大寺 眞輔

大寺眞輔
映画批評家、早稲田大学講師、新文芸坐シネマテーク講師、アンスティチュ・フランセ横浜シネクラブ講師、IndieTokyo主催。「カイエ・デュ・シネマ・ジャポン」でデビュー。「キネマ旬報」や産経新聞など様々な媒体で執筆。主著は「現代映画講義」「黒沢清の映画術」。ジョアン・ペドロ・ロドリゲス・レトロスペクティヴ開催。2015年『ハンナだけど、生きていく!』と『若き詩人』をIndieTokyoで配給。boid共催でメナハム・ゴーラン映画祭開催。詳細はすべてIndieTokyoサイトで。