カズ

宮城県名取市閖上出身。東京都在住。1996年『超光戦士シャンゼリオン』で準主役としてデビュー。その後、テレビ、映画、舞台で活動。代表作に北野武監督『Dolls』大林宣彦監督『野のなななのか』がある。主演した大畑創監督作品『へんげ』ではモントリオールファンタジア国際映画祭特別賞を受賞。
舞台作品では弘前劇場『家には高い木があった』、日中韓共同制作演劇『祝/言』(長谷川孝治演出)
セルフプロデュース『あたま山心中』『三日月堂書店』の主演を務める。原作・製作・主演を務めた短篇映画『恋わつらい』では仙台短篇映画祭2008「新しい才能に出会う」部門上映作品に選ばれる。