震災の只中の難しい状況の中で自身の出産に向き合う監督。自身の体験を通して自殺という問題に向き合う監督。凄惨な無差別殺人事件が起こる背景という難しいテーマに肉薄する監督。 映画や藝術の永遠のテーマである『生と死』が、如何に普段何気なく生きている日常と地続きになっているかを、ハッと気づかせてくれるこの作品たちと共に、今と向き合う機会を是非。

「その夜の侍」赤堀雅秋監督の第二作目、人が持つ心の闇を照らし出す意欲作

壮絶な、でも、私たちの隣に存在するかもしれない、ある家族の物語。何故無差別殺人などの凄惨な事件が起きるのか。非常に難しいテーマに果敢に挑み、日常に暮らす人達と事件が起きる環境が地続きである事が真に迫り描かれた作品です。