ベッド&メイキングス

脚本家・演出家の福原充則と俳優・富岡晃一郎によって2012年2月に旗揚げされた劇団。「サルでもわかる哲学」をテーマに、矛盾だらけの世の中を、ちょっとだけ生きやすくすべく立ち上がった照れ屋の理想主義者、二人組!劇団名「ベッド&メイキングス」は「劇場(ベッド)を、作る(メイキングス)」という目的そのものを意味しています。第1回公演「墓場、女子高生」(2012年2月 座・高円寺)第2回公演「未遂の犯罪王」(2012年11月 すみだパークスタジオ倉)第3回公演 野外劇「南の島に雪が降る」(2014年6月 お台場潮風公園特設テント)