ルンタプロジェクト

ルンタプロジェクトは、インド北西部のダラムサラを拠点に、チベット難民支援と、日本国内でのチベット文化や問題を知ってもらうために、1997年に日本人有志によって設立されました。これまでに難民自立支援施設「ルンタハウス」を建設、「里親教育支援事業」や「HIV感染予防・エイズケア事業」を続けてきました。ネパール大地震後、緊急・復興支援を経て、人身売買の被害女性やHIV/AIDSの女性や子どもが暮らすシェルター「ルンタ・ナーサリー(仮)」の建設を行なっています。