Feature photo 72d7a727 6840 43e3 8924 81ebc576d8d6

東日本大震災から6年経った今。『3.11』に取り組むプロジェクト

東日本大震災から6年経った今、『3.11』の記憶と衝撃、関心は次第に人々の中で薄れているかもしれません。しかし、だからこそ、その出来事の記憶と記録に留める活動には、これから未来を創造する為のアクションを紡いでいく力があると思います。 今、その活動は現代芸術・映画製作・映画祭などの表現の領域においても引き継がれています。 新たな未来を創造するクリエイティブなプロジェクトに応援を。

震災後の東北に捧げる作品「時の海」。後世に残す3,000個のLEDガジェットー宮島達男

LEDでできたデジタルカウンターを用いた作品で世界的に知られる現代美術家・宮島達男が東日本大震災の犠牲者への鎮魂のために東北に作品「時の海」を制作します。10年がかりで制作す...

  • 達成率
    80%
  • 現在
    2,421,456
  • 残り
    71

現代美術家・宮島達男が東北に作品「時の海」を制作

東日本大震災で「亡くなられた人々への鎮魂」と、その「未曽有の大災害の記憶」を後世に残すため、巨大プールに3000個のLEDガジェットが点滅する作品を、宮城県石巻市の太平洋を望む牡鹿半島の一角に設置します。資金を提供すること自体が〝アート表現〟であるという観点を持つこのプロジェクトへの参加により、あの海を望む牡鹿半島に〝トポス〟としての「時の海―東北」を残します。

コレクターからの応援コメント

  • Icon no image

    岡林 洋

    直島の「時の海」は民家の土間に水を張り、その水面で数字を光らせる最高に美しい作品でした。今度の作品は3000個の「時の海」、直島のとは規模が違うし、第一趣旨も違います。この作品、いつごろから、どこではじまるのか、分かれば絶対に見に行きます(H.O.)

  • Middle 1487173311

    石山 香穂里

    宮島さんの作品が大好きです。私は高校時代に地元宮城で被災しました。今回宮城に宮島さんの作品が展示されると聞き、ぜひとも応援したいと思いました!がんばってください!

  • Middle 1486646364

    ヒーカ

    昔、直島で時の海を見ました。いくら見ても見飽きることはなく、ずっと見ていたいと思いました。その光景をいまでも鮮明に覚えています。東北に出来るあらたな時の海を楽しみにしています。

第4回 3.11映画祭 見えないものをみる力

3.11映画祭は、映画を通じて未来の選択肢を共有する上映プロジェクト。東京都千代田区のアーツ千代田3331をメイン会場に、全国のサテライト会場でも同時期開催し、今年で4回目を...

FUNDED!

  • コレクター
    50
  • 現在
    287,500
  • 終了
    170309

映画を通じて未来の選択肢を共有する上映プロジェクト

東日本大震災発生から時間の経過とともに報道は減り、3.11の記憶と衝撃、関心は次第に人々の中で薄れているかもしれません。しかし、私たちの「その日がこなければ考えることもなかったことを考える日々」は、あの日から確かにはじまりました。未来というまだ存在しないものを思い描き、さらにアクションへと繋げていくために始まった3.11映画祭は今回で4回目を迎えます。

コレクターからの応援コメント

  • Middle?1443578883

    KAMA

    3.11から足掛け7年になろうとしています。これからも続けてほしいから、心からの応援の気持ちをこめて!!

  • Picture?type=large

    Kamata Shoko

    毎年の継続が大事だと思っています。しっかりと企画を立てて、そこに関心を寄せる人が一定数いれば、小規模でも開催を続けて頂きたい。参加者として、ホントに微力ではありますが応援します!

  • Icon no image

    milkykoara

    ずっとずっと、続けていきたい取り組みです。 遠方ですので行けませんが、心から応援しています!

『廻り神楽』:大津波を生き抜いた神楽と海辺の人々の絆を描く映画の製作費をご支援ください。

三陸の海辺を340年以上巡りつづける黒森神楽。 東日本大震災のあとも死者を鎮魂し、海に生きる者の心を支える。 死者と生者の通い路を、今日も神楽が行く。 海と山、自然と人...

  • 達成率
    108%
  • 現在
    2,166,000
  • 残り
    20

海と山、自然と人間のあいだを歩む「廻り神楽」

なぜ人々はこの地に住まいつづけるのか。大災害を前に神楽はなにができるのか。 いまだ津波の余波に揺れ続ける沿岸を舞台に、いく度もの津波を生き抜いてきた神楽と人々の生活の根っこにある力強さを描く、映画『廻り神楽』は、この地の人々がどのようにして自然と向き合い、災害を乗り越えてきたのかを、未来にむけて伝えて行きます。

コレクターからの応援コメント

  • Middle 1483803960

    小野 和哉

    母の実家が岩手の普代で、黒森神楽のことは以前から話を聞いていました。ぜひ一度、見てみたいと思っていたところ映画の存在を知り支援させていただきました。公開を楽しみにしています。

  • Icon no image

    Aboumon

    初めて黒森神楽を見たときの印象をはっきり覚えています。大津波にもめげず再生してくださったことに拍手。楽しみにしています。

  • Picture?type=large

    Suzuki Miyuki

    後世の人もよろこぶと思います。

最新のアップデート

最近投稿された特集プロジェクトのアップデート記事です。