古くから受け継がれてきた乾漆技法、天然灰汁発酵建て本藍染め、一流の書家の要望で職人が毛一本単位で作る豊橋筆。 代々受け継がれて来た伝統技法が、現代デザインの器や鹿革ブランド、親子浴の筆など、新しいコミュニケーションを生み出しそうとしています。

伝統漆工芸「乾漆」の器を今に伝える

新たな漆器プロダクト「FLOREPOLIE」は、古くから受け継がれてきた乾漆技法で制作しています。 乾漆は、丁寧に長い時間をかけて制作する漆工技法なので、量産には向いていません。しかし、この技法でしか出来ない自由な造形美があります。あなたの暮らしに丁寧な彩りを添える器を是非。

世界一やさしい筆「福筆:Fukufude」

子供と親子の大切なコミュニケーション時間「親⼦浴」のために、子供を洗う世界一やさしい筆を、最高の筆を作る「豊橋筆」の職人と作ることを目指した「福筆:Fukufude」! 豊橋筆は一流の書家の要望で職人が毛一本単位で作るため、穂先は非常に繊細。でもその技術を後世に引き継ぎ続けるのは難しい。「福筆」は、特に現在の若手職人がなかなか習得できない「太い筆を作る」技術を習得する機会を作り出す製品でもあります。 是非「福筆」で大切なコミュニケーションを。