まだ若手監督でありながら世界的な評価も獲得し、次代の日本映画を担う事が確実視されている監督たち。
インディーズから商業への活躍の舞台を移し、より多くの人を心を動かす映画を創って来た彼らは今、新たなステージに進もうとしています。それは、敢えて”インディーズ”的な制作手法への回帰する事。 「次世代を創る新しい映画」を生み出す為の制作手法とは如何なるものなのか。きっとこの3作品が完成した時に判明する事でしょう。

「時間をかける」が生む世界的映画

濱口竜介監督3年ぶりの長編劇映画は神戸の街から始まりました。「時間をかける」という出来そうで出来ない制作スタイルから、「ワークショップ映画」の枠を超えた作品が誕生しようとしています。