来年1月に20周年を迎えることができる運びとなりました。


シネ・ヌーヴォ オープン時のチラシ

特集上映と内外の異色作のロードショー上映を2本柱に、これまでに上映した作品は6000本にものぼります。関西屈指の上映本数で、多彩・多様な映画を上映してまいりました。

とりわけ特集上映では皆様から大反響をいただいております。オープンした1997年に「侯孝賢レトロスペクティブ」「ジャン・ルノワール映画祭」、翌年の「キアロスタミ映画祭」「ノルシュテイン祭」「ロシア映画秘宝展」に続き、同年夏には第1回日本映画大回顧展として「成瀬巳喜男レトロスペクティブ」を開催。劇場で上映可能なすべての成瀬作品計40本を一挙上映し、関西の映画館としては初の本格的な作家特集となり、満席続出の大反響となりました。以来、毎年夏は日本映画の大特集を企画、翌年は「追悼・宮川一夫」45本、2001年は「川島雄三 乱調の美学」40本、2002年は「女性映画の名匠 中村登の世界」38本、2003年は「映画監督・深作欣二」50本というふうに、それは19年が経った今年も同様に開催し続けてきています。

観るからには1本でも多く! それは映画ファンの欲望そのもの。多様な作品の中から、その監督ならではの世界を発見し、ある映画を観ることで次の映画への深い理解にもつながる、そんな映画ファンの思いを実現する場として開催してまいりました。同時に、若き映画ファンが初めてその映画を観る発見の場としても、これまで開催を続けております。「映画監督・深作欣二」の時は、監督をお招きするつもりが突然の逝去となり、また東京で同時開催していた三百人劇場さんと一緒に追悼する思いからニュープリント費用に採算をはるかに超える予算をかけ、結果は膨大な赤字となり、一触即発の危機にまでなってしまいました。しかし、「観たい! 観せたい!」一心で、その後も1本でも多い特集上映を開催してまいりました。


事務所はいつもフィルムでいっぱい

その後の特集上映は「高林陽一の世界」「中平康レトロスペクティブ」(共に03年)、「生誕百年・小津安二郎の藝術」(04年・37本)、「遊撃の美学 映画監督・中島貞夫」(04年・20本)、「渋谷実と前田陽一」(05年・23本)、「土本典昭フィルモグラフィ展」(05年・46本)、「映画監督・野村芳太郎」(06年・25本)、「松竹110周年祭」(06年・43本)、「追悼 映画監督・黒木和雄」(07年・28本)、「新藤兼人リスペクト」(07年・37本)、「追悼 映画監督・市川崑」(08年・60本)、また洋画では「コリア映画祭2000」(40本)、「ベルイマン映画祭」(03年・28本)、「中国映画の全貌」(04年・48本)と特集を続けています。

他に特集した企画は、沢島忠(20本)、豊田四郎(20本)、石井輝男(18本)、今村昌平(全作品)、キェシロフスキ(29本)、田中徳三(15本)、岡本喜八(39本)、宮島義勇(23本)、小林正樹(13本)、今井正(25本)、森繁久彌(50本)、浪花の映画大特集(50本)、黒澤明(全作品)、谷口千吉(20本)、高峰秀子(34本)、淡島千景(18本)、増村保造(30本)、小國英雄(23本)、羽仁進(20本)、他に小川紳介、寺山修司、井川徳道、浦山桐郎、小栗康平、原一男、李香蘭、原節子、織田作之助、若尾文子などなど多種多彩。そして今年の夏は「生誕百年 映画監督・鈴木英夫の全貌」で23本を上映し、隠れた名匠の存在に大きな反響をいただきました。

日本映画大回顧展などの特集上映は、三百人劇場さんのご協力をいただいた企画でした。特集上映をする意義もご享受いただきながらも、三百人劇場さんは2006年に閉館。以来、その志を受け継ぎながら、シネ・ヌーヴォ単独で企画を続けています。

今年4月からは「シネ・ヌーヴォ名画発掘シリーズ」がスタート。これまでは巨匠・名作の上映が主だったことから、これまでに上映してこなかった監督・俳優の作品、またベストテンや映画史からは見捨てられた不遇な作品、それでいて必見の秀作を発掘する新シリーズとして始めたものです。今年夏の「生誕百年 映画監督・鈴木英夫の全貌」もその流れのひとつ。20年を経た特集上映のこれからに大きなご注目をいただきたいと思います。そして、この10月の特集上映は、われらが加藤泰作品を集めた「生誕百年 加藤泰の仕事」を開催いたします。

シネ・ヌーヴォの歴史

シネ・ヌーヴォの前身は、70年代からの自主上映時代にさかのぼります。「シネマ・ダール」のグループ名で大阪・京都での上映活動が原点でした。その頃、各地で自主上映活動が活発に行なわれており、全国の仲間たちと自主上映の組織体を結成しました。そこで『ポケットの中の握り拳』『結晶の構造』『バリエラ』などを自主輸入・自主配給し、大阪での上映を私たちが行ないました。その中で、交流を深めた仲間たちは、その後、各地でミニシアターを始め、そのネットワークは今もシネ・ヌーヴォのひとつの財産となっています。

そして、1983年に小川紳介監督『ニッポン国古屋敷村』上映を機に、マイナーな映画の存在を少しでも広く知らしめる必要性を痛感し、1984年に月刊「映画新聞」を創刊しました。ドキュメンターやアート映画の紹介、内外の映画祭のレポートなどをいち早く取り上げ、1991年には日本映画ペンクラブ奨励賞、大阪府文化助成などを受けています。

90年代に入ると、アート系の映画が台頭し、各地でミニシアターが誕生していきます。一方で、映画環境も変化し、ミニシアター系のアート映画やドキュメンタリー作品も各媒体で紹介されるようになり、当地・大阪でもそれらの映画を上映する場が必要になってきました。情報で知っているにもかかわらず、その映画が見られないという状態になってきたのです。また、私たちも95年の阪神淡路大震災で映画館が被災し、閉館していく事態に遭遇し、映画館の必要性を実感しました。同時に、アメリカからシネコンが日本に上陸し、このままでは物量で遥かに勝るハリウッド映画が日本映画を駆逐するのではないかという危機感を持ったのでした。

「映画館をつくろう!」、と映画新聞で呼びかけたのは、創刊から12年目の第133号(1996年11月号)でのことでした。

《私たちとともに、映画館をつくりませんか。多様な映画を見られる映画館を建設することは、関西の映画状況の発展に寄与するばかりでなく、明日の映画の未来への大きな貢献となることと確信しております。また、そこで出会える一本の作品が、私たち一人ひとりの今を大いに輝かせてくれるものと信じております》(第133号の呼び掛け文より)

そして映画館をつくるために運営会社を設立し、そこに1口10万円で出資を呼び掛けたのでした。まだNPOもない時代、商法による株式会社をつくり、その株主を募集することにしたのです。

その反響はすさまじく、翌号(12月号)では1800万円の出資で株式会社発足が決定したとの報告を載せ、12月2日に株式会社ヌーヴォが正式に発足。そして、松本雄吉さん率いる劇団・維新派のメンバーが、年末・年始を返上し、閉館されていた映画館を改装し、非日常空間としての“水中映画館”をコンセプトに、どこにもないアート映画館が誕生したのでした。

1997年1月15日、市川準監督をお招きし、『東京夜曲』を杮落とし作品としてシネ・ヌーヴォはスタートを切りました。一般上映は1月18日、マイケル・ホフマン監督『恋の闇 愛の光』でロードショー上映が開始されました。広く市民の皆様による出資で出来上がった市民映画館として、皆様の観たい映画にこだわることが運営の柱でした。

《本当に観たいと思う映画を、いい環境のなかで観る……これがシネ・ヌーヴォの基本です。そして、多様な映画を上映するとともに、さまざまな情報を発信する場、人々が集う拠点としてシネ・ヌーヴォは生まれました。関西はもとより、東京・北海道・九州など全国各地の市民の出資により誕生したシネ・ヌーヴォは、観客の「観たい映画」にこだわります。(中略)映画はその誕生から百年を過ぎ、第2世紀を迎えました。文化として、アートとしての映画への関心が、かつてないほど高まっていますが、一方で海外の直営館が日本で興行を開始するなど、映画はまさに新たな時代に突入したといえます》(オープニングチラシより)


オープン初日の模様(映画新聞より)

「シネ・ヌーヴォ」の命名は、映画の新しい世紀(ヌーヴォ)を切り拓きたい、との思いから。映画の海原へ船出したシネ・ヌーヴォも、紆余曲折を経ながらもアッという間の歳月で、来年、遂に20周年を迎えるまでに至りました。

シネ・ヌーヴォの特徴

オープン当初は、3年もったら上出来、などと揶揄されながらも、今日まで上映を続けてこられた一番の原因は、お客様からご支持をいただけたことですが、多くの映画人の方々からもご支援をいただき、また、数多くの皆様のご協力がいただけた賜物です。

劇場顧問として様々なご支援をいただいたのは、映画評論家の上野昂志さん、そして市川準監督、小栗康平監督、黒木和雄監督、原一男監督。幾度もご来館いただき、講演などをお願いしました。そして、元大阪スポーツ代表の映画評論家・浅野潜さんには、開館当初から昨年までという長きにわたって毎月「映画を楽しむ会」をご主宰いただき、映画のお話を聞かせていただきました。

また、視覚障害者にも映画を楽しんでいただきたいとの趣旨から「字幕朗読上映会」を、耳の不自由な方向けには「日本映画字幕付き上映」をオープン当初から開催。多彩な映画を多様な皆様にご覧いただきたいとの思いからでしたが、時代の先駆けとして現在のバリアフリー上映にもつながる試みでした。これも多くの皆様にご協力いただけた賜物です。「シネクラブ合評会」もオープン当初から現在まで途切れることなく開催してきています。今では会員の皆様の主体的な運営で開催しており、映画について話し合える貴重な場として、また会員同士の交流の場として定着しております。


ロビーの天井

維新派がつくった映画館

シネ・ヌーヴォの場内は“水中映画館”がコンセプトのアート映画館となっています。その施工にあたったのは劇団・維新派で、その棟梁は維新派座長の松本雄吉さんでした。その原点となったのが千年シアターです。


千年シアター

映画新聞時代の1987年7月、京都で映画『1000年刻みの日時計』ロードショー専用の映画館として「千年シアター」(100席)をオープンしました。1カ月の興行終了とともに解体したこの映画館の建設にあたっていただいたのが、松本雄吉さんでした。土と藁と丸太で出来た千年シアターは、小川紳介監督作品『1000年刻みの日時計』の舞台である山形県上山市牧野村の世界をそのまま持ってきたようなロマンあふれる手作りの劇場でした。

しかし、土と藁と丸太で出来たがために、完全な暗闇とはならず、いつか暗闇の映画館をつくることが、松本さんにとってもひとつの夢となったと、その後お聞きしました。図らずも、それから10年後、私たちと松本さんの夢が重なり合う日が来ました。それがシネ・ヌーヴォだったのです。

シネ・ヌーヴォの改装期間は年末・年始を挟んだ1カ月間だけ。

“水中映画館”をコンセプトに、天井を水底から見上げた水面と見立て、そこに浮かび上がる水泡を針金のリングを重ねつるすことで表現。座席(水底)に近づくほど暗くなる壁面は、まさに水中映画館。非日常空間として、時間を忘れ、映画に集中して観ていただける場となりました。そして、水面たる天井は、「ヌーヴォだからアール・ヌーヴォー調で」(松本さん)。遊び心も満載に、お洒落でシックで清潔な、それでいて観やすさを重視したアート空間が誕生しました。


シネ・ヌーヴォ玄関の上のオブジェ

玄関のブリキで出来たバラのオブジェの造形物は、今やシネ・ヌーヴォ名物となっています。このオブジェはオープン当初から少し錆びさせてあります。そうさせたのも松本さんの思いから。それは、「僕たちは無機物としての館内をつくっただけだ。それを有機物にしていくことが君たちの仕事だよ」。この松本さんの言葉は、今も私たちの座右の銘です。松本さんは、今年6月18日に69歳で死去。維新派の公演は、その都度、劇場を建設し、公演が終われば劇場も解体。唯一残るこの劇場を、私たちはこれからもより人間くさいものへと育て続けたいと思っています。なお、故・松本雄吉さんの追悼上映は11月に行なう予定です。ぜひお越しください。

そして、シネ・ヌーヴォ20周年

来年、満20歳を迎えるシネ・ヌーヴォですが、山あれば谷ありではなく、谷また谷の20年でした。皆様にご支持いただいている特集上映も、たくさんの作品を上映することから費用がかさみ利益はなく、良くてトントン。作品を減らせばという声もあるのですが、それでは本末転倒というもの。またロードショー作品は赤字続きで、どうにか上映し続けてこられたのが実情です。さらに実態は、映写技師残酷物語。重いフィルムを狭い階段から運び上げ、一本一本フィルムを点検・編集し、映写・音響チェック、調整する毎日です。この映写技師の負担のほか、経常的な赤字からスタッフを削減せざるをえず、少ないスタッフが支えてくれた20年とも言えます。


映写室の編集台

97年のオープン以来、数回の改装工事を行ないました。オープン直後に35ミリ映写機が不調となり新規購入、また99年には地下水があふれ、その改修のため休館して工事、2005年には座席の全面リニューアル工事、あわせて女子トイレの洋式化を実施。また2006年には2階に「シネ・ヌーヴォX」をオープン。30席のミニスペースながら「未知なる映画との出会い」を旗印に、ジャンルにとらわれず、より多様な作品を上映してまいりました。また、映画がフィルムからデジタルへの移行期に、デジタル映写機も購入しています。より観やすく、多様な映画を上映していくための改修でしたが、経常的な赤字体質の中、これらの費用は、その都度、増資を行ない、まかなってきました。度重なる増資で、どうにか実現してこられたのですが、しかし、増資も限界になってきています。

一方、これまでにシネ・ヌーヴォにお越しいただいたゲストの皆様は数百人にのぼります。シネ・ヌーヴォのロビーの壁には、もう書き込むスペースがないほど、来館された映画関係者の署名があります。この20年で、すでに亡くなった映画人も多く、その署名の数々は、今や私たちの貴重な財産と言えます。それらの人々との交流の上に今日があるのだと、いま改めて感じています。


シネ・ヌーヴォのある九条のまちは今でも下町の空気が残る

皆様にお願い。20周年を前に実現させたいこと

来年の20周年を前に、これからの20年に向けて、シネ・ヌーヴォで3度目となる改装工事を行なうことができればと思っています。主な工事は次のとおりです。

●場内のリニューアル工事

2005年の座席の全面リニューアル工事の際にできなかった床面の修復を行ないます。同時に天井の修復も行ない、より清潔感あふれるアート空間を目指します。

●トイレの改装工事

女子トイレの洋式化は行なえたものの、男性トイレは和式のままで、これを洋式化し、小便器リニューアルなどを行ないます。高齢化がどんどん進む中で、年配のお客様からの要望が多い洋式化を図るとともに、におい軽減のための配管洗浄など、清潔で快適な環境づくりを目指します。

●看板取り替え、玄関のオブジェ補強工事

老朽化が進んでいる看板の取り替え、また維新派がつくった玄関のオブジェの補強工事を行ないます。耐震性を強めるとともに、維新派が残した財産である「作品」の補修を行ないます。

これらの改装工事には計500万円を予定しています。増資が限界になった今、皆様からの出資金をいただくことで、今回の工事を行ない、これからの20年に向けて、新たなるスタートを切りたいと願っております。

特典について

シネ・ヌーヴォご招待券
1枚、3枚、5枚、10枚のコースがあります。

・シネ・ヌーヴォ20周年グッズ(ボールペン)
シネ・ヌーヴォロゴ入りのボールペンです。

・「映画新聞」バックナンバー贈呈
シネ・ヌーヴォの原点、映画新聞プレゼント。

・ホームページに協力者としてお名前掲載(希望者のみ)
シネ・ヌーヴォのホームページにあなたのお名前が掲載されます。

・ゲストとの交流会参加権
シネ・ヌーヴォのイベント、舞台あいさつやトークショーのゲストとの打ち上げにご参加頂けます。事前にメールでご案内します。ただし、費用は実費となります。1回限り。申込者が多数の場合は抽選とさせて頂きます。

・シネ・ヌーヴォX プライベートシアター権
シネ・ヌーヴォX貸し切り上映。2時間以内のDVDをお持ちください。日時は要相談、曜日によってはご希望にそえない場合もございます

・「名画発掘シリーズ」1作品選択権+上映の際にはお名前を掲載し冠上映とする+5名様までご招待
シネ・ヌーヴォの人気シリーズ、名画発掘シリーズにふさわしい映画を1本選んでいただき、上映します。(要相談、上映可能な作品に限る)

・「名画発掘シリーズ」4作品選択権+その上映の際には名前を掲載し冠上映とします+各作品5名様までご招待
シネ・ヌーヴォの人気シリーズ、名画発掘シリーズのシリーズまるごと(監督や女優、俳優など)と上映作品を選んでいただき、上映します。(要相談、上映可能な作品に限る)

・20周年パーティにご招待
シネ・ヌーヴォ開館20周年記念パーティにご招待します。

・館内のどこか(トイレ、壁面、ロビー椅子など)にお名前を刻みます
これからの20年、それ以降もシネ・ヌーヴォがある限り、あなたのお名前がシネ・ヌーヴォに残ります。

・シネ・ヌーヴォで過去に上映した作品のお宝ポスター10枚プレゼント
20年のあいだに上映した名作、珍作、新旧貴重なお宝ポスターをセットでプレゼントします。

・シネ・ヌーヴォオリジナル南部鉄器灰皿プレゼント
岩手県名産の南部鉄器でつくられた、渋みのなかにもかわいらしさが光る、シネ・ヌーヴォオリジナル灰皿プレゼント。(小物入れにもご使用頂けます)

・九条名産詰め合わせ
シネ・ヌーヴォがある九条の町の名品の詰め合わせをお送りします。

・「映画新聞・合本2&3」贈呈
シネ・ヌーヴォの原点、映画新聞の貴重な合本をセットでプレゼント。

・シネ・ヌーヴォシネクラブ永久会員権をお持ちいただけます
シネ・ヌーヴォ会員の特典すべてに加え、年会費永久無料、更新不要の特別会員権。

・1日劇場貸切券(時期は要ご相談とさせていただきます)
シネ・ヌーヴォ1日貸し切り権です。(日時、上映作品は要相談)

・大阪牛(もしくは神戸牛)サーロインステーキ(30000円分)+大阪ワイン(美味しい!)
お肉とワインの贅沢なお食事セットをお送りします。

・九条周辺を景山と山崎が、ご案内します
安治川トンネル、関西初の川口居留地、松島遊郭など、お昼は吉林菜館、夜は九条名物・草鍋、そしてお土産付き。お二人様有効です

想定されるリスクとチャレンジ

 工事は年内、そして休館日を設定しないといけないことから、そのスケジュールが間に合わない場合など、一部は遅延する可能性があります。また資金によっては、出来なくなる工事もあるかもしれません。まずは、トイレ、玄関部分などを優先に工事に取りかかりたいと思います。

 これからの20年に向けて、映画館が存続することを第一に、そしてお客様に喜んでいただける映画館であるよう運営に務めます。また、故・松本雄吉さんらが手掛けたアート映画館として大阪名物となるよう、アピールし続けたいと思っています。

最後に

ここまで読んでくださってありがとうございます。 皆様のご支援・ご協力を心からお願い申し上げる次第です。

もっと読む

このプロジェクトを応援する

コレクター
242人
現在までに集まった金額
5,690,800円
目標金額は5,000,000円です。
残り
24

このプロジェクトでは、目標到達に関わらず、2016年12月26日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

プロジェクトを応援する

リターンを選んで応援する

  • 3,000円

    • シネ・ヌーヴォご招待券1枚
    • シネ・ヌーヴォ20周年グッズ(ボールペン)
    • 「映画新聞」バックナンバー贈呈
    • ホームページで協力者としてお名前掲載(希望者のみ)
    • 37人
    • お届け予定:2016年12月
  • 5,000円

    • シネ・ヌーヴォご招待券3枚
    • シネ・ヌーヴォ20周年グッズ(ボールペン)
    • 「映画新聞」バックナンバー贈呈
    • ホームページで協力者としてお名前掲載(希望者のみ)
    • 74人
    • お届け予定:2016年12月
  • 10,000円

    • シネ・ヌーヴォご招待券5枚
    • シネ・ヌーヴォ20周年グッズ(ボールペン)
    • 「映画新聞」バックナンバー贈呈
    • ホームページで協力者としてお名前掲載(希望者のみ)
    • ゲストとの交流会参加権(予めメールでご案内します。ただし、費用は実費となります)
    • 55人
    • お届け予定:2016年12月
  • 15,000円 SOLDOUT

    • シネ・ヌーヴォご招待券5枚
    • シネ・ヌーヴォ20周年グッズ(ボールペン)+特別グッズ
    • 「映画新聞」バックナンバー贈呈
    • ホームページで協力者としてお名前掲載(希望者のみ)
    • ゲストとの交流会参加権(予めメールでご案内します。ただし、費用は実費となります)
    • シネ・ヌーヴォXプライベートシアター権 (2時間以内貸切上映、日時要相談)
    • 28人
    • お届け予定:2016年12月
  • 30,000円 SOLDOUT

    • シネ・ヌーヴォご招待券10枚
    • シネ・ヌーヴォ20周年グッズ(ボールペン)
    • 「映画新聞」バックナンバー贈呈
    • ホームページで協力者としてお名前掲載(希望者のみ)
    • ゲストとの交流会参加権(予めメールでご案内します。ただし、費用は実費となります)
    • 20周年パーティご招待
    • 「名画発掘シリーズ」1本作品選択権+その上映の名前を掲載し冠上映とする+5名様までご招待
    • 20人
    • お届け予定:2016年12月
  • 50,000円 SOLDOUT

    • シネ・ヌーヴォご招待券10枚
    • シネ・ヌーヴォ20周年グッズ(ボールペン)
    • 「映画新聞」バックナンバー贈呈
    • ホームページで協力者としてお名前掲載(希望者のみ)
    • ゲストとの交流会参加権(予めメールでご案内します。ただし、費用は実費となります)
    • 20周年パーティペアご招待
    • 「名画発掘シリーズ」4本作品選択権+各作品5名様までご招待
    • 10人
    • お届け予定:2016年12月
  • 100,000円 残り7枚

    • シネ・ヌーヴォご招待券10枚、もしくは九条名産詰め合わせ
    • シネ・ヌーヴォ20周年グッズ(ボールペン)+特別グッズ
    • ホームページで協力者としてお名前掲載(希望者のみ)
    • 「映画新聞」バックナンバー贈呈+「映画新聞・合本2&3」贈呈
    • ゲストとの交流会参加権(予めメールでご案内します。ただし、費用は実費となります)
    • 20周年パーティペアご招待
    • 「名画発掘シリーズ」4本作品選択権+各作品5名様までご招待
    • シネ・ヌーヴォで過去に上映してきたお宝ポスター10枚プレゼント
    • シネ・ヌーヴォオリジナル南部鉄器灰皿プレゼント
    • 館内のどこか(トイレ、壁面、ロビー椅子など)にお名前を刻みます。
    • 13人
    • お届け予定:2017年03月
  • 300,000円 SOLDOUT

    • シネ・ヌーヴォご招待券10枚、もしくは九条名産詰め合わせ
    • シネ・ヌーヴォ20周年グッズ(ボールペン)+特別グッズ
    • ホームページで協力者としてお名前掲載(希望者のみ)
    • 「映画新聞」バックナンバー贈呈+「映画新聞・合本2&3」贈呈
    • ゲストとの交流会参加権(予めメールでご案内します。ただし、費用は実費となります)
    • 20周年パーティペアご招待
    • 「名画発掘シリーズ」4本作品選択権+各作品5名様までご招待
    • シネ・ヌーヴォで過去に上映してきたお宝ポスター10枚プレゼント
    • シネ・ヌーヴォオリジナル南部鉄器灰皿プレゼント
    • 館内のどこか(トイレ、壁面、ロビー椅子など)にお名前を刻みます。
    • シネ・ヌーヴォシネクラブ永久会員権
    • 1日劇場貸切券(時期は要ご相談とさせていただきます)
    • 大阪牛(もしくは神戸牛)サーロインステーキ(30000円分)+大阪ワイン(美味しい!)
    • 九条周辺を景山と山崎がご案内。お昼は吉林菜館、夜は九条名物・草鍋、そしてお土産付き。お二人様有効
    • 5人
    • お届け予定:2017年03月

プレゼンター

Middle 1472784394

シネ・ヌーヴォ

  • 大阪府

1997年にオープンした大阪・西区にあるミニシアターです。市民の皆さんの出資で出来た市民映画館であり、館内は文化の香りただようアート映画館でもあります。内装・外観の建築にあたったのは、松本雄吉さんを棟梁とした劇団・維新派の皆さんたち。水中映画館がコンセプトの非日常空間としての劇場は、時間を忘れ映画を楽しんでいただきたい思いから。特集上映、ロードショーを2本柱に、関西屈指の上映本数で多様な映画を映し続け、「3年でつぶれる」と噂されながらも来年で20年を迎えます。これからの20年に向けて、また維新派が残した唯一の建物としても存続し続けたいと思っております。

質問や意見をメールする