facebook twitter mail key notification checkmark chevron chevron-left location image user group plus comment bubble

菊池 康弘

20歳の頃から俳優を志し、2年後には蜷川幸雄氏主宰のニナガワスタジオに入所。その後、芸能事務所ミーアンドハーコーポレーションに所属し、俳優・上川隆也氏の付き人として活動するなか、NHK大河ドラマ「功名が辻」など複数のメディアに出演してきた。29歳で俳優業を辞め、地元青梅に「炭火やきとり火の鳥」を開業。32歳のとき、株式会社チャスを設立し、店舗展開を行ってきた。現在は青梅市内に飲食店を4店舗経営。映画の街青梅で50年ぶりに映画館を復活させるために、映画館シネマネコプロジェクトを立ち上げ進行中。

  • 東京都