田村 専一

2007年に仕事の都合でと嫁の両親に嘘をつき上京。 ニューシネマワークショップで映画製作を学ぶ。卒業後、同期のメンバーをを中心に映像制作団体愛しあってる会(仮)を設立。これまで、『シャララ』『ココロノオト』『サーカス』、その他数本の短編映画を制作し、各地の映画祭にて入選・入賞。仲間たちと共に自主映画制作に励んでいる。
自主制作作品等の助監督作品も多数あり、助監督として参加した作品も多くの映画祭で評価を得ている。
その他にも映画祭で知り合った監督や関わった監督達の作品を招待し、自身で田村映画祭を開催している。