小豆島 迷路のまち 妖怪プロジェクト実行委員会

小豆島に住む妖怪画家・柳生忠平を中心に発足。自由な発想による「妖怪造形作品」を広く募集し、2013年より一般公募形式の「妖怪造形大賞(妖怪造形作品のコンテスト)」を3回開催。おもちゃコレクター、漫画家、アニメーター、造形師など各界で活躍されている先生方を審査委員に招聘し、優秀な作品を選出しています。「世界一妖怪が集まる島へ」をスローガンとして継続的に取り組んでおります。